アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco SecureX

最も包括的で統合されたプラットフォームでセキュリティをシンプルに。

シンプルなセキュリティ エクスペリエンス

SecureX は、Cisco Secure ポートフォリオとお客様のインフラストラクチャを連携させる、クラウドネイティブの組み込みプラットフォームです。統合型のオープンな構成でシンプルさを実現するとともに、一元化によって 1 つの場所で可視性を提供し、ワークフローを自動化することで運用効率を最大限まで高めます。脅威の滞留時間と手動のタスクを大幅に減らすことにより、コンプライアンスを維持して攻撃に対処できます。

メリット

シンプルさ

テクノロジーを統合して完全な相互運用性を実現できます。

可視性

脅威の検出と調査の時間を短縮しつつ、コンテキストアウェアネスを維持できます。

効率性

修復時間を短縮してワークフローを自動化することにより、コストを削減してセキュリティを強化できます。

SecureX の機能

滞留時間の短縮

調査タスクを 72% 減らし、脅威の捕捉とコンプライアンスの維持に費やす時間を短縮できます。

時間の節約

SecOps、NetOps、および ITOps チーム全体のセキュリティのオーケストレーションと自動化により、コラボレーションを強化して平均で 100 時間を節約できます。

価値創出までの時間の短縮

15 分で使用を開始してコストを削減するとともに、1 つ以上のシスコ製品に投資することで大きなメリットを得られます。

機能

接続されているバックエンドのアーキテクチャと一貫性のあるフロントエンドのエクスペリエンス両方をサポートする、組み込み、事前パッケージ済み、またはカスタムの統合機能を提供します。

常に表示されている SecureX リボンとセキュアなシングルサインオンは、コンソール内を移動するときに 1 つの場所でインシデントに関するコンテキストを共有したり維持したりするのに役立ちます。

カスタマイズ可能なダッシュボードには、業務評価基準、新たな脅威に対する可視性、1 クリックでの新製品へのアクセスが含まれています。

1 つのビューにグローバルインテリジェンスとローカルコンテキストを集約して関連付けることにより、脅威の調査とインシデントの管理を迅速化するコア プラットフォーム アプリケーション。

一般的なユースケースに合わせた事前構築済みのワークフローと、独自のワークフローを構築してプロセスの摩擦をなくし、ルーチンタスクを自動化するためのノー/ローコードのドラッグアンドドロップ キャンバス。

SecureX は XDR ソリューションなのか

XDR 機能を搭載してはいますが、SecureX はそれだけにとどまらず、より緊密なテクノロジーの統合と広範なユースケースでセキュリティを強化してすぐに価値をもたらします。

SecureX の特長

  • 製品間の統合によるシンプルなエクスペリエンス
  • 製品間の分析による一元的な可視性
  • 対応機能による運用の効率化

SecureX に必要ないもの

  • 個別のライセンス(Cisco Secure ユーザは全員が SecureX を使用できる)
  • 特別なスキル(自動化のエキスパートである必要はない)
  • 大規模データレイクの集中型データストレージ

ThreatWiseTV の SecureX に関するエピソード

SecureX を搭載したシスコのファイアウォールが、迅速なアラート、調査、および対応をどのように自動化するのかをご確認ください。

Cisco Talos とサードパーティの脆弱性に関する情報を活用する SecureX がどのように脅威ハンティングを簡素化するのかをご覧ください。

VPN のキャパシティを最適化してセキュアなリモートアクセスを拡張する SecureX の仕組みをご覧ください。

統合が重要である理由

このアナリストレポートでは、ポイント サイバーセキュリティ製品の落とし穴に関する ESG 社の見解と、より多くの業界統合が必要である理由を確認できます。