Cisco Catalyst 3560シリーズ

Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチ データ シート

データ シート





Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチ



製品の概要


Cisco® Catalyst® 3560 シリーズは、エンタープライズクラスの固定構成スイッチ シリーズで、ファスト イーサネット/ギガビット イーサネット構成では IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の Power over Ethernet(PoE)機能を備えています。Cisco Catalyst 3560 は、小規模なエンタープライズ向けの LAN アクセス、またはブランチ オフィスなどの環境に適した理想的なアクセス レイヤ スイッチで、IP テレフォニー、ワイヤレス アクセス、監視カメラ、ビル管理システム、リモート キオスクなどの新しい製品やアプリケーションを展開しながら、10/100/1000 と PoE 構成の両方がサポートされているために最大限の生産性と投資保護を実現します。お客様は、従来の簡単な LAN スイッチングを保持しながら、高度な QoS(Quality of Service)、レート リミット、Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)、マルチキャスト管理、高性能な IP ルーティングなど、ネットワーク全体にインテリジェントなサービスを展開できます。Cisco Network Assistant は、シスコのスイッチ、ルータ、およびワイヤレス アクセス ポイントの管理タスクを簡素化する無償アプリケーションで、Cisco Catalyst 3560 シリーズにも対応しています。Cisco Network Assistant には設定ウィザードが用意されており、統合型ネットワークやインテリジェント ネットワーク サービスを簡単に実装できます。

Cisco Catalyst 3560 は、大規模かつスケーラブルなネットワーク環境を可能にする Cisco Catalyst スイッチ ファミリに属しています。Cisco Catalyst スイッチ ファミリには、Cisco Catalyst 3560 のほかにも、Cisco Catalyst 3560-E シリーズ スイッチ、Cisco StackWise™ テクノロジー対応の Cisco Catalyst 3750 および 3750-E シリーズ スイッチ、モジュラ型の Cisco Catalyst 4500 および Catalyst 6500 スイッチなどがあります。これらのスイッチは、Cisco IOS® ソフトウェアを基盤とし、製品ファミリ全体で、業界トップのアベイラビリティ、統合されたセキュリティ、最適な展開、および管理性を実現します。

構成


Cisco Catalyst 3560 シリーズは、次のスイッチで構成されます(図 1 を参照)。

図 1 Cisco Catalyst 3560 スイッチ

図 1 Cisco Catalyst 3560 スイッチ


  • Cisco Catalyst 3560-8PC:イーサネット 10/100 ポート(PoE 対応)× 8、デュアルパーパス 10/100/1000 および SFP ポート× 1、小型フォーム ファクタ、ファンなし
  • Cisco Catalyst 3560-12PC:イーサネット 10/100 ポート(PoE 対応)× 12、デュアルパーパス 10/100/1000 および SFP ポート× 1、小型フォーム ファクタ、ファンなし
  • Cisco Catalyst 3560-24TS:イーサネット 10/100 ポート× 24、Small Form-Factor Pluggable(SFP)ベースのギガビット イーサネット ポート× 2、1 ラック ユニット(RU)
  • Cisco Catalyst 3560-48TS:イーサネット 10/100 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4、1 RU
  • Cisco Catalyst 3560-24PS:イーサネット 10/100 ポート(PoE 対応)× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 2、1 RU
  • Cisco Catalyst 3560-48PS:イーサネット 10/100 ポート(PoE 対応)× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4、1 RU
  • Cisco Catalyst 3560G-24TS:イーサネット 10/100/1000 ポート× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4、1 RU
  • Cisco Catalyst 3560G-48TS:イーサネット 10/100/1000 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4、1 RU
  • Cisco Catalyst 3560G-24PS:イーサネット 10/100/1000 ポート(PoE 対応)× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4、1 RU
  • Cisco Catalyst 3560G-48PS:イーサネット 10/100/1000 ポート(PoE 対応)× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4、1 RU

Cisco Catalyst 3560 シリーズは、IP Base ライセンスまたは IP Services ライセンスを事前にインストールした状態で購入できます。IP Base ライセンスは、高度な QoS(Quality of Service)、レート制限、ACL、基本的なスタティック ルーティングと Routing Information Protocol(RIP)によるルーティング機能などを提供します。IP Services ライセンスは、高度なハードウェアベースの IPv6 ユニキャストおよびマルチキャスト ルーティング、ポリシーベース ルーティング(PBR)などの豊富なエンタープライズクラスの機能を提供します。IP Services ライセンスを購入すれば、Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチをアップグレードして、IPv6 ルーティングにも対応できるようになります。スイッチを IP Base ライセンスから IP Services ライセンスにアップグレードする場合は、アップグレード ライセンスを使用できます。

SFP ベースの GE ポートには、Cisco 1000BASE-T、1000BASE-SX、1000BASE-LX、1000BASE-ZX、および CWDM SFP トランシーバなど、一連の SFP トランシーバを装着できます。また、これらのポートでは Cisco Catalyst 3560 SFP 相互接続ケーブルがサポートされているため、ギガビット イーサネットのポイントツーポイント接続を低コストで確立できます。

Power Over Ethernet(PoE)


Cisco Catalyst 3560 シリーズによって、Cisco IP Phone、Cisco Aironet® WLAN(ワイヤレス LAN)アクセス ポイント、または IEEE 802.3af に準拠したエンド デバイスの導入に必要な Total Cost of Ownership(TCO; 総所有コスト)を抑えることができます。Cisco Catalyst 3560 シリーズの PoE 機能により、各 PoE 対応装置へ接続する際の壁面コンセントが不要となり、IP フォンや WLAN の配置に必要となる追加の電源ケーブルのためのコストが削減されます。Cisco Catalyst 3560 の 8 ポート PoE および 24 ポート PoE 構成では、PoE が供給可能な最大 15.4 W で 8 および 24 の PoE ポートを同時にサポートし、受電装置への電源を最大限供給します。Cisco Catalyst 3560 の 12 ポート PoE 構成では、15.4 W で 8 ポート、10 W で 12 ポート、またはその間の任意の組み合わせをサポートします。また、48 ポート PoE 構成では、Cisco Catalyst Intelligent Power Management を利用することで、15.4 W で 24 ポート、7.7 W で 48 ポート、またはその間の任意の組み合わせをサポートするために必要な電力を供給できます。Cisco Catalyst 3560 スイッチと Cisco RPS 2300 冗長電源システムを組み合わせて使用することにより、内部電源装置の障害時にシステムを透過的に保護できます。さらにまた、Uninterruptible Power Supply(UPS; 無停電電源装置)システムを組み合わせて使用すれば、停電に対処することができます。これによって、音声およびデータの統合型ネットワークで使用する最大電力を確保することができます。

ギガビット イーサネット


ギガビット イーサネットは、1,000 Mbps という帯域幅を提供することにより、新たなネットワークの需要を満たし、ボトルネックを緩和してパフォーマンスを向上させるとともに、既存インフラストラクチャに対する投資収益率を高めます。現在、企業では、複数のアプリケーションを同時に実行する必要があるため、ネットワークに対する要件が高まっています。たとえば、ある従業員は、IP ビデオ会議を通じてチームの電話会議に参加し、10 MB のスプレッドシートをミーティング参加者に送信し、最新のマーケティング ビデオをブロードキャストしてチーム内で評価し、Customer Relationship Management(CRM)データベースに問い合わせて最新のリアルタイムのフィードバックを入手したりする場合が考えられます。また、これと同時に、マルチギガバイトのシステム バックアップをバックグラウンドで起動したり、最新のウイルス更新をクライアントに配布したりする場合もあります。Cisco Catalyst 3560 は、既存のカテゴリ 5 銅線ケーブルによってネットワークを 100 Mbps 以上にインテリジェントに拡大すると同時に、PoE をサポートする手段を提供し、最大限の生産性と投資保護を実現します。

ネットワークにおけるインテリジェンス


現在のネットワークは、ネットワーク エッジにおける次の 4 つの新たな展開に対処するために進化を続けています。

  • デスクトップ コンピューティング パワーの向上
  • 帯域を大量に消費するアプリケーションの導入
  • ネットワーク上の機密データの増加
  • IP フォン、WLAN アクセス ポイント、IP ビデオ カメラなど、複数のデバイス タイプの出現

このような新たな要求により、多くの既存のミッション クリティカルなアプリケーションとの間でリソースの競合が発生しています。その結果、IT 技術者は、情報やアプリケーションの配信を効果的に管理するために、ネットワークエッジを重要視しなければならなくなっています。

戦略的なビジネス インフラストラクチャとして企業がネットワークへの依存度を高めるにつれ、優れたアベイラビリティ、セキュリティ、スケーラビリティ、および制御を確保することが、これまで以上に重要になっています。お客様は、シスコのインテリジェント機能を LAN アクセスに追加することで、このような要求に対処するインテリジェントなサービスをネットワーク全体に展開し、デスクトップからコア、さらには WAN 全体にわたる一貫した対応が可能となります。

Cisco Catalyst インテリジェント イーサネット スイッチは、企業がネットワークにインテリジェントなサービスを追加して、最大の利益を実現できるようにします。ネットワーク インフラストラクチャに、時間的な制約を満たすためのハイ アベイラビリティ、成長に対応するためのスケーラビリティ、機密情報を保護するためのセキュリティ、およびトラフィックフローの差別化と制御を実現するための機能を導入することは、ネットワーク運用を最適化していくうえで必要不可欠です。

Cisco EnergyWise テクノロジー


Cisco EnergyWise は Cisco Catalyst 3560 スイッチに追加された画期的なアーキテクチャです。企業のインフラストラクチャ全体の電力消費量を削減することによって、全社的な持続可能性を推進し、世界中のビル設備で排出される温室効果ガスの総量の 50% 以上に効果を及ぼします。これは、IT 業界が排出する温室効果ガスの 2% をはるかに上回っています。企業は、Cisco EnergyWise を利用して、ネットワーク インフラストラクチャとネットワーク接続デバイスの電力消費量を測定し、特定のポリシーに従って管理できるようになります。消費電力が削減されることによって、コストの節約が可能になります。電源を必要とするすべてのデバイスが影響を受ける可能性があります。

