サイトマップ
購入のご案内

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco Prime Network Registrar リリース 11.0 データシート

データ シート

ダウンロード オプション

  • PDF
    (1.8 MB)
    Adobe Reader を使ってさまざまなデバイスで表示
Updated: 2021 年 10 月 27 日

偏向のない言語

この製品のマニュアルセットは、偏向のない言語を使用するように配慮されています。このマニュアルセットでの偏向のない言語とは、年齢、障害、性別、人種的アイデンティティ、民族的アイデンティティ、性的指向、社会経済的地位、およびインターセクショナリティに基づく差別を意味しない言語として定義されています。製品ソフトウェアのユーザーインターフェイスにハードコードされている言語、RFP のドキュメントに基づいて使用されている言語、または参照されているサードパーティ製品で使用されている言語によりドキュメントに例外が存在する場合があります。シスコのインクルーシブランゲージに対する取り組みの詳細は、こちらをご覧ください

翻訳について

シスコは、一部の地域において本コンテンツを現地の言語に翻訳したものを提供する場合があります。この翻訳は情報提供のみを目的として提供され、何らかの不一致がある場合は、本規約の英語版が優先するものとします。

ダウンロード オプション

  • PDF
    (1.8 MB)
    Adobe Reader を使ってさまざまなデバイスで表示
Updated: 2021 年 10 月 27 日
 

 

Cisco Prime Network Registrar は、Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)に関するサービスと、権威 DNS およびキャッシュ DNS として機能するドメインネームシステム(DNS)に関するサービスを提供する、優れたパフォーマンスの、スケーラブルな拡張可能ソリューションです。

IP は、あらゆる場所に存在し、あらゆる人が日常生活の多くの場面で使用しています。現在の世界では、ユーザの接続数が増えつづけ、接続されたデバイスが爆発的に増加しており、それぞれに 1 つ以上の IP アドレスが必要です。この IP アドレス指定機能を IP アドレスの手動割り当てによって管理すること、さらには、IP アドレスの事前認識による接続デバイスのアドレス指定は、過去の手法になりつつあります。

      DHCP最近のネットワークでは、デバイスは、ネットワークに参加するときに、割り当てられたアドレスを動的に学習します。これは、Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)を使用して実現されます。

      DNSデバイスは、割り当てられたアドレスを DHCP によって学習した後に、通信するホストまたは他のデバイスのアドレスを学習する必要があります。このために、人間が理解しやすいホスト名を、通信を可能にするためにルーティングシステムで使用される数値の IP アドレスに変換するドメインネームシステムが、標準規格によって提供されています。

Cisco PrimeNetwork Registrar は、これらの DHCP サービスと DNS サービスの両方を提供する、市場をリードするソリューションです。

製品の概要

Cisco Prime Network Registrar は、Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)に関するサービスと、権威 DNS およびキャッシュ DNS(クライアント群の近くに展開され、権威 DNS にかかる大きな負荷を肩代わりして、ドメイン名変換の効率と速度を向上させる)として機能するドメインネームシステム(DNS)に関するサービスを提供する、優れたパフォーマンスのスケーラブルな拡張可能ソリューションです。

これらの機能は、すべてのアクセスタイプ(モビリティ、Wi-Fi、ケーブル、BNG)に共通です。さらに、Cisco Prime Network Registrar は、ケーブルプロバイダー向けに、Cisco Prime Cable Provisioning 製品との統合を実現し、何百万台ものデバイスに対応できる信頼性の高いスケーラブルな DNS および DHCP サービスを提供します。

主なテクノロジー

Cisco Prime Network RegistrarPNR)は、すべてのアクセステクノロジーにわたるサービスを提供します。エンドユーザが、ケーブル、BNGWiFi、モバイル、またはそれらの派生テクノロジーのいずれを使用して接続している場合でも、PNR は、必要な標準規格準拠の IP アドレス指定サービスを提供することができます。

DHCP は、コア ネットワーク アクセス テクノロジーです。どのデバイスでも、ネットワークに接続するときには、一意のアドレスを割り当てる必要があります。これは、手動で行うことが事実上不可能な作業です。接続ユーザ数と接続デバイス数は増加しつづけており、リッチ メディア アプリケーションによるネットワークサービスの需要も拡大しているため、大容量の DHCP サーバによるユーザとデバイスの追跡および管理の自動化は不可欠になっています。

DNS は、今日のサービスプロバイダーおよびエンタープライズ ネットワークにおいてミッションクリティカルと考えられているコア IP 有効化サービスです。DNS サービスが低速であったり、信頼性がなかったり、セキュリティ上に問題があったりすれば、利用者のインターネットアクセスに問題が生じます。DNS に問題が生じるということは、インターネットそのものに問題が生じるということです。さらに、多くのネットワークプロバイダーは、DNS に基づく動的なサービス提供インフラストラクチャを構築しています。サービスの優れた品質と提供機能は、競争上の優位性を確立し、新たな収益機会を得るために役立ちます。そのため、パフォーマンスと信頼性に優れた、スケーラブルでセキュアな DNS が重要な要件となります。

一部のお客様には、IPAM サービスも必要です。シスコでは、この機能を価格表に記載しないことを選択しました。その代わりに、BT Diamond 社とパートナー関係を維持し、PNR で使用するために同社の IPAM 製品を見本販売しています。

