Wi-Fi 6 とは

802.11ax とも呼ばれる Wi-Fi 6 は、私たちがどのように情報と繋がり、それを消費するかを変えようとしています。Wi-Fi 6 標準は以前の Wi-Fi 標準の強みを土台とし、効率性、柔軟性、拡張性が強化されています。これらの改善によって、新しいネットワークや既存のネットワークの速度とキャパシティが向上し、次世代のアプリケーションに対応することができます。

Wi-Fi 6 では、ギガビット イーサネット ワイヤレスの自由さと高速さに、ライセンス型無線の信頼性と予測可能性が加わります。

Wi-Fi 6 の利点は何ですか?

Wi-Fi 6 により、組織やサービスプロバイダーは、ワイヤレス LAN(WLAN)インフラストラクチャを変更することなく、新たに登場するアプリケーションをサポートできます。また、古いアプリケーションにはより高度なサービスを提供できます。このような状況で新たなビジネスモデルが生まれ、Wi-Fi の導入が拡大します。

Wi-Fi 6 と 802.11ax は異なるものですか?

いいえ。この 2 つは同じものを指します。Wi-Fi Alliance は、IEEE 802.11ax 標準を示す言葉として「Wi-Fi 6」を使いました。この言葉は、これが Wi-Fi の第 6 世代であることを意味しています。その目的は、マーケティングメッセージをシンプルにすることで、セルラーで使用される Third Generation Partnership Project(3GPP)標準(5G など)に対する 802.11ax の位置付けを高めることでした。

Wi-Fi 6 はいつ承認されましたか?

Wi-Fi Alliance は、2020 年に Wi-Fi 6 を完全に承認しました。直近では、Wi-Fi Alliance は Wi-Fi Certified 6E を追加しました。

Wi-Fi 6 の要素


Wi-Fi 6 の利点

Wi-Fi 6 により、アクセスポイントは高密度な環境でより多くのクライアントをサポートし、標準のワイヤレス LAN ネットワークのユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。また、4K または 8K ビデオ、高密度高画質のコラボレーション アプリケーション、オールワイヤレスオフィス、Internet of Things(IoT)などの高度な使用事例で、安定したパフォーマンスを実現できます。

ホワイトペーパーを読む >


Wi-Fi 6 技術の特徴

  • 1024 直角位相振幅変調(QAM)を使用した高密度変調により、35% を超える高速バーストを可能にします。
  • 直交周波数分割多元接続(OFDMA)に基づくスケジューリングにより、オーバーヘッドや遅延を削減します。
  • 堅牢で効率的なシグナリングにより、非常に低い受信信号強度表示(RSSI)でも快適に機能します。
  • Target Wake Time(TWT)によって効率よくスケジューリングできるようになり、デバイスのバッテリ寿命が長くなります。

Wi-Fi 6 と 802.11ac の互換性

近年登場した他の Wi-Fi と同様に、Wi-Fi 6 は既存の技術に基づいて構築されているため、下位互換性を保ちながら効率性を向上させています。

FAQ のダウンロード >