EnergyWise はきわめてインテリジェントなネットワークベースのアプローチにより、ネットワーク デバイスとエンドポイント間の電力消費量を測定および制御するメッセージを送信します。ネットワークを利用することによって、Cisco EnergyWise で管理可能なネットワーク上のデバイスを検出し、それらの電力消費量を監視し、ビジネス ルールに従って消費電力を削減する処理を実施します。EnergyWise では独自のドメインネーミング システムを採用し、大量のデバイス セットの情報を照会して集約します。これによって、ネットワーク管理が従来よりもシンプルになります。Cisco EnergyWise の管理インターフェイスでは、ネットワークをユニファイド ファブリックとして使用し、設備およびネットワーク管理アプリケーションでエンドポイントが相互に通信できます。この管理インターフェイスは、シスコとサードパーティの管理システムを統合するために、標準の SNMP または SSL を使用します。

このネットワークが Cisco EnergyWise によって、あらゆるデバイスの電力消費の情報を収集、管理、および削減する電源コントロール プレーンのプラットフォームとして機能拡張され、その結果、全社で最適化された電力を供給し、電力料金を削減することができます。

セキュリティの拡張


Cisco Catalyst 3560 シリーズが提供するさまざまなセキュリティ機能により、企業は、重要な情報の保護、不正ユーザによるネットワークへのアクセスの回避、プライバシの保護、および中断のないシステム運用が可能となります。

Cisco Identity Based Networking Services(IBNS)により、認証、アクセス制御、およびセキュリティ ポリシー管理を行い、ネットワークの接続とリソースを保護します。Catalyst 3560 シリーズの Cisco IBNS により、不正アクセスを回避し、ユーザが指定された権限のみを取得できるようにします。IBNS は、ネットワーク アクセスをきめ細かくダイナミックに管理できるようにします。802.1X 標準および Cisco Access Control Server(ACS)を使用すると、ユーザがネットワークに接続する場所に関係なく、認証時に VLAN(仮想 LAN)または ACL をユーザに割り当てることができます。この設定により、IT 部門は、ユーザの移動性を損なわずに強力なセキュリティ ポリシーを実現し、管理上の負担も最小限に抑えることができます。

DoS 攻撃(サービス拒絶攻撃)やその他の攻撃から保護するために、ACL を使用して、送信元/宛先 MAC アドレス、IP アドレス、または TCP/UDP ポートに基づいてパケットを拒否することで、ネットワークの機密部分へのアクセスを制限できます。ACL の参照はハードウェアで行われるため、ACL ベースのセキュリティを実装しても、パフォーマンスは低下しません。

ポート セキュリティを使用すると、接続する装置の MAC アドレスに基づいてイーサネット ポートへのアクセスを制限できます。ポート セキュリティによって、スイッチ ポートに接続する装置の合計数も制限できるため、MAC フラッディング攻撃からスイッチを保護するとともに、不正なワイヤレス アクセス ポイントやハブによるリスクを緩和できます。

DHCP スヌーピングにより、信頼できないユーザ側に面したポートから DHCP 要求のみを許可する(応答は許可しない)ことで、DHCP スプーフィングを阻止できます。DHCP Interface Tracker(オプション 82)では、ホスト IP アドレス要求にスイッチ ポート ID を追加することで、IP アドレスの割り当てをきめ細かく制御できます。また、DHCP スヌーピング機能を利用すれば、ダイナミック ARP インスペクションと IP ソース ガードを使用して、IP アドレスのスプーフィングを阻止できます。

MAC アドレス通知機能を使用して、ユーザがいつどこでネットワークに接続したかがネットワーク管理者にわかるように、管理ステーションにアラートを送信できます。これにより、ネットワークをモニタして、ユーザを追跡できます。プライベート VLAN 機能は、スイッチ上のポートを隔離し、仮想パスを介してエントリ ポイントから集約装置に直接トラフィックを送信し、別のポートに接続できないようにします。

Secure Shell(SSH)Protocol Version 2、Kerberos、および Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)バージョン 3(SNMPv3)は、管理情報やネットワーク管理情報を暗号化して、改ざんや傍受からネットワークを保護します。TACACS+ または RADIUS 認証により、スイッチへのアクセスを一元管理して、不正ユーザが設定を変更できないようにします。また、ローカル ユーザ名およびパスワード データベースをスイッチ自体で設定することもできます。スイッチ コンソールに設定された 15 種類の許可レベル、および Web ベースの管理インターフェイスに設定された 2 種類のレベルにより、各管理者に個別の設定レベルを与えることができます。

アベイラビリティとスケーラビリティ


Cisco Catalyst 3560 シリーズは、IP ルーティングにおけるネットワークのスケーラビリティとより優れたアベイラビリティを実現するための安定したフィーチャ セットを備えるとともに、Spanning-Tree Protocol(STP; スパニングツリー プロトコル)拡張機能を完全にサポートすることによって、レイヤ 2 ネットワークにおけるアベイラビリティを最大限に確保します。

Cisco Catalyst 3560 スイッチは、パフォーマンスの高いハードウェアベースの IP ルーティングを提供します。Cisco Express Forwarding(CEF)ベースのルーティング アーキテクチャにより、スケーラビリティおよびパフォーマンスが向上します。このアーキテクチャでは、将来のニーズに対応するために必要となる安定性とスケーラビリティを確保しながら、きわめて高速な検索が可能です。Cisco Catalyst 3560 シリーズは、ダイナミック IP ユニキャスト ルーティング機能に加えて、マルチキャスト サポートが必要なネットワークのための要件も完備しています。ハードウェアでの Protocol Independent Multicast(PIM)および Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピングをサポートするため、Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチは、集中的なマルチキャスト環境に最適です。

コアへのルーテッド アップリンクが実装されているため、ネットワークのアベイラビリティが向上します。これは、すべての STP インスタンスを集約スイッチで終端することで、フェールオーバー保護がより高速になり、STP アルゴリズムが簡素化されるためです。アップリンクの 1 つに障害が発生すると、標準の STP コンバージェンスに依存するのではなく、Open Shortest Path First(OSPF)または Enhanced IGRP などのスケーラブルなルーティング プロトコルにより、冗長アップリンクへのフェールオーバーがより迅速に行われます。リンク障害発生後にルーティング プロトコルを使用してパケットをリダイレクトすることで、レイヤ 2 スパニングツリー拡張機能を使用するよりも迅速なフェールオーバーが実現します。また、ルーテッド アップリンクでは、アップリンクの Equal Cost Routing(ECR)によってロード バランシングが行われることで、帯域幅をより有効に利用できます。ルーテッド アップリンクは、ネットワーク バックボーンに対する不要なブロードキャスト データ フローを排除して、LAN アクセスからのアップリンクの利用を最適化します。

Cisco Catalyst 3560 をマルチキャスト環境でワイヤリング クローゼット スイッチとして使用すると、帯域幅を大幅に節約することもできます。ネットワーク コアへのルーテッド アップリンクを使用することで、アップストリームのコンテンツ サーバから LAN アクセス スイッチに同じマルチキャストのストリームを複数送信する必要がなくなります。たとえば、ワイヤリング クローゼット スイッチがルーテッド アップリンクに対応していない環境では、3 人のユーザが 3 つの異なる VLAN に割り当てられており、さらに全員が ABC というマルチキャストを視聴したい場合、3 つのマルチキャスト ABC ストリームをアップストリームのルータからワイヤリング クローゼット スイッチに送信する必要があります。Cisco Catalyst 3560 スイッチによるコアへの IP ルーティングを使用すると、マルチキャスト機能の充実した、スケーラブルなネットワークを作成できます。Cisco IP Services ライセンスは、IPv4 および IPv6 同時転送のサポートを含む、IPv6 ルーティングを提供します。IPv6 プロトコルのサポートには OSPFv3 と EIGRPv6 が含まれます。IPv6 管理および MLD スヌーピングは、Cisco Catalyst 3560 ソフトウェア イメージすべてでサポートされます。

Per-VLAN Spanning-Tree Plus(PVST+)、UplinkFast、PortFast など、標準の STP への機能強化により、ネットワークの稼働時間が最大になります。PVST+ により、レイヤ 2 の負荷を冗長リンク上に分散できるため、冗長設計に本来備わっている余剰の容量を効率的に利用できます。UplinkFast、PortFast、および BackboneFast はいずれも、30 〜 60 秒の標準的な STP コンバージェンス時間を大幅に短縮します。ループ ガードおよび Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)ガードによって、STP ループの発生を防ぎます。

高度な QoS


Cisco Catalyst 3560 には、優れたきめ細かいマルチレイヤ QoS 機能が備わっており、ネットワーク トラフィックを分類して優先順位を付け、最善の方法で輻輳を回避できます。Automatic QoS(Auto QoS)を使用すると、QoS を非常に簡単に設定できます。Auto QoS は、Cisco IP Phone を検出し、適切な分類および出力キューイングに合わせてスイッチを自動的に設定する機能です。これにより、複雑な設定を行わなくても、トラフィックの優先順位とネットワーク アベイラビリティを最適化できます。

Cisco Catalyst 3560 では、着信パケットの分類、再分類、ポリシング、マーキング、キューイング、スケジューリングが可能であり、出力時にはパケットのキューイングおよびスケジューリングが可能です。パケット分類を使用すると、ネットワーク エレメントでは、さまざまなトラフィック フローを分類し、レイヤ 2 およびレイヤ 3 の QoS フィールドに基づいてポリシーを実行できます。

QoS を実装するために、Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチは、まずトラフィック フローまたはパケット グループを識別し、Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)フィールドまたは 802.1p Class of Service(CoS; サービス クラス)フィールドを使用して、これらのグループを分類または再分類します。分類や再分類には、送信元/宛先 IP アドレス、送信元/宛先 MAC アドレス、またはレイヤ 4 TCP/UDP ポートが基準として使用されます。Cisco Catalyst 3560 は入力時にも、ポリシングによるパケットの適合性の判断、分類ラベルの変更のマーキング、不適合パケットの許可または廃棄、分類に基づくパケットのキューイングを行います。すべてのポートでコントロール プレーンおよびデータ プレーン ACL がサポートされており、パケットごとに適切な処理が行われるようにします。

Cisco Catalyst 3560 はポートごとに 4 つの出力キューをサポートしているため、ネットワーク管理者は、LAN 上のさまざまなアプリケーションにプライオリティを割り当てる際に、より細かく具体的に指定できます。出力時に、スイッチはスケジューリングおよび輻輳制御を実行します。スケジューリングは、キューが処理される順序を決定するアルゴリズムまたはプロセスです。Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチは、Shaped Round Robin(SRR)および完全優先キューイングをサポートしています。SSR アルゴリズムにより、優先順位を区別することができます。

