Cisco Unified IP Telephone

Cisco Unified IP Phone 7975G

ダウンロード

データ シート





Cisco Unified IP Phone 7975G


製品概要

シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションは、固定ネットワークとモバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイルの各アプリケーションを統合し、企業、政府機関、および公共施設のワークスペースでメディアを駆使したコラボレーションを実現します。これらのアプリケーションはプラットフォームとしてネットワークを使用し、決定を迅速化しトランザクション時間を短縮することで、優位性を高めます。ネットワークのセキュリティ、耐障害性、およびスケーラビリティにより、すべてのワークスペースのユーザは、場所や時間にとらわれず簡単に接続して、メディア、デバイス、またはオペレーティング システムを使用できます。シスコ ユニファイド コミュニケーションは、ネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティ、無線、管理アプリケーション、ライフサイクル サービス、柔軟な導入と管理オプションのアウトソーシング、およびサードパーティのアプリケーションを含む総合ソリューションです。

Cisco Unified IP Phone 7975G(図 1)は、ワイドバンド音声のサポート、バックライト付きカラー タッチスクリーン ディスプレイ、内蔵型のギガビット イーサネット ポートなど、IP テレフォニーの最新技術による利便性を実現しています。企業幹部や主要な意思決定者、管理アシスタント、同じ場所に設置された PC で帯域幅を大量に消費するアプリケーションを使用するユーザなどのニーズに対応します。この IP Phone には、大型でバックライト付きの視認性の高いカラー ディスプレイ(図 2)が装備されており、コミュニケーション情報、生産性向上アプリケーション、および日時、発信者名、発信番号、着信番号、プレゼンス情報などの機能へのアクセスを容易にします。ディスプレイを活用した Extensible Markup Language(XML; 拡張マークアップ言語)アプリケーションにも対応します。この IP Phone では、8 本の電話回線(またはライン、短縮ダイヤル、および機能ボタンの組み合わせ)、各種コール機能をユーザが利用するための 5 つのインタラクティブ ソフト キー、およびわかりやすい 4 方向(および選択ボタン)のナビゲーション クラスタを使用できます。高度なワイドバンド音声に対応したハンズフリー スピーカーフォンと受話器のほか、ヘッドセットの接続機能も組み込まれています。

図 1 Cisco Unified IP Phone 7975G

図 1 Cisco Unified IP Phone 7975G

図 2 ディスプレイと点灯中のライン キーの拡大図

図 2 ディスプレイと点灯中のライン キーの拡大図


機能および利点

Cisco Unified IP Phone 7975G は、企業およびご使用のシステムの機能拡張に合わせて拡張できるように設計されています。動的なフィーチャ セットにより、定期的なソフトウェア アップデートを実行することで要件に対応できます。ファームウェアを変更する場合は、Cisco.com からダウンロードできます。電話機の移動や変更は不要です。ネットワーク上の任意の新しい場所に IP Phone を持って移動するだけで済みます。Cisco Unified IP Phone 7975G は、さまざまなアクセシビリティ機能も備えています。表 1 に電話機の機能を示します。

