エンタープライズ ブランチ

Cisco サービス統合型ルータ ユニファイド コミュニケーション バンドル

Q&A





Cisco サービス統合型ルータ ユニファイド コミュニケーション バンドル



Q: Cisco サービス統合型ルータ ユニファイド コミュニケーション(UC)バンドルとは何ですか。
A: Cisco® サービス統合型ルータ ユニファイド コミュニケーション バンドルは、ユニファイド コミュニケーション ソリューションを容易に導入できるように作られた製品です。必要な多数のコンポーネントが 1 つの製品番号としてパッケージングされているので、見積もりと発注を簡単に行うことができます。

Cisco 1861、2800、および 3800 シリーズ ルータを対象とするこのユニファイド コミュニケーション バンドルには、「音声のみ」と「音声とセキュリティ」の 2 種類があります。

「音声のみ」のユニファイド コミュニケーション バンドルのコンポーネントは次のとおりです。

  • サービス統合型ルータ
  • Cisco IOS® ソフトウェア ベースのルーティング機能
  • Cisco Unified Communications Manager Express(呼処理)
  • Cisco Unity® Express ハードウェア モジュールとライセンス(ボイスメール、統合メッセージング、自動音声応答)
  • デジタル信号プロセッサ(会議、および PSTN 接続)
  • 電話ライセンス(Cisco IP Phone)
  • Cisco Unified CallConnector Personal クライアント(Microsoft Windows デスクトップとの統合)。(特別提供)

「音声とセキュリティ」のユニファイド コミュニケーション バンドルには、「音声のみ」のバンドルの全コンポーネントに加えて、VPN、Cisco IDS(侵入検知システム)、Cisco IOS Firewall などのセキュリティ機能が含まれます。

Return to Top

Q: Cisco Unified CallConnector の特別提供はいつまでですか。
A: 発売時の特別提供として Cisco Unified CallConnector Personal クライアントを無料でご提供する期間の終了日は定められていません。シスコは 6 か月以内に見直しを行う予定です。
Return to Top

Q: このユニファイド コミュニケーション バンドルが発売されると、既存の Cisco Unified Communications Manager Express(CCME)バンドルは販売を中止するのですか。
A: 現時点では、既存の CCME バンドルの販売を中止する計画はありません。ただし、シスコはユニファイド コミュニケーション バンドルの今後の販売状況によっては、将来的にはこの決定について検討する可能性があります。

新規導入の場合は、既存の CCME バンドルではなくユニファイド コミュニケーション バンドルを検討することを強くお勧めします。

Return to Top

Q: CCME バンドルと比べた新しいユニファイド コミュニケーション バンドルの利点には、どのようなものがありますか。
A: 新しいユニファイド コミュニケーション バンドルは、シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの導入を簡素化すると同時に、最初の導入費用を抑えて、お客様のビジネスの成長に合わせて追加支払いができるようにすることを目的としています。ユニファイド コミュニケーション バンドルが現在の CCME バンドルよりも優れているのは、次のような点です。
  • ユニファイド コミュニケーション バンドルには多数のコンポーネント、たとえば Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity Express ハードウェア モジュールとライセンス、Cisco Unified CallConnector Personal クライアント、および電話ライセンスが含まれているため、これらの製品を個別に発注する必要はありません。そのため、見積もりと発注の手続きが非常に簡単になります。
  • バンドルに含まれる電話ライセンスは、どのタイプの Cisco IP フォンにも有効です。したがって、電話の導入が容易になります。
  • ユニファイド コミュニケーション バンドルを初めて購入するときは、基本ユーザ数に応じて製品を選択できるので、初期費用が抑えられます。導入後にユーザ数が増えたときは、いつでも追加できます。
  • ユニファイド コミュニケーション バンドルならば、最大 100 台の電話機を導入するために Cisco 3825 または 3845 サービス統合型ルータ 1 台を購入する場合の費用は、既存の CCME バンドルを利用した同様の展開に比べて低くなります。たとえば、電話機 50 台を展開するために Cisco 3825 ルータ 1 台を購入する場合は、定価から最大 19.9% 割引になります(Cisco 3825 の CCME バンドルを購入してから、Cisco Unity Express、電話ライセンス、および Cisco Unified CallConnector Personal クライアント ライセンスを追加した場合との比較)。
  • ユニファイド コミュニケーション バンドルには、サービス統合型ルータとして Cisco 2800 を使用する場合と 3800 シリーズを使用する場合の価格差が縮小するという利点もあります。つまり、最初に投資する額を少し増やすだけで、より性能の高いルータを購入できます。DRAM の容量も大きく、サポートされる電話機の数も増え、スロットの数も多いので、Wide Area Application Services(WAAS)、ネットワーク解析、アプリケーション指向ネットワーキングなどのアプリケーションを展開することもできます。
  • Cisco 2801/2811 ルータについては、ユニファイド コミュニケーション バンドルのほうが DSP の数は既存の CCME バンドルよりも多いため、ハードウェアによる会議のサポートがしやすくなります。


