アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチ データシート

Data Sheet

ダウンロード オプション

  • PDF
    (1.6 MB)
    Adobe Reader を使ってさまざまなデバイスで表示
Updated: 2021 年 6 月 4 日

ダウンロード オプション

  • PDF
    (1.6 MB)
    Adobe Reader を使ってさまざまなデバイスで表示
Updated: 2021 年 6 月 4 日
 

 

製品の概要

Cisco® Catalyst® 1000 シリーズ スイッチは、中小企業やブランチオフィス向けに設計されたエンタープライズクラスの固定型ギガビットイーサネットおよびファストイーサネットレイヤ 2 スイッチです。シンプルかつ柔軟でセキュアなスイッチであり、ワイヤリングクローゼット外での使用環境や重要な Internet of ThingsIoT)導入環境に最適です。Cisco® Catalyst® 1000 は、Cisco IOS® ソフトウェアで動作し、コマンドライン インターフェイス(CLI)とオンボックス Web UI を使用したシンプルなデバイス管理とネットワーク管理をサポートしています。これらのスイッチは、小規模な組織におけるネットワークのセキュリティ、信頼性、運用効率の向上に貢献します。

製品の特長

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチの特徴:

      ラインレート転送が可能な、81624、または 48 ギガビット イーサネット データ ポートおよび 2448 ポート ファスト イーサネット データ ポートまたは PoE+ ポート

      2 個または 4 個の固定 1 ギガビットイーサネット Small Form-Factor PluggableSFP/RJ 45 コンボアップリンク(8 ポートモデルのみ)または 4 個の固定 10 ギガビットイーサネット拡張 SFPSFP +)アップリンク(ギガビット イーサネット モデル)、および 4 個の固定 1 ギガビットイーサネット Small Form-factor PluggableSFP)と 2 個の RJ 45 コンボアップリンク(ファストイーサネットモデル)

      最大 740W の電力バジェットに対応する無停止型 PoE+ サポート

      CLI および/または直感的な Web UI 管理オプション

      サンプリングされたフロー(sFlow)によるネットワークモニタリング

      接続デバイス、スイッチド ポート アナライザ(SPAN)、ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)ガードに対する 802.1X サポートによるセキュリティ

      奥行き 13 インチ(33 cm)未満のコンパクトなファンレスモデルを提供

      BluetoothSimple Network Management ProtocolSNMP)、RJ-45、または USB コンソールへのアクセスを介した無線でのデバイス管理のサポート

      平均故障間隔(MTBF)の改善と拡張版の制限付きライフタイム保証(E-LLW)による高信頼性

スイッチのモデルと構成

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチは単一の固定電源を備えています。表 1 に構成情報を示します。

表 1.        スイッチの構成

製品 ID*

ギガビット イーサネット ポート/FE ポート

アップリンク インターフェイス

PoE+ パワーバジェット

ファンレス設計

寸法
(幅 X 奥行き X 高さ、単位:インチ)

