Cisco ME 6500 シリーズ

Cisco ME 6500 シリーズ イーサネット スイッチ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。

データ シート





Cisco ME 6500 シリーズ イーサネット スイッチ



Cisco ME 6500 シリーズ イーサネット スイッチは、省スペースおよび省電力対応の次世代型固定構成スイッチです。Cisco ME 6500 シリーズは、業界をリードする Cisco Catalyst® 6500 スイッチの革新的なテクノロジーに基づき、次世代のエンタープライズ WAN エッジの展開におけるパフォーマンス、信頼性、および Quality of Service(QoS; サービス品質)に関する厳しい要件を、スペースおよび電力が最適化された 1.5 ラック ユニット(RU)で効率的に実現します。シスコのキャリア イーサネット ソリューションをさらに強化する Cisco ME 6500 シリーズにより、Multiprotocol Label Switching(MPLS)、QoS、マルチキャスト、および IPv6 などの高度な機能を、キャリア イーサネット網のアクセスおよびアグリゲーション(集約)上で展開することが可能となります。このスケーラブルかつサービスリッチなギガビット イーサネット サービスが、ファイバ、銅線いずれの場合にも実現可能です。


製品概要


Cisco ME 6500 シリーズ イーサネット スイッチは、ハイ パフォーマンスかつ豊富な機能を備え、耐障害性にも優れたイーサネット スイッチです。Cisco ME 6500 シリーズは、Policy Feature Card 3C(PFC3C; ポリシー フィーチャ カード 3C)および Multilayer Switch Feature Card 2A(MSFC2A; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード 2A)を標準搭載しています。

Cisco ME 6524 イーサネット スイッチは、Cisco ME 6500 シリーズの最初の製品群となります。

Cisco ME 6524 には、次の 2 つのモデルがあります。

  • ギガビット イーサネット Small Form-Factor Pluggable(SFP)ダウンリンク× 24、ギガビット イーサネット SFP アップリンク× 8、および電源冗長に対応したモデル(製品番号:ME-C6524GS-8S、図 1 を参照)
図 1 Cisco ME 6524 ギガビット イーサネット SFP ダウンリンク× 24 搭載モデル

図 1 Cisco ME 6524 ギガビット イーサネット SFP ダウンリンク× 24 搭載モデル


  • イーサネット 10/100/1000 ダウンリンク× 24、ギガビット イーサネット SFP アップリンク× 8、電源冗長に対応したモデル(製品番号:ME-C6524GT-8S、図 2 を参照)
図 2 Cisco ME 6524 イーサネット 10/100/1000 ダウンリンク× 24 搭載モデル

図 2 Cisco ME 6524 イーサネット 10/100/1000 ダウンリンク× 24 搭載モデル


Cisco ME 6524 イーサネット スイッチには、IP Base ソフトウェア イメージが付属しています。このイメージにはレイヤ 2 フィーチャ セット、RIP、および EIGRP スタブが含まれています。

Cisco ME 6524 イーサネット スイッチでは、さらに幅広いサービスとネットワークの柔軟性を得るための IP Services ライセンスと Advanced IP Services ソフトウェア ライセンスを提供しています。IP Services ライセンスでは IPv4 フィーチャ セットを、Advanced IP Services ソフトウェア ライセンスでは MPLS および IPv6 機能を利用できます。

