アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

より素早く、より簡単なサービスの導入

Cisco Cloud Services Platform 2100 では、仮想ネットワーク サービスがより素早く、より簡単に導入できます。DevOps チームやサーバ チームのペースに合わせて、わずか数分でサービスを起動できます。オープンな x86 Linux カーネル ベース仮想マシン(KVM)ソフトウェア/ハードウェア プラットフォームは、コロケーションとデータセンターのネットワーク機能仮想化(NFV)に最適です。

サービスの作成を通じて価値を提供

シスコと Intel の戦略的パートナーシップがどのように役立つかをご確認ください。(PDF - 1 MB)

機能と特長

Cisco Cloud Services Platform 2100 を使用することで、シンプルな組み込みのネイティブ Web ユーザ インターフェイス(WebUI)、コマンドライン インターフェイス(CLI)、Representational State Transfer(REST)API を通じて、シスコまたはサードパーティのネットワーク仮想サービスをすばやく導入できます。

このプラットフォームにより、今日のデータセンターの課題に対応し、変化するサービス要求にいち早く対応できます。

ソリューション

Secure Agile Exchange では、Cloud Services Platform 2100 を NFV プラットフォームのベースとして使用することで、従業員、顧客やパートナーなどのユーザを安全に接続します。コロケーション センターに Secure Agile Exchange を導入することで、他のアプリケーションと同様にネットワーク サービスを仮想化し、単一のプラットフォームに統合できます。導入や制御がシンプルになり、コストを削減できます。

Secure Agile Exchange は以下で構成されます。

  • NFV プラットフォーム:CSP 2100
  • スイッチング ファブリック:Cisco Nexus 9000 シリーズ スイッチ
  • ネットワーキング サービス:Cisco Cloud Services Router 1000V、適応型セキュリティ仮想アプライアンス、Cisco FirePOWER NGFW、およびサードパーティの VNF
  • シスコ アドバイザリ サービス、実装サービス、シスコ マネージド サービスなどの各サービス

課題

コロケーションやデータセンターの多くで、ネットワーク サービスは専用アプライアンスで実行されています。このアプローチでは、特定のベンダーに依存することとなり、あまり柔軟性が発揮されません。新しいハードウェアを導入する場合、数週間から数か月待つ場合もあります。

その他にも次のような課題があります。

  • サービス チームとの連携による迅速なサービスの導入
  • OpenStack の複雑性とオーバーヘッド上の要件への対応
  • VMware 製品およびサポートのコスト、VMware リソースへのアクセス
  • 専用のハードウェア アプライアンスに精通する必要性

サービス

Cloud Services Platform 2100 の導入と最適化を素早く完了させます。

すべてのエンタープライズ ネットワーク サービスを表示  すべてのシスコ サービスを表示

Contact Cisco

サポート &
ダウンロード