Cisco UCS Manager 機能カタログ リリース ノート

このドキュメントでは、Cisco UCS Manager リリースの機能カタログの更新と PID 関連の問題について説明します。

マニュアルの変更履歴

リリース

日付

説明

4.0 (4e)

2019 年 6 月 18 日

Cisco UCS 機能カタログ リリース 4.0 (4e) T のリリース ノートを作成しました。

4.0 (4d)

2019 年 6 月 11 日

Cisco UCS 機能カタログリリース 4.0 (4d) T のリリース ノートを作成しました。

2019 年 6 月 18 日

サポートされている PID のリストから次の PID を削除しました。

  • UCS-SD78TSB61X-EV

  • UCS-SD78T61X-EV

4.0 (4c)

2019 年 5 月 30 日

Cisco UCS 機能カタログ リリース 4.0 (4c) T のリリース ノートを作成しました。

4.0(2e)

2019 年 4 月 8 日

Cisco UCS 機能カタログ リリース 4.0 (2e) T のリリース ノートを作成しました。

4.0(2d)

2019 年 2 月 19 日

Cisco UCS 機能カタログ リリース 4.0(2d)T のリリース ノートを作成しました。

4.0(2c)

2019 年 2 月 6 日

Cisco UCS 機能カタログ リリース 4.0 (2c) T のリリース ノートを作成しました。

2019 年 2 月 8 日

サポートされている PID のリストから次の PID を削除しました-UCS-MR-X64G2RT-H

4.0(1d)

2019 年 1 月 3 日

Cisco UCS 機能カタログ リリース 4.0(1d)T のリリース ノートを作成しました。

新しい PID はありません。

4.0(1c)

2018 年 11 月 2 日

Cisco UCS 機能カタログ リリース 4.0(1c)T のリリース ノートを作成しました。

機能カタログ

機能カタログは、調整可能なパラメータ、文字列、およびルールのセットで、Cisco UCS は、新しく資格を得たサーバの DIMM やディスク ドライブなどのコンポーネントの表示と設定可能性を更新するために使用されます。

カタログは、シャーシ、CPU、ローカル ディスク、I/O モジュールなどのハードウェア コンポーネントによって分割されます。カタログを使用すると、該当するコンポーネントで利用可能なプロバイダーのリストを表示できます。1 つのハードウェア コンポーネントに対して 1 つのプロバイダーが存在します。各プロバイダーは、ベンダー、モデル(PID)、およびリビジョンによって識別されます。各プロバイダーに対して、装置の製造元とフォーム ファクタの詳細を表示することもできます。

特定のカタログのリリースに依存するハードウェア コンポーネントの詳細については、『http://www.cisco.com/en/US/products/ps10280/prod_installation_guides_list.html』のコンポーネントのサポートの表を参照してください。特定のリリースで導入されたコンポーネントの情報については、『Cisco UCS http://www.cisco.com/en/US/products/ps10281/prod_release_notes_list.html』を参照してください。

機能カタログの内容

機能カタログの内容は次のとおりです。

実装固有の調整可能なパラメータ
  • 電力および熱に関する制約

  • スロット範囲および番号

  • アダプタ機能

ハードウェア固有のルール
  • BIOS、CIMC、RAID コントローラ、アダプタなどのコンポーネントのファームウェア互換性

  • 診断

  • ハードウェア固有のリブート

ユーザ表示文字列
  • CPN や PID/VID などの部品番号

  • コンポーネントの説明

  • 物理レイアウト/寸法

  • OEM 情報

機能カタログの更新

Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドルには、機能カタログの更新が含まれています。Cisco Technical Assistance Center からの指示がない限り、必要なのは Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドル のダウンロード、更新、アクティブ化の後に機能カタログ更新をアクティブ化にするだけです。

機能カタログ更新をアップデートすると、Cisco UCS はすぐに新しいベースライン カタログに更新します。それ以外の作業は行う必要がありません。機能カタログの更新では、Cisco UCS ドメイン 内のコンポーネントをリブートまたは再インストールする必要はありません。

Cisco UCS インフラストラクチャ ソフトウェア バンドル には、ベースライン カタログが含まれます。まれに、シスコが Cisco UCS リリースの間で機能カタログの更新をリリースし、ファームウェア イメージをダウンロードするのと同じサイトで更新を入手できるようにする場合があります。


(注)  

機能カタログのバージョンは、使用している Cisco UCS のバージョンによって決まります。例えば、Cisco UCS 2.2 リリースは 2.2 リリースの機能カタログで動作しますが、3.1 リリースでは動作しません。特定の Cisco UCS リリースでサポートされている機能カタログのリリースについては、http://www.cisco.com/go/unifiedcomputing/b-series-doc で入手可能な「Cisco UCS B-Series Servers Documentation Roadmap にある 『Release Notes for Cisco UCS Software』 を参照してください。


リリース 4.0 の機能カタログ

表 1. リリース 4.0 の機能カタログ

カタログ ファイル名

PID

ucs-catalog 4.0.4 の e.164

UCS B200 M5、B480 M5、C220 M5、C240 M5、および C480 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6238