Cisco ME 6524 の特長は、次のとおりです。

  • 最適なギガビット イーサネット密度 - Cisco ME 6524 は、ファイバベースのギガビット イーサネット ポートを最大 32 ポート備え、ギガビット イーサネット接続を要するユーザ集約に最適です。アップリンク インターフェイスでは、Coarse Wavelength-Division Multiplexing(CWDM; 低密度波長分割多重)および Dense Wavelength-Division Multiplexing(DWDM; 高密度波長分割多重)を含むさまざまなタイプの SFP をサポートしており、柔軟な接続性を実現します。
  • インテリジェントな 802.1Q トンネリングやレイヤ 2 プロトコル トンネリングなど、スケーラビリティの高いレイヤ 2 サービスが搭載されています。また、PFC3C ドータカードにより、MPLS VPN および Ethernet over MPLS(EoMPLS)の MPLS テクノロジーにハードウェアで対応できます。IP アドレス空間の需要増加に直面しているサービスの場合、ハードウェア対応の IPv6 プロトコルを使用することで、スケーラブルかつハイ パフォーマンスのエンドツーエンド IP サービスを提供できます。
  • 最適なパフォーマンスとスケーラビリティ - Cisco ME 6524 は、レイヤ 2 およびレイヤ 3 プロトコルのコンバージェンスと安定性に対応したハイ パフォーマンスな CPU を搭載しています。これにより、パフォーマンスに影響を与えることなく、ハードウェアでスケーラブルなレイヤ 2 スイッチング、IP ルーティング、および MPLS 機能を使用できます。
  • サービス アベイラビリティの向上 - Cisco ME 6524 では、Cisco EtherChannel® プロトコル、IEEE 802.1w/802.1s、Flexlink などの迅速なコンバージェンス プロトコルおよびゲートウェイ ロードバランス プロトコルをサポートし、サービスおよびネットワークの稼働時間を保証します。また、電源障害によるサービスの停止を最小限に抑えるために、フィールドでの交換およびホットスワップが可能な冗長 AC、DC 電源装置、またはその両方の組み合わせによる電源構成が可能です。
  • 統合セキュリティ - Cisco ME 6524 は、包括的なセキュリティ機能を提供し、DoS 攻撃(サービス拒絶攻撃)の緩和、ネットワークへのアクセス制限、およびネットワークのリソース保護を実現します。また、ポートベースおよび VLAN ベースの Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)により、トラフィックとユーザに基づいて不要なトラフィックを制限します。CPU レート リミッタと Control Plane Policing(CoPP)を使用してネットワークに流入するトラフィック量を制限したり、ポート セキュリティを使用して学習可能な MAC アドレス数を制限したりすることが可能です。さらに、DHCP スヌーピングおよび Dynamic ARP Inspection により、DHCP サーバ、デフォルト ゲートウェイ、またはアドレス スプーフィング攻撃等からの保護が可能です。これらの統合セキュリティ機能は、ハードウェア対応のため、トラフィック レベルが増加しても、システム パフォーマンスを損なわずに運用できます。

用途


Cisco ME 6524 はハードウェア アクセラレーションによる VPN サービスを提供し、ネットワークの分割およびブランチの相互接続を実現します。

レイヤ 2 および レイヤ 3 VPN

レイヤ 2 およびレイヤ 3 VPN は、企業およびデータ センターで広く導入されており、ネットワークの分割および統合を実現します。VPN は、ブランチ間接続、インターネット アクセス、イントラネット、エクストラネットなどのアプリケーションに適しています。

レイヤ 2 VPN は、純粋なレイヤ 2 インフラストラクチャで提供されます。Cisco ME 6524 を使用すると、802.1Q トンネリング、Layer 2 Protocol Tunneling(L2PT)などの機能を用いて、ユーザのトラフィックの分割や透過的な転送を行うことができます。

レイヤ 2 VPN は、EoMPLS を介して提供することもできます。このテクノロジーでは、レイヤ 3 MPLS ネットワーク上でレイヤ 2 トンネリング メカニズムが提供されるため、スパニングツリー プロトコルを使用せずにレイヤ 3 ネットワーク コンバージェンス プロトコルを利用することができます。

レイヤ 3 VPN はマルチポイント レイヤ 3 サービスです。MPLS VPN とも呼ばれます(図 3 を参照)。Cisco ME 6524 の PFC3C は、MPLS 処理をハードウェアで実行し、MPLS Experimental(MPLS EXP)ビット マーキング、MPLS Traffic Engineering(MPLS TE)、MPLS Fast Reroute(MPLS FRR)などの QoS 機能および耐障害性機能が提供されます。

図 3 Cisco ME 6524 による レイヤ 2 および レイヤ 3 VPN のサポート

図 3 Cisco ME 6524 による レイヤ 2 および レイヤ 3 VPN のサポート
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


