アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco Industrial Wireless 3700 シリーズ アクセスポイント データシート

データシート

ダウンロード オプション

  • PDF
    (920.5 KB)
    Adobe Reader を使ってさまざまなデバイスで表示
Updated: 2021 年 6 月 29 日

ダウンロード オプション

  • PDF
    (920.5 KB)
    Adobe Reader を使ってさまざまなデバイスで表示
Updated: 2021 年 6 月 29 日
 

 

 

C78-734968-01

Cisco® Industrial Wireless 3700IW3700)シリーズ アクセスポイントは、産業および屋外用に特化した、業界をリードするパフォーマンスと高密度エクスペリエンスを提供します。産業レベルの環境条件に適合する一方で、帯域幅を大量に消費するビデオなどのアプリケーションのための高速接続や、スマートフォン、タブレット、高性能ラップトップなど、802.11ac サポートを統合した新しい世代の Wi-Fi クライアントへの対応も実現しています。

最初の実装である 802.11ac Wave 1 では、ハイエンド 802.11n アクセスポイントの約 3 倍に相当する最大 1.3 Gbps の速度を提供します。この製品により、産業用ネットワーク、企業ネットワーク、およびサービス プロバイダー ネットワークで、ワイヤレスユーザの期待やニーズを超えるレベルのパフォーマンスと帯域幅を常に提供できる基盤を確立できます。

ワイヤレスアクセスは、その便利さにより、産業ユーザのネットワーク接続手段として急速に普及しつつあります。それに伴い、ワイヤレスに対する期待も拡大し、日常の業務効率を低下させることなく、社内環境を自由に移動し、高い性能を提供できることが求められています。

IW3700 は、高性能 Wi-Fi サービス用のスケーラブルでセキュアなメッシュアーキテクチャを提供し、高度な静的またはモバイルのワークグループブリッジ(WGB)としても機能します。

wi-fi logo

産業環境条件に適合し、単一のプロトコル機能と業界をリードする 802.11ac Wi-Fi のパフォーマンスを備えた、Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイント:

  非常に厳しい産業環境および屋外環境に適合
  鉄道、運輸、鉱業、石油およびガス、製造業などの要求が厳しい屋外用途に最適
  拡張された動作温度範囲
  優れた防水および防塵性能を備えた、コンパクトで堅牢な IP67 対応
  振動に強い M12 イーサネットおよび DC 電源コネクタ
  外部 N 型アンテナコネクタにより多様な RF カバレッジに対応可能
  PRP DLEP PROFINET WBAN 、およびローミング調整プロトコルの統合サポート

2.4 GHz 5 GHz のデュアルバンド無線に対応し、5 GHz 無線で 802.11ac Wave 1 をサポート

運用の柔軟性:

  コントローラベースの導入のための Lightweight モード
  Autonomous およびワークグループブリッジ(WGB )のサポート

トラブルシューティング フォレンジックによる干渉解決と予防措置の迅速化:

  Wi-Fi 干渉を含めた 20 種類以上の干渉を 5 30 秒以内に分類
  自動修復アクションで手動による対応を低減
  干渉履歴情報によって過去分析と迅速な問題解決が可能
  Cisco Spectrum Expert Connect モードが提供するリアルタイムの未加工スペクトルデータを利用して診断が困難な干渉問題を解決
  Cisco CleanAir テクノロジーの電波品質指標を通じ、ネットワークパフォーマンスと干渉の影響についてのスナップショットを提供

堅牢なセキュリティとポリシーの適用

  Wi-Fi 検出によってオフチャネル不正に対処できる、業界初のアクセスポイント
  不正なアクセスポイントとサービス拒否攻撃の検出をサポート
  管理フレーム保護により、悪意のあるユーザを検出し、ネットワーク管理者に通知
  ポリシーの適用により、Wi-Fi ネットワークに干渉するデバイスやネットワークセキュリティを脅かすデバイスを防止

高密度エクスペリエンス

シスコの優れた RF 性能を継承した Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイントには、クラス最高レベルの RF アーキテクチャを備えた特定用途向けの革新的なチップセットが採用されています。このチップセットは、ミッションクリティカルな高性能アプリケーション向けに設計された産業用ネットワークや企業ネットワークに対応する高密度エクスペリエンスを提供します。アクセスポイントの主力製品である IW3700 シリーズは、産業用途での主な環境条件を満たすとともに、業界最高レベルのパフォーマンスによって、高セキュリティのワイヤレス接続を実現し、安定したモバイルエクスペリエンスを提供します。この製品の主な特長は次のとおりです。

