Cisco Unified Communications Manager

NTTドコモの 「オフィスリンク™」サービスとの接続について

名刺に印刷したダイヤルイン番号だけで外出中でも確実な連絡が可能に



 シスコ ユニファイド コミュニケーションは、2009年9月1日から開始された株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (以下、ドコモ)の「オフィスリンク™」サービスとの接続をサポートしています。オフィスリンク™は、同一法人のお客様において、全国の FOMA®エリア内で、FOMA とオフィスの内線電話機との通話、FOMA と FOMA との通話を内線番号を用いて定額料金で利用可能にするサービスです。Cisco Unified Communications Manager をドコモ網に接続することで、オフィス内の Cisco Unified IP Phone と FOMA 端末との間での内線通話が定額で利用可能になります(図1を参照)。

図1 オフィスリンク™とシスコ ユニファイド コミュニケーション

図1 オフィスリンク™とシスコ ユニファイド コミュニケーション


機能と特長

 シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションとオフィスリンク™の連携によるメリットは、次のとおりです。

  • 名刺に印刷したダイヤルイン番号により、外出中にお客様から掛かってくる電話を FOMA で確実に受け取ることができるため、携帯電話番号を名刺に印刷する必要がありません。
  • 携帯電話への着信は、利用ユーザが設定・変更できます。
  • Cisco Unified IP Phone から開催する電話会議(Ad-hoc/Meetme)にも FOMA を使って参加できます。
  • 移動中、携帯電話で受け取れない電話は、Cisco Unity ボイス メールで留守電として受け取り、着信通知メールによって通知されます。
  • SIP 直収接続をサポートするため、特別なゲートウェイを必要としない安価な接続が可能です。

サポートされる接続方式

 ドコモのオフィスリンク™ サービスは、Cisco サービス統合型ルータ(ISR)経由で Cisco Unified Communications Manager をドコモ網に接続することにより実現できます(図2 を参照)。
 現在、オフィスリンク™との接続には、次の 2 つの方法があります。

  • SIPによる直収接続(PRIゲートウェイを必要としない安価な接続)
  • Cisco サービス統合型ルータの PRI インターフェイスを使用する PRI ゲートウェイ接続

図2 接続構成の概要

図2 接続構成の概要


必要な機器とソフトウェア

 ドコモのオフィスリンク™との接続には、以下の機器が必要となります。

  • Cisco Unified Communications Manager(CUCM)
    • バージョン 6.1(2)以降
  • Cisco サービス統合型ルータ(ISR)
    • IOS 12.4(20)T以降
    • Cisco Unified Boarder Element (CUBE)/SIP接続
    • PRIインタフェース
      対応インタフェースカード・モジュールは以下の通りです。
      • VWIC2-1MFT-T1/E1
      • VWIC1-1MFT-T1
      • VWIC1-1MFT-T1-DI
      • NM-HDV2(ベース モジュール)