特長と利点

Cisco Prime Network Registrar には、次の機能と利点があります。

      高速かつスケーラブル:

DHCP非常に高速な DHCP サーバにより、Cisco Prime Network Registrar は、毎秒 20,000 を超える DHCP リースを割り当てることができます。このソリューションは、業界で最もスケーラブルな DHCP サーバでもあり、お客様の単一の展開で複数のサーバにわたって 1 3,000 万台以上のデバイスをサポートします。

DNS再帰的で非常に高速な Cisco Prime Network Registrar DNS キャッシュサーバは、DNS クエリのスループットを大幅に向上させます。

      DHCP リース更新の統合ロードバランシング:リース更新を再配分することでサーバの負荷を平準化し、展開されたクラスタ全体の使用率を向上させます。

      信頼性:Cisco Prime Network Registrar は、DHCPv4 および DHCPv6 のシンプルなフェールオーバーと、ハイアベイラビリティ DNSHA-DNS)のサポートにより、複数レベルの冗長性を提供することで、DHCP DNS の大規模な展開における固有の課題への対処に役立ちます。特許を取得したシスコの判別レートリミッタは、DHCP へのトラフィックの洪水を防止する卓越した機能を提供し、ネットワーク停止後のダウンタイムを短縮します。

      IPv4 および IPv6 アドレスの一元管理:Cisco Prime Network Registrar は、IPv4 IPv6 の統合された包括的なライフサイクル管理機能を備えており、単一サーバ上にデュアルスタックアドレス指定を展開できます。フル機能搭載の DHCPv6 サーバが、ステートレス設定とステートフル設定の両方でアドレスの割り当てをサポートします。プレフィクス委任機能とプレフィックスの安定性も提供されます。DNS64 機能により、IPv6 アドレスのみを持つホストが IPv4 インターネットとサーバにアクセスできるようになります。Cisco Prime Network Registrar は、IPv4 から IPv6 に移行する際の自動化を支援します。これにより、IP アドレスの枯渇を軽減し、収益を生み出す新たなサービスの導入を促進し、IP アドレスの管理コストを削減します。

      拡張可能:IPv4 IPv6 の両方に対応する業界トップクラスの強力な拡張サポートにより、ネットワーク運用者は、DHCP サーバの運用を IPv4 IPv6 に合わせて変更およびカスタマイズして、ネットワークのセキュリティやパフォーマンスを向上させ、サードパーティ製アプリケーションを統合することができます。拡張機能を利用することにより、課金、セキュリティ、合法的傍受などの新しいソリューションを容易に作成できます。

      正常性チェック:DHCP および DNS の正常性チェックにより、障害が発生したターゲットシステムを早期に検出してバイパスすることができます。DHCP については、リレーエージェントを監視するように PNR を設定して、フェールオーバー構成で信頼性の高い動作を実現することができます。DNS については、宛先サーバが DNS 割り当ての実行可能な選択肢であることを確認するように PNR を設定することができます。

      セキュア:DNSSECDNS ファイアウォール、TSIGDNS ポイズニング攻撃からの保護、および DNS 脆弱性からの保護に役立つ DNS over TLSDNS キャッシュサーバのスマートキャッシュにより、外部 DNS が侵害を受けた場合の機能停止を防止できます。

1 に、Cisco Prime Network Registrar のその他の機能と利点を詳しく示します。

表 1.         機能と利点の詳細

機能

利点

迅速な価値実現

DNS および DHCP セットアップウィザード

DHCP および DNS コンポーネントのセットアップウィザードで基本設定モードを使用すると、ユーザは、設定に不可欠なパラメータを入力することで、DHCP および DNS の設定を簡単に実行できます。DHCP および DNS の設定の経験が豊富なユーザ向けに、詳細設定モードが用意されています。ユーザは、Cisco Prime Network Registrar DHCP および DNS を迅速にセットアップおよび設定して、VoIPLAN などの IP ベースのサービスを促進することができます。

IPv4 および IPv6 のリース履歴の完全な可視性

Cisco Prime Network Registrar DHCP は、IPv4 および IPv6 DHCP リース履歴をクエリする機能を提供します。リース履歴の検索は、ローカルと地域の両方のクラスタレベルで可能であり、EU のプライバシー規制に準拠しています。

簡素化されたダッシュボード、トラッキング、およびレポート機能

リアルタイム サーバ ステータス ダッシュボード

DNSDNS キャッシュ、および DHCP コンポーネントダッシュボードには、それぞれの Cisco Prime Network Registrar サーバについて、サーバの正常性、システムメトリック、アラーム/アラート、およびインベントリを一目で確認できるリアルタイムインジケータが表示されます。ダッシュボードには、ネットワークの動作に影響を与える可能性がある DHCP および DNS の一般情報、スループット、およびエラーデータを監視するためのグラフが表示されます。時間の経過にともなうアドレスの使用状況を測定するために、DHCP コンポーネント ダッシュボードは、一定期間の DHCP 使用状況情報を収集し、キャパシティプランに役立つ傾向を示すグラフを表示することができます。ネットワークメンテナンスの改善や稼働時間の増加などの利点もあります。