上記の QoS 機能を利用すると、ネットワーク管理者は、FTP や E メールなどの時間的な制約が少ないアプリケーションよりも、Oracle などの ERP(Enterprise Resource Planning)、音声(IP テレフォニー トラフィック)、コンピュータ支援設計および製造(CAD/CAM)など、帯域を大量に消費するミッションクリティカルなトラフィックに高い優先順位を付けることができます。たとえば、ワイヤリング クローゼット スイッチ上のあるポートに大きなファイルをダウンロードすることによって、このスイッチ上の別のポートで音声トラフィックの遅延が増加するなどの品質面での影響が生じるのは、非常に望ましくないことです。この状態は、ネットワーク全体でその音声トラフィックが正しく分類および優先順位付けされるようにすることで、回避できます。Web 閲覧などのその他のアプリケーションはプライオリティが低いとみなされ、ベスト エフォートでの処理が行われます。

Cisco Catalyst 3560 シリーズは、Cisco Committed Information Rate(CIR)機能のサポートによりレート リミットを実行できます。CIR により、8 kbps 単位で帯域幅を保証できます。帯域幅は、送信元 MAC アドレス、宛先 MAC アドレス、送信元 IP アドレス、宛先 IP アドレス、TCP/UDP ポート番号など、複数の基準に基づいて割り当てられます。帯域幅の割り当ては、サービスレベル アグリーメントを必要とするネットワーク環境や、ネットワーク マネージャが特定のユーザに付与される帯域幅を制御する必要がある場合に不可欠です。

管理


新しい Cisco Express Setup 機能により、スイッチの初期設定が簡素化されます。ユーザは、Web ブラウザを使用してスイッチを設定することもできます。このため、複雑な端末エミュレーション プログラムの使用やコマンドライン インターフェイスの知識は必要ありません。Cisco Express Setup は、不慣れなユーザでもスイッチを迅速かつ簡単に設定できるようにすることで、スイッチの構成に必要なコストを削減します。

Cisco Network Assistant は、PC ベースのネットワーク管理アプリケーションで、最大 250 ユーザを有する中堅・中小企業の LAN 向けに最適化されています。Cisco Network Assistant は、シスコのスイッチ、ルータ、および WLAN アクセス ポイントを一元管理します。Cisco Catalyst 2950 から Cisco Catalyst 4506 まで、さまざまな Cisco Catalyst インテリジェント スイッチをサポートします。わかりやすい GUI により、ユーザはさまざまなスイッチ機能を設定および管理して、シスコのルータおよびワイヤレス アクセス ポイントのデバイス マネージャを起動できます。マウスを数回クリックするだけで、詳細な設計ガイドを利用せずに、シスコが推奨するセキュリティ、アベイラビリティ、および QoS 機能を実装できます。セキュリティ ウィザードは、機密データを持つサーバへの不正アクセスを自動的に制限します。Smartports とウィザードは、ネットワーク管理者の時間を節約して、人為的なエラーを回避し、これらのアプリケーションに合わせてスイッチの設定が最適化されるようにします。Cisco Network Assistant は Cisco.com から無償でダウンロードできます。

Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチでは、Cisco Network Assistant のほかにも、CiscoWorks LAN Management Solution(LMS)などの SNMP ネットワーク管理プラットフォームを使用して、幅広い管理を行うことができます。LMS は強力な管理ツール スイートで、シスコ ネットワークの設定、管理、モニタリング、およびトラブルシューティングを簡素化します。LMS は、こうした機能を卓越したソリューションに統合して、運用スタッフの作業に関わる精度と効率を向上させるだけでなく、ネットワークの全体的な可用性も増大させます。LMS は、400 以上のデバイス タイプをサポートし、次の機能を提供します。

  • ネットワーク検出、トポロジ ビュー、エンドステーション追跡、および VLAN 管理
  • 簡単に導入できるデバイス固有のベスト プラクティス テンプレートを使用した、ネットワーク障害のリアルタイム分析
  • ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント管理、中央集中型設定ツール、および Syslog モニタリング
  • ネットワークの応答時間とアベイラビリティの監視および追跡
  • デバイス、リンク、およびポート トラフィックのリアルタイム管理、分析、および報告

Cisco Catalyst 3560 SFP 相互接続ケーブル


Cisco Catalyst 3560 SFP 相互接続ケーブル(図 2 を参照)は、Cisco Catalyst 3560 スイッチ間のポイントツーポイント ギガビット イーサネット接続を低コストで実現します。SFP ポートを経由して Cisco Catalyst 3560 スイッチ同士を短距離で相互接続する場合、この 50 cm のケーブルを SFP トランシーバの代わりに使用できます。

図 2 Cisco Catalyst 3560 SFP 相互接続ケーブル

図 2 Cisco Catalyst 3560 SFP 相互接続ケーブル


表 1 に、Cisco Catalyst 3560 シリーズの機能と利点を示します。表 2 にハードウェア仕様、表 3 に電源仕様を示します。さらに、表 4 に管理および標準のサポート、表 5 に安全性および適合規格に関する情報を示します。

