アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成
ビッグデータ向け Cisco UCS Director Expressview expanded image

Hadoop インフラストラクチャの統合管理

ビッグデータ向け Cisco UCS Director Express は、ビッグデータ インフラストラクチャ向け Cisco UCS Common Platform Architecture(CPA)設計に基づく Hadoop の導入を自動化するワンタッチ ソリューションを提供します。また、物理インフラストラクチャと Hadoop ソフトウェアの両方にわたる単一の管理インターフェイスも提供します。このインフラストラクチャのすべての要素は、わずかなユーザ入力だけで自動で基本設定できます。

Hadoop クラスタ導入の自動化

ビッグデータ向け UCS Director Express により、簡単に Hadoop クラスタを導入する流れをご覧ください。(5:23 min)[英語]

機能と特長

ビッグデータ向け Cisco UCS Director Express によって、物理サーバ、ストレージ、およびネットワークを統合した形で、オペレーティング システム、Java パッケージ、および Hadoop を設定、Hadoop サービスをプロビジョニングします。また、ClouderaMapR、および Hortonworks の主要な Hadoop ディストリビューションとも統合されています。一貫性があり繰り返してクラスタ構築が可能です。

ビッグデータ向け Cisco UCS Director Express は、次の利点を提供します。

シンプルさと俊敏性

このソリューションにより、サービスプロファイルが Hadoop アプリケーション 環境に向けに拡張されるため、信頼性の高い、一貫性のあるツールとなります。インフラストラクチャだけでなく、クラスタで実行される Hadoop サービスも定義します。システム全体を視野に入れているため、Hadoop 管理者は、Hadoop ノード上の Hadoop アクティビティを、ネットワークおよびサーバと関連付けることができます。

高い性能と拡張性

本製品はビッグデータ向け Cisco UCS CPA をベースに構築され、リソース能力を生かした高い性能と拡張性を実現できるように設計された Hadoop クラスタを提供します。1つの管理ドメインで最大 160 ノードまで環境をスケール アップでき、複数ドメインを相互に接続することで 10,000 ノードまでスケール アップできます。

拡張およびプログラム可能な管理フレームワーク

オープンなノースバウンド Representational State Transfer(REST)API を使用して、ソリューションのカスタマイズ、アドオン サービスの構築、または他社製アプリケーションとの統合を行うことができます。

ビッグデータ向け Cisco UCS Director Express は、Hadoop クラスタ向けのワンタッチ・自動化されたフローにより、多数の導入および管理課題に対処します。ハードウェアとソフトウェア全体にわたる一元的な可視化により、把握・設定の複雑さを劇的に減らし、応答時間が向上させることができるため、Hadoop の導入と管理がより迅速かつ容易になります。

より詳細な情報は、リリース ノート互換性マトリクス管理ガイド、およびベアメタル エージェントおよび VMware vSphere インストール ガイドなどの技術資料を参照してください。

関連リソース

Contact Cisco

サポート &
ダウンロード