アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco Webex Control Hub

Webex サービスのプロビジョニング、コントロール、分析

Cisco Webex Control Hub は、すべての Cisco Webex サービスを 1 つのビューで表示します。ネットワークの制御、デバイスのプロビジョニング、詳細な分析の表示、セキュリティとコンプライアンス パラメータの調整が可能で、データの安全を守り、規制のニーズを満たせます。

重要な基盤

Webex Control Hub により、IT 部門と情報セキュリティのリーダーは安心感が得られるほか、管理がシンプルになり、幅広く Cisco Webex のモバイル コラボレーションを提供できるようになります。

管理

すべての Cisco Webex サービスのプロビジョニング、コントロール、分析を行います。Cisco Webex の有料サブスクリプションに含まれており、使用状況、トラブルシューティング、パフォーマンスに関する情報をダッシュボードで表示します。

ユーザおよびデバイスの管理

デバイスをすばやくアクティブ化できるほか、ユーザの管理、Microsoft Active Directory および統合シングル サインオンとの同期が可能です。

レポーティングとメトリック

導入を追跡し、使用状況レポートを利用した分析が可能です。QoS、キャパシティ、パフォーマンスもモニタリングできます。

自動ライセンス割り当て

定義済みのテンプレートに基づいて新しいユーザにライセンスを割り当て、すぐに開始して実行できるようにします。

ロールベースのアクセス コントロール

アクセス権レベルがそれぞれ異なるあらかじめ用意されているロールを使い、ユーザ サービスを効率的にコントロールできます。

セキュリティおよび暗号化

データは常に暗号化されるほか、サーバで暗号キーを管理するオプションもあります。重要なコラボレーション機能が失われることはありません。また、Webex Teams のデータは、メッセージ、ファイル、ホワイトボード図面などを含むすべてがプライベートのまま保たれます。

エンドツーエンドの暗号化

転送中や保管中の情報だけでなく、使用中の情報やデバイスから送信される情報もすべて暗号化されます。

高速でシンプル、高度にセキュアな検索

ユーザが検索する際、取得された検索結果は復号化されずにユーザのデバイスに送信されます。

ユーザ ID とアクセス

ユーザは手動または自動でプロビジョニングできます。認証されたユーザだけが、Cisco Webex Teams のスペースでメッセージやファイルを閲覧できます。

デバイスとブラウザの保護

アイドル タイムアウト、デバイス PIN の適用、Webex Teams のコンテンツのリモート ワイプなど、セキュリティ コントロールをカスタマイズします。

コンプライアンス

eDiscovery に関して、レポートの保存、検索、抽出についてコンプライアンス設定を定義したり、既存のコンプライアンス ソフトウェアと統合したりできます。

柔軟な保存期間

Webex Teams では、ユーザがコンテンツを削除するまで、もしくは、管理者が定義した保存ポリシーに期限が指定されていない限り、無制限にコンテンツを保存することが可能です。

eDiscovery

管理者は、タイムスタンプ、スペース ID、参加者 ID などのデータを含む、あらゆるコンテンツを検索して抽出できます。

データ損失防止

クラウド アクセス セキュリティ ブローカ(CASB)、データ損失防止(DLP)、eDiscovery ソフトウェアなどと統合し、違反のチェックやアクションを実行できます。

アーカイブ

Cisco Webex イベント API によってイベントをポーリングし、アプリケーションでコンテンツをアーカイブできます。

サポート

パートナー向け

シスコ パートナーの皆さんへ   ログインして、追加リソースをご覧ください。

シスコ パートナーのソリューションをお探しですか。シスコのパートナー エコシステムにお問い合わせください。