表 1 Cisco Catalyst 3560 シリーズの機能と利点

機能 利点
使用と導入の容易さ
  • Cisco Express Setup を使用すると、Web ブラウザによる初期設定が簡素化されます。複雑な端末エミュレーション プログラムや CLI の知識は必要ありません。
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE は自動検出をサポートしており、ユーザが設定しなくても、シスコ先行標準または IEEE 802.3af のエンドポイントを検出して必要な電力を提供します。
  • ブート サーバによって複数のスイッチの DHCP を自動的に設定できるため、スイッチを容易に展開できます。
  • Automatic QoS(Auto QoS)では、インターフェイス コマンドおよびグローバル スイッチ コマンドの発行により、Cisco IP Phone の検出、トラフィックの分類、および出力キューの設定ができるので、Voice over IP(VoIP)ネットワークにおける QoS 設定が簡素化されます。
  • 個々の 10/100 ポートには自動検知機能があり、接続デバイスの速度を検出して 10 Mbps または 100 Mbps の動作を自動設定します。これにより、10 Mbps と 100 Mbps が混在する環境でも、スイッチを容易に展開できます。
  • 全ポートでサポートされている自動ネゴシエーション機能により、半二重または全二重伝送モードが自動的に選択され、帯域幅が最適化されます。
  • Dynamic Trunking Protocol(DTP; ダイナミック トランキング プロトコル)により、すべてのスイッチ ポート間でダイナミックなトランク設定を実行できます。
  • Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)は、Cisco Fast EtherChannel® グループまたは Gigabit EtherChannel グループを自動的に作成し、別のスイッチ、ルータ、またはサーバにリンクします。
  • Link Aggregation Control Protocol(LACP)により、IEEE 802.3ad に準拠したデバイスを使用して、イーサネット チャネリングを作成できます。この機能は、Cisco EtherChannel テクノロジーおよび PAgP に類似しています。
  • DHCP サーバにより、専用の DHCP サーバがないネットワークで IP アドレスを割り当てるときに、便利な設定オプションを使用できます。
  • DHCP Relay は、DHCP リレー エージェントがネットワーク DHCP サーバに対して DHCP 要求をブロードキャストできる機能です。
  • 現場交換可能な SFP モジュールによる IEEE 802.3z 準拠 1000BASE-SX、1000BASE-LX/LH、1000BASE-ZX、1000BASE-T、および Coarse Wavelength Division Multiplexing(CWDM; 低密度波長分割多重)物理インターフェイスのサポートにより、スイッチをきわめて柔軟に展開できます。
  • Cisco Catalyst 3560 SFP 相互接続ケーブルのサポートによって、Catalyst 3560 シリーズ スイッチ間のポイントツーポイント ギガビット接続を低コストで容易に実現できます。
  • フラッシュ メモリに格納されたデフォルト コンフィギュレーションにより、最小限のユーザ操作でスイッチを迅速にネットワークに接続し、トラフィックを転送できます。
  • Automatic Media-Dependent Interface Crossover(Auto-MDIX)により、10/100 ポートに取り付けられたケーブルのタイプ(クロスまたはストレート)が不適切な場合、送受信ペアが自動的に調整されます。
  • Time Domain Reflectometer(TDR; タイム ドメイン反射率計)により、銅線イーサネット 10/100/1000 ポート上のケーブル配線の問題を診断して、解決できます。
Cisco EnergyWise
  • Cisco EnergyWise は、企業インフラストラクチャ全体の電力消費量を測定し、報告し、削減することで、IT 業界の削減目標を上回る温室効果ガス排出量を抑制し、運用コストを最適化します。
アベイラビリティとスケーラビリティ
高い冗長性による障害回復
  • Cisco UplinkFast/BackboneFast テクノロジーによって迅速なフェールオーバー リカバリが保証され、ネットワークの安定性と信頼性が全般的に向上します。
  • IEEE 802.1w Rapid Spanning Tree Protocol(RSTP; 高速スパニング ツリー プロトコル)により、スパニングツリー タイマーに関係なく高速スパニング ツリー コンバージェンスがサポートされ、分散処理のメリットが得られます。
  • Per-VLAN Rapid Spanning Tree Plus(PVRST+)により、スパニング ツリー インスタンスを実装しなくても、VLAN 単位のスパニング ツリーごとに、高速スパニング ツリー再コンバージェンスがサポートされます。
  • Cisco Hot Standby Router Protocol(HSRP)のサポートにより、冗長なフェールセーフ ルーティング トポロジを作成できます。
  • Cisco Network Assistant ソフトウェアでコマンド スイッチの冗長設定を有効にすると、プライマリ コマンド スイッチの障害時にクラスタ管理機能を引き継ぐバックアップ コマンド スイッチを指定できます。
  • Unidirectional Link Detection Protocol(UDLD; 単方向リンク検出プロトコル)およびアグレッシブ UDLD により、スパニング ツリー ループなどの問題を防ぐために、単方向リンクを検出して無効にできます。
  • スイッチ ポートの自動回復機能(errdisable)により、ネットワーク エラーで無効になったリンクに対して、自動的に再有効化が試行されます。
  • Cisco RPS 2300 のサポートにより、内部電源の優れた冗長性が実現されるため、耐障害性およびネットワーク アップタイムが向上します。
  • Equal Cost Routing(ECR; 等コスト ルーティング)により、ロード バランシングおよび冗長性が得られます。
  • Cisco Gigabit EtherChannel テクノロジーでは最大 8 Gbps、Cisco Fast EtherChannel テクノロジーでは最大 800 Mbps の帯域幅を集約できるため、耐障害性が向上し、スイッチ間、ルータ、および個々のサーバに対して、より高速の集約帯域幅が提供されます。
高性能な IP ルーティング
  • Cisco Express Forwarding(CEF)ハードウェア ルーティング アーキテクチャにより、きわめて高性能な IP ルーティングが提供されます。
  • 小規模なネットワーク ルーティング アプリケーション向けに、基本的な IP ユニキャスト ルーティング プロトコル(スタティック、RIPv1、RIPv2、RIPng)がサポートされています。
  • 高度な IP ユニキャスト ルーティング プロトコル(OSPF、Interior Gateway Routing Protocol(IGRP)、EIGRP、Border Gateway Protocol Version 4(BGPv4)、IS-ISv4)のサポートにより、ロード バランシングとスケーラブルな LAN 構築が実現されます(IP Services ライセンスが必要です)。
  • IPv6 ルーティング機能(OSPFv3、EIGRPv6)がサポートされます(IP Services ライセンスが必要です)。
  • Policy Based Routing(PBR; ポリシーベース ルーティング)により、ルーティング プロトコルの設定に関係なくフローをリダイレクトできるので、高度な制御が可能です。
  • VLAN 間 IP ルーティングにより、複数の VLAN 間に完全なレイヤ 3 ルーティングを実装できます。
  • IP マルチキャスト ルーティングの Protocol Independent Multicast(PIM)がサポートされています。PIM には、PIM Sparse Mode(PIM-SM; PIM 希薄モード)、PIM Dense Mode(PIM-DM; PIM 稠密モード)、および PIM Sparse-Dense Mode(PIM-SDM; PIM 稠密希薄モード)があります。(IP Services ライセンスが必要です)。
  • フォールバック ブリッジングにより、複数の VLAN 間で非 IP トラフィックを転送できます。
Cisco IOS ソフトウェアの統合された機能による帯域幅の最適化
  • ポート単位のブロードキャスト、マルチキャスト、およびユニキャストのストーム制御により、エンドステーションの障害によってシステム全体のパフォーマンスが低下することを防止できます。
  • 冗長バックボーン接続とループフリー ネットワークに対する IEEE 802.1d スパニング ツリー プロトコルのサポートにより、ネットワーク構成が簡素化され、耐障害性が向上します。
  • PVST+ を使用すると、冗長リンク上でレイヤ 2 ロード シェアリングを実行できるので、冗長設計による追加のキャパシティを効率的に使用できます。
  • IEEE 802.1s Multiple Spanning Tree Protocol(MSTP)により、VLAN 単位のスパニング ツリー インスタンスが可能になり、冗長リンク上でレイヤ 2 ロード シェアリングを実行できます。
  • ECR により、ロード バランシングおよび冗長性が得られます。
  • VPN Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)-Lite により、サービス プロバイダーは、IP アドレスをオーバーラップして複数の VPN をサポートできます。
  • ローカル プロキシ Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)とプライベート VLAN エッジの連携により、ブロードキャストを最小限に抑えて、使用可能な帯域幅を最大限まで確保できます。
  • VLAN1 最小化により、任意の VLAN トランク リンク上で VLAN1 を無効に設定できます。
  • VLAN Trunking Protocol(VTP)プルーニングにより、宛先デバイスに到達するために必要なトランク リンクにのみブロードキャスト トラフィックをフラッディングすることで、VTP トランクでの帯域幅消費を抑制できます。
  • IPv4 および IPv6 MLD v1 および v2 スヌーピング用の Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピングにより、マルチキャスト ストリームへのクライアントの迅速な加入と脱退が可能になり、帯域幅を大量に消費するビデオ トラフィックを要求元だけに配信できます。
  • IGMP フィルタリングにより、非加入者を除外し、同時に使用できるマルチキャスト ストリーム数をポート単位で制限することによって、マルチキャスト認証を実行できます。
  • Multicast VLAN Registration(MVR; マルチキャスト VLAN レジストレーション)により、マルチキャスト VLAN にマルチキャスト ストリームを継続的に送信しながら、これらのストリームを加入者 VLAN から切り離すことで、帯域幅とセキュリティを維持できます。
QoS と制御
高度な QoS
  • 標準 802.1p CoS および DSCP フィールドの分類は、パケットごとのマーキングおよび再分類によって行われます。分類には、送信元/宛先 IP アドレス、送信元/宛先 MAC アドレス、またはレイヤ 4 TCP/UDP ポート番号が基準として使用されます。
  • すべてのポートでシスコのコントロールプレーンおよびデータプレーン QoS ACL がサポートされるので、パケット単位で適切なマーキングを実行できます。
  • ポート単位の 4 つの出力キューにより、最大 4 種類のトラフィックを区別して管理できます。
  • SRR スケジューリングにより、入力キューと出力キューにインテリジェントなサービスを行うことで、パケット フローの差別化による優先順位付けを行います。
  • Weighted Tail Drop(WTD)により、ネットワークが中断される前に、入力キューと出力キューの輻輳を回避できます。
  • 完全優先キューイングにより、最高の優先度を持つパケットが他のすべてのトラフィックよりも優先的に処理されます。
  • 高度で詳細な QoS 機能を実装しても、パフォーマンスに影響することはありません。
きめ細かいレート リミット
  • Cisco Committed Information Rate(CIR; 認定情報レート)機能により、帯域幅を 8 Kbps 単位で調整できます。
  • QoS ACL(IP ACL または MAC ACL)、クラス マップ、およびポリシー マップを使用し、送信元/宛先 IP アドレス、送信元/宛先 MAC アドレス、レイヤ 4 TCP/UDP 情報、またはこれらのフィールドの任意の組み合わせに基づいて、レート制限を適用できます。
  • 入力ポリシングおよび出力シェーピングを使用して、エンド ステーションからの、またはアップリンク上のアップストリームおよびダウンストリームの非同期データ フローを簡単に管理できます。
  • ファスト イーサネット ポートまたはギガビット イーサネット ポート単位で、最大 64 の集約ポリサーまたは個別のポリサーを使用できます。
セキュリティ
ネットワーク全体の セキュリティ機能
  • IEEE 802.1x により、ダイナミックなポートベースのセキュリティを実現し、ユーザ認証を実行できます。
  • IEEE 802.1x と VLAN 割り当てを使用することで、ユーザが接続する場所に関係なく、特定のユーザに VLAN をダイナミックに割り当てられます。
  • IEEE 802.1X と音声 VLAN により、ポートの許可状態に関係なく、IP フォンから音声 VLAN にアクセスできます。
  • IEEE 802.1X とポート セキュリティにより、ポートを認証し、クライアントの MAC アドレスを含むすべての MAC アドレスについてネットワーク アクセスを管理できます。
