次世代ビジネス向けサービス

安全性の高い方法でモバイル ワーカーを活用

Best Buy のモビリティ

シスコ サービスを導入したおかげで、従業員、契約社員、さらにはパートナー企業のさまざまな組み合わせに対応できる個人所有デバイス持ち込み(BYOD)環境の拡張を検討できるようになりました。
- Best Buy のネットワーク インフラストラクチャ サービス担当シニア ディレクタ

Best Buy では、個人のデバイスを職場に持ち込みたいという従業員からの増え続ける要望に対応する一方で、容量やセキュリティを管理する必要がありました。そして、モビリティの取り組みを拡大する IT 戦略の策定が必要であることを認識していました。

アプローチ

  • 現行の個人所有デバイス持ち込み( BYOD ) 環境の検証および拡張
  • 個人所有デバイス持ち込み( BYOD ) ロードマップの作成
  • ネットワーク セキュリティを強化するためのロールベース アクセス コントロール(役割に見合ったアクセス制御)設定
  • 独立監査による個人所有デバイス持ち込み( BYOD )環境の利点および価値の提示

結果

  • 組織の規模の拡大に応じて環境の拡張が可能
  • 職場に柔軟性を持たせることで従業員の生産性が向上し、競争力が向上

モビリティの活用を始めるには

シスコ サービスは、モビリティのあらゆる段階でお客様をサポートします。