主な機能と利点


表 1 に、Cisco ME 6524 の機能と利点、表 2 に Cisco ME 6524 のスケーラビリティに関する情報を示します。

表 1 Cisco ME 6524 の機能と利点

機能 利点
レイヤ 2 スイッチング

IEEE 802.1Q

802.1Q トンネリング

L2PT

802.1Q および L2PT により、レイヤ 2 VPN サービスの提供が可能になります。802.1Q トンネリングは、ユーザのデータ フレームを 802.1Q タグ(外側)でカプセル化し、ユーザの PDU をトンネリングすることにより、ユーザ トラフィックを分離して 4096 VLAN の境界を越えるユーザ数へと拡張します。

IEEE 802.1D

IEEE 802.1w

IEEE 802.1s

Flexlink

Port Aggregation Protocol(PAgP)

IEEE 802.3ad

Unidirectional Link Detection(UDLD; 単一方向リンク検出)

IEEE 802.1D、IEEE 802.1w、IEEE 802.1s などのプロトコルにより、時間の影響を受けやすいアプリケーションのネットワーク コンバージェンス時間を最小限に抑え、ビジネスの継続性を保証します。

Flexlink は、ポイントツーポイント接続により、制御プロトコルのオーバーヘッドを伴わない迅速なフェールオーバーを提供します。

PAgP および IEEE 802.3ad は、帯域幅のアベイラビリティを向上させ、Cisco EtherChannel バンドル内で迅速なリンク フェールオーバーを提供します。

UDLD は、単一方向リンクまたは誤接続されたファイバ コネクタを迅速に検出することで、ネットワークの信頼性を向上させます。

Cisco Discovery Protocol

VLAN Trunk Protocol(VTP)

Cisco Discovery Protocol および VTP は、ピア機能を検出し、ネットワーク内に VLAN 情報を伝播することで、ネットワークおよびサービスの設定を簡易化します。

レイヤ 3 ルーティング

OSPF

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)

IS-IS プロトコル

Border Gateway Protocol Version 4(BGPv4)

Hot Standby Router Protocol(HSRP)

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)

Gateway Load Balancing Protocol(GLBP)

OSPF および IS-IS 用 Bidirectional Forwarding Detection(BFD)

スタティック ルーティング

ハイ パフォーマンスの IP ルーティング プロトコルにより、スケーラブルなレイヤ 3 サービスの基盤が形成されます。

効率的なマルチキャスト配信

Protocol Independent Multicast(PIM、PIM-SM、PIM-SSM)

PIM スヌーピング

双方向 PIM

Internet Group Management Protocol バージョン 1、2、3(IGMP v1、v2、v3)

IGMP スヌーピング

ビデオ アプリケーションの効率的かつスケーラブルな配信を実現します。

高度な QoS

入力ポリシング - ポート単位、VLAN 単位、ポート単位 + VLAN 単位

ポート単位の出力ポリシング

DSCP 透過性

CoS 変異

柔軟なポリシング機能により、ポート、VLAN、およびポート + VLAN 情報に基づいたユーザ トラフィックの分類およびレート制限が行われます。レイヤ 3 のポート単位の出力ポリシングにより、厳しいサービスレベル契約(SLA; Service Level Agreement)の要件に従ったマルチポイント サービスの配信が可能になります。ユーザ トラフィックをレイヤ 2 またはレイヤ 3 でマーキングし、差別化された QoS モデルを実現できます。

プライオリティ キュー

Shaped Round Robin(SRR; シェイプド ラウンド ロビン)

Deficit Weighted Round Robin(DWRR)

Weighted Random Early Detection(WRED; 重み付きランダム早期検出)

インテリジェントなキューイング メカニズムにより、プライオリティの最も高いデータを他のトラフィックに先行して処理します。

輻輳回避とスケジューリング アルゴリズムにより、トラフィックを規制し、ネットワーク輻輳を回避します。SRR は、各キューを出力するトラフィックをシェーピングすることで、スケジューリング アルゴリズムを強化します。