  • IEEE 802.1x と ACL 割り当てにより、ユーザが接続する場所に関係なく、特定のアイデンティティベースのセキュリティ ポリシーを適用できます。
  • IEEE 802.1x とゲスト VLAN により、802.1x クライアントを持たないゲストに対して、ゲスト VLAN への制限されたネットワーク アクセスを許可できます。
  • 非 802.1x クライアント用の Web 認証により、非 802.1x クライアントは SSL ベースのブラウザを認証に使用できます。
  • マルチドメイン認証により、同一スイッチ ポート上で IP フォンおよび PC の認証が可能になるだけでなく、これらの IP フォンおよび PC を適切な音声 VLAN およびデータ VLAN に割り当てることができます。
  • 音声用の MAC Auth Bypass(MAB)により、802.1x サプリカントを持たないサードパーティ製 IP フォンを、MAC アドレスを使用して認証できます。
  • シスコのセキュリティ VLAN ACL(VACL)をすべての VLAN に実装することにより、不正なデータ フローが VLAN 内でブリッジされるのを防止できます。
  • シスコの標準および拡張 IP セキュリティ ルータ ACL(RACL)により、コントロールプレーンおよびデータプレーン トラフィック用のルーテッド インターフェイスに対するセキュリティ ポリシーを定義できます。
  • レイヤ 2 インターフェイスのポートベース ACL(PACL)により、個々のスイッチ ポートにセキュリティ ポリシーを適用できます。
  • ユニキャスト MAC フィルタリングにより、MAC アドレスが一致する任意の種類のパケットの転送を遮断できます。
  • 不明なユニキャストおよびマルチキャスト ポートのブロッキングにより、スイッチが転送方法を学習していないパケットをフィルタリングすることで、厳密な制御が可能です。
  • SSHv2、Kerberos、および SNMPv3 は、Telnet セッションや SNMP セッションで管理者トラフィックを暗号化することで、ネットワーク セキュリティを強化します。SSHv2、Kerberos、および SNMPv3 の暗号化バージョンには、米国の輸出規制により、特別な暗号用ソフトウェア イメージが必要です。
  • プライベート VLAN エッジは、スイッチ上のポート間を分離してセキュリティを提供し、ユーザが他のユーザのトラフィックをスヌーピングできないようにします。
  • プライベート VLAN では、トラフィックをレイヤ 2 で分離し、ブロードキャスト セグメントを非ブロードキャスト マルチアクセスのようなセグメントに変換することで、共通のセグメント内のホスト間トラフィックを制限できます。
  • Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)ポートでの双方向データのサポートにより、侵入者が検知された場合に、Cisco Secure Intrusion Detection System(IDS; 侵入検知システム)による処理を実行できます。
  • TACACS+ および RADIUS 認証により、スイッチを集中管理し、無許可のユーザによる設定変更を防止できます。
  • MAC アドレス通知により、ネットワークで追加または削除されたユーザを管理者に通知できます。
  • Dynamic ARP Inspection(DAI; ダイナミック ARP インスペクション)により、性質上安全性の低い ARP プロトコルが悪意のあるユーザによって悪用されるのを防止し、ユーザの整合性を確保できます。
  • DHCP スヌーピングにより、管理者は、IP と MAC アドレスのマッピングの一貫性を確保できます。これは、DHCP バインディング データベースへの攻撃を防ぎ、スイッチ ポートに入る DHCP トラフィック量にレート リミットを適用するために使用されます。
  • IP ソース ガードにより、クライアントの IP アドレス、MAC アドレス、ポート、および VLAN 間のバインディング テーブルを作成することで、悪意のあるユーザが他のユーザの IP アドレスをスプーフィングまたは利用することを防止します。
  • DHCP インターフェイス トラッカー(オプション 82)機能により、ホスト IP アドレス要求にスイッチ ポート ID が付加されます。
  • ポート セキュリティにより、アクセス ポートまたはトランク ポートへのアクセスを MAC アドレスに基づいて保護できます。
  • 一定時間が経過すると、エージング機能によってスイッチから MAC アドレスが削除されるため、別のデバイスを同じポートに接続できるようになります。
  • 信頼境界機能は、IP フォンが存在する場合には QoS プライオリティ設定を信頼し、IP フォンが削除された場合には信頼設定を無効にします。これにより、悪意のあるユーザがネットワークの優先順位付けポリシーを上書きできないようにします。
  • コンソール アクセスに対して多段階のセキュリティ対策を講じることで、不正ユーザによるスイッチ設定の変更を防止します。
  • ユーザ選択可能なアドレス ラーニング モードにより、設定を簡素化し、セキュリティを強化できます。
  • BPDU ガードは、BPDU を受信するとスパニング ツリー プロトコル PortFast 対応のインターフェイスをシャットダウンして、予期せぬトポロジ ループを防止します。
  • Spanning Tree Root Guard(STRG)は、ネットワーク管理者の制御下にないエッジ デバイスが STP ルート ノードになることを防止します。
  • IGMP フィルタリングにより、非加入者を除外し、同時に使用できるマルチキャスト ストリーム数をポート単位で制限することによって、マルチキャスト認証を実行できます。
  • VLAN Membership Policy Server(VMPS; VLAN メンバシップ ポリシー サーバ)クライアント機能の実装により、ダイナミック VLAN の割り当てがサポートされるので、VLAN に対してポートを柔軟に割り当てられます。ダイナミック VLAN により、IP アドレスを迅速に割り当てることができます。
  • Cisco Network Assistant ソフトウェアのセキュリティ ウィザードにより、サーバおよびネットワークの一部または全体へのユーザ アクセスを制限するセキュリティ機能を、容易に設定できます。
  • ACE(アクセス コントロール エントリ)を 2,000 個までサポートします。
管理機能
優れた管理機能
  • Cisco IOS CLI のサポートにより、すべてのシスコ製ルータと Cisco Catalyst デスクトップ スイッチに対して共通のユーザ インターフェイスとコマンド セットを提供します。
  • Cisco Discovery Protocol バージョン 2(CDPv2)により、Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチを、IP フォンやアクセス ポイントなどのシスコ製受電装置と接続している場合に、IEEE 分類よりもきめ細かな電力設定が可能になります。
  • PoE MIB により、電力使用状況を予防的に確認し、異なる電力レベルしきい値を設定できます。
  • アクセス、ルーティング、および VLAN 導入用のスイッチング データベース マネージャ テンプレートにより、管理者は展開に固有の要件に基づいて、必要な機能に最大限のメモリを容易に割り当てられます。
  • Generic On-Line Diagnostic(GOLD)は、ハードウェア コンポーネントをチェックし、システムの実行時および起動時に、データ プレーンおよびコントロール プレーンが正常に動作しているかを確認します。
  • VLAN トランクは、標準ベースの 802.1Q タギングまたは Cisco Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク)VLAN アーキテクチャを使用して、任意のポートから作成できます。
  • 最大 1,024 の VLAN、およびスイッチごとに最大 128 のスパニング ツリー インスタンスをサポートします。
  • 4,000 の VLAN ID をサポートしています。
  • 音声 VLAN により音声トラフィックを個別の VLAN で維持することによって、テレフォニーの導入が簡素化され、管理およびトラブルシューティングが容易になります。
  • Cisco VTP により、すべてのスイッチ間でダイナミック VLAN とダイナミック トランクの設定がサポートされます。
  • IGMPv3 スヌーピングにより、マルチキャスト ストリームへのクライアントの迅速な加入と脱退が可能になり、帯域幅を大量に消費するビデオ トラフィックを要求元だけに配信できます。
  • Remote SPAN(RSPAN; リモート スイッチド ポート アナライザ)により、管理者はレイヤ 2 スイッチ ネットワーク上のポートを、同じネットワーク上の他のスイッチからリモートで監視できます。
  • トラフィックの管理、モニタリング、および分析を向上させるために、Embedded Remote Monitoring(RMON; リモート モニタリング)ソフトウェア エージェントは、4 つの RMON グループ(履歴、統計、アラーム、イベント)をサポートしています。
  • レイヤ 2 traceroute により、パケットが送信元から宛先までの物理パスを特定し、トラブルシューティングに役立てることができます。
  • 1 つの SPAN ポートで 9 つすべての RMON グループがサポートされるので、単一のネットワーク アナライザまたは RMON プローブから単一のポートおよびポート グループのトラフィックを監視できます。
  • Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)により、ユーザが定義したデバイス名で IP アドレスを解決できます。
  • Trivial File Transfer Protocol(TFTP; トリビアル ファイル転送プロトコル)を使用して中央ロケーションからダウンロードすることにより、ソフトウェア アップグレードの管理コストを削減できます。
  • Network Timing Protocol(NTP)により、イントラネット内のすべてのスイッチに対して、正確で一貫したタイムスタンプが提供されます。
  • ポート ステータス、半二重/全二重モード、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T を表示するポート単位のマルチファンクション LED と、システム、冗長電源装置、および帯域幅使用の状態を示すスイッチレベルのステータス LED により、目視で確認できる総合的で便利な管理システムが提供されます。
Cisco Network Assistant ソフトウェア
  • Cisco Network Assistant は、最大 250 ユーザのネットワークの管理を簡素化する、無償の Windows ベース アプリケーションです。Cisco Catalyst 2950 から Cisco Catalyst 4506 まで、さまざまな Cisco Catalyst インテリジェント スイッチをサポートします。Cisco Network Assistant では、Cisco Catalyst スイッチを管理できるほか、Cisco Integrated Services Router(ISR; サービス統合型ルータ)および Cisco Aironet WLAN アクセス ポイントを起動できます。
  • 使いやすいグラフィカル インターフェイスに、トポロジ マップおよびスイッチ前面パネル ビューの両方が表示されます。
  • Cisco Architecture for Voice, Video and Integrated Data(AVVID)ウィザードは、数回のユーザ入力だけで、さまざまなタイプのトラフィック(音声、ビデオ、マルチキャスト、およびプライオリティの高いデータ)を最適に処理するよう、スイッチを自動的に設定します。
  • セキュリティ ウィザードでは、アプリケーション、サーバ、およびネットワークへの不正アクセスを制限できます。
  • Cisco Catalyst スイッチ上の Cisco IOS ソフトウェアは、ワンクリック アップグレードにより、ポイント アンド クリックの簡単な操作だけでアップグレードできます。
  • Cisco Network Assistant は、ルーティング プロトコル、ACL、QoS パラメータなど、マルチレイヤ機能の設定をサポートしています。
  • マルチデバイスおよびマルチポートの設定機能により、管理者は複数のスイッチおよびポートの機能を同時に設定できるので、時間を節約できます。
  • ユーザ設定可能なインターフェイスにより、ポーリング インターバル、テーブル ビュー、その他の設定を変更できます。
  • アラーム通知により、ネットワーク エラーおよびアラームしきい値に関する E メール通知が自動配信されます。
Cisco Express Setup
  • Cisco Express Setup を使用すると、Web ブラウザによるスイッチの初期設定が簡素化されます。複雑な端末エミュレーション プログラムや CLI の知識は必要ありません。
  • Web インターフェイスを使用すると、不慣れなユーザでもスイッチを迅速かつ簡単に設定できるため、スイッチの構成に必要なコストを削減できます。
CiscoWorks のサポート
  • CiscoWorks ネットワーク管理ソフトウェアは、ポート単位およびスイッチ単位での管理機能を提供します。シスコ製のルータ、スイッチ、およびハブに対して共通の管理インターフェイスを提供します。
  • SNMP v1、v2c、v3、および Telnet インターフェイスのサポートによって、総合的なインバンド管理が提供されます。また、CLI ベースの管理コンソールによって、詳細なアウトバンド管理が提供されます。
  • Cisco Discovery Protocol(CDP)バージョン 1 および 2 を使用すると、CiscoWorks ネットワーク管理ステーションがスイッチを自動的に検出できます。
  • CiscoWorks LAN Management Solution は、Cisco Catalyst 3560 シリーズをサポートします。

