アカウントをお持ちの場合
  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Tactical Operations チーム

災害後の通信の復旧

災害後の通信の復旧

災害が発生すると、通信システムの障害が救援活動を妨げる可能性があります。 シスコの TacOps (タクティカル オペレーションズ) は、政府機関や人道支援団体が、救援活動を調整し、食糧、水、医療を必要とする人々に迅速に対応できるよう、衛星通信を確立させます。

緊急時の通信の確立

緊急時の通信の確立

テクノロジーは災害対応時に不可欠です。 シスコは緊急救援隊員と救援団体が必要とする緊急ネットワークを構築するために TacOps チームを派遣します。

  • TacOps は 、国連、各国の政府機関や赤十字、その他の機関と協力して、緊急救援隊員間で相互運用可能な通信を確保します。
  • エンジニアが通信機器の設計とインストールを行い、運用コーディネータが現地の物流と計画を管理します。
  • 災害インシデント対応チーム (DIRT) は、世界中のトレーニングを受けたシスコのボランティアのグループで、TacOps をサポートし危機時に迅速に対応します。

ネットワーク コマンド センター

ネットワーク コマンド センター

Cisco Network Emergency Response Vehicle (NERV) は移動通信センターとして機能し、ネットワークと通信機能を災害現場に提供します。 通信トレーラーと携帯型緊急通信キット (ECK) は、追加のサポートを提供します。

  • TacOps チームは、カリフォルニア州サンノゼとノースカロライナ州のリサーチ・トライアングル・パークに拠点を置く、8 人の常勤従業員で構成されています。
  • TacOps のエンジニアおよび業務コーディネーターは、軍事活動、計画、物流、火災、緊急医療対応において長年の専門的経験を有します。
  • 各 NERV には、1.8 メートルの衛星放送受信アンテナ、Cisco Unified IP Phone、Cisco TelePresence ソリューション、その他オプションが搭載されています。
  • ECK には、ルーティングとスイッチングのハードウェア、IP 電話、ファックス機能が含まれており、ネットワーク接続を最も困難な環境にも確立することができます。

2011 年 東日本大震災

2011 年 東日本大震災

震災翌日から CCT (Customer Crisis Team) を立ち上げ、直接的な支援とパートナー企業を通した支援を開始しました。

  • 無償のテクニカルサポートの提供ならびにパーツ貸与
  • 災害復旧に必要な機器の発注・納品処理プロセスの確立
  • 160 を超える支援要請への対応
  • 破損機器を特別価格で交換する災害復興特別支援プログラムの適用
  • シスコのテクノロジーを利用したコミュニケーション支援
    ウェブ会議ソリューション WebEx の無償提供
    災害地域でのコミュニケーション網構築 など

TacOps チームは震災後すぐに携帯型緊急通信キット (ECK) を送り、1 台は陸前高田の避難所へ展開、もう 1 台は北大病院による医療支援として大船渡によって設置し、遠隔健康相談を実施しました。

無償提供した WebEx ウェブ会議システムは福島原発の作業者の方々向けの医療チーム支援に利用されたり、震災で受けた子供のストレスを和らげる心理カウンセリング事業を開始するために小学校に設置され利用されました。