Cisco Catalyst 6500 シリーズ

Catalyst 6500 Supervisor Engine 2 Terabit(2T)を使用したサービス プロバイダー展開の実現

ホワイト ペーパー





Catalyst 6500 Supervisor Engine 2 Terabit(2T)を使用したサービス プロバイダー展開の実現



ビデオおよび E-Business アプリケーション サービスの需要が高まるにつれ、サービス プロバイダーは帯域幅の増加とネットワーク サービスの強化の両方を実現する必要に迫られています。次世代の Cisco® Catalyst® 6500 Supervisor Engine 2 Terabit(2T)は、スケーラビリティが強化され、サービス プロバイダーの Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)機能のための WAN(SPA インターフェイス プロセッサ(SIP-400/SIP-600)または ES+)カードを必要とせずに、追加のサービスをネイティブに実現します。


Supervisor Engine 2T を搭載した Cisco Catalyst 6500 は、広範囲のアプリケーションをサポートしますが、異なるサービス プロバイダー環境に展開することはできません (図 1 を参照)。

図 1 サービス プロバイダー スペースにおける 6500 の展開

図 1 サービス プロバイダー スペースにおける 6500 の展開


サービス プロバイダーの要件


サービス プロバイダーのサービスとネットワークが統合されていくにつれ、次の要件を満たすネットワーク インフラストラクチャが必要となっています。

  • スケーラビリティ:高いスイッチング パフォーマンスと帯域幅の可用性を提供して広帯域を必要とするアプリケーションをサポートし、運用への影響を及ぼさずに新しいサービスを実現可能にします。
  • 柔軟性:ポート密度の柔軟性と、長距離ファイバを備えたさまざまなコネクタ タイプを提供します。レイヤ 2、IP、および MPLS テクノロジーに基づいた「トリプル プレイ」および TLS サービスを統合する機能を提供します。
  • 豊富な機能:MPLS、IPv6、およびマルチキャストなどのメトロポリタン サービスを実現する差別化要因を提供します。
  • セキュリティ:サービス プロバイダー リソースを保護し、加入者のトラフィックの分離と認証を保証します。
  • ハイ アベイラビリティ:サービスのアップタイムを最大化し、Mean Time To Recovery(MTTR; 平均修復時間)および Mean Time Between Failure(MTBF; 平均故障間隔)を短縮します。
  • QoS:同じプラットフォーム上の音声、ビデオ、データを有効にし、ジッター、遅延、およびパケット損失に対する保証を行います。
  • 管理性:サービスのプロビジョニングを容易にし、運用効率を向上させ、OpEx コストを削減します。
図 2 Cisco Catalyst 6500 SUP 2T サービス プロバイダーのアーキテクチャ

図 2 Cisco Catalyst 6500 SUP 2T サービス プロバイダーのアーキテクチャ
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


Cisco Catalyst 6500 シリーズ:基盤


Cisco Catalyst 6500 シリーズは、サービス プロバイダー ネットワークのアクセス、アグリゲーション、およびコアエッジのためのプレミア Cisco スイッチング プラットフォームであり、次の主な利点を備えています。

  • Cisco Catalyst 6500 Series Supervisor Engine 2T により、2 Tbps の統合型スイッチ ファブリック容量
  • 分散型フォワーディングにより、60 〜 720 Mpps を超えるスイッチング パフォーマンスに拡張可能
  • 高密度ギガビットおよび 10 ギガビット イーサネット サポート、および 40 ギガビット イーサネットのサポート
  • Cisco ME 6524、Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 32、Supervisor Engine 720、および Supervisor Engine 2T で一貫性のある、エンドツーエンドなアーキテクチャと機能
  • レイヤ 2 プロトコルのコンバージェンスおよび安定性のための高性能 CPU
  • ハードウェアでの集中型および分散型の MAC ラーニングによる最適化されたスイッチング機能
  • ジャンボ フレームのサポート、バースト トラフィックを処理するためのディープ パケット バッファ、リアルタイム アプリケーションの応答時間を最小限に抑える低遅延により最適化されたパフォーマンス
  • レイヤ 2 ネットワークでサービス インスタンスと MAC の数を拡張する革新的なメカニズム
  • 10/100、100BASE-X SFP、10/100/1000、ギガビット イーサネット SFP、および 10 ギガビット イーサネット ラインカードの提供により幅広い範囲の接続オプションをサポート
  • アクセスや 802.1Q トランク ポート、ハードウェア対応の 802.1Q トンネル、VLAN 変換、EVC、およびレイヤ 2 プロトコル トンネリングなどのレイヤ 2 サービスの有効化可能な要因のサポートにより、同じプラットフォームでさらに拡充されたサービス
  • IEEE 完全準拠、IEEE 802.3ad、802.1w、および 802.1s によるサード パーティとの相互運用性
  • 標準 IEEE 802.1ad 実装での次世代レイヤ 2 ネットワークをサポート

