アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco Identity Services Engine(ISE):脅威の封じ込め

セキュリティソリューションを最大限に活用

ISE を利用した脅威を封じ込める機能の利用手順

Cisco Threat Containment をセットアップしてネットワークセキュリティの可視性と分析機能を実現し、お客様のシステム、サーバ、デバイス、アプリケーションを最新の既知の脅威や新たな脅威から保護します。ISE BasePlusApex ライセンスのいずれかが必要です。

このページでは、脅威を封じ込める機能をご利用にあたって必要な手順とリソースをご紹介します。「導入準備」から以下の手順に沿ってセットアップを進めてください。なお、製品を最大限ご活用いただくために「利用」フェーズ以降もリソースを順次公開いたします。準備が整うまでしばらくお待ちください。

定着
活用
最適化

導入準備

スマート ライセンス アカウントの有効化が完了していないお客様は、始めにこちらより設定してください。

利用

次のステップに従って利用を開始してください。必要なアクションについては、各手順ごとのリソースをご確認ください。

セットアップ完了の確認方法

Threat Containment のセットアップが完了したかどうかを確認するには、ISE 内で、下記の手順によって確認できます。

  1. [運用(Operations)] > [脅威中心型NACライブログ(Threat Centric NAC Live Logs)]
  2. [運用(Operations)] > [レポート(Reports)]
    左側のメニューの [脅威中心型NAC(Threat Centric NAC)] レポートから選択します。
  3. [コンテキストの可視性(Context Visibility)] > [エンドポイント(Endpoints)] > [脆弱なエンドポイント(Vulnerable Endpoints)](ISE 2.1+)

最新の ISE ソフトウェアバージョンにアップグレード

ISE アップグレードのベストプラクティス

円滑に ISE ソフトウェアをアップグレードするためのベストプラクティス、ヒント、手法をご確認ください。

ISE のインストールおよびアップグレードガイド

最新のガイドに、アップグレードの準備事項、各種アップグレード方法、トラブルシューティングの FAQ が記載されています。

ISE リリースノート

アップグレードの準備はできていますか。最新の ISE リリースノートを読んで、お使いのソフトウェアを最新バージョンにアップグレードする方法を確認してください。 

ISE 月次ウェビナー

ISE に関する疑問をリアルタイムで解決できます。オンラインウェビナーにサインアップしてください。

シスコともっとつながる

シスココミュニティ

ISE に関してユーザ同士が気軽に質問いただける場を提供しています。今すぐ参加して、ヒント、および FAQ をご活用ください。

シスコ プロフェッショナル サービス

Cisco ISE のセットアップおよび、お客様の目的に合った設定方法に関するハンズオンサポートを実施しています。

Cisco ISE で実現できることは、これだけではありません。

その他の機能を活用するためのセットアップ方法をご確認ください。