リソース通知およびアラート

リソースの使用状況に関する 2 つのレベルの通知(警告と重大)を設定する機能。しきい値レベルは管理者が定義できます。この設定により、次のことが可能です。

  1 つ以上の監視対象リソースが重大または警告レベルを超えた場合に、Web ユーザインターフェイス(UI )および CLI で通知します。
  Web UI および CLI で監視対象リソースの現在の状態に関するレポートを提供します。
  監視対象リソースのピーク値をリセットする手段を提供します。
  監視対象リソースが重大または警告レベルを超えたときにトラップを生成し、適切な値に戻します。
  各監視対象リソースの重大レベルと警告レベルを調整する手段を提供します。

SNMP がサポートされており、これらの通知に対してトラップを送信できます。

グローバル検索機能

運用者は、完全な IP アドレスや部分的な IP アドレスまたは任意の DNS 名をすばやく検索できます。

DNS/DHCP サーバの一元設定

自動設定

運用者は、より正確な DNS/DHCP 設定によってダウンタイムを大幅に短縮することができます。

高度な設定のサポート

多層アドレス指定、マルチホームホスト(特定のデバイス上で複数の IP アドレスをモデル化するため)、DHCP クライアントクラス、MAC アドレス処理、クライアント ID、ダイナミック DNS などのサポート。これらはすべて、ネットワーク運用者の複雑なニーズを満たすために役立ちます。

DHCP 設定の検証とプレビュー

検証およびプレビュー機能は、ネットワークの機能停止と IP の競合を制限するために役立ちます。

静的 IP アドレス管理

キャリアクラスのリース予約パフォーマンス

静的 IP アドレス割り当てが必要なユーザの場合、Cisco Prime Network Registrar DHCP は、最大 500,000 のリース予約を処理できます。Cisco Prime Network Registrar はフェールオーバー展開をサポートしているため、拡張リース予約ではメインサーバとバックアップサーバの間でリース予約が同期し、これらのサーバ間で設定の更新が確実に行われます。予約済みリースの設定の変更は、Web UICLI、および Java ソフトウェア開発キット(SDK)を使用して実行できます。

フル機能の DHCP サーバ

動的リース通知

動的リース通知により、ネットワーク運用者は、Cisco Prime Network Registrar DHCP DHCPv4 または DHCPv6 リースを発行するたびに永続的なまたは期限付きの外部システム通知を得ることを要求できます。

DHCPv4 および DHCPv6 フェールオーバー

TCP を使用したシンプルなフェールオーバーモデルで、IP アドレス、プレフィックス、および可変長プレフィックスのフェールオーバーがサポートされます。これにより、何らかの理由でメインサーバがネットワークから切断された場合に、バックアップ DHCP サーバがメインサーバの動作を引き継ぐことができます。

クライアントの予約

Cisco Prime Network Registrar DHCP は、IPv4 および IPv6 アドレスのクライアント予約と IPv6 プレフィックス委任を提供します。この機能により、DHCP サーバは、永続的な IP アドレス割り当てを予約できます。これらの予約は、Cisco Prime Network Registrar の内部または外部に保存できます。内部保存の場合は Cisco Prime Network Registrar クライアントエントリが使用され、外部保存の場合は Lightweight Directory Access ProtocolLDAP)に保存されるか、保存場所が DHCP サーバの拡張インターフェイスを介して他の外部ソースから提供されます。これにより、Cisco Prime Network Registrar の内部データベースとデータを同期する必要がなくなり、より動的でスケーラブルな予約ベースのサービスが提供されます。

クライアントクラスのサポート

Cisco Prime Network Registrar DHCP は、柔軟性を高めるために、次の 3 つの方法で着信クライアントパケットを分類できます。

  データベース(内部または外部)でクライアントを検索します。
  着信パケットの内容に基づいて、お客様が定義するアルゴリズムを適用します。
  カスタム拡張機能を呼び出すか、C/C++ または Tool Command Language TCL )で記述されたサードパーティ拡張機能を使用します。

クライアントクラスでは、必要に応じて、ネットワーク内のさまざまなデバイスタイプおよびサービスクラスに関して、クライアントに提供されるオプション(アドレス割り当てに使用するサブネットまたはプレフィックス、更新する DNS サーバ、ホスト名の生成方法など)を指定することができます。

たとえば、ケーブルネットワークではデバイスタイプにケーブルモデム、顧客宅内機器(CPE)、およびメディアターミナルアダプタ(MTA)が含まれ、サービスタイプには提供されるさまざまなクラスのインターネットサービスが含まれます。企業では、デバイスタイプは、電話機、プリンタ、デスクトップコンピュータなどです。

拡張機能

Cisco Prime Network Registrar DHCP は、DHCP サーバ処理のカスタマイズを可能にする強力な拡張機能のサポートを提供します。拡張機能は、クライアントタイプの分類、パケットオプションの追加/削除/変更、外部データベースのクエリ/更新、さらにはこれら以外の多くの目的で使用できます。拡張機能は、サービスプロバイダーまたは企業の開発環境で柔軟に記述でき、TCL または C/C++ で記述され、すべてのオペレーティング プラットフォームとすべてのデバイスをサポートします。

クライアントの困難な状況の適切な処理

DHCP サーバは、判別レートリミッタ(特許出願中)を使用して、最も重要な要求に優先順位を付けて処理することにより、DHCP クライアント要求のトラフィックの洪水を処理します。DHCP サーバは、どれだけ大きな負荷がかかっても崩壊せず、バックログを迅速に処理し、ネットワークを可能なかぎり短時間で復旧させます。また、拡張機能の Chatty Client Filter を使用することにより、DHCP コンポーネントは、異常な動作のクライアントを処理します。複数の未処理パケットがないのに DHCP サーバに頻繁に要求を送信するクライアントがある場合、この拡張機能は、そのクライアントを自動的に無効にして、動作が改善されると自動的に再度有効にします。お客様の環境では、これにより、パケットトラフィックの 50% 以上の減少が確認されています。