表 1 Cisco Unified IP Phone 7975G の機能

機能 説明/利点
ディスプレイ 14 cm(5.6 インチ)のグラフィカル TFT カラー タッチスクリーン ディスプレイ、16 ビット カラー、320 × 240 の有効画素解像度、バックライト付きを搭載しています。機能とアプリケーションの柔軟性が高まり、サービス、情報、メッセージ、ディレクトリの各機能を使用したときに表示される情報量が大幅に拡張されます。フォントに 2 バイトの Unicode エンコーディングを必要とするローカリゼーションもサポートします。
ワイドバンド音声 受話器、ヘッドセット、スピーカーフォンなど、ワイドバンド(G.722 コーデック、TIA 920 に準拠)をサポートします(詳細については「Q&A」を参照)。
コーデックのサポート G.711a、G.711µ、G.729a、G.729ab、G.722、および iLBC 音声圧縮コーデックがサポートされます(詳細については「Q&A」を参照)。
スピーカーフォン 音響エコー キャンセレーションに対応した全二重スピーカーフォンを搭載しています。
ディレクトリ キー 非接続コールや受信コール、発信コール(およびインターコム履歴とディレクトリ)にアクセスできます。着信メッセージを識別し、ディスプレイ上に分類して表示することで、ユーザはダイレクト ダイヤルバック機能を使用して迅速かつ効率的にコールバックすることができます。企業のディレクトリとしては、Lightweight Directory Access Protocol Version 3(LDAP3)標準ディレクトリが使用できます。
設定キー User Preference メニューを使用して、ディスプレイの明るさの調整、背景イメージの選択(可能な場合)、および呼び出し音の選択を実行できます。また、通常はシステム管理者が行うネットワーク設定のプリファレンスもセットアップできます。Dynamic Host Control Protocol(DHCP)、Trivial File Transfer Protocol(TFTP)、Cisco Unified Communications Manager、バックアップ用 Cisco Unified Communications Manager インスタンスの設定は、自動または手動のいずれかで行うことができます。設定サブメニューでは、デバイス設定、セキュリティ設定、およびモデル情報も使用できます。
サービス キー 天気、株価、今日の一言など各種の情報や XML を使用した Web ベースの情報に素早くアクセスできます。
ヘルプ ボタン オンライン ヘルプにより、IP Phone のキー、ボタン、各種機能に関する情報を得ることができます。
スピーカーフォン、消音、およびヘッドセット ボタン スピーカーフォンには、作動時に点灯するスピーカーのオン/オフ ボタン、マイクロフォンの消音ボタン、およびヘッドセット ボタンが搭載されています。また、セキュリティを強化するため、スピーカーフォン モード使用時には、Dual Tone MultiFrequency(DTMF; デュアル トーン多重周波数)トーンがマスキングされます。
ナビゲーション クラスタと選択ボタン 4 方向ナビゲーション クラスタにより、上下および左右にスクロールできます。クラスタの中央には選択ボタンがあり、項目の選択(下位メニューを開くなど)に使用できます。
ディスプレイ ボタン 電話機が省電力のスリープ/非アクティブ モード(ボタンが点灯)になったことを示します。ディスプレイの復帰にも使用できます。非アクティブ期間は、システム管理者によって設定されます。
イーサネット スイッチ Cisco 2 ポート イーサネット スイッチが内蔵されているため、1 つの LAN 接続で、電話機および同じ場所に設置された PC の両方を 10/100/1000 BASE-T イーサネット ネットワークに接続できます。システム管理者は、PC と Cisco IP Phone に個別の VLAN(802.1Q)を指定して、音声およびデータ トラフィックのセキュリティや信頼性を高めることができます。
ヘッドセット ポート ヘッドセット専用ポートが搭載されているため、個別のヘッドセット増幅器を使用する必要がありません。受話器を置いたまま簡単にヘッドセットを使用できます。ワイドバンド(G.722)とナローバンドの両方のヘッドセットがサポートされています。
音量調節 スピーカーフォン、受話器、ヘッドセット、および呼び出し音をデシベルレベルで簡単に調整できます。受話器は補聴器に対応しています。インライン受話器の増幅器を使用すると、音量調節を追加することもできます。
調整可能なフットスタンド フットスタンドは、フラットから 60 度までの角度調整が可能なので、ディスプレイの表示が見やすく、ボタンやキーを使いやすい角度に調節できます。また、フットスタンドは標準の壁掛け用ジャックに適合した設計になっており、壁に掛けて使用することもできます。オプションとして壁掛け用ブラケットも用意されています。
拡張モジュールのサポート オプションの追加モジュールである Cisco Unified IP Phone 7914 拡張モジュールには、ディレクトリ番号または短縮ダイヤルをプログラミングするための 14 個の追加ボタンがあります。最大 2 つの拡張モジュールを使用できます。
複数の呼び出し音 24 種類以上の呼び出し音を選択して使用できます。Cisco Unified Phone Application Suite を使用して、呼び出し音をカスタマイズすることもできます。
Americans with Disabilities Act(ADA)の機能 受話器は、補聴器対応型であり、ADA の Federal Communications Commission(FCC)音量要件に適合しています。また、Walker Equipment W-10 や CE-100 増幅器などの業界標準のインライン受話器の増幅器を使用することにより、第 508 項の音量要件にも対応できます。ダイヤル パッドも ADA に準拠しています。
QoS(Quality Of Service)オプション Differentiated Services Code Point(DSCP)および 802.1Q/p 標準をサポートしています。
セキュリティ AES-128 による X.509v3 証明書、デジタル署名されたイメージ、暗号で保護されたプロビジョニング、安全なシグナリング、および安全なメディアを使用して、デバイスをポジティブに認識します。802.1X サプリカントも含まれ、EAPOL パススルーがサポートされます。
言語サポート 30 を超える言語のサポートが組み込まれています(Cisco Unified Communications Manager のバージョンによって異なる)。
設定オプション IP アドレスの割り当ては、スタティックに設定することも、DHCP クライアントを使用して設定することもできます。

表 2 Cisco Unified IP Phone 7975G の製品仕様

仕様 説明
寸法(高さ×幅×奥行) 20.32 × 26.67 × 15.24 cm(8.2 × 10.5 × 6 インチ)
重量 1.6 kg(3.5 ポンド)
電話機カバーの構成 ダークグレーを基調とした ABS プラスチック(ディスプレイ枠の色はシルバー)
電力 IEEE 802.3af PoE(クラス 3)をサポートします。48 VDC が必要です。オプションの AC/DC 電源装置(製品番号 CP-PWR-CUBE-3=)またはパワー インジェクタ(CP-PWR-INJ=)を使用して、デスクトップでローカルに給電できます。ローカルの電源オプションには、対応する国別 AC コードが必要です(表 6 を参照)。
電話機のソフトウェア要件 8.3(2) 以降でサポートされます。
呼制御の互換性