重量(kg

C1000-8T-2G-L

10/100/1000 RJ45 データ X 8

SFP/RJ-45 コンボ X 2

Y

10.56 X 7.28 X 1.73

1.80

C1000-8T-E-2G-L

10/100/1000 RJ45 データ X 8

SFP/RJ-45 コンボ X 2

Y

10.56 X 7.28 X 1.73

1.55

C1000-8P-2G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 8

SFP/RJ-45 コンボ X 2

67 W

Y

10.56 X 12.73 X 1.73

1.55

C1000-8P-E-2G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 8

SFP/RJ-45 コンボ X 2

67 W

Y

10.56 X 7.28 X 1.73

1.55

C1000-8FP-2G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 8

SFP/RJ-45 コンボ X 2

120 W

Y

10.56 X 12.73 X 1.73

2.70

C1000-8FP-E-2G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 8

SFP/RJ-45 コンボ X 2

120 W

Y

10.56 X 7.28 X 1.73

2.70

C1000-16T-2G-L

10/100/1000 RJ45 データ X 16

SFP X 2

Y

10.56 X 10.69 X 1.73

1.78

C1000-16T-E-2G-L

10/100/1000 RJ45 データ X 16

SFP X 2

-

Y

10.56 X 8.26 X 1.73

1.42

C1000-16P-2G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 16

SFP X 2

120 W

Y

10.56 X 11.69 X 1.73

2.38

C1000-16P-E-2G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 16

SFP X 2

120 W

Y

10.56 X 8.26 X 1.73

1.42

C1000-16FP-2G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 16

SFP X 2

240 W

Y

10.56 X 12.14 X 1.73

2.49

C1000-24T-4G-L

10/100/1000 RJ45 データ X 24

SFP X 4

-

Y

17.48 X 9.45 X 1.73

2.63

C1000-24P-4G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 24

SFP X 4

195 W

Y

17.48 X 11.76 X 1.73

3.53

C1000-24FP-4G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 24

SFP X 4

370 W

N

17.48 X 13.59 X 1.73

4.6

C1000-48T-4G-L

10/100/1000 RJ45 データ X 48

SFP X 4

-

N

17.48 x 11.34 x 1.73

3.95

C1000-48P-4G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 48

SFP X 4

370 W

N

17.48 X 13.78 X 1.73

5.43

C1000-48FP-4G-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 48

SFP X 4

740 W

N

17.48 X 13.78 X 1.73

5.82

C1000-24T-4X-L

10/100/1000 RJ45 データ X 24

SFP+ X 4

-

Y

17.48 X 9.45 X 1.73

2.78

C1000-24P-4X-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 24

SFP+ X 4

195 W

Y

17.48 X 11.76 X 1.73

3.68

C1000-24FP-4X-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 24

SFP+ X 4

370 W

N

17.48 X 13.59 X 1.73

4.6

C1000-48T-4X-L

10/100/1000 RJ45 データ X 48

SFP+ X 4

-

N

17.48 x 11.34 x 1.73

3.95

C1000-48P-4X-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 48

SFP+ X 4

370 W

N

17.48 X 13.78 X 1.73

5.43

C1000-48FP-4X-L

10/100/1000 RJ45 PoE+ X 48

SFP+ X 4

740 W

N

17.48 X 13.78 X 1.73

5.82

C1000FE-24T-4G-L

10/100 RJ45 データ X 24

SFP/RJ-45 コンボ X 2 および SFP X 2

-

Y

17.32 X 11.34 X 1.73

3.56

C1000FE-24P-4G-L

10/100 RJ45 PoE+ X 24

SFP/RJ-45 コンボ X 2 および SFP X 2

195 W

Y

17.48 X 13.78 X 1.73

4.52

C1000FE-48T-4G-L

10/100 RJ45 データ X 48

SFP/RJ-45 コンボ X 2 および SFP X 2

-

N

17.32 X 11.34 X 1.73

3.97

C1000FE-48P-4G-L

10/100 RJ45 PoE+ X 48

SFP/RJ-45 コンボ X 2 および SFP X 2

370 W

N

17.48 X 13.78 X 1.73

5.46

* 地域で利用可能な製品 SKU については、各地域の価格表を参照してください。

ソフトウェア

Cisco Catalyst 1000 シリーズでサポートされているソフトウェア機能は、次の URL から Cisco Feature Navigator でご確認いただけます。https://cfn.cloudapps.cisco.com/ITDIT/CFN/jsp/by-feature-technology.jsp Catalyst 1000 シリーズ ファスト イーサネット モデルは、LAN Lite と同等の機能セットでのみご利用いただけます。ファストイーサネットモデルは、ギガビット イーサネット モデルよりも機能と拡張性が制限されており、基本的な要件の展開を対象としています。

スイッチ管理

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチは、次のオンデバイス管理機能をサポートします。

      Cisco Configuration Professional を利用した Web UIConfiguration Professional はデイゼロプロビジョニングのためのユーザインターフェイスで、スイッチのオンボーディングを容易にします。また、スイッチの設定、監視、トラブルシューティングを行うための使いやすいダッシュボードも備えています(図 1)。Cisco Configuration Professional に関する詳細については、https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/cloud-systems-management/configuration-professional-catalyst/index.html を参照してください。

Cisco Configuration Professional

図 1.                     

Cisco Configuration Professional

      無線アクセス用 Bluetooth。このスイッチは、スイッチの USB ポートに挿入する外付け Bluetooth ドングルをサポートしているため、外部のラップトップ/タブレットと Bluetooth を介した RF 接続が可能になります(図 2)。ラップトップおよびタブレットからは、Bluetooth 経由で Telnet またはセキュアシェル(SSH)クライアントを使用して、スイッチの CLI にアクセスできます。GUI には、Bluetooth 経由でブラウザを使用してアクセスできます。

Over-the-air switch access using Bluetooth

図 2.                     

Bluetooth を使用した無線でのスイッチアクセス

      Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチでは、シングル IP 管理が可能です。アップリンクポートを使用して、最大 8 個のスイッチを単一のスタックに接続し、単一の IP アドレスで管理することにより、構成やトラブルシューティングなどのネットワーク管理作業を容易にすることができます。この機能は、ギガビット イーサネット モデルでのみ使用できます。

ネットワーク管理

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチは、高度な CLI を使用して詳細な設定や管理を実行できます。

インテリジェントな PoE+

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチは IEEE 802.3af PoE IEEE 802.3at PoE+(各ポート最大 30 W)の両方をサポートしているので、標準規格に準拠した PoE/PoE+ エンドデバイス(Cisco IP PhoneCisco Aironet® および Catalyst ワイヤレスアクセスポイントなど)が稼働する環境で総所有コストを軽減できます。また、PoE によって PoE 対応デバイス用の壁面コンセントが不要になるため、IP Phone WLAN の導入に通常は必要となる電源ケーブルや回路の追加コストが不要になります。

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチでは、PoE 電源割り当てが動的に変更できるほか、電源マッピングを最大 740W PoE+ 電源に拡張することもできます。インテリジェントな電源管理により、すべてのポートで柔軟な電力の割り当てが可能です。無停止型 PoE により、PoE+ 給電はスイッチのリロード中にも維持されます。スイッチ再起動中の中断がないため、医療機器などのクリティカルエンドポイントや、PoE 給電式照明などの IoT エンドポイントに適しています。

ネットワーク セキュリティ

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチは、ネットワークへのアクセスを制限して脅威を軽減する、次のようなセキュリティ機能を備えています。

      包括的な 802.1X 機能:ネットワークへのアクセスを制御します(フレキシブル認証、802.1X モニタモード、RADIUS 認可変更など)。

      Network Edge Access TopologyNEAT)による 802.1X のサポート:ワイヤリングクローゼット(会議室など)外の領域まで ID 認証を拡張します。

      IEEE 802.1x ユーザ ディストリビューション:複数の異なる VLAN で同じグループ名のユーザのロードバランシングを行うことができます。

      VLAN 単位の MAC 学習無効化機能:MAC アドレスを学習するインターフェイスまたは VLAN を制御することで、MAC アドレステーブルの空き領域を管理できます。

      マルチドメイン認証:IP Phone PC を同じスイッチポートで認証し、適切な音声やデータの VLAN に配置できます。

      PnP での認証、認可、およびアカウンティング(AAA)コマンドの認可:シームレスな PnP プロビジョニングが可能になります。

      アクセスコントロールリスト(ACLIPv6/IPv4 セキュリティおよび Quality of ServiceQoSACL エレメント(ACE)に使用します。

      ポートベースの ACLレイヤ 2 インターフェイスで個々のスイッチポートにセキュリティポリシーを適用できます。

      SSHKerberosSNMP v3Telnet SNMP セッション中に管理者のトラフィックを暗号化することにより、ネットワークセキュリティを確保します。SSHKerberos、および暗号化版の SNMP v3 では、米国の輸出規制の関係で、特別な暗号化ソフトウェアイメージが必要です。