表 2 Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチのハードウェア

説明 仕様
パフォーマンス
  • 転送帯域幅:32 Gbps
  • 64 バイト パケットのパケット転送レート:
  • 38.7 Mpps(Cisco Catalyst 3560G-48TS、Catalyst 3560G-48PS、Catalyst 3560G-24TS、Catalyst 3560G-24PS)
  • 13.1 Mpps(Cisco Catalyst 3560-48TS、Catalyst 3560-48PS)
  • 6.5 Mpps(Cisco Catalyst 3560-24TS、Catalyst 3560-24PS)
  • 3.2 Mpps(Cisco Catalyst 3560-12PC)
  • 2.7 Mpps(Cisco Catalyst 3560-8PC)
  • 128 MB DRAM
  • 32 MB のフラッシュ メモリ(Cisco Catalyst 3560G-24TS、Catalyst 3560G-24PS、Catalyst 3560G-48TS、Catalyst 3560G-48PS、Catalyst 3560-24TS、Catalyst 3560-48TS、Catalyst 3560-8PC)
  • 16 MB のフラッシュ メモリ(Cisco Catalyst 3560-48PS、Catalyst 3560-24PS)
  • 最大 12,000 の MAC アドレスを設定可能
  • 最大 11,000 のユニキャスト ルートを設定可能
  • 最大 1,000 の IGMP グループおよびマルチキャスト ルートを設定可能
  • ギガビット イーサネット ポート上のブリッジング用に最大 9,018 バイトのイーサネット フレーム サイズ(ジャンボ フレーム)による最大 9,000 バイトの Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)、10/100 ポート上の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)タグ付きフレームのブリッジング用に最大 1,546 バイトの MTU を設定可能
コネクタおよびケーブル
  • 10BASE-T ポート:RJ-45 コネクタ、2 ペア カテゴリ 3、4、または 5 シールドなしツイストペア(UTP)ケーブル
  • 10BASE-T PoE ポート:RJ-45 コネクタ、2 ペア カテゴリ 3、4、または 5 UTP ケーブル、電力ピン 1、2(マイナス)および 3、6(プラス)
  • 100BASE-TX ポート:RJ-45 コネクタ、2 ペア カテゴリ 5 UTP ケーブル
  • 100BASE-TX PoE ポート:RJ-45 コネクタ、2 ペア カテゴリ 5 UTP ケーブル、電力ピン 1、2(マイナス)および 3、6(プラス)
  • 1000BASE-T ポート:RJ-45 コネクタ、4 ペア カテゴリ 5 UTP ケーブル
  • 1000BASE-T SFP ベース ポート:RJ-45 コネクタ、4 ペア カテゴリ 5 UTP ケーブル
  • 1000BASE-SX、-LX/LH、-ZX、および CWDM SFP ベース ポート:LC ファイバ コネクタ(シングル/マルチモード ファイバ)
  • Cisco Catalyst 3560 SFP 相互接続ケーブル:2 ペア シールド ケーブル、50 cm
  • 管理コンソール ポート:RJ-45/DB-9 ケーブル(PC 接続用)、端末接続には RJ-45/DB-25 メス Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)アダプタを使用(シスコに別途発注可能、製品番号 ACS-DSBUASYN=)
電源コネクタ
  • スイッチへの電力供給には、内部電源装置または Cisco RPS 2300 を使用できます。コネクタはスイッチ背面にあります。 注:Cisco Catalyst 3560-8PC および Catalyst 3560-12PC には、RPS ポートは搭載されていません。
  • 内部電源装置コネクタ
  • 内部電源装置はオートレンジ ユニットです。
  • 内部電源装置は、入力電圧 100 〜 240 VAC に対応します。
  • 付属品の AC 電源コードを使用して、AC 電源コネクタを AC 電源コンセントに接続します。
  • Cisco RPS コネクタ
  • このコネクタには、オプションの Cisco RPS 2300 を接続します。Cisco RPS 2300 は、AC 入力を使用し、スイッチに DC 出力を供給します。
  • このコネクタによって最大 6 台の外部ネットワーク装置をサポートし、同時に 2 台の障害装置に電力を供給できます。
  • このコネクタは、接続された装置の内部電源装置の障害を自動的に検知し、その装置に電力を供給して、ネットワーク トラフィックの損失を防ぎます。
  • RPS レセプタクルには、Cisco RPS 2300(モデル PWR-RPS2300)だけを接続することができます。
インジケータ
  • ポート単位のステータス LED:リンクの完全性、無効状態、アクティビティ、速度、全二重モード、PoE 適用、PoE エラー、PoE 無効状態を表示
  • システム ステータス LED:システム、RPS、リンク ステータス、リンク デュプレックス、リンク速度、PoE を表示
寸法 (高さ×幅×奥行)
  • Cisco Catalyst 3560-8PC:4.4 × 27 × 23 cm (1.73 × 10.6 × 9.1 インチ)
  • Cisco Catalyst 3560-12PC:4.4 × 27 × 23 cm (1.73 × 10.6 × 9.1 インチ)
  • Cisco Catalyst 3560-24TS:4.4 × 44.5 × 30 cm (1.73 × 17.5 × 11.8 インチ)
  • Cisco Catalyst 3560-48TS:4.4 × 44.5 × 30 cm (1.73 × 17.5 × 11.8 インチ)
  • Cisco Catalyst 3560-24PS:4.4 × 44.5 × 30 cm (1.73 × 17.5 × 11.8 インチ)
  • Cisco Catalyst 3560-48PS:4.4 × 44.5 × 37.8 cm (1.73 × 17.5 × 14.9 インチ)
  • Cisco Catalyst 3560G-24TS:4.4 × 44.5 × 37.8 cm (1.73 × 17.5 × 14.9 インチ)
  • Cisco Catalyst 3560G-48TS:4.4 × 44.5 × 40.9 cm (1.73 × 17.5 × 16.1 インチ)
  • Cisco Catalyst 3560G-24PS:4.4 × 44.5 × 37.8 cm (1.73 × 17.5 × 14.9 インチ)
  • Cisco Catalyst 3560G-48PS:4.4 × 44.5 × 40.9 cm (1.73 × 17.5 × 16.1 インチ)
重量
  • Cisco Catalyst 3560-8PC:2.3 kg(5 ポンド)
  • Cisco Catalyst 3560-12PC:2.3 kg(5 ポンド)
  • Cisco Catalyst 3560-24TS:3.9 kg(8.5 ポンド)
  • Cisco Catalyst 3560-48TS:4.1 kg(9.1 ポンド)
  • Cisco Catalyst 3560-24PS:5.1 kg(11.3 ポンド)
  • Cisco Catalyst 3560-48PS:6.0 kg (13.2 ポンド)
  • Cisco Catalyst 3560G-24TS:5.4 kg(12 ポンド)
  • Cisco Catalyst 3560G-24PS:6.1 kg(13.5 ポンド)
  • Cisco Catalyst 3560G-48TS:6.4 kg(14 ポンド)
  • Cisco Catalyst 3560G-48PS:7.0 kg(15.5 ポンド)
環境条件
  • 動作温度:0 〜 45°C(32 〜 113°F)
  • 保管温度:-25 〜 70°C(-13 〜 158°F)
  • 動作時相対湿度:10 〜 85%(結露しないこと)
  • 動作高度:最大 3,049 m(10,000 フィート)
  • 保管高度:最大 4,573 m(15,000 フィート)
音響ノイズ
  • ISO 7779:周囲温度 25°C での稼働時における周辺でのノイズ
  • Cisco Catalyst 3560-8PC:0 dBa(ファンなし)
  • Cisco Catalyst 3560-12PC:0 dBa(ファンなし)
  • Cisco Catalyst 3560-24TS:42 dBa
  • Cisco Catalyst 3560-48TS:42 dBa
  • Cisco Catalyst 3560-24PS:42 dBa
  • Cisco Catalyst 3560-48PS:42 dBa
  • Cisco Catalyst 3560G-24TS:42 dBa
  • Cisco Catalyst 3560G-48TS:48 dBa
  • Cisco Catalyst 3560G-24PS:38 〜 44 dBa
  • Cisco Catalyst 3560G-48PS:52 〜 58 dBa
MTBF(平均故障間隔)
  • Cisco Catalyst 3560-8PC:367,586 時間
  • Cisco Catalyst 3560-12PC:406,470 時間
  • Cisco Catalyst 3560-24TS:326,100 時間
  • Cisco Catalyst 3560-48TS:280,900 時間
  • Cisco Catalyst 3560-24PS:224,100 時間
  • Cisco Catalyst 3560-48PS:173,500 時間
  • Cisco Catalyst 3560G-24TS:230,700 時間
  • Cisco Catalyst 3560G-24PS:186,300 時間
  • Cisco Catalyst 3560G-48TS:173,400 時間
  • Cisco Catalyst 3560G-48PS:147,000 時間

表 3 Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチの電源仕様

説明 仕様
電源装置の定格最大値
  • 204 W(Cisco Catalyst 3560-8PC、Catalyst 3560-12PC)
  • 消費電力:80 W、273 BTU/時
  • PoE:124 W
  • 45 W(Cisco Catalyst 3560-24TS)
  • 485 W(Cisco Catalyst 3560-24PS)
  • 消費電力:115 W、393 BTU/時
  • PoE:370 W
  • 65 W(Cisco Catalyst 3560-48TS)
  • 530 W(Cisco Catalyst 3560-48PS)
  • 消費電力:160 W、546 BTU/時
  • PoE:370 W
  • 100 W(Cisco Catalyst 3560G-24TS)
  • 540 W(Cisco Catalyst 3560G-24PS)
  • 消費電力:170 W、534 BTU/時
  • PoE:370 W
  • 160 W(Cisco Catalyst 3560G-48TS)
  • 590 W(Cisco Catalyst 3560G-48PS)
  • 消費電力:220 W、690 BTU/時
  • PoE:370 W
測定スループット 100% 時の消費電力 Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチ電力 総出力 BTU
3560-8PC 19W 64 BTU/時
3560-12PC 22W 73 BTU/時
3560-24TS 27W 89 BTU/時
3560-48TS 45W 153 BTU/時
3560-24PS 43W 144 BTU/時
3560-48PS 86W 293 BTU/時
3560G-24TS 74W 249 BTU/時
3560G-24PS 96W 325 BTU/時
3560G-48TS 124 W 422 BTU/時
3560G-48PS 130W 443 BTU/時
測定スループット 5% 時の消費電力 Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチ電力 総出力 BTU
3560-8PC 18W 60 BTU/時
3560-12PC 20W 68 BTU/時
3560-24TS 24W 82 BTU/時
3560-48TS 41W 138 BTU/時
3560-24PS 40W 134 BTU/時
3560-48PS 72W 245 BTU/時
3560G-24TS 66W 225 BTU/時
3560G-24PS 86W 293 BTU/時
3560G-48TS 113W 386 BTU/時
3560G-48PS 123W 418 BTU/時
測定スループット 100% 時の消費電力
(PoE 最大負荷)
Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチ電力 PoE 電力 総出力 BTU
3560-8PC 145W 124 W 70 BTU/時
3560-12PC 145W 124 W 72 BTU/時
3560-24PS 449W 370 W 267 BTU/時
3560-48PS 483W 370 W 383 BTU/時
3560G-24PS 496W 370 W 429 BTU/時
3560G-48PS 534W 370 W 559 BTU/時
測定スループット 5% 時の消費電力
(PoE 50 % 負荷)
Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチ電力 PoE 電力 総出力 BTU
3560-8PC 82W 62W 69 BTU/時
3560-12PC 86W 63W 76 BTU/時
3560-24PS 247W 188W 197 BTU/時
3560-48PS 275W 184W 311 BTU/時
3560G-24PS 287W 186W 345 BTU/時
3560G-48PS 328W 189 474 BTU/時
AC 入力電圧および電流
  • 100 〜 240 VAC(オートレンジ)、2.5 〜 1.3 A、50 〜 60 Hz(Cisco Catalyst 3560-8PC)