DHCPv6 のバルクリースクエリのサポート

DHCP サーバは、標準規格準拠のバルクリースクエリ機能を使用して、多数の DHCPv6 リースのリースクエリ要求に応答します。

IPv6 のプレフィックスの安定性

プレフィックスの安定性により、クライアントは、クライアントの場所が変更された場合(ネットワークメンテナンス時に運用者がノード分割を実行したときや、ロードバランシングイベントの発生時など)に、委任された IPv6 アドレスプレフィックスを保持できます。

  ケーブルモデム終端システム(CMTS )のプレフィックスの安定性では、プレフィックスの安定性に関する DOCSIS 3.0 の要件がサポートされており、加入者は、運用者が CMTS グループ内でロードバランシングイベントまたは再設定イベントを実行するときに、委任されたプレフィックスを保持できます。CMTS のプレフィックスの安定性は、単一の DHCP サーバ上に展開する必要があります。
  ユニバーサルプレフィックスの安定性により、加入者は、ネットワーク内の任意の場所で、委任されたプレフィックスを保持できます。この機能を使用するには、委任されたプレフィックスの管理割り当てと、クライアントまたはリース予約の使用が必要です。複数の DHCP サーバーに展開できます。

プレフィックス割り当てグループ

プレフィックス割り当てグループにより、ユーザは、クライアントに対して複数のリース割り当てが行われないように複数のプレフィックスを定義し、プレフィックスの使用順序を制御することができます。

DNS 機能

標準規格に準拠した DNS 権威サーバ

Cisco Prime Network Registrar DNS は、高度な機能セットを提供し、増分ゾーン転送、動的更新、および通知をサポートする、標準規格準拠の権威 DNS サーバです。DNS サービスを保護するために、DNS コンポーネントは、DNS ゾーン転送および更新要求を認証するためのトランザクション署名(TSIG)をサポートしています。

DNS キャッシュ サーバ

DNS キャッシュサーバは、その固有の役割に合わせて最適化されており、特定の名前を解決するための実際の再帰処理を実行します。これにより、全体的なシンプルさとパフォーマンスが向上します。このサーバにより、大量の再帰クエリの速度/パフォーマンスが向上するため、オペレータは、エンドユーザ アプリケーションのパフォーマンスの向上を期待できます。サーバは DNS クエリの結果をローカルに保存します。これにより、効率性が向上し、インターネット上の DNS トラフィックが減少します。

DNSSEC のサポート

Cisco Prime Network Registrar DNS キャッシュサーバは、DNSSEC 検証を実行し、ゾーン管理者によって公開されている DNS データを認証します。これは、アクセスされる DNS レコードおよびサーバの真正性と完全性を確保するために役立ちます。特に、DNSSEC 検証によって、DNS クエリ応答が署名済みゾーンに対して正確であることがエンドユーザリゾルバに保証されます。DNSSEC サーバは、標準の DNSSEC プロトコルに従って、最終的にルートゾーンに対する各リソースレコードの署名を検証します。

また、DNSSEC は、DNS キャッシュポイズニングなどの DNS の脆弱性からリソースレコードを保護します。

DNS over TLS

Cisco Prime Network Registrar DNS 機能は、トランスポート層セキュリティTLS)プロトコルを介したドメインネームシステムDNS)クエリおよび応答の暗号化と配信をサポートし、中間者攻撃による DNS データの盗聴や操作を防ぐことによって、ユーザのプライバシーとセキュリティを向上させます。

DNS64 機能

Cisco Prime Network Registrar DNS キャッシュサーバは、DNS64 をサポートしています。この機能は、IPv4 のみのリソースに IPv6 のみのクライアントがアクセスできるように、AIPv4)レコードから AAAAIPv6)レコードを合成します。この機能により、IPv4 から IPv6 への移行が促進されます。

DNS ビューのサポート

Cisco Prime Network Registrar は、DNS ビューの簡素化された実装のサポートと管理を提供します。DNS ビューには、クエリの送信元または宛先とクエリが再帰的であるかどうかに基づいて、代替のリソースレコードセット(同じデータの異なる「ビュー」)を表示できます。エンドユーザは、内部 URL と外部 URL ではなく、単一の URL を覚えるだけで済みます。運用者は、内部と外部のビューサーバの両方に対して 1 台のプライマリ DNS サーバで対応できるため、運用コストを大幅に削減できます。

企業ドメインでは、この概念をキャンパス環境外の名前空間に適用して、内部(キャンパス内)と外部(インターネットベースのクライアント)の DNS 名前解決を実現することで、キャンパス LAN 内のシステムのセキュリティを強化することができます。

DNS ファイアウォール

RPZ を使用して、ブロックリストと許可リストについて、エンドノードの完全修飾ドメイン名、IP、サブネット、およびプレフィックスのリストを定義します。DNS 管理者は、ユーザを事前定義された URL へと誘導することにより、ユーザエクスペリエンスを最適化することができます。DNS サーバは、クエリへの応答を変更してクライアントを既知の危険な Web サイトからリダイレクトするように設定することができます。管理者は、ドメインまたはドメインのリストをブロックして、ユーザを通知ページにリダイレクトすることができます。DNS ファイアウォールは、サードパーティ RPZ プロバイダーからのゾーン転送をサポートしています。