      3 空間ストリーム、4 X 4 MIMOMulti-Input Multi-Output)の 802.11ac テクノロジーを使用し、1.3 Gbps レートの維持範囲を拡大することで、他社製品では得られない容量と信頼性を実現します。

      Cisco ClientLink 3.0 テクノロジーにより、空間ストリーム数が 123 802.11ac デバイスを含め、あらゆるモバイルデバイスへのダウンリンクパフォーマンスが向上し、さらにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスのバッテリ駆動時間も長くなります。

      80 MHz チャネルのサポートにより Cisco CleanAir® テクノロジーが強化されたため、204080 MHz 幅のすべてのチャネルに予防的な高速スペクトルインテリジェンスを適用できます。これにより、無線干渉に起因するパフォーマンス問題に効果的に対処できます。

      Cisco Flexible Antenna Port テクノロジーでは、ソフトウェアを使用してシングルバンドまたはデュアルバンドアンテナを設定できます。このテクノロジーは、同じアンテナポートをデュアルバンドアンテナに使用して設置面積を低減することも、シングルバンドアンテナに使用して無線カバレッジを最適化することもできます。

新しい Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイントは、アクセスポイントからの距離が遠くても高速接続を維持します。他社のソリューションと比べて 1.3 Gbps レートでの可用性は最大 3 倍で、多様なクライアントデバイスのパフォーマンスを最適化できます。IW3700 では、業界をリードする Cisco Aironet® 3700 シリーズの機能がさらに進化しています。さらに、業界最多の品揃えを誇る 802.11n および 802.11ac アンテナにより、多様な導入シナリオに最適なカバレッジを提供します。

ワークグループブリッジ(WGB)およびワイヤレスブリッジ自動ネゴシエーション(WBAN

Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイントは、WGB として採用されると、プログラマブル ロジック コントローラ(PLC)、自動ガイド付き車両(AGV)、コンテナ処理機器など、高性能な路線間のリンクなどの静的でモバイルの工業用アプリケーションに対する継続的な接続を確保するために複数の機能防御策を提供します。これらの独自の機能により、製造、採掘、輸送などの産業における重要なモバイル資産の自律運用が可能になり、ローミング環境を含め、ワイヤレス接続の最短損失でさえ許容されないアプリケーションに信頼性の高いソリューションを提供できます。

      高速 WGB ローミングは、IEEE 802.11v 高速 BSS 移行の修正を活用して、高速で移動する資産への接続の一貫したスループットと安定したレートシフトを保証します。

      Parallel Redundancy ProtocolPRP)により、2 つの並列ワイヤレス接続を介したトラフィックの分散が可能となり、最高レベルの復元力と遅延変動の低減が実現します。さらに、ローミング調整を使用すると、2 つのインターフェイスでのローミングハンドオーバーがプログラムによって相互に分離されるように、WGB でパラレル接続を制御できます1

      Dynamic Link Exchange ProtocolDLEP)クライアントを使用すると、外部デバイスがインテリジェントなアップストリームパス選択を実行できるため、無線対応ルーティング(RAR)が有効になります。[1]

      産業用アプリケーションに関連するその他の拡張機能には、優先順位付けされた PROFINET プロトコル転送サポートと、WBAN を介してブリッジペアの役割を自動的にネゴシエートする機能が含まれます。

製品仕様

1 に、Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイントの仕様を示します。

表 1.     製品仕様

項目

仕様

製品番号

Cisco IW3700 シリーズ アクセス ポイント、規制ドメインコード対応

  IW3702-2E-x-K9 :上部と下部の 2 つのアンテナコネクタで直接接続アンテナを提供(合計 4 つのアンテナコネクタ)
  IW3702-4E-x-K9 :それ以外の外部アンテナ用に、同じ側に 4 つのアンテナコネクタを搭載

Cisco IW3700 シリーズ ユニバーサル アクセス ポイント

  IW3702-2E-UXK9 :上部と下部の 2 つのアンテナコネクタで直接接続の外部アンテナを提供(合計 4 つのアンテナコネクタ)
  IW3702-4E-UXK9 :それ以外の外部アンテナ用に、同じ側に 4 つのアンテナコネクタを搭載

