Cisco Unified IP Telephone

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュール

データ シート





Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュール


シスコ ユニファイド コミュニケーションは、音声、ビデオ、データ、モビリティ製品およびアプリケーションで構成される包括的な IP コミュニケーション システムです。シスコ ユニファイド コミュニケーションを利用することによって、より効果的で安全かつパーソナルなコミュニケーションが実現し、売上と利益の両方に直接的な効果が現れます。このシステムによって新しい形のコミュニケーションが実現し、人と人の距離が縮まります。ユーザはどこに移動してもビジネスを遂行でき、あらゆる場所がセキュリティで保護され、いつでもどこでも必要なときに情報を手に入れることができます。シスコ ユニファイド コミュニケーションは、ネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティ、モビリティ、ネットワーク管理製品、ライフサイクル サービス、柔軟な導入と管理オプションのアウトソーシング、エンドユーザとパートナー向けのファイナンス パッケージ、およびサードパーティのコミュニケーション アプリケーションを含む統合ソリューションです。

ワイドバンド オーディオ電話機にも対応した新しい Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールを使用して、強力な統合型の音声ソリューションを提供することで、シスコ ユニファイド コミュニケーション製品シリーズの強力な機能を企業全体に拡張できます(図 1)。

図 1 Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュール

図 1 Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュール


製品概要

管理アシスタント、またはコールの状況を監視、管理、および処理するスタッフにとって、コール カバレッジは重要な機能です。Cisco Unified IP Phone 7962G および 7965G モデルの 6 回線、Cisco Unified IP Phone 7975G の 8 回線を超える多数の回線の状況を瞬時に判断できる機能が必要とされています。

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールは、追加ボタンと LCD ディスプレイによって Cisco Unified IP Phone 7962G、7965G、および 7975G の各モデルの機能を拡張します。この拡張モジュールを使用すると、Cisco Unified IP Phone 7962G および 7965G の既存の 6 つのボタン、および Cisco Unified IP Phone 7975G の既存の 8 つのボタンに 12 の物理キー(ページ キーを使用して 12 の追加ボタンにアクセス可能)が追加され、合計 24 のボタンを使用できるようになります(図 2)。Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールは、Cisco Unified IP Phone 7962G、7965G、および 7975G の各モデルで 2 台まで使用できます(図 3)。

図 2 1 台の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールを装備した Cisco Unified IP Phone 7975G

図 2 1 台の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールを装備した Cisco Unified IP Phone 7975G

図 3 2 台の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールを装備した Cisco Unified IP Phone 7975G

図 3 2 台の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールを装備した Cisco Unified IP Phone 7975G
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon


機能および利点

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの大型 LCD ディスプレイでは、関連するボタンをすばやく簡単に識別できます。Cisco Unified IP Phone 7962G、7965G、および 7975G の各モデルの [Settings] メニューを使用すると、これらの電話機および Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの LCD の明るさを好みに合わせて調整できます。各 Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールのボタンは、Cisco Unified IP Phone 7962G、7965G、および 7975G の各モデルと同様に、電話番号、回線キー、または短縮ダイヤル キーとしてプログラムできます。Directory-Number(DN; 電話番号)または共有回線キーとして使用した場合は、そのボタンが点灯するため、コールの状態を簡単に確認できます(表 1)。

表 1 ボタンの点灯

ボタン 回線の状況
オフ(無点灯) 回線は使用可能
緑(点灯) 回線は使用中
赤(点灯) 回線は他のユーザが使用中
黄(点滅) 回線呼び出し中
緑(点滅) コールを保留中

これらの機能は、一般的な Direct Station Selection/Busy Lamp Field(DSS/BLF)モジュールと同様の機能を提供しますが、従来の DSS/BLF モジュールとまったく同じではありません。Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールは、オペレータまたはアテンダント用のコンソールではありません。このモジュールの主な機能は、Cisco Unified IP Phone 7962G、7965G、および 7975G の各モデルに、短縮ダイヤルや電話番号に使用する追加キーを提供することです。ボタンの点灯により回線の状況を簡単に把握できる Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールは、理想的なコール カバレッジ ツールです。

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールのディスプレイの下にある、点灯中の 2 つのページ ボタンを使用して、12 のボタンの最初のページと 2 ページ目を切り替えることで、一度に 12 ずつ、24 すべてのキーにアクセスできます(表 2)。表 3 に、Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの機能を示します。

表 2 ページ ボタンの点灯

ボタン ページの状況
オフ(無点灯) ページにフォーカスがない
緑(点灯) ページにフォーカスがある
黄(点滅) ページにフォーカスがなく、1 つ以上のアラートまたは保留中のコールがページに表示される

表 3 機能および説明

機能 説明
グラフィカル ディスプレイ 4.3 インチのグラフィカル(TFT)カラー ディスプレイ、16 ビット カラー、480 × 272 の有効ピクセル解像度、バックライト付き。ディスプレイは、フォントの 2 バイト Unicode エンコーディングを必要とするローカライズもサポート
電話番号および機能ボタン 12 の物理的なボタン(ページ キーを使用すると 24)
ページ ボタン 2 つのページ ボタンを使用して、12 のボタンの各ページにアクセスし、電話機の状況を表示
スリープ モードまたは非アクティブ モード Cisco Unified IP Phone 7965G または 7975G モデルが省電力のスリープ モードまたは非アクティブ モードの場合、Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールもスリープ モードまたは非アクティブ モードになる。[Display] ボタン以外に、Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールのどのボタンを押してもディスプレイが起動する。非アクティブ期間はシステム管理者によって設定される。


