アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco HyperFlex All-NVMe ソリューション

より高性能なオール NVMe 構成でビジネスクリティカルなアプリケーションを最大限に活用

今日のデジタル化によるビジネス推進には、必要なリソースを必要なときに提供できる高性能で拡張性に優れたソリューションが必要です。Cisco HyperFlex All NVMe ノードは、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)のシンプルさと拡張性をインテル Optane テクノロジーのパフォーマンスと組み合わせることで、デジタル世界におけるビジネス成果を拡大します。

NVMe を選択する理由

データへの高速アクセス

NVMe によって、スループットの向上、低遅延、安定した応答時間が確保され、データアクセス時のカスタマーエクスペリエンスとエンド ユーザ エクスペリエンスが向上します。

デジタルサービスの強化

パフォーマンス重視のリアルタイム カスタマー エクスペリエンスとユーザエクスペリエンスを強化し、お客様のビジネスを差別化して競争力を高めます。 

仮想マシン(VM)のさらなる高密度化

インフラストラクチャの密度を高めることでアプリケーションのパフォーマンス要件に対応しながら、エネルギー使用量とフロアスペースを削減します。

将来への対応

最新の NVMe ドライブテクノロジーと HCI のモジュラ型スケールアウト アーキテクチャを組み合わせることで、かつてないほどの長期に渡る投資保護を実現します。

451 レポート:データに基づいたインサイトを促進するために求められるハイパーコンバージド インフラストラクチャの要件

データ主導型企業に移行する際に直面する課題、コンピューティング パフォーマンスが重要な理由、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)ソリューションが選ばれるようになった経緯が詳しく説明されています。

All NVMe HCI パフォーマンス比較

Enterprise Strategy Group(ESG)社は以前、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)ソリューションの中でHyperFlexのオールフラッシュノードが最も優れていると評価してました。しかし最近の ESG 社の検証では、HyperFlex HX220c M5 オール NVMe ノードのパフォーマンスが HyperFlex オールフラッシュノードに勝り、HCI ソリューションのトップであると評価しています。

71%

Oracleデータベース処理で IOPS が向上

出典:ESG 社検証レポート

34%

Microsoft SQL データベース処理で遅延が減少

出典:ESG 社検証レポート

15%

HyperFlex アクセラレーションエンジンによってストレージ効率が向上

出典:ESG 社検証レポート

HyperFlex All NVMeノードの特長

全て NVMe構成による HCI ストレージの高速化

NVMe ドライブは複数のパラレル PCIe バスレーンを介して CPU に直接統合されるため、ストレージのボトルネックが解消されます。しかも、インテル Volume Management Driver で実現されるすべての RAS (冗長性・信頼性)機能の利用・運用のしやすさはそのままです。

インテル Optane 技術で PCIe と RAS のキャッシングが高速化

キャッシングとログの書き込みにはインテル Optane DC P4800X SSD が使用され、大規模なデータセットが高いスループットで遅延なく CPU に転送されるため、Quality of Service(QoS)が向上します。

ストレージ容量のバリエーション

インテル 3D NAND NVMe SSD はノードあたり 8 TB または 32 TB の物理容量を備え、読み取りに最適化されているため、重要なデータをリアルタイムで提供できます。

Cisco HyperFlex アクセラレーションエンジン

オプションのハードウエアアクセラレーションエンジンによって、データ圧縮処理が CPU からオフロードされます。多くのコアが解放されるため、仮想マシン密度の向上、低遅延、ストレージ容量の削減を実現できます。

ITX 社導入事例

グローバルのモビリティをリードする ITX 社は、Cisco HyperFlex を活用して ERP データベースのクエリを数時間から数秒へと高速化しています。

インテル Optane テクノロジー

インテル Optane ソリッドステートドライブを活用すれば、データセンターストレージのボトルネックを解消し、より大きなデータセットに対応できます。アプリケーションの高速化、遅延の影響を受けやすいワークロードのトランザクションコストの削減、TCO の向上を実現します。

HyperFlex 構成モデル

Cisco HyperFlex では、ハイブリッド、オールフラッシュ、オール NVMe、エッジなどの構成オプションを柔軟に選択できます。

関連資料

Intel Xeon Logo インテル® Xeon® Platinum プロセッサ搭載 Cisco HyperFlex™ システム

Intel、Intel ロゴ、Xeon および Xeon Inside は、米国およびその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標または登録商標です。