概要

プライベート クラウドとパブリック クラウドの両方を活用したハイブリッド クラウドの実現には、さまざまなクラウド環境の違いを超えたコンピューティング リソースの可搬性と接続性、さらに適切なセキュリティ ポリシーの適用が必要です。

ポイント

  • Cisco Intercloud Fabric によって、自社が必要とする仕組みとリソースに最適化されたプライベート クラウドと、一時的なリソースの柔軟な追加/削除が可能なパブリック クラウドの組み合わせを可能にし、実用的なハイブリッド クラウドを実現
  • Amazon Web Services(AWS)や Microsoft Azure などのパブリック クラウドだけでなく、ISP が提供するさまざまなクラウド基盤とも連携することにより、必要に応じた柔軟なリソース選択が可能

Cisco Intercloud Fabric とは

  • さまざまなハイパーバイザが利用されているプライベート クラウドと、各クラウド サービス プロバイダーが提供するパブリック クラウドを結びつけて、ネットワークの接続性と仮想マシンの移動性(ポータビリティ)、環境に依存しないセキュリティを提供

Cisco Intercloud Fabric によるクラウド間連携

  • 一時的な開発/テスト環境やキャンペーン対応のための IT リソースや、万が一の場合のバックアップ サイトなどとしてパブリック クラウドを使用したい場合に、Cisco Intercloud Fabric はクラウドをまたいだ L2 ネットワーク接続を実現

クラウド間のセキュアなネットワークを構成

  • プライベート クラウドとパブリック クラウドの間でセキュアで管理されたネットワークを構成し、ユーザ自身がポータルを通じて統合管理することが可能