ソリューション設計ガイド「Cisco Validated Design」

Bring Your Own Device(BYOD)

セキュアなモバイル デバイス アクセス

エンド ユーザがデバイスを自由に選択できると同時に、IT 部門によるセキュアなアクセスとデータ保護の制御を可能にします。(PDF - 15.0 MB)

セキュアなモバイル デバイス アクセス

このビデオをご覧になるには、Adobe Flash Player(JavaScript を有効化)の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player をダウンロードする

Bring Your Own Device(BYOD)

2012 年 11 月 12 日

BYOD セキュリティの強化

シスコの BYOD アーキテクチャはセキュリティの確保とデータ損失の防止に有効です。

BYOD 設計ガイドを読む (PDF - 15.0 MB)

ここで紹介する シスコ検証済み設計ガイド(Cisco Validated Design)は、シスコ BYOD スマート ソリューションの基礎となります。BYOD ネットワークを効率良く設計、管理、および制御するための包括的な方法を提示します。シスコは、これらの課題を解決するための包括的なアーキテクチャを提供しており、エンド ユーザは好みのデバイスを自由に職場に持ち込むことができ、さらに IT 組織はセキュリティを確保してデータの損失を防止するよう制御できます。

BYOD アーキテクチャをブランチ オフィスへ拡大

アップデートされたシスコの BYOD スマート ソリューション設計ガイドは、次のような事項に関するラボ検証済みのベスト プラクティスを提供します。

  • ブランチへの BYOD の拡大
  • FlexConnect のワイヤレス設計
  • レート制限したゲスト アクセス
  • Cisco Prime Infrastructure 1.2 による管理

Cisco BYOD リファレンス設計は、ボーダレス ネットワーク設計のベスト プラクティスを基礎として構築されています。これには有線およびワイヤレスに関するものや、キャンパスやブランチ オフィス、インターネット エッジ、ホーム オフィス環境でのセキュアなモビリティに関するものが含まれます。Cisco BYOD アーキテクチャは、あらゆるデバイスの簡単かつセキュアなネットワーク アクセスを実現する重要なコンポーネントと、企業の使用ポリシーを一元的に適用できる機能を統合します。

シスコの BYOD ソリューションは、次のような課題に取り組む IT 部門を支援します。

  • デバイスの選択およびサポートの提供
  • 企業ネットワークへのセキュアなアクセスの維持
  • 新しいデバイスの追加
  • 企業の使用ポリシーの適用
  • ネットワーク上でのデバイスの可視性
  • データの保護および損失の防止
  • アクセスの無効化
  • 新しい攻撃ベクトルの回避
  • ワイヤレス LAN のパフォーマンスおよび信頼性の確保
  • 接続されているデバイスの増加の管理

お問い合わせ