アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

CCNA Wireless

現行の WIFUND カリキュラムから出題された復習問題を試験への準備に役立ててみませんか?

WIFUND 練習問題

概要

Cisco Certified Network Associate Wireless (CCNA® Wireless) 認定は、ワイヤレス LAN 技術者 (ネットワーキング アソシエイト / 管理者、ワイヤレス サポート スペシャリスト、WLAN プロジェクト マネージャなど) の役割はきわめて重要性が高いとの考えに基づいています。CCNA Wireless 認定では、ワイヤレス LAN (シスコ機器を使用したネットワークに特定) の設定、導入、およびサポートを行うためのスキルを認定します。 シスコの推奨トレーニングを受講すると、学習や演習を通して、SMB およびエンタープライズ ネットワークの Cisco WLAN において、基本的な設定、監視、およびトラブルシューティング タスクが実行できるようになります。CCNA Wireless 認定によって、企業は、社員が SMB およびエンタープライズ ネットワークの Cisco WLAN において、基本的なワイヤレス ネットワーキング業務に必要なスキルを有することを確認できます。

認定条件

CCENT 認定、または CCNA Routing and Switching 認定、またはいずれかの CCIE 認定

試験と推奨トレーニング

試験 推奨トレーニング
200-355 WIFUND

Implementing Cisco Wireless Network Fundamentals (WIFUND)

E-Learning [英語] | 認定ラーニングパートナー トレーニング

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

学習

自習教材

その他の自習教材

シスコ ラーニング ネットワーク

ラーニング パートナー コンテンツ

トレーニング

シスコ認定試験に備えるには、シスコ認定トレーニングが最適です。

Implementing Cisco Wireless Network Fundamentals (WIFUND)

E-Learning [英語] | 認定ラーニングパートナー トレーニング

シスコ ワイヤレス プラットフォームおよびソリューションを管理するエンジニアのためにデザインされたコースです。導入、設定、操作、トラブルシューティングが含まれます。

試験

認定を取得するには、次の試験に合格する必要があります。

200-355 WIFUND

この試験には、無線周波数 (RF) と 802.11 テクノロジーの概要、および中堅・中小企業やエンタープライズのワイヤレス ネットワークをサポートするために必要なインストール、設定、モニタ、基本的なトラブルシューティングの各タスクに関する知識が必要です。

再認定

アソシエイト レベル (CCDA, CCNA Cloud, CCNA Collaboration, CCNA Cyber Ops、CCNA Data Center, CCNA Industrial、CCNA Routing and Switching, CCNA Security, CCNA Service Provider, CCNA Wireless) のシスコ技術者認定の有効期限は 3 年間です。再認定を受けるには、認定の有効期限内に次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 現行のアソシエイト レベル試験の 1 つ (ICND1 試験を除く) に合格
  • 現行の 642-XXX または 300-XXX プロフェッショナル レベル試験の 1 つに合格
  • 現行の 642-XXX シスコ スペシャリスト試験の 1 つ (Sales Specialist、MeetingPlace Specialist、Implementing Cisco Telepresence Installations [ITI]、Cisco Leading Virtual Classroom Instruction、650 オンライン試験を除く) に合格
  • 現行の CCIE 筆記試験の 1 つに合格
  • 現行の CCDE 筆記試験または実技試験に合格
  • アーキテクト インタビューおよびアーキテクト委員会審査に合格

現在よりも上位レベルの認定に合格することで再認定を取得した場合、現在の認定の有効期限は、新たに取得した上位レベルの認定資格の有効期限と同じになります (たとえば、CCNA Routing and Switching 認定の有効期間が 1 年残っている状態で、CCIE 認定に合格した場合、CCIE 認定と CCNA Routing and Switching 認定の両方とも、CCIE の合格日から 2 年間有効となります)。「再認定を受けるには」 も合わせて参照してください。

リソース

よくあるお問い合わせ