アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

サービスをシンプルに

Cisco Managed Services Accelerator は、マルチテナント、マルチサービス、クラウドネイティブのサービスを開発および提供可能なプラットフォームです。これにより、サービスプロバイダーは、マネージド サービスを迅速かつ簡単に、コスト効率よく開発してビジネス顧客に提供することができます。

Vodafone、新たな SD WAN サービスを提供開始
Cisco Managed Services Accelerator

Vodafone は、Cisco Managed Services Accelerator を使用して、ヨーロッパで初めて Cisco SD-WAN を導入しています。

Cisco Managed Services Accelerator の利点


サービスのセキュリティを向上させる


市場投入までの時間を短縮


サービスの運用コストを削減


サービスの俊敏性とシンプルさを
向上させ差別化を図る

Cisco Managed Services Accelerator の活用方法

管理対象デバイス

Meraki デバイスを、クラウドからマルチ マルチテナント環境に短期間で簡単にオンボーディングできます。

SD-WAN

マルチ テナントの Cisco SD-WAN(Viptela)サービスの開発、展開、管理を行えます。

SD-Branch (vBranch)

Cisco Enterprise Network Compute System(ENCS)により、マルチ サービス、マルチ ベンダーの仮想ブランチ(vBranch)を展開できます。

Cisco Managed Services Accelerator の特長

 

シンプルなサービス開発プラットフォーム

MSX により、サービス プロバイダーは、まったく新しいサービスをゼロから開発、またはシスコが事前に開発したサービス パックを活用できます。MSX は、導入後すぐに運用でき、最小限の時間とコストで統合可能です。これにより、シスコとサードパーティ両方の仮想または物理ネットワーク機能を基盤とする無限のサービスを実現できます。さらに、複数の顧客に複数のサービスを同時に提供できます。

 


 

すべてのサービスでインテグレーションは一度だけ

MSX では、OSS/BSS とオーケストレーション サービス フレームワークという、サービス プロバイダーの 2 つの重要なレベルのインテグレーションを一度で完了できます。サービスを安全かつ効果的に展開および管理するには、この 2 つが必要になります。MSX のない環境では、サービス プロバイダーは新しいサービスを提供するたびにこうしたインテグレーションを繰り返さなければなりません。その工程は数か月におよび、膨大な運用コストを要することもあります。

 


 

オーケストレーションの自動化

MSX では、サービス デリバリを自動化することで、運用コストの削減、設定ミスの回避、円滑なエンドカスタマー エクスペリエンスの提供を実現できます。また、ユーザが目的のサービスを指定した際に、簡単な操作で、その新しいサービスを提供できます。エンドユーザは、専用のポータルでサービスに大きな変更を加えることができ、MSX ではその後、必要に応じて何千ものデバイスが再構成されます。MSX は Cisco Network Services Orchestrator(NSO)を活用して信頼性と柔軟性を高めているため、NSO をすでに導入済みのサービス プロバイダーが新しいサービス パックを簡単に開発できます。

 


 

物理、仮想、サードパーティ製の機能のサポート

仮想ネットワーク機能のみ、または物理デバイスのみに対応するシステムもあるなか、MSX は、その両方をサポートしています。実際には、1 つのエンドユーザのサービスが、仮想ネットワーキング機能と物理ネットワーキング機能の組み合わせにより構成されることもあります。MSX では、Cisco NSO とオープン REST API を使用して、シスコとサードパーティ製デバイス向けの強力なサービス モデルを実装できます。MSX はオープン プラットフォームであるため、VNF またはサードパーティ製の物理デバイスを簡単に追加したり、外部システムと統合したりできるほか、サードパーティ テクノロジーを基盤とする独自のサービスを開発できます。

 

Cisco Managed Services Accelerator が、マネージド サービスの簡素化を進めるサービス プロバイダーにもたらす利点

Cisco Live 2018 で、シスコのエンジニア Wayne Ogozaly が、theCube の Stuart Miniman に、新たな収益の確保と新規顧客の獲得においてサービス プロバイダーが直面する課題について語っています。また、Cisco Managed Services Accelerator によって、どのように市場投入までの時間を短縮しコストを削減できるのかを解説しています。

Verizon、Cisco Managed Services Accelerator を使用した SD-WAN サービスを発表

俊敏性を備えた安全かつ高パフォーマンスの仮想化サービスを提供

Verizon とシスコの企業向け SD-WAN ワークショップ

シスコと Verizon が、企業のネットワーク機能の強化を目指して、どのように協業しているかをご確認ください。Readiness Workshop へのサインアップをお待ちしています。

 

関連資料

販売促進

シスコの従業員の場合は、ログインし、その他の関連資料を参照してください。