Return to Top

Q: ユニファイド コミュニケーション バンドルが用意されているのは、どのプラットフォームですか。

A: Cisco 1861 サービス統合型ルータ、Cisco 2800 シリーズ(Cisco 2801、2811、2821、2851)、および Cisco 3800 シリーズ(Cisco 3825 および 3845)です。

Return to Top

Q: 新しいユニファイド コミュニケーション バンドルではどのような価格メリットがありますか。
A: 製品を個別に購入する場合と比べると、定価で 16 〜 47% の割引となります。
Return to Top

Q: UC バンドルに含まれるユーザ数はいくつですか。
A: ユニファイド コミュニケーション バンドルはそれぞれ、決まった数の基本ユーザが含まれていますが、ユーザ数に応じて CME フィーチャ ライセンス、電話ライセンス、および Cisco Unity Express ライセンスを追加することもできます。詳細は次の表のとおりです。

シスコ製品番号 サービス統合型ルータ ユーザの数(Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity Express、および電話のライセンスの数) Cisco Unified CallConnector Personal ライセンスの数
C1861-UC-4FXO/K9
C1861-UC-2BRI/K9
C1861-4F-VSEC/K9
C1861-2B-VSEC/K9
1861 8 2
C2801-10UC/K9
C2801-10UC-VSEC/K9
2801 10 2
C2811-15UC/K9
C2811-15UC-VSEC/K9
2811 15 5
C2821-25UC/K9,
C2821-25UC-VSEC/K9
2821 25 10
C2851-35UC/K9
C2851-35UC-VSEC/K9
2851 35 10
C3825-35UC/K9
C3825-35UC-VSEC/K9
3825 35 10
C3845-35UC/K9
C3845-35UC-VSEC/K9
3845 35 10


Return to Top

Q: ユニファイド コミュニケーション バンドルを購入した後でユーザを追加するには、どうすればよいでしょうか。
A: ユーザを追加するには、ユニファイド コミュニケーション バンドルのアップグレード製品を購入してください。アップグレード製品の番号は次の表のとおりです。

製品番号 説明
FL-CCME-UC-5 Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity Express、および電話のライセンスを最大 5 ユーザ分追加
FL-CCME-UC-25 Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity Express、および電話のライセンスを最大 25 ユーザ分追加
FL-CCME-UC-50 Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity Express、および電話のライセンスを最大 50 ユーザ分追加

アップグレード製品のユーザ ライセンス数は累積されます。つまり、目的のユーザ数に到達するまで、複数の製品を購入して各製品のユーザ数を加算することができます。たとえば、35 ユーザが含まれる Cisco 3825 ユニファイド コミュニケーション バンドルに 30 ユーザを追加する場合は、アップグレード製品を 2 つ(FL-CCME-UC-25 と FL-CCME-UC-5 を 1 つずつ)購入する必要があります。

Return to Top

Q: Cisco Unity Express のどのモジュールがユニファイド コミュニケーション バンドルに含まれるのでしょうか。
A: Cisco 2801、2811、2821 のバンドルには Cisco Unity Express Advanced Integration Module が含まれ、サポートされるメールボックスは最大 50 個です。Cisco 2851、3825、3845 のバンドルには Cisco Unity Express ネットワーク モジュールが含まれ、メールボックスの数は最大 250 個です。
Return to Top

Q: 発注時に、ユニファイド コミュニケーション バンドルに含まれる Cisco Unity Express モジュールを変更することはできますか。
A: できません。
Return to Top

Q: Cisco Unity Express のメールボックス、総合対応用メールボックス(GDM)、または音声ポートの数を増やすには、どうすればよいでしょうか。
A: アップグレード製品 FL-CCME-UC-5、FL-CCME-UC-25、または FL-CCME-UC-50 を購入すると、Cisco Unity Express ユーザ メールボックスを 5 個、25 個、または 50 個増やすことができます。これらの製品を購入すると、使用できる GDM および音声ポートの数も増えますが、実際の数はルータ上のユーザ ライセンス総数によって決まります。GDM と音声ポートに関する権利については、次の質問を参照してください。
Return to Top

