アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco Kinetic for Cities

名前が変わっても価値は不変

Smart+Connected デジタル プラットフォームは、「Cisco Kinetic for Cities」に名前が変わりました。名前こそ変わりましたが、スマートシティ フレームワークに向けた一連のツールやガイドラインを提供するプラットフォームとしての価値は変わりません。

スマートシティに向けたフレームワークを構築

運営効率の向上

照明、駐車場、地域社会への参加や防犯について、状況を考慮した資産管理のシナリオを作成できます。

柔軟性の向上

システムをカスタマイズして展開できす。ソリューション、アプリケーション、デバイスを統合し、スマート シティ アーキテクチャを構成する基盤として活躍します。

機会の創出

アプリケーション開発のマーケットプレイスをグローバルそしてローカルで設けることで、新たな雇用と財政源を確保します。

リスクの低減

スマート シティ プロジェクトの開始時と展開時に、経費とリスクを低減できる革新的なパートナーシップ モデルを構築できます。

Kinetic for Cities とは

  

一元管理

都市全体の照明、駐車場、交通、廃棄物管理、Wi-Fi 展開などのデータを単一画面に表示し、一元管理できます。

センサー データの集約

無数の多様なセンサーからデータを収集し、統合できます。そうしたデータを活用すれば、コミュニティのデジタル モデルを構築できます。

オープンなエコシステムの提供

オープン API により、ローカルおよびグローバルの独立系ソフトウェア ベンダーや都市アプリケーション開発者が管理インフラに接続し、公共サービス機能を提供できるようになります。

産学公民が一体となった京都府のスマートシティ構想

スマートシティ構想を推進している京都府。オープンイノベーションを掲げ、ビッグデータを中核に産学公民が連携したプロジェクトを進めています。

その他の導入事例

歴史的観光都市をスマート化

インドのジャイプール市では、シスコのテクノロジーを使って、観光客および 350 万人の住民へのサービスを向上させ、街の安心安全を実現しています。

デジタル技術を活用してカーボン ニュートラルを目指すコペンハーゲンについて、その取り組みをご紹介します。

主なソリューション

Cisco Kinetic for Cities は、照明、駐車場や交通などのユーティリティ ベースのソリューションを構築します。

照明

エネルギー消費とコストの削減、メンテナンスの簡素化を実現します。

駐車場

住民が駐車スペースを探す時間を減らしつつ、需要に応じて駐車場を提供し、収益を確保します。

都市交通

道路の状況をライブ画像で確認し、交通管理を改善するための情報を入手します。

デジタル ネットワーク アーキテクチャ

都市の住民がインターネットに接続し、さまざまな公共サービスにアクセスできるようにします。

安全性とセキュリティ管理

問題を正確に検出し、デジタル監視によって犯罪を防ぎます。

都市管理センター

サイロ化された組織とネットワークの問題を解消し、より効率的な都市管理を実現します。