Guest
firepower-management-hero

優れた可視性と状況判断力

ネットワーク上のすべてのものを可視化しましょう。Cisco FireSIGHT Management Center は、Cisco ASA with FirePOWER Services および Cisco FirePOWER ネットワーク セキュリティ アプライアンスのネットワーク セキュリティと運用機能を集中管理するほか、 情報を自動的に集約し、関連付けます。また、運用方法を合理化し、共通して繰り返し行われる数多くのセキュリティの分析および管理タスクを自動化することにより、コストを削減します。

モデル

firepower-management-fs750

FS750

最大 10 個のセンサー管理
最大イベント数 2,000 万件
100 GB のイベント ストレージ
最大 2,000 ホスト、2,000 ユーザのネットワーク マップ

firepower-management-fs2000

FS2000

最大 70 個のセンサー管理
最大イベント数 6,000 万件
1.8 TB のイベント ストレージ
最大 15 万ホスト、15 万ユーザのネットワーク マップ

firepower-management-fs4000

FS4000

最大 300 個のセンサー管理
最大イベント数 3 億件
3.2 TB のイベント ストレージ
最大 60 万ホスト、60 万ユーザのネットワーク マップ

firepower-management-virtual

Virtual

最大 25 個のセンサー管理
最大イベント数 1000 万件
250 GB のイベント ストレージ
最大 5 万ホスト、5 万ユーザのネットワーク マップ

特長

firepower-management-feature-1

一元管理

ネットワーク セキュリティ ソリューションである Firepower Next-Generation Firewall(NGFW)ASA with FirePOWER ServicesFirepower NGIPSFirePOWER Threat Defense for ISR、および高度なマルウェア防御(AMP)のイベントおよびポリシー管理がかつてないほど簡単になりました。

firepower-management-feature-2

ネットワークの包括的な可視化

常に変化を続けるネットワーク内に存在するユーザ、ホスト、アプリケーション、ファイル、モバイル デバイス、仮想環境、脅威、そして脆弱性について把握しましょう。把握できない対象を保護することはできません。

firepower-management-feature-3

リアルタイムの脅威管理

ネットワークに対するアクセス、アプリケーションの使用を制御し、既知の攻撃を防御しましょう。AMP およびサンドボックス テクノロジーを使用することにより、未知の攻撃に対処し、ネットワーク全体におけるマルウェアの感染状況を追跡できます。

firepower-management-feature-4

セキュリティの自動化

この製品は、環境内のセキュリティ イベントと実際の脆弱性とを自動的に関連付けます。この分析に基づいて、影響の大きい攻撃に高い優先順位が付けられるため、チームは最初に調査すべきイベントを簡単に判別することができます。また、脆弱性への対処のために導入する必要がある適切なセキュリティ ポリシーを推奨します。

サービス

特長と機能

Cisco FireSIGHT Management Center には次の機能があります。

エンタープライズ クラスの管理

  • デバイス、ライセンス、イベント、およびポリシーのロールベースの一元管理
  • ユーザー設定のテンプレートに基づくレポートおよびアラートを使用してカスタマイズが可能なダッシュボード
  • ハイパーリンク テーブル、グラフ、チャートに表示されるイベント情報とコンテキスト情報
  • ネットワークの動作とパフォーマンスのモニタリング
  • 関連付けおよび修復機能によるリアルタイムでの脅威への対応

業界最先端の高い可視性と状況判断力

  • セキュリティ ポスチャを追跡するためのトレンドとハイレベルの統計情報
  • コンプライアンスと原因究明をサポートするイベントの詳細情報

物理ホストおよび仮想ホスト、オペレーティング システム、アプリケーション、サービス プロトコル、ユーザー、地理位置情報、コンテンツ、ネットワーク動作、脅威、およびマルウェアに対するコンテキスト認識機能が備えられています。

セキュリティを自動化して動的な防御を実現

  • 関連性と影響に優先順位を付けるための自動脅威アセスメント
  • 関連付けおよび修復機能によるリアルタイムでの脅威への対応
  • 新しい脅威からの保護を目的とした、自動ポリシー調整機能
  • 保護と対策を最適な状態に維持

柔軟な導入オプション

  • 物理または仮想アプライアンス(VMware)として導入可能
  • 物理アプライアンスでは、集中管理できるセンサーとイベント ストレージの数が増加
  • 仮想アプライアンスでは、既存のインフラストラクチャでのプロビジョニングが容易に
asr2016-jp-spotlight

Cisco 2016 年次セキュリティ レポート

攻撃テクニックの変化や防御を強化すべき対象についてご確認ください。

ホワイトペーパーをダウンロード

サポート

仕様の概要

Cisco FireSIGHT Management Center アプライアンス モデル

(注)センサーが機能するためには、Cisco FireSIGHT Management Center アプライアンスが必要です。センサーのすべてのライセンスと管理は、Cisco FireSIGHT Management Center によって処理されます。