アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco UCS C4200 シリーズ ラック サーバ シャーシ

パフォーマンスを最適化複雑さの軽減。

密度の最大化が必要なサービス プロバイダーや、新しいデザインをモデル化する製造業、消費者動向を分析する小売業から、金融市場をモデル化するデータサイエンティストまで、競争力をつけるには、要求に見合うように計算効率を拡張できることが欠かせません。

C シリーズ マルチノード モデル

スケール アウト、計算集約型の処理向けに設計されたサーバです。

Cisco UCS C4200 シリーズ ラック サーバ シャーシ

  • 2RU サーバ ノード X 4
  • SFF ドライブ X 24
  • 2400 W PSU X 2 冗長化構成

Cisco UCS C125 M5 ラック サーバ ノード

  • AMD® EPYC™ プロセッサ
  • 2 ソケット。ソケットあたり 32 コア
  • 最大 2 TB のメモリ容量
  • 第 4 世代 VIC

特長

ラックあたりでより多くのサーバを搭載

アプリケーションのスケール アウトにはより多くのサーバが必要となり、データセンターのスペースが重要になります。C シリーズ マルチ ノードのラック サーバを使用すると、Cisco UCS C220 M5 1RU ラック サーバと比較して、サーバ密度が最大 50 % 高まります。

より多くのプロセッサ コアを搭載

サーバあたりでより多くのコア数が、計算集約型で、大規模な、ワークロードの利点になります。AMD® EPYC™ プロセッサを搭載した UCS C125 M5 サーバ ノードでは、他の UCS M5 サーバよりも 14 % 以上コア数が多くなり、ラックあたりのコアも最大 128 % 多くなります。

より大きなメモリ帯域幅

メモリがデータを早く提供できた分だけ、早く処理できます。UCS C125 M5 サーバ ノードでは他の UCS M5 サーバと比べてメモリ帯域幅が 33 % 大きく、データアクセスより早く、経済的利点を迅速に引き出せます。

シスコ データセンターのブログ

マルチノード サーバの発表

Kaustubh Das、バイス プレジデント、製品管理:Cisco のデータセンター ビジネス グループでは、マルチノード サーバの必要性を推進するものについて説明します。

シスコ データセンターのブログ

マルチノード サーバをより深く知る

複数ノードのハードウェアの詳細とシスコを選ぶ理由について

 

パートナー様向け

シスコ パートナーの皆さんへ  ログインして、追加リソースをご覧ください。

シスコ パートナーのソリューションをお探しですか。シスコのパートナー エコシステムにお問い合わせください。