高パフォーマンス&低コスト

ここでは UCS C シリーズ ラックマウントサーバがコストパフォーマンスが高い理由を 3 つご紹介します。

  1. UCS C シリーズ ラックマウントサーバ が高性能である理由
  2. UCS C シリーズ ラックマウントサーバ が仮想化時も高性能である理由
  3. UCS C シリーズ ラックマウントサーバ が Oracle 環境にも最適な理由

UCS C シリーズ が高性能である理由
パフォーマンスの世界記録を樹立




UCS C シリーズが仮想化時も高性能である理由
高密度メモリ搭載で集約度をあげる

標準的な VMmark テスト:すべての結果は www.vmmark.com から入手可能



UCS C シリーズが Oracle 環境にも最適な理由
データベース処理も高速で実行

サーバ プロセッサ(コア/スレッド) 性能計測値 価格/性能 比率 販売開始時
Cisco® UCS C250 M2 2 Intel Xeon X5690 3.46GHz
(12 コア、計 24 スレッド)
1,053,100 tpmC $0.58 USD 約 40.6 円
(tpmC あたり)
2011 年 12 月 7 日
HP ProLiant DL380 G7 2 Intel Xeon X5690 3.46 GHz
(12 コア、計 12 スレッド)
1,024,380 tpmC $.0.65 USD 約 45.5 円
(tpmC あたり)
2011 年 6 月 20 日

このパフォーマンス検証結果は、2011 年 12 月 14 日時点の結果が以下サイトにあります。
http://www.tpc.org/tpcc/default.asp.