規制ドメイン:(x = 規制ドメイン)

  IW3700 シリーズで利用できるドメインコードは、x = A B D E F L M Q R Z です。その他の規制ドメインはユニバーサル アクセス ポイントでサポートされています。
  お客様の国における使用認可をご確認ください。認可状況および特定の国に対応する規制ドメインを確認するには、 https://www.cisco.com/go/aironet/compliance を参照してください。

設置用アクセサリ

  AIR-ACCPMK3700= :支柱取り付けキット、垂直支柱のみ(直径 2 3 インチ)、バンド取り付けツールは不要
  AIR-ACCPMK3700-2= :支柱取り付けキット、直径 2 16 インチの支柱用
  AIR-ACCDMK3700= DIN レール取り付けキット

電源アクセサリ

  AIR-PWRINJ1500-2= :屋内環境用 PoE+ パワー インジェクタ
  AIR-PWRINJ-60RGD1= :屋外環境用 PoE+ パワー インジェクタ(北米仕様プラグを装備)
  AIR-PWRINJ-60RGD2= :屋外環境用 PoE+ パワー インジェクタ(AC プラグを装備しない国際版)
  AIR-PWRINJ-60-PMK= AIR-PWRINJ-60RGD1= および AIR-PWRINJ-60RGD2= 用の支柱取り付けキット
  AIR-PWRADPT3700NA= AC/DC 電源アダプタ、北米プラグ付き [2]
  AIR-PWRADPT3700IN= AC/DC 電源アダプタ、AC プラグなし国際版 2

電源ケーブルとネットワークケーブル

  CAB-PWR-M12-10= M12 DC 電源ケーブル、4 ピン、A コード、10 フィート
  CAB-ETHRJ45-M12-10= M12 RJ-45 イーサネットケーブル、8 ピン、X コード、10 フィート

Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイント向け Cisco Smart Net Total Care サービス

  CON-SNT-IW37022E および CON-SNTP-IW37022E IW3702-2E 向け Smart Net Total Care
  CON-SNT-IW37024E および CON-SNTP-IW37024E IW3702-4E 向け Smart Net Total Care

Cisco Wireless LAN サービス

  AS-WLAN-CNSLT Cisco Wireless LAN Network Planning and Design サービス
  AS-WLAN-CNSLT Cisco Wireless LAN 802.11n 移行サービス
  AS-WLAN-CNSLT Cisco Wireless LAN Performance and Security Assessment サービス

ソフトウェア

AireOS ワイヤレス コントローラに付属している Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア リリース:

  Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイントでは 8.0.120.0 以降

Cisco IOS ソフトウェア リリース

  Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイントでは 15.3(3)JA5 以降

サポート対象の Wireless LAN コントローラ

  Cisco 2500 シリーズ ワイヤレスコントローラ、Cisco Wireless Controller Module for ISR G2 Catalyst ® 6500 シリーズ スイッチ向け Cisco Wireless Services Module 2 WiSM2 )、Cisco 5500 シリーズ ワイヤレスコントローラ、Cisco Flex ® 7500 シリーズ ワイヤレスコントローラ、Cisco 8500 シリーズ ワイヤレスコントローラ、Cisco Virtual Wireless Controller

802.11ac Wave 1 機能

  4 X 4 MIMO 3 つの空間ストリームに対応)
  最大比合成(MRC
  802.11ac ビームフォーミング
  20 40 80 MHz チャネル
  最大 1.3 Gbps PHY データレート(5 GHz 帯で 80 MHz
  パケットアグリゲーション:A-MPDU Tx/Rx )、A-MSDU Tx/Rx
  802.11 Dynamic Frequency Selection DFS
  Cyclic Shift Diversity CSD )サポート

802.11n バージョン 2.0 および関連機能

  4 X 4 MIMO 3 つの空間ストリームに対応)
  最大比合成(MRC
  802.11n および 802.11a/g ビームフォーミング
  20 および 40 MHz チャネル
  最大 450 Mbps PHY データレート(5 GHz 帯で 40 MHz
  パケットアグリゲーション:A-MPDU Tx/Rx )、A-MSDU Tx/Rx
  802.11 Dynamic Frequency Selection DFS
  Cyclic Shift Diversity CSD )サポート