NXDOMAIN のリダイレクト

ネットワーク運用者は、ユーザが無効なドメイン名をクエリする場合(つまり、サーバにエントリがない場合)、インターネットまたはイントラネットのドメイン名が存在しないことを意味する「NXDOMAIN」応答を返すことにより、そのユーザを支援することができます。

国際化ドメイン名のサポート

Cisco Prime Network Registrar Web UI から完全な Unicode 文字セットを使用して DNS ドメインを命名することがサポートされます。これにより、管理者は Web UI でローカライズされたドメイン名を使用できます。

DNS E.164 番号マッピング(ENUM)の設定

ENUM では、DNS ベースのアーキテクチャを使用して、電話番号を URL に解決できます。Cisco Prime Network Registrar を使用することで、ENUM レコードの入力と管理を簡単に行うことができます。

ENUM では、電話番号を DNS サーバに入力することにより、VoIP、ビデオ、プレゼンス、インスタントメッセージなどの幅広いアプリケーションの相互運用性が促進されます。

外部システムの統合とサポート

Representational State TransferREST/RESTful API

スケーラブルでメンテナンス可能な軽量の Web ベースサービスを実現するための業界標準の Web サービス REST API。サポートには、各クラスで許可されている取得、追加、変更、または削除操作が含まれます。REST API は、クラウドベースの実装の支援に役立ちます。

外部システムとの統合

ユーザは、関連するアセットインベントリとネットワーク管理システムの間の通信に堅牢な API/CLI を使用して、システム間ワークフローを合理化できます。

Cisco Prime Cable Provisioning との統合

DOCSIS 環境のケーブルモデムのゼロタッチプロビジョニングを可能にする Cisco PNR DHCP Cisco PCP の統合。

標準

サポートされる DHCP RFC

RFC

説明

RFC 1350

TFTP プロトコル(リビジョン 2

RFC 1497

ベンダー拡張オプション

RFC 1531

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル

RFC 1533

DHCP Options and BOOTP Vendor Extensions

RFC 1534

Interoperation Between DHCP and BOOTP

RFC 1541

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル

RFC 1542

Clarifications and Extensions for Bootstrap Protocol

RFC 2131

Dynamic Host Configuration Protocol

RFC 2132

DHCP Options and BOOTP Vendor Extensions

RFC 2241

Novell Directory Services DHCP オプション

RFC 2322

peg-dhcp による IP 番号の管理

RFC 2347

TFTP オプション拡張

RFC 2348

TFTP Blocksize オプション

RFC 2485

The Open Group のユーザ認証プロトコルの DHCP オプション

RFC 2489

新しい DHCP オプションの定義手順

RFC 2563

IPv4 クライアントでステートレス自動設定を無効にする DHCP オプション

RFC 2610

Service Location Protocol DHCP オプション

RFC 2855

IEEE 1394 DHCP

RFC 2937

DHCP のネームサービス検索オプション

RFC 2939

新しい DHCP オプションおよびメッセージタイプの定義に関する手順と IANA ガイドライン

RFC 3004

DHCP のユーザクラスオプション

RFC 3011

DHCP IPv4 サブネット選択オプション

RFC 3041

IPv6 でのステートレスアドレス自動設定のプライバシー拡張

一時アドレスについて:一時アドレスは、IPv6 のプライバシーの問題を解決します(RFC 3041 を参照)。

RFC 3046

DHCP Relay Agent Information Option

RFC 3074

DHCP 関連のフェールオーバーサーバの属性

RFC 3256

DOCSISData-Over-Cable Service Interface Specifications)デバイスクラスの DHCPDynamic Host Configuration Protocol)リレーエージェント情報サブオプション

RFC 3315

Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6)

RFC 3319

SIP サーバの DHCPv6 オプション

RFC 3361

Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP-for-IPv4) Option for Session Initiation Protocol (SIP) Servers

RFC 3396

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCPv4)の長いオプションのエンコード

RFC 3397

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)ドメイン検索オプション

RFC 3442

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)バージョン 4 のクラスレス静的ルートオプション

RFC 3456

IPsec トンネルモードの Dynamic Host Configuration ProtocolDHCPv4)設定

RFC 3495

CableLabs Client Configuration Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)オプション

RFC 3527

DHCPv4 のリレーエージェント情報オプションのリンク選択サブオプション

RFC 3594

DHCP CableLabs Client ConfigurationCCC)オプションの PacketCable セキュリティチケット制御サブオプション

RFC 3633

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)バージョン 6 IPv6 プレフィックスオプション

RFC 3634

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCPCableLabs Client ConfigurationCCC)オプションのキー発行局(KDC)サーバ アドレス サブオプション

RFC 3646

DHCPv6 DNS 設定オプション

RFC 3679

未使用の Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)オプションコード

RFC 3736

Stateless DHCP Service for IPv6

RFC 3825

座標ベースの位置設定情報の Dynamic Host Configuration Protocol オプション

RFC 3898

Network Information Service (NIS) Configuration Options for Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6)

RFC 3925

Vendor-Identifying Vendor Options for Dynamic Host Configuration Protocol version 4 (DHCPv4)

