アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

動的な意思決定

固形ごみの管理は、多くの場合に地方自治体が引き受ける単一の最大の活動です。廃棄の管理が不十分であると、健康、地元の環境やグローバルな環境、および経済にも甚大な影響が及びます。安全性が高く、ベンダーに依存しないプラットフォームにより、都市でのごみ管理を最適化します。

シスコのソリューションによる都市の支援方法

業務の改善

ごみ箱の状態についてのリアルタイムの可視化により、事業者と行政に重要な情報が提供されます。

汚染と騒音を軽減する

データを活用し、必要なごみ収集車の数を削減できます。これにより排出量を減らすことになります。

認識を深める

ごみ箱の火災などの安全に関わるインシデントや、ごみ箱が指定の場所以外に移動していることなどについてのアラートを取得します。

管理を一元化する

都市や市民に統合されたサービスを提供するために、行政と事業者の間の縦割り状況を解消します。

Cisco Kinetic for Cities Waste Management に投資する理由

ルートの最適化

ごみ箱のリアルタイムの状態を、満杯度レベルとオーバーフローのアラートで取得します。車両の状態を確認し、マウス クリックでルートを変更します。

マルチベンダー統合

ごみ管理ソリューションへの入力はベンダーに依存しません。これによりデータを無数のセンサーから集約できます。

ごみの動的な収集

天候、交通量、または公的イベントなど、サービスの品質に影響を与える外部要因に関するアラートを受け取ります。

リアルタイム分析

履歴データとトレンド レポートで洞察を得られるので、十分な情報に基づいた意思決定ができます。

都市向けの新たなファイナンシング

シスコの 10 億ドルのイニシアチブによって、スマート シティ テクノロジーが導入しやすくなります。