サポートされるデータレート

802.11a691218243648、および 54 Mbps

802.11g125.569111218243648、および 54 Mbps

802.11n データレート(2.4 GHz):

MCS[3] インデックス

GI[4] = 800 ns

GI = 400 ns

 

 

20 MHz レート(Mbps

20 MHz レート(Mbps

 

0

6.5

7.2

 

1

13

14.4

 

2

19.5

21.7

 

3

26

28.9

 

4

39

43.3

 

5

52

57.8

 

6

58.5

65

 

7

65

72.2

 

8

13

14.4

 

9

26

28.9

 

10

39

43.3

 

11

52

57.8

 

12

78

86.7

 

13

104

115.6

 

14

117

130

 

15

130

144.4

 

16

19.5

21.7

 

17

39

43.3

 

18

58.5

65

 

19

78

86.7

 

20

117

130

 

21

156

173.3

 

22

175.5

195

 

23

195

216.7

 

 

802.11ac データレート(5 GHz):

 

MCS インデックス

空間ストリーム

GI = 800 ns

GI = 400 ns

 

 

 

20 MHz レート(Mbps

40 MHz レート(Mbps

80 MHz レート(Mbps

20 MHz
レート(Mbps

40 MHz
レート(Mbps

80 MHz
レート(Mbps

 

0

1

6.5

13.5

29.3

7.2

15

32.5

 

1

1

13

27

58.5

14.4

30

65

 

2

1

19.5

40.5

87.8

21.7

45

97.5

 

3

1

26

54

117

28.9

60

130

 

4

1

39

81

175.5

43.3

90

195

 

5

1

52

108

234

57.8

120

260

 

6

1

58.5

121.5

263.3

65

135

292.5

 

7

1

65

135

292.5

72.2

150

325

 

8

1

78

162

351

86.7

180

390

 

9

1

-

180

390

-

200

433.3

 

0

2

13

27

58.5

14.4

30

65

 

1

2

26

54

117

28.9

60

130

 

2

2

39

81

175.5

43.3

90

195

 

3

2

52

108

234

57.8

120

260

 

4

2

78

162

351

86.7

180

390

 

5

2

104

216

468

115.6

240

520

 

6

2

117

243

526.5

130

270

585

 

7

2

130

270

585

144.4

300

650

 

8

2

156

324

702

173.3

360

780

 

9

2

78

780

780

-

400

866.7

 

0

3

19.5

40.5

87.8

21.7

45

97.5

 

1

3

39

81

175.5

43.3

90

195

 

2

3

58.5

121.5

263.3

65

135

292.5

 

3

3

78

162

351

86.7

180

390

 

4

3

117

243

526.5

130

270

585

 

5

3

156

324

702

173.3

360

780

 

6

3

175.5

364.5

-

195

405

-

 

7

3

195

405

877.5

216.7

450

975

 

8

3

234

486

1053

260

540

1170

 

9

3

260

540

1170

288.9

600

1300


周波数帯および 20 MHz 動作チャネル

AA 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz 11 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5.500 5.700 GHz 8 チャネル 5.600 5.640 GHz を除く)
  5.745 5.825 GHz 5 チャネル

BB 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz 11 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5.500 5.720 GHz 12 チャネル
  5.745 5.825 GHz 5 チャネル

CC 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.745 5.825 GHz 5 チャネル

DD 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz 11 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5.745 5.825 GHz 5 チャネル

EE 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5.500 5.700 GHz 8 チャネル(5.600 5.640 GHz を除く)

FF 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.745 5.805 GHz 4 チャネル

HH 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.150 5.350 GHz 8 チャネル
  5.745 5.825 GHz 5 チャネル

II 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル

KK 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5.500 5.620 GHz 7 チャネル
  5.745 5.805 GHz 4 チャネル

LL 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 11 チャネル
  5.500 5.620 GHz 7 チャネル
  5.745 5.865 GHz 7 チャネル

MM 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.500 5.700 GHz 8 チャネル(5.600 5.640 GHz を除く)
  5.745 5.805 GHz 4 チャネル

NN 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz 11 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5.745 5.825 GHz 5 チャネル

