Guest

CCNP Wireless

Wi-Fi スキルはデジタル化に対応できていますか?

改訂された CCNP Wireless 認定で、デジタル変革を実現するための自信と専門知識を身に付けましょう。

WI-FI Skills Ready for Digitization?

Certification Listing

Cisco Certified Network Professional Wireless (CCNP® Wireless) 認定では、シスコのワイヤレス ネットワークおよびモビリティ インフラストラクチャの設計、導入、および運用に必要な知識が問われます。 CCNP Wireless 認定で重点的に取り上げられるのは、ワイヤレス ネットワーキングの原理と理論です。また、受験者がネットワーク ビジネス要件の評価とそれに基づく技術仕様策定、およびソリューションの導入を成功させる専門技術と洞察力を兼ね備えた、ワイヤレス分野のプロフェッショナルであることを認定します。

認定条件

CCNA Wireless 認定またはいずれかの CCIE 認定

試験と推奨トレーニング

試験 推奨トレーニング

300-360 WIDESIGN popup

Designing Cisco Wireless Enterprise Networks (WIDESIGN)

300-365 WIDEPLOY popup

Deploying Cisco Wireless Enterprise Networks (WIDEPLOY)

300-370 WITSHOOT popup

Troubleshooting Cisco Wireless Enterprise Networks (WITSHOOT)

300-375 WISECURE popup

Securing Cisco Wireless Enterprise Networks (WISECURE)

※ 日本におけるトレーニングの開催予定につきましては、コース スケジュール pop up を参照してください。

シスコ ラーニング ネットワーク

ラーニング パートナー コンテンツ

シスコ認定試験に備えるには、シスコ認定トレーニングが最適です。

Conducting Cisco Unified Wireless Site Survey (CUWSS)

5日間のトレーニングで、ワイヤレス サイト調査の計画と実行について学習します。
» コース スケジュール popup

Implementing Cisco Unified Wireless Voice Networks (IUWVN)

5日間のトレーニングで、WLAN への VoWLAN サービスの統合、およびワイヤレス ネットワークへの QoS、マルチキャスト、ビデオ、広帯域アプリケーションの実装について学習します。
» コース スケジュール popup

Implementing Cisco Unified Wireless Mobility Services (IUWMS)

5日間のトレーニングで、WLAN へのモビリティ サービスの統合、モビリティサービスを実装する WLAN の調整およびトラブルシューティング、メッシュ ネットワークの実装について学習します。
» コース スケジュール popup

Implementing Advanced Cisco Unified Wireless Security (IAUWS)

5日間のトレーニングで、適切なセキュリティ ポリシーと最善の方法によるワイヤレス ネットワークの保護、セキュリティ規格の適切な導入、ワイヤレス セキュリティ コンポーネントの適切な設定について学習します。
» コース スケジュール popup

Designing Cisco Wireless Enterprise Networks (WIDESIGN)

このコースは、ワイヤレス ネットワークの設計に対する新しい視点を提供します。受講者は、顧客への最初の連絡から導入後のレポートまで、ワイヤレス ネットワークの設計方法を最初から最後まで学びます。受講者は実地検証の実施方法や、難しい領域の特定方法、調査プロセスを最適化して、AP のカバレッジ率を向上させる方法について学びます。
» コース スケジュール popup

Deploying Cisco Wireless Enterprise Networks (WIDEPLOY)

受講者はこのコースで、シスコのコントローラ、ユニファイド スイッチング アーキテクチャのポリシー、ベストプラクティスを使用してワイヤレス ネットワークの導入を行います。また、標準的なモビリティの適切な実装や、ワイヤレス コンポーネントの設定についても確認します。このコースはラボ演習を提供することで、新しい Cisco 8.0、Prime Infrastructure リリース 2.2、および Mobility Services Engine リリース 8.0 の各種機能を設定および展開する方法について、受講生がより深く理解できるようにしています。
» コース スケジュール popup

Troubleshooting Cisco Wireless Enterprise Networks (WITSHOOT)

受講者はこのコースで、企業のワイヤレス インフラストラクチャのトラブルシューティングと最適化についての知識を身に付けます。クライアントの接続、パフォーマンス、RF に関する問題を特定して解決するために必要なツールと手法についても学習します。
» コース スケジュール popup

Securing Cisco Wireless Enterprise Networks (WISECURE)

このコースでは、シスコのワイヤレス コンポーネントの適切な設定を通じて、Wi-Fi セキュリティ アーキテクチャの実装に関するガイドラインを提供します。受講者はラボ演習を利用して、Cisco AireOS 8.0、Prime Infrastructure リリース 2.2、Identity Services Engine リリース 1.3 の各種機能を展開することなど、さまざまな概念の認識を深めることができます。
» コース スケジュール popup

認定を取得するには、次の試験に合格する必要があります。

300-360 WIDESIGN

この試験では、顧客とアプリケーションの要件の特定、予測ワイヤレス設計原則の適用、エンタープライズ ワイヤレス ネットワークの設計および最適化に必要なサイト調査の実施に関する知識が問われます。

300-365 WIDEPLOY

この試験では、高可用性、QoS、マルチキャスト、およびモビリティ サービスをサポートする適切なシスコ コントローラとユニファイド スイッチング アーキテクチャに基づくワイヤレス ネットワークの実装に関する知識が問われます。

300-370 WITSHOOT

この試験では、エンタープライズ ワイヤレス インフラストラクチャおよび関連サービスのトラブルシューティングと最適化に加え、クライアントの接続、パフォーマンス、RF の問題を特定して解決するために必要なツールや手法の知識が問われます。

300-375 WISECURE

この試験では、クライアント デバイス セキュリティ、アイデンティティ ベースの認証およびサービスの実装とともに、エンタープライズ ワイヤレス インフラストラクチャの保護とモニタリングに関する知識が問われます。

プロフェッショナル レベル (CCDP, CCNP Cloud, CCNP Collaboration, CCNP Data Center, CCNP Routing and Switching, CCNP Security, CCNP Service Provider, CCNP Wireless) のシスコ技術者認定の有効期限は 3 年間です。再認定を受けるには、認定の有効期限内に次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 現行の 642-XXX または 300-XXX プロフェッショナル レベル試験の 1 つに合格
  • 現行の CCIE 筆記試験の 1 つに合格
  • 現行の CCDE 筆記試験に合格
  • 現行の CCDE 実技試験に合格
  • アーキテクト インタビューおよびアーキテクト委員会審査に合格

現在よりも上位レベルの認定に合格することで再認定を取得した場合、現在の認定の有効期限は、新たに取得した上位レベルの認定資格の有効期限と同じになります (たとえば、CCNA Routing and Switching 認定の有効期間が 1 年残っている状態で、CCIE 認定に合格した場合、CCIE 認定と CCNA Routing and Switching 認定の両方とも、CCIE の合格日から 2 年間有効となります)。「再認定を受けるには」 も合わせて参照してください。

再認定キャンペーン

認定取得でギフト券プレゼント!目標到達キャンペーン

シスコ技術者認定 CCNA CCNP CCIE 学習情報サイト シスコラーニングネットワーク

ご自身の情報を
ご確認ください

シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

トラッキング システム