RFC 3942

Dynamic Host Configuration Protocol バージョン 4DHCPv4)オプションの再分類

RFC 3993

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)リレー エージェント オプションのサブスクライバ ID サブオプション

RFC 4014

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)リレーエージェント情報オプションの Remote Authentication Dial-In User ServiceRADIUS)属性サブオプション

RFC 4030

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)リレー エージェント オプションの認証サブオプション

RFC 4039

Dynamic Host Configuration Protocol バージョン 4DHCPv4)の高速コミットオプション

RFC 4075

Simple Network Time Protocol (SNTP) Configuration Option for DHCPv6

RFC 4076

ステートレス Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6DHCPv6)の再番号付け要件

RFC 4174

インターネット ストレージ ネーム サービスの IPv4 Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)オプション

RFC 4242

Information Refresh Time Option for Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6)

RFC 4243

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)リレー エージェント オプションのベンダー固有情報サブオプション

RFC 4280

ブロードキャストおよびマルチキャスト制御サーバの Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)オプション

RFC 4361

Dynamic Host Configuration Protocol バージョン 4DHCPv4)のノード固有クライアント識別子

RFC 4388

DHCP リースクエリの仕様

RFC 4390

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCPover InfiniBand

RFC 4477

DHCP IPv4 および IPv6 のデュアルスタックの問題

RFC 4578

Intel ブート前実行環境(PXE)の Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)オプション

RFC 4580

Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6DHCPv6)リレー エージェント サブスクライバ ID オプション

RFC 4649

Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6) Relay Agent Remote-ID Option

RFC 4676

住所設定情報の Dynamic Host Configuration ProtocolDHCPv4 および DHCPv6)オプション

RFC 4701

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)情報をエンコードするための DNS リソースレコード(RR)(DHCID RR

RFC 4702

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)クライアント完全修飾ドメイン名(FQDN)オプション

RFC 4703

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)クライアント間の完全修飾ドメイン名(FQDN)競合の解決

RFC 4704

Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6DHCPv6)クライアント完全修飾ドメイン名(FQDN)オプション

RFC 4776

住所設定情報の Dynamic Host Configuration ProtocolDHCPv4 および DHCPv6)オプション

RFC 4833

DHCP のタイムゾーンオプション

RFC 4994

DHCPv6 リレーエージェントエコー要求オプション

RFC 5007

DHCPv6 リースクエリ

RFC 5010

Dynamic Host Configuration Protocol バージョン 4DHCPv4)リレー エージェント フラグ サブオプション

RFC 5071

PXELINUX によって使用される Dynamic Host Configuration Protocol オプション

RFC 5107

DHCP Server Identifier Override Suboption

RFC 5192

Protocol for Carrying Authentication for Network AccessPANA)認証エージェントの DHCP オプション

RFC 5223

Dynamic Host Configuration ProtocolDHCP)を使用した Location-to-Service TranslationLoST)サーバの検出

RFC 5417

Control And Provisioning of Wireless Access PointsCAPWAP)アクセスコントローラ DHCP オプション

RFC 5460

DHCPv6 Bulk Leasequery

RFC 5859

TFTP Server Address Option for DHCPv4

RFC 5908

DHCPv6 Network Time ProtocolNTP)サーバオプション

RFC 5970

ネットワークブートの DHCPv6 オプション

RFC 6148

リレーエージェントリモート ID による DHCPv4 リースクエリ

注:一括操作についてのみサポートされる

RFC 6153

アクセスネットワーク検出および選択機能(ANDSF)による検出の DHCPv4 および DHCPv6 オプション

RFC 6221

Lightweight DHCPv6 リレー エージェント

RFC 6225

座標ベースの位置設定情報の Dynamic Host Configuration Protocol オプション

注:データは BLOB 形式で入力する必要がある

RFC 6276

ネットワークモビリティ(NEMO)の DHCPv6 プレフィックス委任

RFC 6334

Dual-Stack LiteDS-Lite)の Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6DHCPv6)オプション