安定したセキュリティ ソリューション

プライベート VLAN

IEEE 802.1X

DHCP スヌーピング

DHCP Option 82

Dynamic ARP Inspection

プライベート VLAN は、異なるユーザからのトラフィック フローを分離することで、ユーザのセキュリティを強化します。

IEEE 802.1X、ポートベースのセキュリティ、およびポートベースのアクセス リストにより、ID に基づいたネットワーク リソースへのアクセスおよび権限付与が実行されます。

DHCP スヌーピング、DHCP Option 82、および Dynamic ARP Inspection により、ユーザの MAC アドレス、IP アドレス、およびポート番号を識別し、悪意あるユーザからの攻撃を回避します。

VLAN ベースおよびポートベースの ACL

アクセス時のポート セキュリティ、802.1Q トランク、および 802.1Q トンネリング ポート

VLAN 単位の MAC 制限

コントロール プレーン ポリシング

ハードウェアベースのレート リミッタ

ストーム制御

ユニキャスト フラッディング ブロッキング

悪意ある攻撃により、スイッチ CPU、MAC テーブルなどが標的となり、ネットワークの機能が損なわれる場合があります。

ポート セキュリティ、VLAN 単位の MAC 制限などの機能により、ネットワークで学習可能な MAC アドレス数を制限します。

ハードウェア対応の ACL とレート リミッタにより、ネットワーク内の不要なトラフィックを制限する一方で、ストーム制御機能により、スイッチに着信するブロードキャストおよびマルチキャスト フレームの量にレート制限を設定します。

MPLS

EoMPLS

EoMPLS VC Type 4 および VC Type 5

MPLS VPN(RFC 2547)

MPLS Traffic Engineering(MPLS TE)

MPLS Fast Reroute(MPLS FRR)

同じプラットフォームでレイヤ 2 およびレイヤ 3 サービスを統合し、サービスの柔軟性を強化します。

MPLS TE および FRR 機能により、転送サービスに異なるレベルの保護とサービスを保証します。

IPv6

Native IPv6

RIPng、MP-BGP4、OSPFv3

IPv6 over IPv4 トンネル

Internet Control Message Protocol version 6(ICMPv6)

設定済み、自動、GRE、6to4、ISATAP トンネル

IPv6 QoS

PIM-SM および PIM-SSM

よりスケーラビリティのある IP サービスを展開し、ハイ パフォーマンスなネットワークを実現します。

マルチキャスト プロトコルと QoS 機能により、エンドツーエンド IP アーキテクチャでの映像配信を最適化します。

表 2 Cisco ME 6524 のスケーラビリティ数

説明 仕様
MAC アドレス 最大 96,000
IPv4 ルート 最大 256,000
IPv6 ルート 最大 128,000
EoMPLS トンネル 4096
MPLS VPN 512
NetFlow エントリ 最大 128,000

製品アーキテクチャ


表 3 に、Cisco ME 6524 製品アーキテクチャの詳細を示します。表 4 および表 5 に、製品仕様、標準、および管理情報を示します。表 6 に、安全性および適合規格情報を示します。

表 3 Cisco ME 6524 の製品アーキテクチャ

説明 仕様
ハードウェアベースのフォワーディング エンジン PFC3C オンボード
MSFC ドータカード バージョン MSFC2A オンボード
パフォーマンス 最大 15 Mpps
スイッチング容量 32 Gbps
アップリンク ギガビット イーサネット SFP インターフェイス× 8
ダウンリンク
  • ギガビット イーサネット SFP インターフェイス× 24 または
  • イーサネット 10/100/1000 インターフェイス× 24
MTU 9216 バイト - アップリンクおよびダウンリンク インターフェイスでサポートされるジャンボ フレーム
アップリンク オーバーサブスクライブ オーバーサブスクライブなし
ダウンリンク オーバーサブスクライブ 3:1(1 GE ポート速度で使用の場合)
アップリンク キュー構造
  • TX:1p3q8t
  • RX:2q8t
  • バッファ深度:ポートあたり 12.8 MB(50% TX および 50% RX)
アップリンク ポート スケジューラ SRR または DWRR による完全優先スケジューリング
ダウンリンク キュー構造
  • TX:1p3q8t
  • RX:1q2t
  • バッファ深度(TX):ポートあたり 21.33 MB
  • バッファ深度(RX):3 ポートで 240 KB を共有
ダウンリンク ポート スケジューラ DWRR、WRED
USB ポート USB ポート× 2(ホストおよびデバイス)