      SPAN双方向データに対応し、シスコ侵入検知システム(IDS)により侵入検出時に措置を取ります。

      TACACS+ および RADIUS 認証:スイッチの一元制御を実現し、不正ユーザによる設定変更を禁止します。

      MAC アドレス通知:ネットワークに追加された(またはネットワークから削除された)ユーザを管理者に通知します。

      ダウンロード可能な ACL による MAC 認証バイパス(MAB)と WebAuthIEEE 802.1X に加え、MAB または Web 認証を使用して、認証後にユーザごとの ACL Cisco Identity Services EngineISE)からダウンロードしてポリシーを適用できます。

      Web 認証リダイレクト:ゲストユーザが最初に要求した URL へリダイレクトできます。

      コンソールアクセスへのマルチレベルのセキュリティ:不正ユーザによるスイッチの設定変更を防止します。

      BPDU ガード:BPDU の受信時に、スパニングツリー PortFastSpanning Tree PortFast)対応のインターフェイスをシャットダウンし、予期せぬトポロジループを防止します。

      IP ソースガード:Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)スヌーピング バインド データベースまたは手動設定 IP ソースバインドに基づいてトラフィックをフィルタリングし、ルーティングされないレイヤ 2 インターフェイス上の IP トラフィックを制限します。

      SSH v2ユーザとサーバの間の認証にデジタル証明書を使用できます。

      Spanning Tree Root GuardSTRG):ネットワーク管理者の制御下にないエッジデバイスが Spanning Tree Root GuardSTP)のルートノードになることを防止します。

      Internet Group Management ProtocolIGMP)フィルタリング:非加入者を除外することでマルチキャスト認証を実現し、同時に使用できるマルチキャストストリーム数をポート単位で制限します。

      ダイナミック VLAN 割り当て:VLAN メンバシップ ポリシー サーバ クライアント機能を実装することで、ポートを VLAN に柔軟に割り当てられます。ダイナミック VLAN によって、IP アドレスを迅速に割り当てることができます。

冗長性と復旧性

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチは、冗長性および復旧性に対応するさまざまな機能を搭載しており、システムの停止を回避してネットワークの可用性を維持できます。

      IEEE 802.1s/w 高速スパニングツリープロトコル(RSTP)およびマルチ スパニング ツリー プロトコル(MSTP):スパニングツリータイマーから独立した高速のスパニングツリー コンバージェンスを実現します。レイヤ 2 ロードバランシングと分散処理の利点も得られます。

      Per-VLAN Rapid Spanning TreePVRST+):スパニングツリー インスタンスを実装しなくても、VLAN 単位のスパニングツリーベースでスパニングツリーを高速に再コンバージェンスできます。

      スイッチポートの自動回復機能(error disable):ネットワークエラーで無効になったリンクについて再アクティブ化を自動的に試行します。

      リンク状態トラッキング:複数のインターフェイスのリンク状態をバインドします。サーバ ネットワーク インターフェイス カード(NIC)のグループを形成してネットワークの冗長性を確保できます。プライマリインターフェイス上でリンクが失われると、接続が透過的にセカンダリインターフェイスに切り替えられます。

強化された QoS

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチは、あらゆるフローの円滑な処理を可能にする、インテリジェントなトラフィック管理を提供します。マーキング、分類、およびスケジューリングの柔軟なメカニズムによって、高速なワイヤスピードでデータ/音声/ビデオトラフィックが処理されます。主な QoS 機能は、次のとおりです。

      1 ポートあたり最大 8 つの出力キュー 2 つのしきい値:出力帯域幅制御、シェーピング、優先キューイングをサポートし、優先順位が高いパケットを他のトラフィックよりも先に処理します。

      入力ポリシング:ネットワークパフォーマンスを測定するために、アクティブ トラフィック モニタリングを使用して IP アプリケーションおよびサービスの IP サービスレベルを分析し、継続的かつ信頼性の高い予測可能な方法でトラフィックを生成します。ポートごとに使用可能な入力ポリサーの数は 64 です。

      QoS:差別化されたサービスコードポイント(DSCP)のマッピングとフィルタリングによる QoS

      QoS のトラフィック分類。

      信頼境界:デバイスベースの信頼を設定します。

      AutoQoSQoS 機能の導入が簡素化されます。

      シェイプドラウンドロビンSRR)スケジューリングと重み付けテールドロップWTD)による輻輳回避。

      802.1p サービスクラスCoS)分類。マーキングと再分類を実施。

エネルギー管理

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチは、優れたエネルギー効率と管理を実現する、業界トップクラスのさまざまな機能を装備しています。

      IEEE 802.3az Energy Efficient EthernetEEE):トラフィックバースト間のアイドリング期間をポートで自動検出して、インターフェイスを低電力アイドリングモードにすばやく切り替えることができるため、電力消費量が削減されます。

      ループ検出:STP がない場合にネットワークループを検出する新しい方法です。

      Cisco AutoConfig サービス:エンドポイントデバイスのタイプに基づいてエンドポイントに提供するネットワークアクセスのレベルを決定します。また、エンドデバイスとインターフェイス間のハードバインディングを可能にします。

      Cisco Auto SmartPortsデバイスがスイッチに接続されると、スイッチポートがそのデバイスタイプに対して最適な値に自動設定されるため、ゼロタッチでのポートポリシーの設定が可能になります。

      Cisco Smart TroubleshootingSmart Call Home など、スイッチ内の診断コマンドやシステムヘルスチェック機能を幅広く提供します。ライブネットワークでは本製品の Cisco Generic Online DiagnosticsGOLD)とオンライン診断により、障害を迅速に予測・検出できます。

Cisco Catalyst SmartOperations の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/Catalyst_SmartOperations.html を参照してください。

運用の簡素化

      Cisco AutoSecureシングルライン CLI で、ベースラインセキュリティ機能(ポートセキュリティ、DHCP スヌーピング、Dynamic Address Resolution ProtocolARP)検査)を設定できます。この機能により、セキュリティ設定をワンタッチで簡単に済ませることができます。

