アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

責任あるビジネスに関するシスコの見解

シスコでは、世界のために良いことをビジネスは目指すべきだと、これまで以上に確信しています。シスコの成功は、社員がいかに自分の仕事にやりがいを感じ、キャリアをかなえることができるかにかかっています。私たちの未来は、より多くの人々がデジタル エコノミーに参加し、繁栄することでさらに明るいものとなります。そして、持続的な成功には、私たちの最も大切な財産であるこの地球を保護しなければなりません。

シスコの優先事項

人は、やりがいを感じ、適切な機会を与えられたとき、潜在能力を引き出すことができます。

社会

社会は、すべての人がデジタル エコノミーに参加して恩恵を受けた時にさらに強固になります。

地球

シスコは、将来の世代のために、責任を持って天然資源を管理する義務があります。

就業機会と生活の向上について

シスコは、デジタル エコノミーで人々を繁栄に導こうとしています。シスコの IT 教育とキャリア形成プログラムを通じて、人々のキャリア構築、起業、世界的な問題の解決を支援していきます。

繁栄する機会

シスコは、従業員がプロフェッショナルとして成長し、人々のために世界を発展させるというシスコの使命に貢献する機会を提供します。

人々が成長し、社会に貢献する場所

個人として、また、プロフェッショナルとしての成長を重視する文化を構築すれば、人はそれにふさわしい行動を取ります。シスコは、最も働きやすい企業の 1 つとして常に評価されています。シスコの従業員が、コミュニティに対して労力や金銭面で還元すれば、その好意はおのずと外部に広まって行きます。

  • 21 年連続で Forbes の「Best Companies to Work For(最も働きやすい企業)」リストに選出されています。

  • 2017 年度は、シスコ従業員の 44 % がボランティア活動または寄付を行っています。

  • 世界で 10,000 以上の機関が、Cisco Networking Academy の IT カリキュラムを無料で利用しています。

社会全体への貢献

人権を尊重し、全員に機会を与えることは、シスコの基本原則です。それはシスコがビジネスを行う上での原則でもあります。シスコは多様性を促進し、すべてのレベルであらゆる人材を受け入れる環境の構築に努めています。シスコのサプライ チェーン全体で、安全な労働環境と倫理的な労働慣習を促進しています。 非営利団体や社会的企業を支援することで、サポートを必要としている世界中のコミュニティに奉仕しています。

ソーシャル エンパワーメント

スケーラブルな技術をベースとしたソリューションに投資して開発することで、非営利団体や社会的企業が社会によい変化をもたらす活動を始め、長期的に継続していくことを支援します。

社会にとってのメリット

シスコは、慈善事業に寄付することで、毎年数百万人を支援しています。また、人権の確保を優先しています。2017 年度は、世界で数百万の人々の状況を改善しました。

  • 2017 年度にシスコが寄付した非営利団体への助成金によって、世界で 1 億 5,400 万の人々が支援を得ています。

  • さまざまなコミュニティに、3 億 5,500 万米ドルの現金および物品を寄付しました。

  • 対象のシスコ従業員の 96 % が、2017 年度の人権研修を完了しています。

地球を守るために

シスコは、社内業務やサプライ チェーンにおける温室効果ガスの排出量を削減し、製品の耐久年数を伸ばすことで、環境への影響を最小限に抑えています。

循環型経済

原材料のムダを最小限に抑えるための取り組みを開始しました。循環型経済では、使用後も製品を破棄せず、修理して再使用することで、トータルの使用年数を伸ばしています。

持続可能性とエネルギー効率

シスコでは、事業用電力に再生可能エネルギーを使用しています。また、耐久年数が長く、少ないエネルギーで利用できる製品を設計しています。2017 年度の成果は以下の通りです。

  • シスコがグローバルで使用する電力の 80 % は再生可能エネルギーによるものです。

  • シスコ内の業務において、103 件のエネルギー効率向上プロジェクトが完了しました。

  • 11,400 トンの製品が、再利用、修理、リサイクルのためにシスコに返却されました。

人、社会、地球のために良いことを、ビジネスは目指すべきだと、かつてなく確信しています

シスコ CEO チャック・ロビンス

CSR レポート 2017

シスコの社会的責任への取り組み、優先事項、成果をご覧ください。