FMC(固定携帯通信融合)

イントロダクション

固定電話網と携帯電話網を融合する FMC(Fixed Mobile Convergence)は、通信業界および企業コミュニティにおいて注目されているトピックです。FMC は、利用者にとってのサービスと、事業者が構築するインフラという 2 つの側面で、通信ネットワークのあり方に影響を与えます。

利用者にとっての FMC は、様々に提供されるネットワークからサービスと情報にアクセスできるということを意味します。つまり、ユーザが、どのようにサービスが提供されているのかを意識することなく、データ、音声、ビデオやその他のサービスにアクセスできるということです。現段階では、多くの FMC に関する話題が、ワン ナンバー、通話転送、番号識別など、携帯電話網と固定電話網で共通化される音声サービスの提供能力に集まっています。

通信事業者にとっての FMC は、顧客あるいは加入者にサービスを提供する市場投入プロセスに対する投資および改良の必要性を意味します。FMC により、通信事業者は、既存の有線またはケーブル事業者の固定ネットワークと、モバイル事業者が提供するモバイル ネットワークの相互利用を活用したサービスを提供できるようになります。この新しいビジネス モデルは、提供されるサービスより先にテクノロジーが必要になるため、迅速に進化させていくことが難しい部分があります。

関連資料

お問い合わせ