      DHCPブートサーバによって複数スイッチの DHCP を自動設定できるため、スイッチを容易に導入できます。

      自動ネゴシエーション:全ポートで半二重または全二重伝送モードが自動的に選択され、帯域幅が最適化されます。

      ダイナミック トランキング プロトコル(DTP):全スイッチポートでダイナミックトランクを容易に設定できます。

      ポート集約プロトコル(PAgP):Cisco Fast EtherChannel グループまたは Gigabit EtherChannel グループを自動的に作成し、別のスイッチ、ルータ、またはサーバにリンクします。

      Link Aggregation Control ProtocolLACPIEEE 802.3ad 準拠のデバイスでイーサネットチャネリングを作成できます。この機能は、Cisco EtherChannel テクノロジーおよび PAgP に類似しています。

      Automatic Medium-Dependent Interface CrossoverMDIX):取り付けられたケーブルのタイプ(クロスまたはストレート)が不適切な場合は送受信ペアが自動的に調整されます。

      単方向リンク検出プロトコル(UDLD):アグレッシブ UDLD と共に機能して、光ファイバケーブルの接続ミスまたはポート障害に起因する単一方向リンクを検出し、光ファイバインターフェイスを無効にすることができます。

      ローカルプロキシ ARPプライベート VLAN エッジと連携し、ブロードキャストを最小限に抑えて、使用可能な帯域幅を最大限まで確保します。

      VLAN1 の最小化:個別の VLAN トランクにおいて、VLAN1 を無効化できます。

      IPv4 および IPv6 IGMP スヌーピング、ならびにマルチキャストリスナー検出(MLDv1/v2 スヌーピング:クライアントによるマルチキャストストリームへの迅速な参加/離脱を可能にし、帯域幅を占有する映像トラフィックをリクエスタのみに制限します。

      ポート単位のブロードキャスト、マルチキャスト、およびユニキャストのストーム制御:端末の障害によってシステム全体のパフォーマンスが低下することを防ぎます。

      音声 VLAN独立した VLAN で音声トラフィックを維持することによってテレフォニーの導入を簡素化し、管理とトラブルシューティングを容易にします。

      Cisco VLAN Trunking ProtocolVTP):すべてのスイッチ間でダイナミック VLAN とダイナミックトランクの構成がサポートされます。

      レイヤ 2 トレースルート:送信元から宛先までのパケットの物理パスを識別することにより、トラブルシューティングが容易になります。

      Trivial File Transfer ProtocolTFTP):中央ロケーションからダウンロードすることにより、ソフトウェアアップグレードの管理コストが削減されます。

      Network Time ProtocolNTP):イントラネット内の全スイッチに、正確で一貫したタイムスタンプを提供します。

仕様

製品仕様(表 2)は PoE モデルと非 PoE モデルの両方に適用されます。

表 2.        仕様

 

8 ポートモデル

16 ポートモデル

24 ポートモデル(1/10G アップリンク)

48 ポートモデル(1/10G アップリンク)

コンソール ポート

RJ-45 イーサネット

1

1

1

1

USB ミニ B

1

1

1

1

ストレージおよび Bluetooth コンソール用の USB A ポート

1

1

1

1

メモリおよびプロセッサ

CPU

ARM v7 800 MHz

ARM v7 800 MHz

ARM v7 800 MHz

ARM v7 800 MHz

DRAM

512 MB

512 MB

512 MB

512 MB

フラッシュ メモリ

256 MB

256 MB

256 MB

256 MB

パフォーマンス

転送帯域幅

10 Gbps

18 Gbps

FE6.4 Gbps

1G28 Gbps

10G64 Gbps

FE8.8 Gbps

1G52 Gbps

10G88Gpbs

スイッチ帯域幅

20 Gbps

36 Gbps

FE12.8 Gbps

1G56 Gbps

10G128 Gbps

FE17.6 Gbps

1G104 Gbps

10G176 Gbps

転送レート
64 バイトの L3 パケット)

14.88 Mpps

26.78 Mpps

FE9.52 Mpps

1G41.67 Mpps

10G95.23 Mpps

FE13.09 Mpps

1G77.38 Mpps

10G130.94

MAC アドレス

16000

16000

16000

16000

IPv4 ユニキャスト直接ルート

542

542

542

542

IPv4 ユニキャスト間接ルート

256

256

256

256

IPv6 ユニキャスト直接ルート

414

414

414

414

IPv6 ユニキャスト間接ルート

128

128

128

128

IPv4 マルチキャストルートおよび IGMP グループ

1024

1024

1024

1024

IPv6 マルチキャスト グループ

1024

1024

1024

1024

IPv4/MAC セキュリティ ACE

600

600

600FE384

600FE384

IPv6 セキュリティ ACE

600

600

600FE256

600FE256

アクティブな VLAN の最大数

256

256

256

256

使用可能な VLAN ID

4094

4094

4094

4094

STP インスタンスの最大数

64

64

64

64

SPAN セッションの最大数

4

4

4

4

MTU-L3 パケット

9,198 バイト

9,198 バイト

9,198 バイト

9,198 バイト

ジャンボ イーサネット フレーム

10,240 バイト

10,240 バイト

10,240 バイト

10,240 バイト

Dying Gasp

対応

対応

対応(FE:非対応)

対応(FE:非対応)

MTBF(毎時)(データ)

2,171,669

2,165,105

2,026,793

1,452,667

MTBF(毎時)(PoE

1,786,4121,706,649(外部 PS

706,983

698,220

856,329

MTBF(毎時)(フル PoE

1,706,649

-

698,220

856,329

環境

動作温度

海抜

–5 50 °C*

最大 1,500 m5,000 フィート)

–5 45 °C

最大 3,000 m10,000 フィート)

–5 40 °C

動作時の高度

3,000m10,000 フィート)

動作時の相対湿度

40 °C 5 90%(結露しないこと)

保管温度

-25 70 °C-13 158 °F

保管時の高度

4,500m15,000 フィート)

保管相対湿度

65 °C 5 95%(結露しないこと)

*注:

  50 °C での動作は、短時間の動作についてのみサポートされます。
  C1000-8T-E-2G-L C1000-8T-2G-L C1000-8P-E-2G-L C1000-8P-2G-L C1000-8FP-E-2G-L C1000- 8FP-2G-L C1000-16T-E-2G-L C1000-16T-2G-L C1000-16P-E-2G-L C1000-16P-2G-L C1000-16FP-2G-L C1000-24T-4G-L GLC-BX-U または GLC-BX-D SFP モジュールを搭載した C1000-24P-4G-L を使用する場合の温度制限は以下の通りです。

    最大 5,000 フィートでは、動作温度が 45 °C を超えないようにしてください。

    最大 10,000 フィートでは、動作温度が 40 °C を超えないようにしてください。

  SFP-10G-ER または SFP-10G-ER-S SFP+ モジュールを搭載した C1000-24T-4X-L および C1000-24P-4X-L を使用する場合の温度制限は以下の通りです。

    最大 5,000 フィートでは、動作温度が 45 °C を超えないようにしてください。

    最大 10,000 フィートでは、動作温度が 40 °C を超えないようにしてください。

  コールドスタートの最低周囲温度は 0 °C +32 °F

電気

データ

データ Ext.PS

データ

データ Ext.PS

データ

FE データ

データ

FE データ

電圧(オートレンジング)

110 220 V AC IN

110 220 V AC IN

110 220 V AC IN

110 220 V AC IN

周波数

50 60 Hz

50 60 Hz

50 60 Hz

50 60 Hz

電流

0.13 0.22A

0.16 0.26 A

0.16 0.26 A

0.19 0.31 A

0.20 0.33A

0.12 0.34A

0.29 0.48A

0.24 0.69A

電力定格
(最大消費電力)

0.04 kVA

0.017 kVA

0.05 KVA

0.05 KVA

0.06 kVA

0.02 kVA

0.09 kVA

0.035 kVA

電気

PoE

PoE Ext. PS

PoE

PoE Ext. PS

PoE

FE PoE

PoE

FE PoE

電圧(オートレンジング)

110 220 V AC IN

110 220 V AC IN

110 220 V AC IN

110 220 V AC IN

周波数

50 60 Hz

50 60 Hz

50 60 Hz

50 60 Hz

電流

0.22 0.27 A

0.22 0.37 A

0.24 0.28A

0.14 0.24 A

0.37 0.64A

0.23 0.35A

0.37 0.64A

0.26 0.46A

電力定格
(最大消費電力)

0.11 kVA

0.087 kVA

0.19 kVA

0.20 kVA

0.48 kVA

0.025 kVA

0.48 kVA

0.046 kVA

電気

フル PoE

フル PoE Ext. PS

フル PoE

フル PoE

フル PoE

電圧(オートレンジング)

110 220 V AC IN

110 220 V AC IN

110 220 V AC IN

110 220 V AC IN

周波数

50 60 Hz

50 60 Hz

50 60 Hz

50 60 Hz

電流

0.23 0.28 A

0.15 0.2A

0.35 0.37 A

0.29 0.48A

0.45 0.94 A

電力定格
(最大消費電力)

0.15 kVA

0.15 kVA

0.45 kVA

0.8 kVA

0.95 KVA

電源消費量(W

データ

データ Ext.PS

データ

データ Ext. PS

データ

FE データ

データ

FE データ

0% トラフィック

14.04

13.15

14.52

14.4

1G15.84

11.22

1G27.37

21.41

 

 

 

 

10G18

 

10G29.4

 

10% トラフィック

14.06

13.76

16.44

16.44

1G22.08

12.83

1G41.57

23.02

 

 

 

 

10G24.48

 

10G42.28

 

100% トラフィック

14.26

14

16.68

16.68

1G22.8

17.15

1G53.66

23.03

 

 

 

 

10G25.68

 

10G54.73

 

加重平均

14.12

13.64

15.88

15.84

1G20.2

13.73

1G40.87

22.49

 

 

 

 

10G22.7

 

10G42.1

 

電源消費量(W

PoE

PoE Ext. PS

PoE

PoE Ext. PS

PoE

FE PoE

PoE

FE PoE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0% トラフィック

10.22

9.13

14.64

13.68

1G15.84

14.5

1G27.9

21.62

 

 

 

 

10G18

 

10G28.0

 

10% トラフィック

12.02

15.39

16.56

15.48

1G22.44

16.1

1G42.77

24.74

 

 

 

 

10G24.72

 

10G42.73

 

100% トラフィック

12.19

15.71

16.92

16.32

1G23.16

18.58

1G54.25

24.75

 

 

 

 

10G25.68

 

10G54.49

 

加重平均

11.48

13.41

16.04

15.16

1G20.48

16.39

1G41.64

23.70

 

 

 

 

10G22.8

 

10G41.74

 

電源消費量(W

フル PoE

フル PoE Ext. PS

フル PoE

フル PoE

フル PoE

0% トラフィック

13.44

14.3

14.4

1G18.36

1G30.61

 

 

 

10G19.68

10G30.91

10% トラフィック

14.4

14.9

16.68

1G26.16

1G45.16

 

 

 

10G26.28

10G45.78

100% トラフィック

14.52

15.7

16.8

1G35.4

1G61.66

 

 

 

10G36

10G62.26

加重平均

14.12

14.97

15.96

1G26.68

1G45.81

 

 

 

10G27.32

10G46.31

 

注:電源のワット数は、実際の出力ではなく、電源から供給可能な最大出力を示しています。この値は設備の電源容量を計画するときに使用できます。PoE を備えたスイッチでは、電力負荷の大部分がエンドポイントで消失するので、冷却性能は実際の消費電力ほど必要ありません。

音響ノイズ(48 ポート PoE モデルのみ)

音圧(標準)

 

 

C1000-24FP-4G-LC1000-24FP-4X-L – 34.8 dB

C1000-48T-4G-LC1000-48T-4X-L – 31.5 dB

 

 

 

C1000-48P-4G-LC1000-48P-4X-L – 36.1 dB

 

 

 