  • UCS-CPU-I6238M

  • UCS-CPU-I6238L

  • UCS-CPU-I5220S

  • UCS-CPU-I6226

  • UCS-CPU-I6234

  • UCS-CPU-I6240L

  • UCS-CPU-I6240M

  • UCS-CPU-I6246

  • UCS-CPU-I5218B

UCS C220 M5、C240 M5、B200 M5、B480 M5、C480 M5、および S3260 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6222V

  • UCS-CPU-I6262V

UCS C220 M5、C240 M5、および B200 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I5218N

UCS C220 M5、C240 M5、B480 M5、および B200 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6230N

UCS C220 M5、C240 M5、C480 M5、および B200 M5 サーバの CPU:

  • UCS-CPU-I6252N

ドライブ:

  • UCS-SD76TSB61X-EV

  • UCS-SD76T61X-EV

ucs-catalog 4.0.4 d. .bin

ドライブ:

  • UCS-SD480G2HNK9

  • UCS-SD480G2HBNK9

  • UCS-SD960G2HTNK9

  • UCS-SD960G2HBNK9

  • UCS-SD38T2HTNK9

  • UCS-SD38T2HBNK9

  • S3260-2SD38K9

ucs-catalog 4.0.4 c. .bin

  • UCS-MP-128GS-A0

  • UCS-MP-256 G-A0

  • UCS-MP-512 G-A0

ucs-catalog 4.0.2 の e.164

ドライブ:

  • C220 M5 および C240 M5 サーバの場合:

    • UCS-HD12T7KL4NK9

  • UCS S3260 M5 サーバの場合:

    • UCS-S-HD12TK9

    • UCS-S-HD12TRK9

    • UCS-S-BSD960K9

ucs-catalog 4.0.2 d. .bin

メモリ:

  • UCS-MR-X64G2RT-H

    (注)   

    これは Cisco UCS C125 M5 サーバ にのみ適用されます。

ucs-catalog 4.0.2 c. .bin

ドライブ:

  • UCS-HD14T7KL4KN

  • UCS-S3260-HD14T

  • UCS-S3260-HD14TR

ucs-catalog 4.0.1 d. .bin

ucs-catalog 4.0.1 c. .bin

ドライブ:

  • UCS-SD480GBHBNK9

  • UCS-SD960GBHBNK9

  • UCS-SD38TBHBNK9

  • UCS-SD480GBHTNK9

  • UCS-SD960GBHTNK9

  • UCS-SD38TBHTNK9

関連資料

Cisco UCS Manager 次の表に示す、使用例を基本とした新しいマニュアルが用意されています。

ガイド

説明

GUI ガイド—Cisco UCS Manager 開始ガイド

Cisco UCS アーキテクチャのほか、Cisco UCS Manager の初期設定や構成のベスト プラクティスなど、稼働前に必要な操作について説明しています。

GUI ガイド—Cisco UCS Manager 管理ガイド

CLI ガイド—Cisco UCS Manager 管理ガイド

パスワード管理、ロール ベース アクセスの設定、リモート認証、通信サービス、CIMC セッション管理、組織、バックアップと復元、スケジューリング オプション、BIOS トークン、および遅延展開について説明しています。

GUI ガイド—Cisco UCS Manager インフラストラクチャ管理ガイド

CLI ガイド—Cisco UCS Manager インフラストラクチャ管理ガイド

Cisco UCS Manager によって使用および管理される物理インフラストラクチャと仮想インフラストラクチャのコンポーネントについて説明します。

GUI ガイド—Cisco UCS Manager ファームウェア管理ガイド

CLI ガイド—Cisco UCS Manager ファームウェア管理ガイド

ファームウェアのダウンロードと管理、自動インストール によるアップグレード、サービス プロファイルによるアップグレード、ファームウェアの自動同期によるエンドポイントでの直接アップグレード、機能カタログの管理、展開シナリオ、およびトラブルシューティングについて説明しています。

GUI ガイド—Cisco UCS Manager サーバ管理ガイド

CLI ガイド—Cisco UCS Manager サーバ管理ガイド

新しいランセンス、Cisco UCS ドメイン への Cisco UCS Central の登録、パワー キャッピング、サーバ ブート、サーバ プロファイル、サーバ関連のポリシーについて説明しています。

GUI ガイド—Cisco UCS Manager ストレージ管理ガイド

CLI ガイド—Cisco UCS Manager ストレージ管理ガイド

Cisco UCS Manager の SAN や VSAN など、ストレージ管理のあらゆる側面について説明しています。

GUI ガイド—Cisco UCS Manager ネットワーク管理ガイド

CLI ガイド—Cisco UCS Manager ネットワーク管理ガイド

Cisco UCS Manager の LAN や VLAN 接続など、ネットワーク管理のあらゆる側面について説明しています。

GUI ガイド—Cisco UCS Manager システム モニタリング ガイド

CLI ガイド—Cisco UCS Manager システム モニタリング ガイド

Cisco UCS Manager における、システム統計を含むシステムおよびヘルス モニタリングのあらゆる側面について説明しています。