製品仕様


表 4 製品仕様

説明 仕様
ソフトウェア互換性

Cisco IOS® ソフトウェア リリース 12.2(18)ZU

プロトコル

レイヤ 2 スイッチング プロトコル

レイヤ 3 ルーティング プロトコル

マルチキャスト プロトコル

包括的な MPLS サポート

IPv6

USB ポート

USB ポート× 2(ホストおよびデバイス)

コネクタとケーブル配線

管理コンソール ポート:RS232(RJ-45)

トランシーバのサポートは、新しいオプティックス/プラガブルを利用することで継続的に強化できます。次のリリース ノートにあるトランシーバのサポートに関するセクションを参照してください。www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst6500/ios/12.2SX/release/notes/ol_14271.html [英語]

メモリ

スイッチ プロセッサ:デフォルトは 256 MB DRAM(512 MB または 1 GB にアップグレード可能)。ソフトウェアのモジュール イメージには 512 MB 以上の DRAM が必要です。

ルート プロセッサ:512 MB のデフォルト DRAM(1 GB にアップグレード可能)

スイッチ プロセッサ用の 128 MB ブート フラッシュ

ルート プロセッサ用の 64 MB ブート フラッシュ

オプション

リムーバブル ストレージ:512 MB および 1 GB(コンパクト フラッシュ)

信頼性およびアベイラビリティ

フィールド交換およびホットスワップ対応デュアル冗長 AC および DC 電源装置

フィールド交換およびホットスワップ対応ファン ユニット

MTBF(平均故障間隔):

  • 58481 時間(ME-C6524GS-8S)
  • 59172 時間(ME-C6524GT-8S)

Mean Time Between Critical Failure(MTBCF):

  • 69155 時間(ME-C6524GS-8S)
  • 70983 時間(ME-C6524GT-8S)
寸法(高さ×幅×奥行)

1.5 RU

6.7 × 44.3 × 48.3 cm (2.625 × 17.45 × 19 インチ)

重量

13.21 Kg(29.13 ポンド)

電力

消費電力:400 W

電源装置は AC および DC を選択でき、冗長構成に対応しています。

AC 入力電圧範囲:

  • 100 〜 240 VAC(nominal)
  • 提供された AC 電源コードを、AC 電源装置と AC 電源コンセントを接続するために利用してください。電源コードは AC 電源装置とともに出荷されます。

AC 入力電流(各入力):

  • 最大 5.0 A @ 110 VAC
  • 最大 2.5 A @ 220 VAC

AC 入力周波数範囲:

  • 47 - 63 Hz

DC 入力電圧:

  • 米国内、-40.5 VDC 〜 -56 VDC(連続)
  • 米国外、-55 VDC 〜 -72 VDC(連続)

DC入力電流:

  • 13 A @ -48 VDC
  • 10.4 A @ -60 VDC

標準規格および管理


表 5 Cisco ME 6524 の標準規格および管理

説明 仕様
標準規格および プロトコル
  • IEEE 802.3
  • IEEE 802.3u
  • IEEE 802.3z
  • IEEE 802.3x
  • IEEE 802.3ab
  • IEEE 802.1t
  • IEEE 802.1u
  • IEEE 802.1Q
  • IEEE 802.1p
  • IEEE 802.1D
  • IEEE 802.1w
  • IEEE 802.1s
  • IEEE 802.1x
  • IEEE 802.3ad
  • IEEE 802.3x
  • RIPv2
  • EIGRP
  • OSPF
  • IS-IS
  • BGPv4
  • Policy Based Routing(PBR)
  • HSRP(RFC2281)
  • Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)
  • OSPF および IS-IS用 BFD
  • IGMP v1、v2、v3
  • IGMPv2 および MLDv1 用 IGMP Proxy レポーティング
  • PIM
  • PIM-SM、PIM-SSM、双方向 PIM
  • WCCPv2
  • MPLS VPN(RFC2547)
  • Ethernet over MPLS(EoMPLS Martini draft)
  • Generic Routing Encapsulation(GRE)
管理
  • SNMP バージョン 1、2、および 3(SNMPv1、v2、v3)
  • Telnet インターフェイス
  • VTP
  • CDP
  • IGMP スヌーピング
  • DHCP スヌーピング
  • Remote Switch Port Analyzer(RSPAN)、Encapsulated Remote SPAN(ERSPAN)
  • 組み込み型 Remote Monitoring(RMON)ソフトウェア エージェント
  • Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)
  • Trivial File Transfer Protocol(TFTP)
  • Network Timing Protocol(NTP)
  • ポートごとの多機能 LED、および電源装置の多機能 LED
MIB
  • BRIDGE-MIB (RFC1493)
  • BGP4-MIB (RFC1657)
  • CISCO-ACCESS-ENVMON-MIB
  • CISCO-BGP-POLICY-ACCOUNTING-MIB
  • CISCO-BGP4-MIB
  • CISCO-CDP-MIB
  • CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB
  • CISCO-CONFIG-COPY-MIB
  • CISCO-CONFIG-MAN-MIB
  • CISCO-ENTITY-ALARM-MIB
  • CISCO-ENTITY-EXT-MIB
  • CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB
  • CISCO-FLEX-LINKS-MIB
  • CISCO-FTP-CLIENT-MIB
  • CISCO-HSRP-EXT-MIB
  • CISCO-HSRP-MIB
  • CISCO-IETF-IP-FORWARD-MIB
  • CISCO-IETF-IP-MIB
  • CISCO-IF-EXTENSION-MIB
  • CISCO-IMAGE-MIB
  • CISCO-IP-STAT-MIB
  • CISCO-IPMROUTE-MIB
  • CISCO-L2-CONTROL-MIB
  • CISCO-L2-TUNNEL-CONFIG-MIB
  • CISCO-MAC-NOTIFICATION-MIB
  • CISCO-MEMORY-POOL-MIB
  • CISCO-NDE-MIB
  • CISCO-OSPF-MIB
  • CISCO-OSPF-TRAP-MIB
  • CISCO-PAE-MIB
  • CISCO-PAGP-MIB
  • CISCO-PIM-MIB
  • CISCO-PING-MIB
  • CISCO-PRIVATE-VLAN-MIB
  • CISCO-PROCESS-MIB
  • CISCO-PRODUCTS-MIB
  • CISCO-QUEUE-MIB
  • CISCO-RMON-CONFIG-MIB
  • CISCO-RTTMON-MIB
  • CISCO-STP-EXTENSIONS-MIB
  • CISCO-SVI-AUTOSTATE-MIB
  • CISCO-SWITCH-ENGINE-MIB
  • CISCO-SYSLOG-MIB
  • CISCO-TCP-MIB
  • CISCO-UDLDP-MIB
  • CISCO-VLAN-IFTABLE-RELATIONSHIP-MIB
  • CISCO-VTP-MIB
  • ENTITY-MIB
  • ENTITY-SENSOR-MIB
  • EVENT-MIB
  • IF-MIB
  • IGMP-MIB
  • IPMROUTE-MIB
  • MPLS-LDP-MIB
  • MPLS-LSR-MIB
  • MPLS-TE-MIB
  • MPLS-VPN-MIB
  • NOTIFICATION-LOG-MIB
  • OLD-CISCO-CHASSIS-MIB
  • OLD-CISCO-CPU-MIB
  • OLD-CISCO-INTERFACES-MIB
  • OLD-CISCO-IP-MIB
  • OLD-CISCO-MEMORY-MIB
  • OLD-CISCO-TCP-MIB
  • OSPF-MIB
  • OSPF-TRAP-MIB
  • PIM-MIB
  • RFC1213-MIB
  • RMON-MIB
  • RMON2-Mib
  • RSVP-MIB
  • SMON-MIB
  • SNMP-FRAMEWORK-MIB
  • SNMP-NOTIFICATION-MIB
  • SNMP-PROXY-MIB
  • SNMP-TARGET-MIB
  • SNMP-USM-MIB
  • SNMP-VACM-MIB
  • SNMPv2-MIB
  • SOURCE-ROUTING-MIB
  • TCP-MIB
  • UDP-MIB
メトロ イーサネット フォーラム MEF9 および MEF14 認定