QQ 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5.500 5.700 GHz 11 チャネル

RR 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5,660 5,805 GHz 7 チャネル

SS 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz 13 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5.500 5.700 GHz 11 チャネル
  5.745 5.825 GHz 5 チャネル

TT 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz 11 チャネル
  5.280 5.320 GHz 3 チャネル
  5.500 5.700 GHz 8 チャネル(5.600 5.640 GHz を除く)
  5.745 5.825 GHz 5 チャネル

ZZ 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz 11 チャネル
  5.180 5.320 GHz 8 チャネル
  5.500 5.700 GHz 8 チャネル(5.600 5.640 GHz を除く)
  5.745 5.825 GHz 5 チャネル

注:お客様の国における使用認可をご確認ください。すべての規制ドメインを IW3700 で使用できるわけではありません。認可状況および特定の国に対応する規制ドメインを確認するには、https://www.cisco.com/go/aironet/compliance を参照してください。

非オーバーラップチャネルの最大数

2.4 GHz

  802.11b/g
  20 MHz 3
  802.11n
  20 MHz 3
  40 MHz 1 (ハードウェアでサポート)

5 GHz

  802.11a の場合:
  20 MHz 25
  802.11n
  20 MHz 25
  40 MHz 12
  802.11ac
  20 MHz 25
  40 MHz 12
  80 MHz 6

注:この値は規制ドメインによって異なります。各規制ドメイン別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。

受信感度

  802.11b CCK
  -101 dBm 1 Mbps
  -98 dBm 2 Mbps
  -92 dBm 5.5 Mbps
  -89 dBm 11 Mbps
  802.11g HT20 以外)
  -91 dBm 6 Mbps
  -91 dBm 9 Mbps
  -91 dBm 12 Mbps
  -90 dBm 18 Mbps
  -87 dBm 24 Mbps
  -85 dBm 36 Mbps
  -80 dBm 48 Mbps
  -79 dBm 54 Mbps
  802.11a HT20 以外)
  -93 dBm 6 Mbps
  -93 dBm 9 Mbps
  -93 dBm 12 Mbps
  -92 dBm 18 Mbps
  -89 dBm 24 Mbps
  -86 dBm 36 Mbps
  -82 dBm 48 Mbps
  -80 dBm 54 Mbps

 

2.4 GHz

  802.11n HT20
  -90 dBm MCS0
  -90 dBm MCS1
  -90 dBm MCS2
  -88 dBm MCS3
  -85 dBm MCS4
  -80 dBm MCS5
  -78 dBm MCS6
  -77 dBm MCS7
  -90 dBm MCS8
  -90 dBm MCS9
  -89 dBm MCS10
  -86 dBm MCS11
  -82 dBm MCS12
  -78 dBm MCS13
  -77 dBm MCS14
  -75 dBm MCS15
  -90 dBm MCS16
  -89 dBm MCS17
  -87 dBm MCS18
  -84 dBm MCS19
  -81 dBm MCS20
  -76 dBm MCS21
  -75 dBm MCS22
  -74 dBm MCS23

5 GHz

  802.11n HT20
  -93 dBm MCS0
  -93 dBm MCS1
  -92 dBm MCS2
  -89 dBm MCS3
  -86 dBm MCS4
  -81 dBm MCS5
  -80 dBm MCS6
  -79 dBm MCS7
  -93 dBm MCS8
  -93 dBm MCS9
  -90 dBm MCS10
  -87 dBm MCS11
  -84 dBm MCS12
  -80 dBm MCS13
  -79 dBm MCS14
  -77 dBm MCS15
  -93 dBm MCS16
  -92 dBm MCS17
  -89 dBm MCS18
  -86 dBm MCS19
  -83 dBm MCS20
  -79 dBm MCS21
  -77 dBm MCS22
  -76 dBm MCS23

5 GHz

  802.11n HT40
  -90 dBm MCS0
  -90 dBm MCS1
  -89 dBm MCS2
  -86 dBm MCS3
  -83 dBm MCS4
  -78 dBm MCS5
  -77 dBm MCS6
  -76 dBm MCS7
  -90 dBm MCS8
  -90 dBm MCS9
  -87 dBm MCS10
  -84 dBm MCS11
  -81 dBm MCS12
  -77 dBm MCS13
  -76 dBm MCS14
  -74 dBm MCS15
  -90 dBm MCS16
  -89 dBm MCS17
  -86 dBm MCS18
  -83 dBm MCS19
  -80 dBm MCS20
  -76 dBm MCS21
  -74 dBm MCS22
  -73 dBm MCS23

