アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

サービス プロバイダー向けモビリティ ソリューション

収益性の高いモバイル ネットワークの構築

事業者ビジネスは、サービス プロバイダーが提供する消費者向けおよび法人向け回線サービスの体感とクラウド サービスによって差別化され、5G 事業の収益化の鍵となります。しかし、その実現において、標準準拠が前提のマルチベンダー化、またマルチクラウドからクライアントまでを統合するネットワークが必要となります。

クラウドベースのパケット コア、ビジネス機会をシームレスにサービス化するネットワーク接続、機械学習と人工知能による自動化の進歩、信頼できるセキュアなインフラストラクチャの出現などにより、収益性の高いネットワークを実現する方法がこれまでになく明確になっています。

新たなイノベーション

Unified Domain Center

シスコは、企業、クラウド、コネクティビティ サービス プロバイダー(CSP)のネットワーク間にある障壁を取り除くことで、新たな収益機会が得られるようになると考えています。また、顧客がネットワーク サービスの開発と管理を行えるよう支援できます。本ソリューションにより企業顧客は、CSP のモビリティ網と WAN ネットワークのなかで、現在の企業 LAN 体感を再現します。これにより、CSP と企業顧客の双方に有益なパートナーシップをもたらします。

Ultra Cloud Core

本ソリューションは 3G、4G、5G、IoT、Wi-Fi の回線接続を堅牢にかつ統合しながらも、接続サービスに属する機能群 (In-line services)を業界で類を見ない豊富さで提供するパケット コア プラットフォームです。また CUPS アーキテクチャ導入により本プラットフォームは網要素の分散を容易にした結果、あらゆるクラウド環境で立ち上げることが可能となりました。これが業界最大規模の完全に仮想化された Cisco Ultra Services Platform です。

当クラウド ネイティブ パケット コアは共通コンポーネントから成り立つアーキテクチャと高度な自動化機能を備えています。これにより、市場投入までの時間を大幅に短縮するとともに、運用コストを削減できます。また、新しいサービスやネットワーク アップグレードを実装する際のリスクを低減できます。

Crosswork User-Centric SON

Cisco Crosswork User-Centric SON では、ユーザ体感システム、位置情報、クラウドソーシング、ビッグデータ分析などという豊富なデータ ソースに基づいて、ユーザ中心の最適化手法を採用しています。これにより、差別化された QoE を加入者に提供することに寄与します。また Crosswork SON は、機械学習の機能によってプロアクティブに動作し、パフォーマンスの低下とそれに対処する最も効果的な行動を予測します。

収益性の高い 5G の実現

5G の時代が到来しました。しかし、それが大きな収益につながるか、単なる無線機能のアップグレードに終わるかは、その導入戦略にかかっています。5G の利点を十分に引き出す秘訣は、企業顧客と加入者が利用しやすいプレミアム サービスを提供することです。

オープンかつプログラマブルなアーキテクチャによって、マルチベンダーかつマルチドメインのネットワークを高度でアジャイルな統合システムにまとめあげる必要があります。シスコは、マルチクラウド、IP ルーティング、5G コア、サービス エッジ、アクセス ネットワーク、IoT、セキュリティなどの広範な知識を活かし、5G の真の価値を創造してきました。

たとえば、帯域幅管理のトラフィック エンジニアリング、アプリケーションのネットワーク制御、インタラクティブなサービス保証を可能にする柔軟なネットワーク トポロジのサポートのほか、多くの価値を提供します。

詳細を読む

シスコのモビリティ製品ファミリ

Ultra Services Platform

Ultra Services Platform は、ネットワーク コアで収益を拡大する、ソフトウェア ネットワークの製品ファミリです。このプラットフォームには、仮想化されたパケット コアとポリシー ネットワーク機能が含まれます。

Ultra Packet Core

業界をリードするこの完全に仮想化されたパケット コアは、物理的な Cisco ASR 5500 シリーズのパケット コアと共通のフル機能実装を実現しています。Ultra Packet Core では、5G、4G、3G、2G、Wi-Fi、およびスモールセル ネットワークのパケット コアが 1 つのソリューションにすべて組み込まれています。また、こうしたネットワーク機能が仮想化ファンクションとして提供されるため、容量の拡張や新しいサービスの導入をこれまでになく迅速かつコスト効率よく実現できます。

Ultra M

Ultra M は、構成済み、ターンキー方式の仮想化ソリューションです。本ソリューションは、シスコのモビリティ ソフトウェア、およびシスコの汎用コンピューティング ハードウェアのほか、仮想ネットワーク機能(VNF)をコア ネットワーク要素としてオーケストレーションおよび管理可能な OpenStack の各種コンポーネントで構成されています。

本製品は、オールインワンになった仮想化ソリューションをシンプルに導入することを望まれるサービス プロバイダー向けに設計されています。

Cisco Policy Suite

Cisco Policy Suite は、従来のポリシーと課金ルールをより高めた機能を実現する、次世代の管理ソリューションです。これは、ポリシー、課金、加入者データを管理する、クラウドネイティブかつ包括的に機能を提供します。サービス プロバイダーは本ソリューションを使用して、パーソナライズされたサービスから利益を創出できます。