安全性および適合規格


表 6 安全性および適合規格

説明 仕様
EMC(電磁適合性)
  • CE マーキング
  • FCC Part 15
  • VCCI クラス A
  • EN55022 クラス A
  • CISPR 22 クラス A
  • AS/NZS CISPR22 クラス A
  • ETS300 386
  • EN55024
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3
安全性
  • UL 60950
  • CSA-C22.2 No. 60950
  • EN 60950
  • IEC 60950
NEBS
  • GR-63-CORE NEBS レベル 3
  • GR-1089-CORE NEBS レベル 3
ETSI
  • ETS 300 019 Storage クラス 1.1
  • ETS 300 019 Transportation クラス 2.3
  • ETS 300 019 Stationary Use クラス 3.1
ノイズ仕様
  • Central Office(CO)仕様:60 dBA
動作環境
  • 温度:0°C(32°F)〜 +40°C(104°F)
  • 高度:最大 3000 m(10,000 フィート)
  • 相対湿度:10% 〜 85%(結露しないこと)
保管環境
  • 温度:-20°C(-4°F)〜 +75°C(149°F)
  • 高度:4570 m(15,000 フィート)
  • 相対湿度:5% 〜 95%(結露しないこと)

発注情報


表 7 に、Cisco ME 6524 の発注情報を示します。

シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。

表 7 発注情報

製品番号 説明
ME-C6524GS-8S ギガビット イーサネット SFP インターフェイス× 24 + ギガビット イーサネット SFP アップリンク× 8、ファン トレイ× 1
ME-C6524GT-8S イーサネット 10/100/1000 インターフェイス× 24 + ギガビット イーサネット SFP アップリンク× 8、ファン トレイ× 1
PWR-400W-DC Cisco ME 6524 用 400 W DC 電源装置
PWR-400W-AC Cisco ME 6524 用 400 W AC 電源装置
MEM-XCEF720-256M Cisco ME 6524 スイッチ プロセッサのデフォルト メモリ
MEM-XCEF720-512M Cisco ME 6524 のスイッチ プロセッサ用 512 MB メモリ アップグレード オプション
MEM-XCEF720-1GB Cisco ME 6524 のスイッチ プロセッサ用 1 GB メモリ アップグレード オプション
MEM-MSFC2-512MB Cisco ME 6524 ルート プロセッサのデフォルト メモリ
MEM-MSFC3-1GB Cisco ME 6524 ルート プロセッサ用 1 GB メモリ アップグレード オプション
MEM-C6K-CPTFL512M オプションの外部コンパクト フラッシュ メモリ(512 MB)
S523IBL-12218ZU Cisco ME 6524 IOS IP BASE LAN only
S523IBK9L-12218ZU Cisco ME 6524 IOS IP BASE SSH LAN only
S523AIK9L-12218ZU Cisco IOS Advanced IP Service

サービスおよびサポート


シスコは、お客様の成功を確かなものにするため、さまざまな新しいサービス プログラムをご用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を得ています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化しネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくために、シスコのサービスを是非お役立てください。シスコ サービスの詳細については、シスコ テクニカル サポートサービスまたはシスコ アドバンスド サービスを参照してください。

関連情報


Cisco ME 6524 の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/me6500/index.html を参照するか、最寄りの代理店までお問い合わせください。

.

お問い合わせ