RFC 6355

UUID ベースの DHCPv6 固有識別子(DUID-UUID)の定義

RFC 6422

リレー提供 DHCP オプション

RFC 6440

EAP Re-authentication ProtocolERP)ローカルドメイン名 DHCPv6 オプション

RFC 6603

DHCPv6 ベースのプレフィックス委任のプレフィックス除外オプション

RFC 6607

Virtual Subnet Selection Options for DHCPv4 and DHCPv6

RFC 6656

DHCPv4 用のシスコのサブネット割り当てオプションの説明

RFC 6842

DHCP サーバ応答のクライアント識別子オプション

RFC 6853

DHCPv6 冗長性展開に関する考慮事項

RFC 6925

DHCPv4 リレーエージェント識別子サブオプション

RFC 6926

DHCPv4 Bulk Leasequery

注:RFC 未定義実装

RFC 6939

DHCPv6 のクライアントリンク層アドレスオプション

RFC 7031

DHCPv6 フェールオーバー要件

RFC 7083

SOL_MAX_RT および INF_MAX_RT のデフォルト値の変更

RFC 7291

Port Control ProtocolPCP)の DHCP オプション

注:DHCPv6 についてサポートされ、DHCPv4 については BLOB データとして入力する必要がある

RFC 7550

複数のステートフル DHCPv6 オプションの問題および推奨事項

RFC 7653

DHCPv6 アクティブリースクエリ

注:RFC 未定義実装

RFC 7724

アクティブ DHCPv4 リースクエリ

注:RFC 未定義実装

RFC 8156

DHCPv6 フェールオーバープロトコル

注:RFC 未定義実装

RFC 8168

DHCPv6 プレフィックス長のヒントの問題

RFC 8357

DHCP リレーの汎用 UDP 送信元ポート

RFC 8415

Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6DHCPv6

RFC 8520

製造元の使用方法説明の仕様

RFC 8925

DHCPv4 IPv6-Only 推奨オプション

RFC 8973

Distributed-Denial-of-Service Open Threat SignalingDOTS)エージェント検出

サポートされる DNS RFC

RFC

説明

RFC 952

DOD インターネット ホスト テーブルの仕様

RFC 1034

ドメイン名:概念と設備

RFC 1035

ドメイン名:実装と仕様

RFC 1101

ネットワーク名およびその他のタイプの DNS エンコード

RFC 1536

一般的な DNS 実装エラーと推奨される修正

RFC 1706

DNS NSAP リソース レコード

RFC 1982

シリアル番号演算

RFC 1995

DNS での増分ゾーン転送

RFC 1996

ゾーン変更の迅速な通知のメカニズム(DNS NOTIFY

RFC 2136

ドメインネームシステムでの動的更新(DNS UPDATE

RFC 2181

DNS 仕様の明確化

RFC 2308

DNS クエリのネガティブキャッシュ(DNS NCACHE

RFC 2317

クラスレス IN-ADDR.ARPA 委任

RFC 2782

サービスの場所を指定するための DNS RRDNS SRV

RFC 2845

DNS の秘密鍵トランザクション認証(TSIG

RFC 3110

ドメインネームシステム(DNS)での RSA/SHA-1 SIG および RSA キー

RFC 3226

DNSSEC および IPv6 A6 対応サーバ/リゾルバメッセージサイズ要件

RFC 3258

共有ユニキャストアドレスによる権威ネームサーバの分散

RFC 3492

PunycodeInternationalized Domain Names in ApplicationsIDNA)の Unicode のブートストリングエンコード

RFC 3493

IPv6 の基本ソケットインターフェイス拡張

RFC 3596

IPv6 をサポートするための DNS の拡張

RFC 3597

不明な DNS リソースレコード(RR)タイプの処理

RFC 3645

DNS の秘密キートランザクション認証の汎用セキュリティ サービス アルゴリズム(GSS-TSIG

RFC 3833

ドメインネームシステム(DNS)の脅威分析

RFC 4033

DNS セキュリティの概要と要件

RFC 4034

DNS セキュリティ拡張機能のリソースレコード

RFC 4035

DNS セキュリティ拡張機能のプロトコル変更

RFC 4074

IPv6 アドレスの DNS クエリに対する一般的な誤動作

RFC 4159

ip6.int」の非推奨化

RFC 4343

ドメインネームシステム(DNS)の大文字/小文字区別の明確化

RFC 4367

名前に込められた意味:DNS 名に関する誤解

RFC 4408

電子メールでのドメインの使用を許可するための Sender Policy FrameworkSPF)、バージョン 1

RFC 4592

ドメインネームシステムでのワイルドカードの役割

RFC 4641

DNSSEC 運用慣行

RFC 4701

DHCP 情報をエンコードするための DNS リソースレコード(RR

RFC 5011*

DNS セキュリティ(DNSSEC)トラストアンカーの自動更新

RFC 5452

偽造された応答に対する DNS の復元力を高めるための方策

RFC 6052

IPv6 Addressing of IPv4/IPv6 Translators

RFC 6116

E.164 から Uniform Resource IdentifierURI)への動的委任

RFC 6147*

DNS64IPv6 クライアントから IPv4 サーバへのネットワークアドレス変換のための DNS 拡張機能

注:セクション 5.1.4 およびセクション 5.1.7 TTL 計算には非準拠

RFC 6195

ドメインネームシステム(DNSIANA に関する考慮事項

RFC 6605*

DNSSEC の楕円曲線デジタル署名アルゴリズム(DSA

RFC 6672*

DNS での DNAME リダイレクト

RFC 6840

DNS セキュリティ(DNSSEC)の説明と実装に関する注意事項

RFC 6844

DNS 認証局認証 (CAA) リソースレコード

RFC 6891

DNS の拡張メカニズム(EDNS(0)

RFC 7553

Uniform Resource IdentifierURIDNS リソースレコード

RFC 7858

DNS over TLS

RFC 8020

NXDOMAIN:下には何も存在しない

* 」が付いている RFC は、DNS キャッシュサーバでのみサポートされます。

システム要件

Cisco PNR 11.0 は、Intel ベースサーバ上で動作する Linux アプリケーションです。必要な動作環境は次のとおりです。

      Linux OSRed Hat Enterprise Linux または同等のもの)

      ベアメタル Intel アーキテクチャハードウェア、VMware ESXi、または Docker コンテナ

このソフトウェアは、シスコ内で、Red Hat Enterprise Linux で動作する Cisco UCS サーバと、VMware ESXi および Openstack でテストされています。Cisco PNR は、Docker コンテナフォームファクタの構築に Red Hat UBI を使用します。

