アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

802.11ax(Wi-Fi 6)は、イノベーションを続ける Wi-Fi 標準規格の最新バージョンです。この標準規格は、802.11ac の強みを生かして構築されていて、効率性、柔軟性、拡張性を強化して、新規および既存のネットワークで、次世代アプリケーションに対応する高速化と容量を実現します。

Institute of Electrical and Electronics Engineers(IEEE)は、ギガビット イーサネット ワイヤレスの自由度および高速さと、免許が必要な無線規格の信頼性および予測可能性を組み合わせた Wi-Fi 6 標準を提案しました。

Wi-Fi 6 の利点は?

Wi-Fi 6 により、企業やサービス プロバイダーは同じワイヤレス LAN(無線 LAN)インフラストラクチャで新たなアプリケーションをサポートしながら、古いアプリケーションにも高度なサービスを提供できます。このシナリオでは、新たなビジネス モデルと増大する Wi-Fi 導入に対応する準備を行います。


Wi-Fi 6 と 802.11ax は異なるものですか?

いいえ、これらは同じものです。Wi-Fi Alliance は、IEEE 802.11ax 標準を表す際に「Wi-Fi 6」という言葉を使用するキャンペーンを開始しました。つまり、Wi-Fi の第 6 世代であることを意味します。その前提となったのは、マーケティング メッセージをシンプルにすることで、セルラー(5G など)で使用される Third Generation Partnership Project(3GPP)標準に対する 802.11ax の位置付けを高めることでした。


Wi-Fi 6 はいつ承認されますか?

現時点で、IEEE は 2019 年後半に Wi-Fi 6 修正の承認される予定になっています。Wi-Fi Alliance も同様の時期に Wi-Fi 6 認定を開始する予定です。公式な承認に関する最新情報は 802 IEEE Web サイトの「RevCom & Standards Board Final or Continuous Process Approval(審査委員会および標準委員会の最終または継続的なプロセスの承認)」列に記載されています。


Wi-Fi 6 で何が実現できますか?


Wi-Fi 6 の利点

Wi-Fi 6 は 802.11ac の成功に基づいて構築されています。Wi-Fi 6 により、アクセス ポイントは高密度な環境でより多くのクライアントをサポートし、標準のワイヤレス LAN ネットワーク環境を向上させることができます。また、4K または 8K ビデオ、高密度高画質のコラボレーション アプリケーション、オールワイヤレス オフィス、Internet of Things(IoT)などの高度なアプリケーションで予測可能なパフォーマンスを実現できます。Wi-Fi 6 は、ワイヤレスの成長に合わせて、Wi-Fi を未来に推進していきます。
シスコのホワイトペーパー『IEEE 802.11ax: The Sixth Generation of Wi-Fi』を参照してください。


Wi-Fi 6 アクセス ポイント

初期導入ユーザおよび新しい標準のテストを希望しているお客様を対象に、いくつかの Wi-Fi 6 アクセス ポイントがすでに販売されています。初期にリリースされるアクセス ポイントは、標準が未承認の段階であるため、先行標準アクセス ポイントになります。つまり、初期の先行標準アクセス ポイントの中には、Wi-Fi 6 に含まれる重要な機能をサポートしないものがあります。ただし、これらのアクセス ポイントの中で対応しているものはソフトウェア アップデートによって認定され、Wi-Fi 6 の機能をサポートします。このアプローチは、802.11ac や 802.11n などの前の世代の導入時と似ています。


Wi-Fi 6 技術の特徴

  • 1024 直交振幅変調(QAM)を使用した高密度の変調により、35% を超える高速バーストを可能にします。
  • 直交周波数分割多重接続(OFDMA)に基づくスケジューリングにより、オーバーヘッドと遅延を削減します。
  • 堅牢で効率的なシグナリングにより、非常に低い受信信号強度表示(RSSI)でも快適に機能します。
  • Target Wake Time(TWT)によってスケジューリングが向上し、デバイスのバッテリ寿命が長くなります。

Wi-Fi 6 は 802.11ac と互換性がありますか?

他のすべての Wi-Fi と同様に、Wi-Fi 6 は既存の技術に基づいて構築されているため下位互換性があり、さらに効率を向上させます。