 

802.11ac 受信感度

 

8.2.11acHT80 以外)

  -86 dBm 6 Mbps
  -76 dBm 54 Mbps

 

MCS インデックス

空間ストリーム

 

 

 

 

VHT20

VHT40

VHT80

VTH20-STBC

VHT40-STBC

VHT80-STBC

 

0

1

-94 dBm

-91 dBm

-86 dBm

-94 dBm

-91 dBm

-86 dBm

 

8

1

-77 dBm

 

 

-77 dBm

 

 

 

9

1

 

-72 dBm

-69 dBm

 

-73 dBm

-70 dBm

 

0

2

-94 dBm

-91 dBm

-86 dBm

 

 

 

 

8

2

-75 dBm

 

 

 

 

 

 

9

2

 

-71 dBm

-67 dBm

 

 

 

 

0

3

-94 dBm

-91 dBm

-86 dBm

 

 

 

 

9

3

-71 dBm

-70 dBm

-65 dBm

 

 

 

最大送信電力

2.4 GHz

  802.11b
  23 dBm (アンテナ 4 本)
  802.11g
  23 dBm (アンテナ 4 本)
  802.11n HT20
  23 dBm (アンテナ 4 本)

5 GHz

  802.11a
  23 dBm (アンテナ 4 本)
  802.11n HT20
  23 dBm (アンテナ 4 本)
  802.11n HT40
  23 dBm (アンテナ 4 本)
  802.11ac
  HT80 以外:23 dBm (アンテナ 4 本)
  VHT20 23 dBm (アンテナ 4 本)
  VHT40 23 dBm (アンテナ 4 本)
  VHT80 23 dBm (アンテナ 4 本)
  VHT20-STBC 23 dBm (アンテナ 4 本)
  VHT40-STBC 23 dBm (アンテナ 4 本)
  VHT80-STBC 23 dBm (アンテナ 4 本)

注:最大出力設定は、チャネルおよび各国の規制によって異なります。詳細については製品のドキュメンテーションを参照してください。

利用可能な送信出力設定

2.4 GHz

  23 dBm 200 mW
  20 dBm 100 mW
  17 dBm 50 mW
  14 dBm 25 mW
  11 dBm 12.5 mW
  8 dBm 6.25 mW
  5 dBm 3.13 mW
  2 dBm 1.56 mW

5 GHz

  23 dBm 200 mW
  20 dBm 100 mW
  17 dBm 50 mW
  14 dBm 25 mW
  11 dBm 12.5 mW
  8 dBm 6.25 mW
  5 dBm 3.13 mW
  2 dBm 1.56 mW

外部アンテナ(別売り)

  アンテナゲイン最大 13 dBi 2.4 GHz および 5 GHz )での使用が認定済み
  シスコは業界で最多種類のアンテナを取り揃え、多様な導入シナリオに最適なカバレッジを提供詳細については、『 Cisco Industrial Routers and Industrial Wireless Access Points Antenna Guide 』および Cisco.com アンテナページ を参照してください。

インターフェイス

  10/100/1000BASE-T 自動検知(M12 8P メスコネクタ、IEC 61076-2 に基づく X コーディング)、PoE 入力(802.3af )、PoE+ 入力(802.3at
  10/100/1000BASE-T 自動検知(M12 8P メスコネクタ、IEC 61076-2 に基づく X コーディング)、PoE 出力(802.3af
  管理コンソールポート(RJ-45 コネクタによるシリアル)

インジケータ

  ステータス LED によるブートローダーステータス、アソシエーションステータス、動作ステータス、ブートローダー警告、ブートローダーエラーの表示

システム メモリ

  512 MB DRAM
  64 MB フラッシュメモリ

寸法(幅 X 奥行 X 高さ)

  アクセスポイント(コネクタは含まない):28.7 X 20.3 X 5.9 cm 11.3 X 8.0 X 2.3 インチ)
  体積:2.4 リットル(148 立方インチ)

重量

  3.0 kg 6.7 ポンド)

