サイトマップ
購入のご案内

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Extended Detection and Response(XDR)

SOC の時間を 100 時間分短縮できます。

最新情報

XDR For Dummies

Extended Detection and Response (XDR) For Dummies の eBook で、セキュリティチームの負担を軽減するプラットフォームアプローチの仕組みをご覧ください。

451 Research レポート

XDR でセキュリティ運用を最新化して組織全体の価値を高める方法について、451 Research 社が詳しく解説します。

SecureX を活用した XDR

統合プラットフォームアプローチを導入してセキュリティを強化する方法をご覧ください。

XDR バイヤーズガイド

SecureX のターンキー統合により、シスコの XDR ソリューションにサードパーティのセキュリティツールを簡単に接続できます。 

メリット

組み込みの拡張機能

広範なポートフォリオに機能が統合され、侵害防御がシンプルになっています。 

インテリジェントな検出

ほとんどのデータソースで機械学習ベースの分析を行い、悪意のあるふるまいを特定します。

信頼性に優れた対応

プレイブックに基づいた自動化により、ほとんどのコントロールポイントで脅威の滞留時間が短くなります。 

最も速く XDR を実現する方法

エンドポイントにおける検出と対応

迅速に脅威を検出して自動的に対応することで、インシデント対応時間を最大 85% 短縮します。

クラウドネイティブの統合セキュリティ プラットフォーム

非常に広範囲にわたって統合されたプラットフォームでセキュリティを簡素化し、可視性と効率を向上させます。 

ネットワークの検出と対応

ネットワークおよびクラウド全体をエージェントレスで可視化して、精度の高いふるまい検出を実現することにより、誤検出を減らします。

XDR によりセキュリティが向上

72%

脅威の滞留時間削減率:手動による調査が不要になり、脅威ハンティングとコンプライアンスの遵守に費やす時間が短縮されます。

6 ~ 10時間

インシデントあたりの短縮時間:データに迅速にアクセスできるようになるため、対応時間が短縮され、エンドユーザーの生産性が向上します。

100%

ネットワーク全体の可視化率:プライベートネットワーク、パブリッククラウド、さらには暗号化されたトラフィックに至るまでの脅威を検出して、優先順位を付けます。

XDR を今すぐ確認できる 10 の方法

新しい eBook で 10 件の主要なユースケースを確認し、以下のような疑問を解消してください。

  • XDR は、現在利用しているセキュリティテクノロジーのデータを統合できるか?
  • あらゆる攻撃ベクトルの情報を 1 つにまとめるうえで、分析機能はどのような役割を果たすのか?
  • 現在のエンドポイントセキュリティは十分に機能しているか?
  • 自動化することで問題を解決できるのか?
  • セキュリティに関する意思決定を向上させるには、XDR をどのように活用すればいいのか?

シンプルなセキュリティ エクスペリエンス

クラウドネイティブな組み込みプラットフォームを活用して、Cisco Secure ポートフォリオとお客様のインフラストラクチャを連携させてください。統合型のオープンな構成でシンプルさを実現するとともに、一元化によって 1 つの場所で可視性を提供し、ワークフローを自動化することで運用効率を最大限まで高めます。

XDR の主な機能

少ない労力で多くの成果を実現

監視対象を見つけてケースブックを開始します。あるいは、ライブエンドポイントクエリを活用して脅威ハンティングを強化します。さらに、分析機能によって生成されたインシデントを管理して調査を始めるか、オーケストレーションされたワークフローを開始します。

100 のふるまいモデルと 400 の ML 分類子を利用した明確な分析結果をもとに、管理対象のエンドポイントと管理対象外のネットワーク/クラウドエンティティ全体で、何が、どのように発生しているかを把握します。

アクション(ホストの分離など)および承認結果に関するさまざまなライブラリを使用して、プレイブックを実行します。また、実行前の分析結果や過去の分析結果に基づいて、継続的な対応(ファイルのブロック、エクスプロイトの防止など)を行います。

お客様やアナリストの評価

Cisco Secure Endpoint

世界最大規模の空港であるイスタンブール空港のセキュリティが強化されました。

Cisco SecureX

ノースカロライナ大学ペムブローク校で SOC の効率が向上しています。

ESG 社は、XDR 統合アプローチによって、エンドポイントのセキュリティが強化されると考えています。

SecureX の Total Economic Impact(総合的な経済効果)

SecureX を利用する組織が、どのようにインシデントあたりの分析作業を最大 90% 削減しているのかをご覧ください。

451 Research 社のアナリストである Aaron Sherrill 氏が、XDR の進化についてのインサイトを共有します。 

2020 年の出来事が SASE、ゼロトラスト、XDR の導入にどのように影響したのかについて、451 Research 社の研究者が説明します。

ウェビナー

XDR の範囲の拡大

この #シスコチャット では、XDR のプラットフォームアプローチで脅威の検出、優先順位付け、および修復能力を強化する方法を紹介します。

この SANS Cyber Solutions Fes のプレゼンテーションで、XDR アプローチの範囲を拡大する方法をご確認ください。

Cisco Secure Insights Summit

Cisco Secure Insights Summit では、Extended Detection and Response(XDR)に重点を置き、SecureX を活用してビジネス上の課題を解決する方法を説明します。