Cisco Unified Communications Manager バージョン 4.1(3)sr5b、4.2(3)sr2b、4.3(1)、5.1.1(b)、5.1(2)、6.0(1) 以降でサポートされます。

Cisco Unified Communications Express および SRST バージョン 4.1 でサポートされます。

シグナリング プロトコル シスコの呼制御に対応した、Skinny Client Control Protocol(SCCP)および Session Initiation Protocol(SIP)がサポートされます。

表 3 温度定格

可変温度 説明
動作温度 0 〜 40°C(32 〜 104°F)
相対湿度 10 〜 95%(結露しないこと)
保管温度 –10 〜 60°C(14 〜 140°F)


認定:適合規格および安全性

次のリンクを参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cuipph/all_models/regulatory_compliance/english/install/guide/iphrcsi3.html popup_icon


発注情報

シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには、Cisco Software Center popup_icon にアクセスしてください。

表 4 発注情報:電話機/ライセンス

製品番号 説明
CP-7975G Cisco Unified IP Phone 7975G
CP-7975G= Cisco Unified IP Phone 7975G、スペア
CP-7975G-CH1 Cisco Unified IP Phone 7975G、チャネル用、ステーション ユーザ ライセンス× 1
CP-7975G-CCME Cisco Unified IP Phone 7975G、チャネル用、Cisco Unified Communications Manager Express ステーション ユーザ ライセンス× 1

注:Cisco Unified IP Phone を使用するには、使用するコール プロトコルに関係なく、Phone Technology ライセンスを購入する必要があります。

表 5 発注情報:アクセサリ

製品番号 説明
CP-7915= 12 個のボタンと 2 個のページ キーを装備した拡張モジュール。最大 2 つのモジュールを使用可能。モノクロ LCD
CP-7916= 12 個のボタンと 2 個のページ キーを装備した拡張モジュール。最大 2 つのモジュールを使用可能。カラー LCD
CP-LCKNGWALLMOUNT= 壁掛け用マウント キット、鍵付き、フラット型(推奨バージョン)。詳しくはこちら(英語)
CP-WALLMOUNTKIT= 壁掛け用マウント キット、鍵なし、フラット型。詳しくはこちら(英語)
CP-LCKNGWALLMNT2= 壁掛け用マウント キット、鍵付き、傾斜型。詳しくはこちら(英語)
CP-PWR-CUBE-3= PoE を使用できないサイト用のローカル電源アダプタ。適切な国別電源コードについては、表 6 を参照。CP-PWR-CUBE-3= は CP-PWR-CUBE-2= と互換性があり、交換可能
CP-PWR-INJ= 内蔵電源装置を搭載した 1 ポートのミッドスパン パワー インジェクタ。すべての Cisco Unified IP Phone での使用を想定した特別な設計。既存の Cisco Unified IP Phone のローカル電源アダプタ(CP-PWR-CUBE-3=)の代替として使用できる。電源が入っていないスイッチから Cisco Unified IP Phone まで最大 100 m の距離をサポート可能

表 6 発注情報:国別 AC 電源コード

製品番号 説明
CP-PWR-CORD-AP= アジア太平洋
CP-PWR-CORD-AR= アルゼンチン
CP-PWR-CORD-AU= オーストラリア
CP-PWR-CORD-CE= EC
CP-PWR-CORD-CN= 中国
CP-PWR-CORD-JP= 日本
CP-PWR-CORD-NA= 北米
CP-PWR-CORD-SW= スイス
CP-PWR-CORD-UK= 英国


シスコ ユニファイド コミュニケーションのサービス

シスコと認定パートナーは、安全で耐障害性を備えたシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの展開を支援し、積極的な展開スケジュールを実現し、ビジネス上の利点を強化します。シスコの多彩なサービスは、音声、ビデオ、データ、およびモバイルの各アプリケーションを固定ネットワークとモバイル ネットワーク上で統合するための効果的な手法に基づいています。

シスコでは、サービスへの独自のライフサイクル アプローチにより、ソリューション ライフサイクルの各フェーズで必要なアクティビティが定義されます。カスタマイズされた計画サービスおよび設計サービスでは、お客様のビジネス ニーズを満たすソリューションの作成に重点を置いています。評価の高いテクニカル サポートにより、運用効率が向上します。リモート管理サービスにより日常業務が簡素化され、最適化サービスにより、ビジネス ニーズの変化に合わせてソリューションのパフォーマンスが向上します。


関連情報

Cisco Unified IP Phone 7975G の関連情報については、次の URL を参照してください。
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/iptel/ipphone/index.html