環境

  非動作(保管)温度:-40 85°C -40 185°F
  非動作(保管)時の高度試験:25°C 4,572 m 15,000 フィート)
  動作温度:-40 70°C -40 158°F )、太陽負荷あり、エアーフローなし
  拡張された動作温度(DC 電源):-50 75°C -58 167°F )、太陽負荷なし、エアーフローなし、コールドスタートの制限 -40°C
  動作タイプテスト:+85°C 16 時間
  動作湿度:0 100 %(結露)
  動作高度:4,500 m 15,000 フィート)
  耐風性:最大連続風速 257 km/h 160 mph

サージ

  電力サージ保護 ± 2 kV (ライン - アース間)および ± 1 kW (ライン - ライン間)、DC 電源
  電力サージ保護 ± 4 kV 、イーサネットポート

入力電力要件

  9.6 60 VDC M12 4P オスコネクタ、IEC 61076-2 に基づく A コーディング)
  PoE および PoE+ M12 8P メスコネクタ、IEC 61076-2 に基づく X コーディング)

給電規格

* 以下は、給電側デバイス(PSE)に必要な電力です。

入力電源タイプ

環境条件/ヒーター

Wi-Fi 無線モード

PoE 出力

電源容量(ワット)

PoE 802.3af

> -20°C

ヒーターなし

3x3:32.4/5 GHz

該当なし

15.4

PoE+ 802.3at

> -20°C

ヒーターなし

4x4:32.4/5 GHz

該当なし

21

PoE+ 802.3at

-50 -20°C

エアーフローなし

ヒーター X 1

4x4:32.4/5 GHz

該当なし

30

DC 入力

> -20°C

ヒーターなし

4x4:32.4/5 GHz

非対応

20

DC 入力

-50 -20°C

エアーフローなし

ヒーター X 1

4x4:32.4/5 GHz

非対応

37

DC 入力

-50 -20°C

風冷

ヒーター X 2

4x4:32.4/5 GHz

非対応

53

DC 入力

> -20°C

ヒーターなし

4x4:32.4/5 GHz

対応

38

DC 入力

-50 -20°C

エアーフローなし

ヒーター X 1

4x4:32.4/5 GHz

対応

55

DC 入力

-50 -20°C

風冷

ヒーター X 2

4x4:32.4/5 GHz

対応

71

保証

5 年間の制限付きハードウェア保証

産業用適合規格

Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイントは以下の規格の認定を受けています。

環境

EN 60529 IP67

UL50E

IEC 60068-2-1(低温)

IEC 60068-2-2(乾熱)

IEC 60068-2-14(温度変化)

IEC 60068-2-30(温湿度)

IEC 60068-2-6(振動)

IEC 60068-2-27(衝撃)

IEC 60068-2-30(湿度)

IEC 60068-2-32(自然落下)

IEC 60068-3-3(耐震)

電磁干渉

FCC 47 CFR Part 15 クラス A

EN 55022A クラス A

VCCI クラス A

AS/NZS CISPR 22 クラス A

CISPR 11 クラス A

CISPR 22 クラス A

ICES 003 クラス A

CNS13438 クラス A

EN 300 386

KN22

EN 301 489-1 v2.1.1

EN 301 489-17 v2.1.1

EN 55011

EN 55024

CISPR 24

KN24

KN 301 489-1

KN 301 489-17

IEC/EN 61000-4-2:静電放電

IEC/EN 61000-4-3:放射電磁界 RF イミュニティ

IEC/EN 61000-4-4IEC 61000-6-1IEC 61000-6-2:電気的高速過渡

IEC/EN 61000-4-5:サージ

IEC/EN 61000-4-6:伝導 RF イミュニティ

IEC/EN 61000-4-8:電源周波数磁界

IEC 61000-4-9:パルス磁界

IEC 61000-4-11AC 電圧ディップ

IEC 61000-4-18:減衰振動波

EN-61000-4-29DC 電圧ディップ

IEC/EN 61000-6-4

安全基準と認定

情報処理機器

UL 60950-1

CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1

IEC 60950-1

EN 60950-1

EN 60950-22

EN 50385

業界規格

鉄道

AREMA C&S マニュアルセクション 11.5.1

AAR S9401 鉄道:車両運転室、ウェイサイドアウトサイド

EN 50155 鉄道:車両上の電子機器、クラス TXEMC、環境)