詳細については、SUP2T アーキテクチャに関するホワイト ペーパーを参照してください。

セキュリティ

  • ACL、セキュリティ、QoS 展開のための専用 TCAM によるメモリ保護、障害封じ込め、およびスケーラビリティの向上
  • Control Plane Policing(CPP; コントロール プレーン ポリシング)とハードウェア レート リミッタの有効化による、DoS 攻撃に対するサービス プロバイダーのネットワークの保護
  • サービス プロバイダーの MAC テーブルを保護し、MAC 学習を最適化するフレキシブルなメカニズム
図 3 サービス プロバイダー MAC テーブルを保護するセキュリティ メカニズム

図 3 サービス プロバイダー MAC テーブルを保護するセキュリティ メカニズム


  • ハードウェアで有効化されたポート、VLAN、MAC ベースの ACL によるサービス プロバイダーの CPU の保護
  • 802.1x、DHCP スヌーピング、ダイナミック ARP インスペクションによる、許可されていないエンド ユーザからの保護
  • プライベート VLAN およびプライベート ホストによる、加入者の保護とトラフィックの分離
  • 802.1AE ベースの暗号化によるリンク セキュリティ

詳細については、SUP2T の CoPP および 802.1AE に関するガイドを参照してください。

ハイ アベイラビリティ

  • ノンストップ運用を目的とした、ファン、電源、ファブリック、クロックに対するハードウェア冗長性
  • コントロール プレーンとデータ プレーンを完全に分離して、復元力を強化
  • IEEE 802.1w(RSTP)および IEEE 802.1s(MSTP)の有効化によるレイヤ 2 高速コンバージェンスの最適化、およびスパニング ツリーが不要な Flexlink の有効化による、ハブアンドスポーク トポロジにおけるレイヤ 2 高速コンバージェンスの向上
  • ハイ アベイラビリティとサービス アップタイムにおけるリーダーシップ。ステートフル スイッチオーバー(SSO)により、プライマリ スーパーバイザに障害が発生した際にもトラフィックの損失を最小限に抑え、瞬時にリカバリ
  • VSS モードでのレイヤ 3、レイヤ 2 MPLS VPN のサポートによるマルチホーミングおよび PE 冗長性
図 4 SP ネットワークにおける N-PE 冗長性を目的とした VSS の活用

図 4 SP ネットワークにおける N-PE 冗長性を目的とした VSS の活用
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


  • 障害封じ込め、メモリ保護、プロセスの再起動、パッチ フィックスの In-Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)を可能にする Cisco IOS® ソフトウェアのモジュール性

詳細については、SUP2T の SUP2T アーキテクチャおよび VSS アーキテクチャ [英語] に関するホワイト ペーパーを参照してください。

QoS およびマルチキャスト

  • 同じインフラストラクチャ上でトリプル プレイおよび TLS サービスを有効化する高度な QoS メカニズム(図 5)
図 5 音声、ビデオ、データを有効にする柔軟な QoS メカニズム

図 5 音声、ビデオ、データを有効にする柔軟な QoS メカニズム


  • ハードウェア対応の PIM-SM、PIM-SSM、IGMP スヌーピング、およびハードウェア対応のレイヤ 2 マルチキャストなど、シスコの革新的なテクノロジーの有効化によるトリプル プレイ サービスのサポート

詳細については、SUP2T の QoS およびマルチキャストに関するホワイト ペーパーを参照してください。

MPLS および EVC

  • MPLS 機能のサポート:Supervisor Engine 2T でサポートされている標準イーサネット カードが不要なネイティブな L3VPN、トラフィック エンジニアリング、EoMPLS、VPLS、VPLSoGRE、および H-VPLS
図 6 Catalyst 6500 SUP2T を使用した VPLS の展開

図 6 Catalyst 6500 SUP2T を使用した VPLS の展開
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


  • VLAN を拡大する EVC のネイティブ サポート(EVC への L2VPN マッピングはサポートされていません)

詳細については、SUP2T の仮想化および VPLS に関するホワイト ペーパーを参照してください。

IPv6

  • Supervisor Engine 2T による追加の制御とフォワーディングを拡大するスケーラビリティ
  • IPv4 トンネリングでの IPv6 のフル サポート、IPv6 GRE トンネリングでの IPv6 および IPv4 のサポート、および再循環しない MPLS カプセル化
図 7 Catalyst 6500 SUP2T IPv6 の拡張。

図 7 Catalyst 6500 SUP2T IPv6 の拡張。
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


詳細については、SUP2T の IPv6 に関するホワイト ペーパーを参照してください。

管理性


  • E-OAM プロトコルなどの管理および監視機能によるエンドツーエンド サービス運用効率の向上
  • Policy Feature Card 4(PFC4; ポリシー フィーチャ カード 4)を搭載した Supervisor Engine 2T が、Flexible Netflow を含むシスコのお客様のニーズをサポートするさまざまな NetFlow 拡張機能をサポート
  • インターフェイス管理、トラフィック監視、スイッチング プロトコル管理、および機能管理のための SNMP MIB による柔軟で包括的なネットワーク監視機能

詳細については、SUP2T の Netflow に関するホワイト ペーパーを参照してください。

まとめ


Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 2T は、特定のサービス プロバイダー展開に対してスケーラビリティと最適な機能を提供します。この新しいスーパーバイザ エンジンでは、SIP-400、SIP-600、または ES+ カードなどの WAN カードを必要とせずに MPLS 機能をオンにできるため、サポートされているすべてのラインカードで高度な MPLS 機能が実現します。