アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

残り 1 % の脅威も検出し、攻撃を防御

Cisco AMP for Endpoints は、高度な脅威の防止、検出、対応が可能で、アンチウィルス、EPP(Endpoint Protection Platform)、EDR(Endpoint Detection & Response)の役目を果たす、次世代のエンドポイント セキュリティ ソリューションです。

 

1 % の脅威を見逃していませんか?

エンドポイント ソリューションのほとんどが、脅威を 99 % ブロックすると主張しています。では、見逃している 1 % の脅威はどうなるのでしょうか。

AMP for Endpoints の利点

マルウェアを阻止

AMP は複数の防御エンジンを使用して、ランサムウェアやその他の高度な脅威がエンドポイントに達する前に自動的に特定します。AMP では、脅威インテリジェンスとファイル分析に対してクラウドベースのアプローチをとっているため、常に最新情報が供給されます。

死角を排除

AMP for Endpoints は、オペレーティング システムを問わず、エンドポイントを包括的に可視化します。Windows、MacOS、Android、iOS、または Linux が動作するサーバやエンドポイントの可視性、コンテキスト、制御が向上します。

未知の脅威を検出

AMP は、すべてのアクティビティを継続的にモニタ、分析、記録し、悪意のある動作を検出します。AMP は、検出された脅威の完全な履歴が得られる EDR の役割をもち、調査と修復に要する時間が大幅に短縮されます。AMP はそのインテリジェンスを、ネットワーク内で脅威の影響を受けたすべてのデバイスと自動的に共有します。

 

NSS ラボが推奨

初めての AEP レポートで、エキスパートが AMP for Endpoints の評価を「推奨」にした理由をご確認ください。

導入方法

導入はシンプルです。AMP はクラウドベースの Software as a Service によるエンドポイント セキュリティ ソリューションです。使用中のエンドポイントに軽量の AMP コネクタを導入し、自分のアカウントを設定します。シスコの営業担当者またはパートナーにご連絡ください。次の簡単な手順ですぐに導入できます。

エンドポイントの数を選択する

50、1,000、100,000、でも対応可能です。制限はありません。ニーズに合わせて選択できます。

サブスクリプション期間を選択する

期間は、1、3、5 年の中から選択できます。

コネクタを導入する

使用中のエンドポイントに軽量の AMP コネクタを導入し、自分のアカウントと同期します。

厳格なプライバシー環境が必要な場合

AMP for Endpoints を、エアギャップの AMP プライベート クラウド仮想アプライアンスとしてオンプレミスに導入します。

シスコと競合他社の比較

AMP for Endpoints には、他のエンドポイント セキュリティ ベンダーと比べてどのような違いがあるでしょうか。

ファイルレス マルウェアを阻止

他のベンダーが見逃してきた、メモリ レベルの脅威やブラウザに注入された脅威をブロックします。

詳細はこちら

Heritage Bank 銀行がエンドポイントの保護に Cisco AMP を活用

"AMP for Endpoints と Threat Grid のおかげで、一般的に保護がむずかしいとされるクラウドベースなどのソリューションにも、自信を持って取り組むことができました。ほかのソリューションではスキャンまたは観測できない物事について、誰かにアクセスされていないか心配しながら夜遅くまで起きている必要はなくなりました。"

Heritage Bank 銀行 セキュリティ チーム リーダー Lachlan Peters 氏

学区でのサイバー攻撃を阻止

"Cisco AMP for Endpoints は、セキュリティ上のあらゆる観点から、我々のニーズに適合しました。セキュリティに対する要求が高まる中で、AMP は従来のエンドポイント保護ではカバーできなかった脅威を検出しています。"

Mobile County Public School System(米国アラバマ州)研究開発担当部長 George Mitchell 氏

エンドポイント セキュリティをテストしてください

自社の組織のセキュリティ状況の無料評価を受け、AMP for Endpoints が有効かどうかを判断してください。

関連情報

シスコ年次サイバーセキュリティ レポート(2018 年)

攻撃者が知られたくない情報が書かれている、このレポートをお読みください。

エンドポイント セキュリティのこれからの姿

エンドポイント(端末)のセキュリティ対策は、不正な通信の防御に加え、防壁を突破されてしまった場合の事後処理が課題になっています。

EPP と EDR

エンドポイント向け AMP は EDR(エンドポイント検出および応答)、EPP(エンドポイント保護プラットフォーム)、次世代 EPP ソリューションのハイブリッドであると言えます。