Cisco Ultra Services Platform の一部ですが、スタンドアロンでも機能するように設計されています。

Cisco Crosswork SON

Cisco Crosswork SON は、マルチベンダー マルチテクノロジー(MVMT)による、自己最適化ネットワーク(SON)ソリューション スイートです。本プラットフォームでは、機械学習と一連のアプリケーションを使用して、無線アクセス ネットワーク(RAN)を自動管理します。

✔ RAN の範囲を超えて拡張され、エンドデバイスから、コアおよびインターネットに至る広範な環境で、ユーザ体感を最適化します。

✔ xRAN オープン API により、ユーザレベルの可視性を得られるとともに、xRAN コントローラによるコントロール ループの実装を可能とします。これにより、エッジでのリアルタイムな最適化と、Cisco Crosswork を中心とした SON によるオーケストレーションが可能になり、最適なネットワーク パフォーマンスを実現します。

✔ 運用コスト(CapEx と OpEx)を削減する一方で、ユーザ体感を向上させます。
 

Cisco Crosswork User-Centric SON

Cisco Crosswork User-Centric SON では、ユーザ体感システム、位置情報、クラウドソーシング、ビッグデータ分析などの新しいデータ ソースに基づいて、ユーザ中心の最適化を採用しています。これにより、差別化された QoE を加入者に提供できます。また、Crosswork SON は、機械学習の機能によってプロアクティブに動作し、パフォーマンスの低下とそれに対処する最も効果的な対処法を予測します。

Cisco Crosswork SON

すべての RAN 技術(2G、3G、4G および将来の 5G)と、すべての RAN ベンダーをサポートする、市場で唯一の製品です。Crosswork SON の製品ポートフォリオでは、何十ものクローズド ループの自動化および最適化のアプリケーションを提供します。こうしたアプリケーションは、世界中の何百万ものセルを最適化した実績があります。

Cisco Crosswork Cluster SON は、エッジの ONAP を含む、任意のローカル vRAN クラウドに導入可能です。

Crosswork SONFlex

Cisco Crosswork SON プラットフォームは、API を通じてサードパーティとオペレータに公開されます。これにより、非常に簡単に SON の開発が可能になり、基盤となるベンダーの機器と管理システムの複雑さが軽減されます。また、複数の SON アプリケーションを有効にして、同時にネットワークを最適化する際に不可欠となる機能競合管理サービスを提供します。

Crosswork SONFlex Studio

GUI ベースの環境にてプログラマではない担当者が、Crosswork SONFlex API を使用して簡易な自動化アプリケーションを作成することができます。また、日常業務を自動化することで無線技術者の作業効率が向上するため、運用コストを削減することができます。開発済みのアプリケーションは、市場で共有したり、市場固有の課題と実践に応じてカスタマイズできます。

Crosswork Multi-Domain Service Optimization

シスコの 5G 対応 Crosswork Multi-Domain Service Optimization(MDSO)は、ネットワーク スライスとサービスの最適化に必要なエンドツーエンドの可視性と自動化フレームワークを提供します。また、アプリケーション サーバ、パケット コア、バックホール、RAN といったサービス ドメインのすべてで、ユーザレベルのサービス KQI を最適化します。MDSO では、限られたネットワーク機能を、オペレータのポリシーに従って最善の方法で利用できます。

xHaul:ネットワーク コンバージェンス システム

Cisco NCS 500 シリーズは、非常に安全性の高い、サービス プロバイダー向けアクセス ルーティング プラットフォームです。これらのルータは、固定とモジュラ両方のフォーム ファクタで使用可能です。コンバージド アクセス ネットワーク向けに最適化されていて、信頼できる 5G xHaul 、ケーブル CIN アプリケーション、および TDM-IP の要件を満たします。

NCS 500 シリーズなら、モバイル向け 5G、ケーブル向け Remote PHY 、キャリア イーサネットの進歩、FTTx などの次世代テクノロジーによって推進される、将来のネットワークを実現できます。

NCS 560

コンバージド アクセス ネットワーク向けに最適化されており、高信頼性の5G xHaul 、ケーブル CIN アプリケーション、および TDM-IP の要件を満たします。

NCS 540

1 RU、最大 300 Gbps
24 x 1/10 GE、8 x 1/10/25 GE、
2、40/100 GE

NCS 520

1 RU、最大 60 Gbps
8 ポート NID または 24 ポートのキャリア イーサネット スイッチ

IOS XR:ネットワーク セキュリティに配慮し信頼性を重視

制御と有効なセキュリティが、完全な信頼の連鎖を形成し、脅威対象の拡大を抑制

  • 信頼できるハードウェア:偽造防止およびトラスト アンカー アーキテクチャ

  • 信頼できるネットワーク OS:イメージの署名、およびセキュア ブート インフラストラクチャ

  • 信頼できる実行環境:ランタイム防御、暗号化されたトランスポート、DDoS からの保護

  • 信頼できる可視性:クラウド オーケストレーション

 

モバイル セキュリティ

モバイル ネットワークのセキュリティ強化

シスコの脅威中心型セキュリティ ソリューションを採用することで、移動通信事業者の業務と顧客の両方を保護し、新しいチャンスを収益化することができます。