  • 100 〜 240 VAC(オートレンジ)、2.5 〜 1.3 A、50 〜 60 Hz(Cisco Catalyst 3560-12PC)
  • 100 〜 240 VAC(オートレンジ)、450 〜 190 mA、50 〜 60 Hz(Cisco Catalyst 3560-24TS)
  • 100 〜 240 VAC(オートレンジ)、650 〜 270 mA、50 〜 60 Hz(Cisco Catalyst 3560-48TS)
  • 100 〜 240 VAC(オートレンジ)、5.5 〜 2.8 A、50 〜 60 Hz(Cisco Catalyst 3560-24PS と Catalyst 3560-48PS)
  • 100 〜 240 VAC(オートレンジ)、3.0 〜 1.5 A、50 〜 60 Hz(Cisco Catalyst 3560G-24TS と Catalyst 3560G-48TS)
  • 100 〜 240 VAC(オートレンジ)、8.0 〜 4.0 A、50 〜 60 Hz(Cisco Catalyst 3560G-24PS と Catalyst 3560G-48PS)
定格電力
  • Cisco Catalyst 3560-8PC:0.2 kVA
  • Cisco Catalyst 3560-12PC:0.2 kVA
  • Cisco Catalyst 3560-24TS:0.075 kVA
  • Cisco Catalyst 3560-48TS:0.110 kVA
  • Cisco Catalyst 3560-24PS:0.485 kVA
  • Cisco Catalyst 3560-48PS:0.530 kVA
  • Cisco Catalyst 3560G-24TS:0.10 kVA
  • Cisco Catalyst 3560G-48TS:0.16 kVA
  • Cisco Catalyst 3560G-24PS:0.52 kVA
  • Cisco Catalyst 3560G-48PS:0.56 kVA
DC 入力電圧 (RPS 入力)
  • +12 V、5 A(Cisco Catalyst 3560-24TS と Catalyst 3560-48TS)、7.5 A(Cisco Catalyst 3560-24PS と Catalyst 3560-48PS)、10.5 A(Cisco Catalyst 3560G-24TS)、17.5 A(Cisco Catalyst 3560G-48TS)、14 A(Cisco Catalyst 3560G-24PS と Catalyst 3560G-48PS)
  • -48 V、7.8 A(PoE スイッチ)
PoE
  • ポート単位の最大供給電力:15.4
  • WPoE 専用の合計電力:370 W
  • PoE 専用の合計電力:124 W(Cisco Catalyst 3560-8PC、Catalyst 3560-12PC)

注: 免責:すべての消費電力の数値は、管理されたラボ環境で測定されたもので、予測として提供されています。

電源装置のワット数定格は実際の消費電力を表すものではありません。電源装置で発生し得る最大消費電力を示しています。このワット数定格は、施設の容量計画に使用できます。PoE スイッチの場合は、PoE 負荷の大部分がエンドポイントで消費されるため、冷却の所要量は実際の消費電力よりも小さくなります。

PoE 非対応スイッチの消費電力

スループット 100% 時のスイッチ消費電力

この数値は、一般的なスイッチが通常の条件で消費する電力を示します。通常の条件は、温度 25°C、気圧 860 〜 1,060 mbar、相対湿度 30 〜 75% です。一般的に、この消費電力は、スイッチとアップリンクですべて 64 バイトのパケットで構成されているトラフィック負荷が 100% の場合のみ発生します。

スループット 5% 時のスイッチ消費電力

この数値は、一般的なスイッチが通常の条件で消費する電力を示します。通常の条件は、温度 25°C、気圧 860 〜 1,060 mbar、相対湿度 30 〜 75% です。この数値は、スイッチとそのアップリンクのトラフィック負荷が 5% であることを示します。

PoE 対応スイッチの消費電力

スループット 100% 時のスイッチ消費電力(PoE 負荷なし)

この数値は、一般的なスイッチが通常の条件で消費する電力を示します。通常の条件は、温度 25°C、気圧 860 〜 1,060 mbar、相対湿度 30 〜 75% です。一般的に、この消費電力は、スイッチとアップリンクですべて 64 バイトのパケットで構成されているトラフィック負荷が 100%、PoE 負荷がない場合のみ発生します。

測定スループット 5% 時のスイッチ消費電力(PoE 負荷なし)

この数値は、一般的なスイッチが通常の条件で消費する電力を示します。通常の条件は、温度 25°C、気圧 860 〜 1,060 mbar、相対湿度 30 〜 75% です。この数値は、スイッチとそのアップリンクのトラフィック負荷が 5% であることを示します。

スループット 100% 時のスイッチ消費電力(PoE 最大負荷)

この数値は、一般的なシステム(スイッチおよび対応する PoE 負荷)が通常の条件で消費する電力を示します。通常の条件は、温度 25°C、気圧 860 〜 1,060 mbar、相対湿度 30 〜 75% です。一般的に、この消費電力は、スイッチのすべてのポートとアップリンクでサイズ 64 バイトのパケットのトラフィック負荷が 100%、PoE 負荷が 100% でスイッチが稼働している場合に実現します。

スループット 5% 時のスイッチ消費電力(PoE 50% 負荷)

この数値は、一般的なシステム(スイッチおよび対応する PoE 負荷)が通常の条件で消費する電力を示します。通常の条件は、温度 25°C、気圧 860 〜 1,060 mbar、相対湿度 30 〜 75% です。この数値は、スイッチとそのアップリンクのトラフィック負荷が 5% であり、PoE 負荷が 50% であることを示します。

表 4 Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチの管理および標準規格のサポート

説明 仕様
管理
  • BRIDGE-MIB
  • CISCO-CDP-MIB
  • CISCO-CLUSTER-MIB
  • CISCO-CONFIG-MAN-MIB
  • CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB
  • CISCO-ENVMON-MIB
  • CISCO-FLASH-MIB
  • CISCO-FTP-CLIENT-MIB
  • CISCO-HSRP-MIB
  • CISCO-HSRP-EXT-MIB
  • CISCO-IGMP-FILTER-MIB
  • CISCO-IMAGE-MIB
  • CISCO-IP-STAT-MIB
  • CISCO-L2L3-INTERFACE-CONFIG-MIB
  • CISCO-MAC-NOTIFICATION-MIB
  • CISCO-MEMORY-POOL-MIB
  • CISCO-PAGP-MIB
  • CISCO-PING-MIB
  • CISCO-PROCESS-MIB
  • CISCO-RTTMON-MIB
  • CISCO-STP-EXTENSIONS-MIB
  • CISCO-SYSLOG-MIB
  • CISCO-TCP-MIB
  • CISCO-VLAN-IFTABLE-RELATIONSHIP-MIB
  • CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB
  • CISCO-VTP-MIB
  • ENTITY-MIB
  • ETHERLIKE-MIB
  • IF-MIB
  • IGMP-MIB
  • IPMROUTE-MIB
  • OLD-CISCO-CHASSIS-MIB
  • OLD-CISCO-FLASH-MIB
  • OLD-CISCO-INTERFACES-MIB
  • OLD-CISCO-IP-MIB
  • OLD-CISCO-SYS-MIB
  • OLD-CISCO-TCP-MIB
  • OLD-CISCO-TS-MIB
  • OSPF-MIB(RFC 1253)
  • PIM-MIB
  • RFC1213-MIB
  • RFC1253-MIB
  • RMON-MIB
  • RMON2-MIB
  • SNMP-FRAMEWORK-MIB
  • SNMP-MPD-MIB
  • SNMP-NOTIFICATION-MIB
  • SNMP-TARGET-MIB
  • SNMPv2-MIB
  • TCP-MIB
  • UDP-MIB
標準
  • IEEE 802.1s
  • IEEE 802.1w
  • IEEE 802.1x
  • IEEE 802.3ad
  • IEEE 802.3af
  • IEEE 802.3x 全二重(10BASE-T、100BASE-TX、および 1000BASE-T ポート)
  • IEEE 802.1D スパニング ツリー プロトコル
  • IEEE 802.1p CoS 分類
  • IEEE 802.1Q VLAN
  • IEEE 802.3 10BASE-T 仕様
  • IEEE 802.3u 100BASE-TX 仕様
  • IEEE 802.3ab 1000BASE-T 仕様
  • IEEE 802.3z 1000BASE-X 仕様
  • 1000BASE-X(SFP)
  • 1000BASE-SX
  • 1000BASE-LX/LH
  • 1000BASE-ZX
  • 1000BASE-CWDM SFP 1470 nm
  • 1000BASE-CWDM SFP 1490 nm
  • 1000BASE-CWDM SFP 1510 nm
  • 1000BASE-CWDM SFP 1530 nm
  • 1000BASE-CWDM SFP 1550 nm
  • 1000BASE-CWDM SFP 1570 nm
  • 1000BASE-CWDM SFP 1590 nm
  • 1000BASE-CWDM SFP 1610 nm
  • RMON I および II 規格
  • SNMPv1、SNMPv2c、および SNMPv3

表 5 安全性および適合規格

説明 仕様
安全規格認定
  • UL 60950-1、First Edition
  • CUL - CAN/CSA 22.2 No. 60950-1、First Edition
  • TUV/GS - EN 60950-1、First Edition
  • CB - IEC 60950-1、国別の変更事項を含む
  • AS/NZS 60950-1、First Edition
  • NOM(パートナーおよびディストリビュータ経由)
  • CE マーキング
電磁波放射認定
  • FCC Part 15 Class A
  • EN 55022 Class A(CISPR22)
  • EN 55024(CISPR24)
  • AS/NZS CISPR22 Class A
  • CE
  • CNS 13438 Class A
  • MIC
  • GOST
  • 中国 EMC 認定
Telco Common Language Equipment Identifier(CLEI)コード
保障 制限付きライフタイム保証

アクセス スイッチング用のシスコのサービス


シスコとそのパートナーは、お客様が堅牢かつ信頼性のあるシスコのアクセス スイッチング ソリューションを構築するお手伝いをします。サービスに対するシスコのライフサイクル アプローチでは、ソリューションのライフサイクルの各段階で必要なアクティビティを定義しています。新しいテクノロジーをサポートできるように、ソリューションを評価してビジネスの目標と基準に合わせることができます。効果的な計画および設計によって、ソリューションの導入を円滑化します。受賞実績のあるテクニカル サポートが業務効率を向上させます。最適化によって、パフォーマンス、復元力、安定性、予見可能性が向上し、変化に対応できるようお客様のネットワークやチームを強化することができます。詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/services/ を参照してください。