ソフトウェア要件

表 4 に、Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールのソフトウェア要件を示します。

表 4 Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールのソフトウェア要件

仕様 説明
電話機のソフトウェア要件 8.3(5) 以上
呼制御の互換性 Cisco Unified Communications Manager 4.2(3) SR3a、4.3(2)、5.1(3)b、6.1(1) 以上、Cisco Unified Communications Manager Express 4.1、4.2、4.3 以上
シグナリング プロトコル Skinny Client Control Protocol(SCCP)および Cisco IP Phone 7962G、7965G、および 7975G ソフトウェア 8.4(1) 以上

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールにより、48 の追加ボタンを使用できます(2 台のモジュールを使用する場合)が、ボタンの数は、表 5 に示すように、Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager Express のリリースによって異なります。

表 5 Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールのボタンのサポート

呼制御のリリース サポートされるボタンの合計数
Cisco Unified IP Phone 7962G および 7965G モデル Cisco Unified IP Phone 7975G
Cisco Unified Communications Manager 4.2(3)SR3a、4.3(2)、5.1(3)b、および 6.1(1) 42 42
Cisco Unified Communications Manager の将来のリリース 54 56
Cisco Unified Communications Manager Express 4.1 および 4.2 * 34 36
Cisco Unified Communications Manager Express 4.3 以上 54 56

* Cisco Unified Communications Manager Express 4.1 および 4.2 は、Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールを Cisco Unified IP Phone 7914 拡張モジュールとして設定します。


ハードウェア要件

  • Cisco Unified IP Phone 7962G、7965G、および 7975G の各モデル
  • Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュール(CP-7916=)
    • 最大 2 台のモジュール(接続ケーブルは各 Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールに付属)
  • シングル(CP-SINGLFOOTSTAND=)またはダブル(CP-DOUBLFOOTSTAND=)(図 4 に示すように、2 台の Cisco Unified 拡張モジュールを取り付ける場合は必須)のフットスタンドが必要
    • 標準の Cisco Unified IP Phone 用フットスタンドの交換が必要。標準のフットスタンドを、Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールをサポートするように特別に設計された 2 片構成のフットスタンドに交換する。1 台の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールを使用する場合はシングル フットスタンド、2 台の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールを使用する場合はダブル フットスタンドを使用可能
    • Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの取り付けに必要なのは、マイナス ドライバ、またはフットスタンドを Cisco Unified IP Phone 7962G、7965G、および 7975G の各モデルに固定するピンを外すのに適したその他のツールのみ
  • ローカル パワーを供給するためのパワー キューブ(CP-PWR-CUBE-3=)とコード(CP-PWR-CORD-xx=)

表 6 に、Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの電源オプションを示します。

図 4 2 台の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの取り付けに必要な部品

図 4 2 台の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの取り付けに必要な部品
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

表 6 電力要件

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの数 Cisco Unified IP Phone 7962G、7965G、および 7975G の各モデルの電源 発注するアイテム
1 インライン

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュール× 1

シングル フットスタンド× 1

パワー キューブ× 1

国別コード× 1

1 ローカル パワー(キューブ) *

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュール× 1

シングル フットスタンド× 1

2 インラインまたはローカル **

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュール× 2

ダブル フットスタンド× 1

パワー キューブ× 1

国別コード× 1

* Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールが 1 台の場合、ローカルに給電されている Cisco Unified IP Phone から電力を供給できます。

** ローカル電源は、1 台目の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールに接続します。これにより、両方の Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールに電力が供給されます。

表 7 に Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの仕様を、表 8 に温度定格を示します。

表 7 Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールの仕様

仕様 説明
寸法(高さ×幅×奥行)

203 × 123 × 51 mm

(8.0 × 4.84 × 2.0 インチ)

重量 376 g(0.83 ポンド)
電力 48 VDC、最大 58 mA

表 8 温度定格

可変温度 説明
動作温度 0 〜 40°C(32 〜 104°F)
相対湿度 10 〜 95%
保管温度 –10 〜 60°C(12 〜 140°F)


準拠規格および安全性

認証に関する詳細は、以下をご覧ください。http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/english/ipp7960/iphrcsi3.htm popup_icon


発注情報

シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」および表 9 と 10 を参照してください。ソフトウェアをダウンロードする場合は、Cisco Software Center popup_icon にアクセスしてください。

表 9 発注情報

製品番号 説明
CP-7916= Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュール
CP-SINGLFOOTSTAND= シングル モジュール フットスタンド
CP-DOUBLFOOTSTAND= ダブル モジュール フットスタンド
CP-PWR-CUBE-3= Cisco Unified IP Phone パワー キューブ
CP-PWR-CORD-xx= Cisco Unified IP Phone パワー キューブ用国別コード

表 10 発注情報:AC 国別電源コード

製品番号 説明
CP-PWR-CORD-AP= アジア太平洋
CP-PWR-CORD-AR= アルゼンチン
CP-PWR-CORD-AU= オーストラリア
CP-PWR-CORD-CE= 欧州共同体
CP-PWR-CORD-CN= 中国
CP-PWR-CORD-JP= 日本
CP-PWR-CORD-NA= 北米
CP-PWR-CORD-SW= スイス
CP-PWR-CORD-UK= 英国


保証

Cisco Unified IP Phone には、シスコ標準の 1 年間交換保証が付いています。


関連情報

Cisco Unified IP Phone 7916 拡張モジュールについての詳細は、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/iptel/ipphone/ippem7916/index.html をご覧ください。