Cisco PNR ソフトウェアは、通常、使用される RHEL および仮想化ソフトウェアのレベルに影響されないため、お客様によって実行されるアップグレードは制限されません。お客様にはシスコのアクションとは無関係に OS およびハイパーバイザを個別にアップグレードする権利があり、お客様がそれらのベンダーから適切なライセンスを得ている場合は、各ベンダーから直接保証を受けることができます。RHEL 8.0 は、いくつかの変更が導入されているため、PNR 11.0 以降でのみサポートされることに注意してください。Cisco PNR 11.0 は、RHEL 8.2 でテストされています。

PNR の新しい リリースは、RHEL および VM の新しいバージョンでテストされています。PNR の各リリースでテストされた最新バージョンのリストについては、PNR のリリースノートを参照してください。

Cisco PNR を実行するための最小システム要件については、Cisco Prime Network Registrar のインストールガイドを参照してください。

ライセンス

PNR 11.0 では、ライセンスに関して容量ベースの従量制が使用されます。

      DHCP は、サポートされる IP リースの数に基づいてライセンスされます。

      DNS は、サポートされるリソースレコードの数に基づいてライセンスされます。

      キャッシュ DNS は、インスタンスごと(サーバごと、VM ごと、コンテナごとなど)にライセンスされます。

PNR のライセンスは、次の階層で提供されるため、お客様は、必要な機能の豊富さを選択できます。

ライセンス階層

 

Essentials 機能セット

個々のコンポーネントによって提供されるコア機能です。

Advantage 機能セット

アドオンとしてライセンスされる製品の拡張機能を指します。これらの機能は追加機能を提供し、Essential 機能セットに加えて購入されます(詳細については、PID リストを参照)。

各階層内で、お客様は、必要なコンポーネントの基本ライセンスと、選択した各コンポーネントに必要な容量メーターライセンスを選択する必要があります。

ライセンスメーター

 

基本ライセンス

ソフトウェアコンポーネントの使用権(RTU)ライセンスで、最小レベルの容量を使用できます。

容量ライセンス

このライセンスにより、購入した容量が、基本ライセンスで提供される初期容量を超えて拡張されます。

追加のライセンスが適用される場合があります。

PNR 11.0 は、PAK ベースのライセンスまたはスマートライセンスをサポートしています。シスコ スマート ライセンシングは、シスコ ポートフォリオ全体および組織全体でソフトウェアをより簡単かつ迅速に一貫して購入および管理できる柔軟なライセンス モデルです。また、これは安全です。ユーザーがアクセスできるものを制御できます。スマート ライセンスを使用すると、次のことが可能になります。

      簡単なアクティベーション:スマートライセンスは、組織全体で使用できるソフトウェアライセンスのプールを確立します。PAK(製品アクティベーションキー)は不要です。

      管理の統合:My Cisco EntitlementsMCE)は、使いやすいポータルですべてのシスコ製品とサービスの完全なビューを提供します。

      ライセンスの柔軟性:ソフトウェアはハードウェアにノードロックされていないため、必要に応じてライセンスを簡単に使用および転送できます。

スマートライセンスを使用するには、まず Cisco Software Central でスマートアカウントを設定する必要があります(software.cisco.com)。

シスコライセンスの概要については詳しくは、cisco.com/go/licensingguide を参照してください。

発注情報

購入方法については、シスコ® の「購入案内」のページを参照してください。Cisco Prime Network Registrar の製品番号およびアップグレード製品番号のリストとライセンスの詳細については、Cisco Prime Network Registrar の発注ガイドを参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには、Cisco Software Center にアクセスしてください。

シスコ サービス

シスコの製品保証およびテクニカルサポートは、Cisco PNR アプリケーション ソフトウェアに限定されます。他のコンポーネント(Linux、ハイパーバイザ、シスコ以外のベンダーが提供するハードウェアなどが含まれますが、それらに限定されません)のサポートについては、それぞれのベンダーから権利およびサポートライセンスを取得する必要があります。

シスコでは、お客様のビジネスを支援する多様なサービス プログラムをご用意しています。シスコのサービスは、お客様のネットワーク投資を保護してネットワーク運用を最適化するだけでなく、ネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張に向けた新しいアプリケーションの導入準備という面でもサポートします。シスコのサービスの詳細については、シスコ テクニカル サポート サービスまたはシスコ カスタマー エクスペリエンスを参照してください。

Cisco Capital

目的達成に役立つ柔軟な支払いソリューション

Cisco Capital により、目標を達成するための適切なテクノロジーを簡単に取得し、ビジネス変革を実現し、競争力を維持できます。総所有コスト(TCO)の削減、資金の節約、成長の促進に役立ちます。100 ヵ国あまりの国々では、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、およびサードパーティの補助機器を購入するのに、シスコの柔軟な支払いソリューションを利用して、簡単かつ計画的に支払うことができます。詳細はこちらをご覧ください。

詳細情報

Cisco Prime Network Registrar の詳細については、https://www.cisco.com/go/networkregistrar/ を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。あるいは ask-networkregistrar@cisco.com まで E メールでお問い合わせください。

文書の変更履歴

表 2.         文書の変更履歴

新規トピックまたは改訂されたトピック

説明

日付

IPAM サービスのサポートの改訂

主なテクノロジー

2021 6

ライセンス階層の更新

ライセンシング

2021 6

標準準拠の追加

機能とメリット

2021 6

 

 


 

Learn more