Q: 使用できる GDM と音声ポートの数を教えてください。
A: 使用できる GDM と音声ポートの数は、ルータ上のユーザ ライセンス総数によって決まります。次の表は、その説明です。

ユーザ ライセンス数 Cisco 1861、2801、2811、2821 ルータ ユニファイド コミュニケーション バンドル Cisco 2851、3825、3845 ルータ ユニファイド コミュニケーション バンドル
〜 25 GDM × 10、音声ポート× 6 GDM × 10、音声ポート× 8
26 〜 50 GDM × 15、音声ポート× 6 GDM × 15、音声ポート× 8
51 〜 75   GDM × 20、音声ポート× 8
76 〜 100   GDM × 20、音声ポート× 10
101 〜 125   GDM × 25、音声ポート× 12
125 〜 150   GDM × 25、音声ポート× 14
151 〜   GDM × 25、音声ポート× 24

Return to Top

Q: ボイスメール ボックス、音声ポート、または GDM を追加するには、UC アップグレード製品(FL-CCME-UC-xx)を購入する以外に方法はありませんか。
A: ユーザ メールボックスと GDM を追加するには、ユニファイド コミュニケーション アップグレード製品を購入していただくのが唯一の方法です。音声ポートを追加するには、Cisco Unity Express の音声ポート ライセンスを購入してください。製品番号は SCUE-LIC-PORT-2 です。
Return to Top

Q: 既存の CCME/Survivable Remote Site Telephony(SRST)バンドルをユニファイド コミュニケーション バンドルにアップグレードすることはできますか。
A: できません。ユニファイド コミュニケーション バンドルは、新規導入のみを目的とした製品です。既存のバンドルを新しいユニファイド コミュニケーション バンドルにアップグレードするオプションはご用意しておりません。
Return to Top

Q: CUBE SIP または H.323 トランキングのライセンス数を増やすには、どうすればよいでしょうか。
A: CUBE SIP または H.323 トランキングのライセンスを追加するには、シスコ製品番号 FL-CUBE-5 または FL-CUBE-25 を購入すれば、同時接続を 5 本または 25 本増やすことができます。
Return to Top

Q: Cisco Unity Express が必要なくても、ユニファイド コミュニケーション バンドルを購入するのが支出を最も抑える方法なのですか。
A: Cisco Unity Express が今は必要なくても、ユニファイド コミュニケーション バンドルは割引価格となっているため、非常に有利です。ユーザの数によっては、ユニファイド コミュニケーション バンドルの価格が現在の CCME バンドルをわずかに上回ることもありますが、そのわずかな差額で、ユニファイド コミュニケーション バンドルのシンプルさが得られるだけでなく、将来 Cisco Unity Express の追加が必要になったときも投資が保護されます。
Return to Top

Q: ユニファイド コミュニケーション バンドルの他に、標準的なインストールに必要なものは何がありますか。
A:  ユニファイド コミュニケーション バンドル以外に購入が必要となる可能性のあるものとしては、アナログ(FXS)ポート(アナログ電話を接続する場合)、Power over Ethernet(PoE)モジュールまたは外部 PoE スイッチ、WAN インターフェイス、およびテレフォニー サービス プロバイダー接続用モジュールがあります。一般に、北米では FXO と T1/PRI のいずれか、それ以外の国では ISDN BRI または ISDN PRI が使用されています。サービス プロバイダーに IP トランク経由で接続するケースが増えていますが、これには DSL や T1/E1 など、さまざまな物理インターフェイスを利用できます。
Return to Top

Q: 保有している CCME ライセンスを新しい UC ライセンスと交換することはできますか。
A: できません。既存の CCME フィーチャ ライセンスを UC ライセンスと交換するオプションはご用意しておりません。
Return to Top

Q: 将来ビジネスの規模が拡大して、Cisco Unified Communications Manager Express システムでは処理しきれなくなったために Cisco Unified Communications Manager を使用した中央集中型展開に移行する場合に、それまでの投資は保護されますか。
A: ユニファイド コミュニケーション バンドルへの投資は、Cisco Unified Communications Manager にアップグレードするときも保護されます。Cisco Unified Communications Manager を使用した中央集中型の展開に移行するときは、バンドルに含まれている Cisco Unified Communications Manager Express フィーチャ ライセンスを SRST フィーチャ ライセンスとして使用することができます。バンドルに含まれている CUBE ライセンスはそのまま使用できます。電話ライセンスは Cisco Unified Communications Manager のデバイス ライセンス ユニット(DLU)と交換可能です。Cisco Unity Express のハードウェアとライセンスは、分散ボイスメール展開に利用できます。
Return to Top