EN 61373 鉄道:環境

EN 50121-4 鉄道:シグナリングおよび通信装置

EN 50121-3-2 鉄道:車両向け装置

EN 61373:衝撃および振動

難燃性

EN 45545-3

DIN 5510-2

工業

EN 61000-6-2:産業

EN 61000-6-4:産業

EN 61000-6-1:軽工業

EN 61326-1:計測、制御、試験用機器の EMC

EN 61131-2:プログラマブルコントローラ

無線通信規格

無線の認可:

  FCC Part 15.247 15.407
  RSS-210 (カナダ)
  EN 300 328 v2.1.1 EU
  EN 301 893 v2.1.1 EU
  ARIB-STD 66 (日本)
  ARIB-STD T71 (日本)
  EMI および感受性(クラス B
  FCC Part 15.107 および 15.109
  ICES-003 (カナダ)
  VCCI (日本)
  Medical 指令(93/42/EEC )に関する EN 60601-1-2 EMC 要件

IEEE Wi-Fi およびセキュリティの規格:

  IEEE 802.11a/b/g 802.11n 802.11h 802.11d 802.11v
  IEEE 802.11ac ドラフト 5
  IEEE 802.11i Wi-Fi Protected Access 2 WPA2 )、WPA
  IEEE 802.1X
  Advanced Encryption Standards AES )、Temporal Key Integrity Protocol TKIP

拡張認証プロトコル(EAP)の種類:

  EAP-Transport Layer Security TLS
  EAP-Tunneled TLS TTLS )または Microsoft Challenge Handshake Authentication Protocol Version 2 MSCHAPv2
  Protected EAP PEAP v0 または EAP-MSCHAPv2
  EAP-Flexible Authentication via Secure Tunneling FAST
  PEAP v1 または EAP-Generic Token Card GTC
  EAP-Subscriber Identity Module SIM

マルチメディア:

  Wi-Fi マルチメディア(WMM

その他:

  FCC Bulletin OET-65C
  RSS-102

5 年間のハードウェア保証

Cisco IW3700 シリーズ アクセスポイントには、5 年間の制限付き保証が付いています。この保証には、10 日以内の代替品先行手配が含まれます。また、ソフトウェアメディアについては、90 日間、障害が発生しないことを保証します。詳細については、「製品保証」を参照してください。

 


シスコサービス

シスコおよびパートナー各社は、テクノロジーへの投資をより早く最大限にご活用いただけるように、カスタマイズされたインテリジェントなサービスを提供しています。ネットワークに対する深い専門知識と広範にわたるパートナーエコシステムに支えられたシスコサービスを利用することで、リッチ メディア コラボレーションに対応できる堅牢かつ拡張性の高いモビリティネットワークを導入できます。また、Cisco Unified Wireless Network を基盤とした有線およびワイヤレス ネットワーク インフラストラクチャの統合により、運用効率を高めることも可能です。シスコはパートナー企業と連携し、専門知識に基づくサービスの計画、構築、運用を通じて、お客様が高度なモビリティサービスに迅速に移行し、導入後もアーキテクチャの最適なパフォーマンス、信頼性、セキュリティを維持できるように支援します。詳細については、ワイヤレス製品向けサービスのページを参照してください。

Cisco Capital

目的達成に役立つ柔軟な支払いソリューション

Cisco Capital により、目標を達成するための適切なテクノロジーを簡単に取得し、ビジネス変革を実現し、競争力を維持できます。総所有コスト(TCO)の削減、資金の節約、成長の促進に役立ちます。100 ヵ国あまりの国々では、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および他社製製品を購入するのに、シスコの柔軟な支払いソリューションを利用して、簡単かつ計画的に支払うことができます。詳細はこちらをご覧ください

詳細情報

Cisco Industrial Wireless 3700 シリーズ アクセスポイントの詳細については、https://www.cisco.com/go/iw3700 を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。



[1] WLC 8.5 リリース
[2] リリース予定日: 2017 8
[3] MCS 指数:変調および符号化方式( MCS )指数は、空間ストリーム数、変調、符号化レート、およびデータレート を決定します。
[4] GI :シンボル間のガードインターバル( GI )により、レシーバーはマルチパス遅延スプレッドの影響を抑制することができます。

Learn more