C1000-48FP-4G-L

C1000-48FP-4X-L – 47.6dB

注:周囲温度 25 °C77 °F)でのバイスタンダ位置で測定した数値です。これ以外のすべてのモデルは、静音動作を可能にするファンレス設計です。

安全性および準拠

安全性

UL 60950-1 Second EditionCAN/CSA-C22.2 No. 60950-1 Second EditionEN 60950-1 Second EditionIEC 60950-1 Second EditionAS/NZS 60950-1IEC 62368-1UL 62368-1

GB 4943.1-2011

EMC:エミッション

47CFR Part 15 Class AAS/NZS CISPR32 Class ACISPR32 Class AEN55032 Class AICES-003 Class AVCCI-CISPR32 Class AEN61000-3-2EN61000-3-3KN32 Class ACNS13438 Class A

EMC:イミュニティ

EN55024EN 61000-4-5 含む)、EN300386KN35

環境

指令 2011/65/EU などの Reduction of Hazardous SubstancesRoHS

Telco

Common Language Equipment IdentifierCLEI)規約

米国政府の認定

USGv6 および IPv6 対応ロゴ

コネクタとインターフェイス

イーサネット インターフェイス

10BASE-T ポート:RJ-45 コネクタ、2 ペアカテゴリ 34、または 5 シールドなしツイストペア(UTP)ケーブル

100BASE-TX ポート:RJ-45 コネクタ、2 ペアカテゴリ 5 UTP ケーブル

1000BASE-T ポート:RJ-45 コネクタ、4 ペアカテゴリ 5 UTP ケーブル

1000BASE-T SFP ベースポート:RJ-45 コネクタ、4 ペアカテゴリ 5 UTP ケーブル

インジケータ LED

ポート単位のステータス:リンク完全性、無効、アクティビティ

システムステータス:システム

コンソールケーブル

CAB-CONSOLE-RJ45:全長 1.83 m RJ-45 コネクタ付きコンソールケーブル

CAB-CONSOLE-USB:全長 1.83 m USB タイプ A およびミニ B コネクタ付きコンソールケーブル

電源

AC 電源コネクタと AC 電源コンセントの接続には、付属の AC 電源コードを使用。

外部電源付きモデル

管理

 

BRIDGE-MIB

CISCO-CABLE-DIAG-MIB

CISCO-CDP-MIB

CISCO-CLUSTER-MIB

CISCO-CONFIG-COPY-MIB

CISCO-CONFIG-MAN-MIB

CISCO-DHCP-SNOOPING-MIB

CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB

CISCO-ENVMON-MIB

CISCO-ERR-DISABLE-MIB

CISCO-FLASH-MIB

CISCO-FTP-CLIENT-MIB

CISCO-IGMP-FILTER-MIB

CISCO-IMAGE-MIB

CISCO-IP-STAT-MIB

CISCO-LAG-MIB

CISCO-MAC-NOTIFICATION-MIB

CISCO-MEMORY-POOL-MIB

CISCO-PAGP-MIB

CISCO-POE-EXTENSIONS-MIB

CISCO-PORT-QOS-MIB

CISCO-PORT-SECURITY-MIB

CISCO-PORT-STORM-CONTROL-MIB

CISCO-PRODUCTS-MIB

CISCO-PROCESS-MIB

CISCO-RTTMON-MIB

CISCO-SMI-MIB

CISCO-STP-EXTENSIONS-MIB

CISCO-SYSLOG-MIB

CISCO-TC-MIB

CICSO-TCP-MIB

CISCO-UDLDP-MIB

CISCO-VLAN-IFTABLE

CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB

CISCO-VTP-MIB

ENTITY-MIB

ETHERLIKE-MIB

IEEE8021-PAE-MIB

IEEE8023-LAG-MIB

IF-MIB

INET-ADDRESS-MIB

OLD-CISCO-CHASSIS-MIB

OLD-CISCO-FLASH-MIB

OLD-CISCO-INTERFACES-MIB

OLD-CISCO-IP-MIB

OLD-CISCO-SYS-MIB

OLD-CISCO-TCP-MIB

OLD-CISCO-TS-MIB

RFC1213-MIB

RMON-MIB

RMON2-MIB

SNMP-FRAMEWORK-MIB

SNMP-MPD-MIB

SNMP-NOTIFICATION-MIB

SNMP-TARGET-MIB

SNMPv2-MIB

TCP-MIB

UDP-MIB

サポートされる MIB の最新リストについては、MIB Locatorcisco.com/go/mibs[英語] を参照してください。

標準

 

IEEE 802.1D STP

IEEE 802.1p CoS の優先順位付け

IEEE 802.1q VLAN

IEEE 802.1s

IEEE 802.1w

IEEE 802.1X

IEEE 802.1ab LLDP

Bluetooth v4.0

IEEE 802.3ad

IEEE 802.3af および IEEE 802.3at

IEEE 802.3ah100BASE-X シングル/マルチモードファイバのみ)

IEEE 802.3x10BASE-T100BASE-TX1000BASE-T ポートで全二重方式)

IEEE 802.3 10BASE-T

IEEE 802.3u 100BASE-TX

IEEE 802.3ab 1000BASE-T

IEEE 802.3z 1000BASE-X

RMON I および II 標準

SNMP v1v2cv3

IEEE 802.3az

IEEE 802.3ae 10 ギガビットイーサネット

IEEE 802.1ax

RFC 準拠

 

RFC 768 - UDP

RFC 783 - TFTP

RFC 791 - IP

RFC 792 - ICMP

RFC 793 - TCP

RFC 826 - ARP

RFC 854 - Telnet

RFC 951 - ブートストラッププロトコル(BOOTP

RFC 959 - FTP

RFC 1112 - IP マルチキャストおよび IGMP

RFC 1157 - SNMP v1

RFC 1166 - IP アドレス

RFC 1256 - ICMP ルータディスカバリ

RFC 1305 - NTP

RFC 1492 - TACACS+

RFC 1493 - ブリッジ MIB

RFC 1542 - BOOTP 拡張

RFC 1901 - SNMP v2C

RFC 1902-1907 - SNMP v2

RFC 1981 - 最大伝送ユニット(MTU)パスディスカバリ IPv6

FRC 2068 - HTTP

RFC 2131 - DHCP

RFC 2138 - RADIUS

RFC 2233 - IF MIB v3

 