Q: 新しいライセンスは、先ごろ発表された Cisco Unified Workspace Licensing(CUWL)と比べてどのような点が異なっていますか。
A: 次の表のとおりです。

Cisco サービス統合型ルータ ユニファイド コミュニケーション バンドル Cisco Unified Workspace Licensing
Cisco Unified Communications Manager Express と Cisco Unity Express を導入する場合に利用できます。 Cisco Unified Communications Manager を導入する場合に利用できます。
バンドルに含まれるのは、ISR ルータ、Cisco Unified Communications Manager Express のライセンス、Cisco Unity Express のライセンス、Cisco Unified CallConnector のライセンス、および電話ユーザ ライセンスです。 Cisco Unified Communications Manager のライセンスとアプリケーションが含まれます。Business、Standard、Professional の各バージョンがあり、それぞれ含まれるアプリケーションが異なります。
最少ユーザ数 8 以上(バンドルのプラットフォームによって異なる) 最少ユーザ数 50(CUWL-BE) 最少ユーザ数 100(CUWL-STD および PRO)
SMARTnet + SAS-U の別途契約は必須ではありません。(初年度のSMARTnetは必須です) UCSS/ESW サブスクリプション サービスが必須です。

Return to Top

Q: Cisco Unified Communications Manager に移行するときに、ユニファイド コミュニケーションのライセンスを Cisco Unified Workspace Licensing(CUWL)のライセンスに換えることはできますか。
A: 電話ライセンスを Cisco Unified Communications Manager の DLU と交換することができます。その後で、Cisco Unified Communications Manager の DLU を CUWL ライセンスに換える必要があります。詳細については、CUWL のドキュメントを参照してください(http://www.cisco.com/jp/go/cuwl/)。
Return to Top

Q: 新しいライセンス方式は、小規模企業向け Cisco Unified Communications 500 シリーズ(UC500)のライセンス方式と比べて、どのような点が異なるのでしょうか。
A: 新しいユニファイド コミュニケーション バンドルの価格は、小規模企業向け Cisco Unified Communications 520(UC520)のシンプルなライセンス方式にならって設定されています。UC520 バンドルと同様に、ユニファイド コミュニケーション バンドルには、Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity Express、および電話のライセンスが含まれています。

UC520 バンドルと同様に、ユニファイド コミュニケーション バンドルでも、アップグレード製品を購入すればユーザ数を追加できます。ユニファイド コミュニケーション バンドルにユーザを追加するための製品番号は、5 ユーザ分、25 ユーザ分、および 50 ユーザ分があります。UC520 の場合は、8 ユーザから 16 ユーザへ、24 ユーザから 32 ユーザへ、および 32 ユーザから 48 ユーザへのアップグレードのみが可能です。

UC520 のパッケージには FXS/PoE と FXO/BRI/T1 のポートが含まれていますが、新しいユニファイド コミュニケーション バンドル(Cisco 1861 ルータ バンドルを除く)の場合は、これらのポートのオプションを発注時に選択するか、後で追加する必要があります。

Return to Top

Q: Cisco Unified IP Phone はどのようにして購入するのですか。
A: 電話機は、シスコから直接、またはディストリビュータを通して、スペアとして購入してください(シスコ製品番号:CP-79xx=)。
Return to Top

Q: UC バンドルと共に使用する Cisco IP Communicator および Cisco Video Telephony Advantage ビデオ カメラは、どのようにして購入するのですか。
A: Cisco IP Communicator と Cisco Video Telephony Advantage は、スペアとして購入できます。
Return to Top

Q: サードパーティ製の SIP フォンをユニファイド コミュニケーション バンドルと共に使用することは可能ですか。
A: 現時点では、サードパーティ製の SIP フォンを ISR 上または UC500 シリーズ上の CME と共に使用することはサポートされていません。TAC サポートがなくてもかまわないからサードパーティ製の SIP フォンを使用したいという場合は、サードパーティ製 SIP フォン ライセンス(SW-CCME-UL-3PSIPM=)を購入する必要があります。
Return to Top