アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

CCNA Security

1枚のポスターで、セキュリティエンジニアの需要、攻撃に対して備える防御項目、セキュリティチームの構成、セキュリティに関する事項を確認できます。

ポスターはこちらから

概要

Cisco Certified Network Associate Security (CCNA® Security) 認定では、シスコのネットワークの保護に必要なアソシエイト レベルの知識とスキルが問われます。CCNA Security 認定を取得すれば、ネットワーク技術者が、セキュリティ インフラの開発、ネットワークの脅威や脆弱性の認識、セキュリティ上の脅威の低減に必要なスキルを有していることの証明になります。CCNA Security のカリキュラムでは主に、ネットワーク デバイスのインストレーション、トラブルシューティング、およびモニタリングを行ってデータやデバイスの整合性、機密性、可用性を維持するために必要なコア セキュリティ技術のほか、セキュリティ構造でシスコが使用するテクノロジーの知識を習得します。

認定条件

CCENT 認定、または CCNA Routing and Switching 認定、またはいずれかの CCIE 認定

試験と推奨トレーニング

試験 推奨トレーニング
210-260J IINS

Implementing Cisco Network Security (IINS)

E-Learning [英語] | 認定ラーニングパートナー トレーニング

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

学習

自習教材

シスコ ラーニング ネットワーク

ラーニング パートナー コンテンツ

トレーニング

シスコ認定試験に備えるには、シスコ認定トレーニングが最適です。

Implementing Cisco Network Security (IINS)

E-Learning [英語] | 認定ラーニングパートナー トレーニング

このコースでは、セキュリティの原理および技術に焦点を当て、Cisco のセキュリティ製品を使ったハンズオン演習を行います。集合研修でのディスカッション、ハンズオン演習、および補足教材を通じて 一般的なセキュリティのコンセプトを学習します。このコースを修了すると、業界でよく使われるセキュリティ製品を用いた基本的なセキュリティ技術を設定できるようになります。

試験

認定を取得するには、次の試験に合格する必要があります。

210-260J IINS

この試験では、セキュアなネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティの中心概念の理解、セキュアなアクセスの管理、VPN 暗号化、ファイアウォール、侵入防御、Web と電子メールのコンテンツ セキュリティ、およびエンドポイント セキュリティに関する受験者の知識をテストします。また、データやデバイスの完全性、機密性、および可用性を維持するためのセキュアなネットワークのインストール、トラブルシューティング、および監視に関するスキルを評価します。さらに、シスコのセキュリティ インフラストラクチャで使用されているテクノロジーに関する能力も査定します。

再認定

アソシエイト レベル (CCDA, CCNA Cloud, CCNA Collaboration, CCNA Cyber Ops、CCNA Data Center, CCNA Industrial、CCNA Routing and Switching, CCNA Security, CCNA Service Provider, CCNA Wireless) のシスコ技術者認定の有効期限は 3 年間です。再認定を受けるには、認定の有効期限内に次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 現行のアソシエイト レベル試験の 1 つ (ICND1 試験を除く) に合格
  • 現行の 642-XXX または 300-XXX プロフェッショナル レベル試験の 1 つに合格
  • 現行の 642-XXX シスコ スペシャリスト試験の 1 つ (Sales Specialist、MeetingPlace Specialist、Implementing Cisco Telepresence Installations [ITI]、Cisco Leading Virtual Classroom Instruction、650 オンライン試験を除く) に合格
  • 現行の CCIE 筆記試験の 1 つに合格
  • 現行の CCDE 筆記試験または実技試験に合格
  • アーキテクト インタビューおよびアーキテクト委員会審査に合格

現在よりも上位レベルの認定に合格することで再認定を取得した場合、現在の認定の有効期限は、新たに取得した上位レベルの認定資格の有効期限と同じになります (たとえば、CCNA Routing and Switching 認定の有効期間が 1 年残っている状態で、CCIE 認定に合格した場合、CCIE 認定と CCNA Routing and Switching 認定の両方とも、CCIE の合格日から 2 年間有効となります)。「再認定を受けるには」 も合わせて参照してください。

その他の認定

CNSS 4011 認定 [英語]

米国の国家安全保障局(NSA)と国家安全システム委員会(CNSS)は、Cisco CCNA Security コースが CNSS 4011 トレーニング標準を満たしていることを認定しています。

DoD 8570 認定 [英語]

米国国防総省は、Cisco CCNA Security 認定、CCNP Security 認定、Cisco Cybersecurity Specialist (SCYBER) 認定が DoD 8570.01-M に準拠していることを認定しました。