保証

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチには、拡張版の制限付きライフタイム保証(E-LLW)が付属しています。E-LLW には、標準の制限付きライフタイム保証条項に加え、翌営業日ハードウェア交換サービス(可能な場合)と、90 日間の Cisco Technical Assistance CenterTAC)によるサポート(8 X 5)が含まれます。シスコのソフトウェアに適用される保証を含む正式な保証条件は、ご購入のシスコ製品に付属する情報パケットに記載されています。製品の使用前に、個々の製品に付属する保証条件をよくお読みください。

シスコは購入代金を払い戻すことにより一切の保証責任とさせて頂く権利を留保します。保証条項の詳細については、https://www.cisco.com/jp/go/warranty [英語] および下の表 3 を参照してください。

表 3.        保証情報

シスコの制限付きライフタイム ハードウェア保証(拡張版)

対象デバイス

Cisco Catalyst 1000 シリーズの全スイッチに適用されます。

保証期間

製品を購入されたエンドユーザが製品の所有または使用を継続している限り、適用されます。

サポート終了ポリシー

製品の製造が終了した場合、シスコの保証サポートは終了の発表から 5 年間に限定されます。

ハードウェアの交換

シスコまたはその代理店は、可能な場合、翌営業日に Cisco Catalyst 1000 シリーズの交換部品を出荷するよう合理的に努力します。不可能な場合は、RMA 要求の受領から 10 営業日以内に交換部品を出荷します。実際の配送期間は、お客様がお住まいの地域によって異なります。

発効日

ハードウェアの保証はお客様への出荷日から発効します(シスコの販売代理店から再販される製品については、シスコが出荷してから 90 日以内に発効します)。

TAC サポート

シスコは、お客様が購入された Cisco Catalyst 1000 シリーズ製品の出荷日から最大 90 日間、お客様の地域の営業時間(1 8 時間、週 5 日間)に、基本設定、診断、およびデバイスレベルの問題のトラブルシューティングを提供します。このサポートには、対象デバイスの範囲を超えるソリューションやネットワークレベルのサポートは含まれません。

Cisco.com へのアクセス

Cisco.com へのゲスト アクセスのみが認められます。

ソフトウェアポリシー

お客様には、公開仕様、リリースノート、および業界標準に対するソフトウェアの適合性を維持するために、メンテナンスアップデートとバグ修正が提供されます。この有効期間は、シスコまたはシスコ販売代理店から製品を購入されたエンドユーザが製品を継続的に所有または使用している期間と、製品の販売終了日から 1 年以内のどちらか短い方となります。

このポリシーは、以前のあらゆる保証条件またはソフトウェア使用条件より優先され、予告なく変更される場合があります。

シスコ サービス

導入、最適化、テクニカル、管理、トレーニングなどのサービスを含むシスコサービスの包括的なライフサイクルで、Cisco Catalyst 1000 スイッチを適切に展開し、管理し、サポートします。シスコのエキスパートチームは、新しいハードウェア、ソフトウェア、およびプロトコルのネットワークに導入する際の迅速な展開、コストの削減、リスクの最小化を支援します。シスコは信頼できるアドバイザとして、お客様が優れたビジネス成果を達成し、リスクと中断を最低限に抑え、変化を予測し、迅速で安全かつ確実に対応できるように支援します。

表 4.        テクニカルサービス

シスコ テクニカルサービス

Cisco Smart Net Total Care® サービス

  世界各地から Cisco TAC への 24 時間対応アクセス
  Cisco.com の豊富なナレッジベースとツールへの無制限アクセス
  翌営業日対応、8 X 5 X 4 24 X 7 X 4 24 X 7 X 2 対応の代替品先行手配、およびオンサイト部品交換と取り付け
  ライセンス対象の機能セット内のオペレーティング システム ソフトウェアの継続的なアップデート 1
  Smart Call Home 対応デバイスでの予防的な診断およびリアルタイムのアラート

シスコ ソリューション サポート サービス

  主要な連絡窓口として一元的なサポートを行う専門家のチームを提供(マルチベンダーネットワーク環境を含む)
  問題発生時の迅速な対応が最優先事項であるため、30 分のサービスレベル目標の達成およびソリューション サポート ケースを優先
  専門家によるガイダンスで、Catalyst 1000 シリーズ スイッチのパフォーマンスと信頼性を最大化しながら、停止時間の短縮と問題解決の迅速化により IT 運用を強化
  特定された問題のためだけでなく、IT やビジネスを中断する落とし穴を回避するために必要なガイダンスを提供

Cisco Support Essentials サービス

  Cisco Technical Assistance Center TAC )のエンジニアから 1 営業日以内のコールバックサポート
  翌営業日、午前 8 時から午後 5 時まで(8 X 5 X NBD )の間のハードウェア交換
  ライセンス対象の機能セット内のオペレーティング システム ソフトウェアの継続的なアップデート 1
  Cisco.com ナレッジベースとツールへのアクセス
  スマート機能の使用権
1 シスコ オペレーティング システムのアップデートには、ライセンス対象の機能セット内のメンテナンスリリース、マイナーアップデート、およびメジャーアップデートが含まれます。

アクセサリ

5 に、利用可能なアクセサリについて記載します。

表 5.        アクセサリ

製品番号

説明

互換性

CAB-CONSOLE-RJ45

全長 1.83 m6 フィート)の RJ-45 コネクタ付きコンソールケーブル

すべてのモデル

CAB-CONSOLE-USB

全長 1.83 m USB タイプ A およびミニ B コネクタ付きコンソールケーブル

すべてのモデル

PWR-CLP

電源ケーブルの固定クリップ

すべてのモデル

Cisco Catalyst 1000 シリーズ ラックマウント キット

RCKMNT-1RU-2KX=

C10002960-X、および 2960-XR19/23/24/etsi)用 1 RU ラックマウントキット

すべての 24/48 ポートモデル*

RCKMNT-19-CMPCT=

C10003560-CX、および 2960CX 19 インチ ラックマウント ブラケット

すべての 8/16 ポートモデル

RCKMNT-23-CMPCT=

C10003560-CX、および 2960-CX 23 インチおよび 24 インチ ラックマウント ブラケット

すべての 8/16 ポートモデル

* 24 および 48 ポートモデルのみ、スイッチ付き 19 インチマウントブラケットを含む

発注情報

6 および 7 に、Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチの発注情報を示します。購入方法については、「購入案内」(https://www.cisco.com/web/JP/product/how_to_order.html)を参照してください。