表 6 シスコのサービスおよびサポート プログラム

サービスおよびサポート 機能 利点
高度なサービス
  • Cisco Total Implementation Solutions(TIS) - シスコが直接提供
  • Cisco Packaged TIS - 代理店を通じて提供
  • Cisco SMARTnet® および SMARTnet Onsite サポート - シスコから直接提供
  • Cisco Packaged SMARTnet サポート プログラム - 代理店を通じて提供
  • プロジェクト管理
  • サイト調査、設定、および導入作業
  • インストレーション、テキスト、およびカットオーバー
  • トレーニング
  • 大規模な移行、追加、および変更
  • 設計レビューおよび製品のステージング
  • ソフトウェア アップデートに 24 時間アクセス可能
  • テクニカル レポジトリに Web アクセス可能
  • Cisco Technical Assistance Center(TAC)による電話サポート
  • ハードウェア部品の迅速な交換
  • 人的資源の補充
  • ニーズに合った機能性の確保
  • リスクの緩和
  • 問題の予防および迅速な解決
  • シスコの技術力を利用して TCO を削減
  • ネットワーク ダウンタイムの最小化

シスコ サービス プログラムについて詳しくは、下記のページをご覧ください。

Routing & Switching
http://www.cisco.com/jp/services/portfolio/serv_tech/routing_and_switching/

注意:購入済み製品に上位フィーチャ ライセンスを追加購入して Cisco IOS をアップグレードする場合でも、現行フィーチャ ライセンスに SMARTnet 等のサービス契約があれば、アップグレード後の製品型番に対応するサービスを新規購入していただく必要があります。新規サービス契約の購入依頼につきましては、お買い求めの販売パートナー様までご連絡ください。

シスコ 販売パートナーの情報はこちら
http://www.cisco.com/web/JP/reseller/program/channel.html

発注情報


表 7 に、Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチの発注情報を示します。

表 7 Cisco Catalyst 3560 シリーズ スイッチの発注情報

製品番号 説明
WS-C3560-8PC-S
  • イーサネット 10/100 ポート× 8、デュアルパーパス 10/100/1000 および SFP ポート× 1
  • 小型フォームファクタ(ファンなし)
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560-12PC-S
  • イーサネット 10/100 ポート× 12、デュアルパーパス 10/100/1000 および SFP ポート× 1
  • 小型フォームファクタ(ファンなし)
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560-24TS-S
  • イーサネット 10/100 ポート× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 2
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560-24TS-E
  • イーサネット 10/100 ポート× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 2
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IP Services ソフトウェア フィーチャ セット(IPS)
  • IPv6 ダイナミック ルーティングのフル サポート
WS-C3560-48TS-S
  • イーサネット 10/100 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560-48TS-E
  • イーサネット 10/100 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IP Services ソフトウェア フィーチャ セット(IPS)
  • IPv6 ダイナミック ルーティングのフル サポート
WS-C3560-24PS-S
  • イーサネット 10/100 ポート× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 2
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560-24PS-E
  • イーサネット 10/100 ポート× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 2
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Services ソフトウェア フィーチャ セット(IPS)
  • IPv6 ダイナミック ルーティングのフル サポート
WS-C3560-48PS-S
  • イーサネット 10/100 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560-48PS-E
  • イーサネット 10/100 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Services ソフトウェア フィーチャ セット(IPS)
  • IPv6 ダイナミック ルーティングのフル サポート
WS-C3560G-24TS-S
  • イーサネット 10/100/1000 ポート× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560G-24TS-E
  • イーサネット 10/100/1000 ポート× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IP Services ソフトウェア フィーチャ セット(IPS)
  • IPv6 ダイナミック ルーティングのフル サポート
WS-C3560G-48TS-S
  • イーサネット 10/100/1000 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560G-48TS-E
  • イーサネット 10/100/1000 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IP Services ソフトウェア フィーチャ セット(IPS)
  • IPv6 ダイナミック ルーティングのフル サポート
WS-C3560G-24PS-S
  • イーサネット 10/100/1000 ポート× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560G-24PS-E
  • イーサネット 10/100/1000 ポート× 24、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Services ソフトウェア フィーチャ セット(IPS)
  • IPv6 ダイナミック ルーティングのフル サポート
WS-C3560G-48PS-S
  • イーサネット 10/100/1000 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Base ソフトウェア フィーチャ セット(IPB)
WS-C3560G-48PS-E
  • イーサネット 10/100/1000 ポート× 48、SFP ベース ギガビット イーサネット ポート× 4
  • 1 RU 固定構成、マルチレイヤ スイッチ
  • エンタープライズクラスのインテリジェント サービスをネットワーク エッジに提供
  • IEEE 802.3af およびシスコ先行標準の PoE
  • IP Services ソフトウェア フィーチャ セット(IPS)
  • IPv6 ダイナミック ルーティングのフル サポート
CD-3560G-EMI=
  • Cisco Catalyst 3560G-24TS、Catalyst 3560G-24PS、Catalyst 3560G-48TS、および Catalyst 3560G-48PS の IP Base バージョン用の IP Services ライセンス(従来の EMI)アップグレード キット
  • 高度な IPv6 ルーティング
CD-3560-EMI=
  • Cisco Catalyst 3560-24PS、Catalyst 3560-48PS、Catalyst 3560-24TS、Catalyst 3560-48TS、および Catalyst 3560-8PC の IP Base バージョン用の IP Services ライセンス(従来の EMI)アップグレード キット
  • 高度な IPv6 ルーティング
PWR-RPS2300 Cisco RPS 2300(コネクタ ケーブル× 1 付属)
RCKMNT-1RU= Cisco Catalyst 3560 用のスペア ラック マウント キット
RCKMNT-REC-1RU= Cisco Catalyst 3560 用の 1 RU 埋め込みラック マウント キット
RCKMNT-19-CMPCT= Cisco Catalyst 3560-8PC および Catalyst 3560-12PC コンパクト スイッチ用ラックマウント
CBLGRD-C3560-8PC= Cisco Catalyst 3560-8PC コンパクト スイッチ用ケーブル ガード
CBLGRD-C3560-12PC= Cisco Catalyst 3560-12PC コンパクト スイッチ用ケーブル ガード
GLC-LH-SM= MMF および SMF 用 1000BASE-LX/LH SFP トランシーバ モジュール、波長:1300 nm
GLC-SX-MM= MMF 用 1000BASE-SX SFP トランシーバ モジュール、波長:850 nm
GLC-ZX-SM= SMF 用 1000BASE-ZX SFP トランシーバ モジュール、波長:1550 nm
GLC-T= カテゴリ 5 銅線用 1000BASE-T SFP トランシーバ モジュール
Cisco Catalyst 3560-8PC コンパクト スイッチでは未サポート
GLC-BX-D= シングル ストランド SMF 用 1000BASE-BX10 SFP トランシーバ モジュール、波長:1490 nm TX/1310 nm RX
GLC-BX-U= シングル ストランド SMF 用 1000BASE-BX10 SFP トランシーバ モジュール、波長:1310 nm TX/1490 nm RX
GLC-GE-100FX=
  • 100BASE-FX SFP トランシーバ モジュール、ギガビット イーサネット ポート、1310 nm 波長、MMF 2 km 用
  • Cisco Catalyst 3560-8PC および Catalyst 3560-12PC コンパクト スイッチでは未サポート
GLC-FE-100FX=
  • 100BASE-FX SFP トランシーバ モジュール、100 Mb ポート、1310 nm 波長、MMF 2 km 用
  • Cisco Catalyst 3560-8PC および Catalyst 3560-12PC コンパクト スイッチでのみサポート
GLC-FE-100LX=
  • 100BASE-FX SFP トランシーバ モジュール、100 Mb ポート、1310 nm 波長、SMF 10 km 用
  • Cisco Catalyst 3560-8PC および Catalyst 3560-12PC コンパクト スイッチでのみサポート
GLC-FE-100BX-D=
  • 100 MB ポート用 100BASE-BX10-D SFP トランシーバ モジュール、波長 1550 nm TX/1310 nm RX、10 km(シングル ストランド SMF)
  • Cisco Catalyst 3560-8PC および Catalyst 3560-12PC コンパクト スイッチでのみサポート
GLC-FE-100BX-U=
  • 100BASE-BX10-U SFP トランシーバ モジュール、100 Mb ポート、1310 nm TX/1550 nm RX 波長、シングルストランド SMF 10 km 用
  • Cisco Catalyst 3560-8PC および Catalyst 3560-12PC コンパクト スイッチでのみサポート
CWDM-SFP-1470= Cisco CWDM SFP 1470 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(グレー)
CWDM-SFP-1490= Cisco CWDM SFP 1490 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(バイオレット)
CWDM-SFP-1510= Cisco CWDM SFP 1510 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(ブルー)
CWDM-SFP-1530= Cisco CWDM SFP 1530 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(グリーン)
CWDM-SFP-1550= Cisco CWDM SFP 1550 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(イエロー)
CWDM-SFP-1570= Cisco CWDM SFP 1570 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(オレンジ)
CWDM-SFP-1590= Cisco CWDM SFP 1590 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(レッド)
DWDM-SFP-3033= DWDM SFP 1530.33 nm、SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3112= DWDM SFP 1531.12 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3190= DWDM SFP 1531.90 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3268= DWDM SFP 1532.68 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3425= DWDM SFP 1534.25 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3504= DWDM SFP 1535.04 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3582= DWDM SFP 1535.82 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3661= DWDM SFP 1536.61 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3819= DWDM SFP 1538.19 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3898= DWDM SFP 1538.98 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-3977= DWDM SFP 1539.77 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-4056= DWDM SFP 1540.56 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-4214= DWDM SFP 1542.14 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-4294= DWDM SFP 1542.94 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-4373= DWDM SFP 1543.73 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
DWDM-SFP-4453= DWDM SFP 1544.53 nm SFP(100 GHz ITU グリッド)
CWDM-SFP-1610= Cisco CWDM SFP 1610 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(ブラウン)
CAB-SFP-50CM= Cisco Catalyst 3560 SFP 相互接続ケーブル(50 cm)
CAB-SM-LCSC-1M 光ファイバ シングルモード LC/SC コネクタ(1 m)
CAB-SM-LCSC-5M 5 m の光ファイバ シングル モード LC/SC コネクタ

WWW URL:http://www.cisco.com/jp/