表 6.        Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチの発注情報

製品番号

説明

1GSFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2 搭載 Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチ

C1000-8T-2G-L

10/100/1000 イーサネットポート X 81G SFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2

C1000-8T-E-2G-L

10/100/1000 イーサネットポート X 81G SFP および RJ-45 コンボアップ X 2(外部 PS 搭載)

C1000-8P-2G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 8 および 67W PoE バジェット、1G SFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2

C1000-8P-E-2G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 8 および 67W PoE バジェット、1G SFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2(外部 PS 搭載)

C1000-8FP-2G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 8 および 120W PoE バジェット、1G SFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2

C1000-8FP-E-2G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 8 および 120W PoE バジェット、1G SFP および RJ-45 コンボアップ X 2(外部 PS 搭載)

1G SFP アップリンク X 2 搭載 Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチ

C1000-16T-2G-L

10/100/1000 イーサネットポート X 161G SFP アップリンク X 2

C1000-16T-E-2G-L

10/100/1000 イーサネットポート X 161G SFP アップリンク X 2(外部 PS 搭載)

C1000-16P-2G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 16 および 120W PoE バジェット、1G SFP アップリンク X 2

C1000-16P-E-2G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 16 および 120W PoE バジェット、1G SFP アップリンク X 2(外部 PS 搭載)

C1000-16FP-2G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 16 および 240W PoE バジェット、1G SFP アップリンク X 2

1G SFP アップリンク X 4 搭載 Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチ

C1000-24T-4G-L

10/100/1000 イーサネットポート X 241G SFP アップリンク X 4

C1000-24P-4G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 24 および 195W PoE バジェット、1G SFP アップリンク X 4

C1000-24FP-4G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 24 および 370W PoE バジェット、1G SFP アップリンク X 4

C1000-48T-4G-L

10/100/1000 イーサネットポート X 481G SFP アップリンク X 4

C1000-48P-4G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ X 48 および 370 W PoE バジェットポート、1G SFP アップリンク X 4

C1000-48FP-4G-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 48 および 740W PoE バジェット、1G SFP アップリンク X 4

10G SFP+ アップリンク X 4 搭載 Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチ

C1000-24T-4X-L

10/100/1000 イーサネットポート X 2410G SFP+ アップリンク X 4

C1000-24P-4X-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 24 および 195W PoE バジェット、10G SFP+ アップリンク X 4

C1000-24FP-4X-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 24 および 370W PoE バジェット、10G SFP+ アップリンク X 4

C1000-48T-4X-L

10/100/1000 イーサネットポート X 4810G SFP+ アップリンク X 4

C1000-48P-4X-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 48 および 370W PoE バジェット、10G SFP+ アップリンク X 4

C1000-48FP-4X-L

10/100/1000 イーサネット PoE+ ポート X 48 および 740W PoE バジェット、10G SFP+ アップリンク X 4

1GSFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2 および 1G SFP アップリンク X 2 搭載 Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチ

C1000FE-24T-4G-L

10/100 イーサネットポート X 241GSFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2 および 1G SFP アップリンク X 2

C1000FE-24P-4G-L

10/100 イーサネット PoE+ ポート X 24 および 195W PoE バジェット、1GSFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2 および 1G SFP アップリンク X 2

C1000FE-48T-4G-L

10/100 イーサネットポート X 481GSFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2 および 1G SFP アップリンク X 2

C1000FE-48P-4G-L

10/100 イーサネット PoE+ および 370W PoE バジェットポート X 481GSFP および RJ-45 コンボアップリンク X 2 および 1G SFP アップリンク X 2

オプティクスの互換性に関する情報

Cisco Catalyst 1000 シリーズ スイッチは、さまざまなオプティカルモジュールをサポートしています。サポートされるオプティクスのリストは定期的に更新されます。サポートされるトランシーバの互換性に関する情報については、オプティクスの互換性の表を参照してください。

シスコの環境保全への取り組み

シスコの企業の社会的責任CSR)レポートの「環境保全」セクションでは、製品、ソリューション、運用、拡張運用、サプライチェーンに対する、シスコの環境保全ポリシーとイニシアチブを掲載しています。

次の表に、環境保全に関する主要なトピック(CSR レポートの「環境保全」セクションに記載)への参照リンクを示します。

持続可能性に関するトピック

参照先

製品の材料に関する法律および規制に関する情報

材料

製品、バッテリ、パッケージを含む電子廃棄物法規制に関する情報

WEEE 適合性

シスコでは、パッケージデータを情報共有目的でのみ提供しています。これらの情報は最新の法規制を反映していない可能性があります。シスコは、情報が完全、正確、または最新のものであることを表明、保証、または確約しません。これらの情報は予告なしに変更されることがあります。

Cisco Capital

目的達成に役立つ柔軟な支払いソリューション

Cisco Capital により、目標を達成するための適切なテクノロジーを簡単に取得し、ビジネス変革を実現し、競争力を維持できます。総所有コスト(TCO)の削減、資金の節約、成長の促進に役立ちます。100 ヵ国あまりの国々では、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および他社製製品を購入するのに、シスコの柔軟な支払いソリューションを利用して、簡単かつ計画的に支払うことができます。詳細はこちらをご覧ください

 


シスコへのお問い合わせ

シスコ製品の詳細については、次の連絡先までお問い合わせください。

電話番号:+1 800 553-NETS6387

国別の製品サポート

シスコ Web サイト:http://www.cisco.com/jp/

Learn more