サイトマップ
購入のご案内

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

第 2 回 セキュリティ成果調査

データに基づいた実用的な 5 つのプラクティスでセキュリティを最適化

第 2 回調査の最新情報

第 2 回セキュリティ成果調査では、世界 27 か国の 5,100 人を超す IT 担当者を対象に、二重盲検調査を独自に実施しました。この調査では、広範な先行調査によって明らかになった、サイバーセキュリティ プログラムの成功の鍵となる 5 つの要因に対するアプローチについて、全回答者に質問しました。

ご存知でしたか?

セキュリティテクノロジーが統合されていると、プロセスの高度な自動化を実現できる可能性が 7 倍になります。

サイバーセキュリティ プラクティス トップ 5

シスコの調査によると、サイバーセキュリティ プログラムの成功の鍵となる 5 つの要素は以下の通りです。 

テクノロジーの更新を積極的に行う

十分に統合されたテクノロジーを使用する

インシデントに迅速に対応する

迅速なディザスタリカバリを実現する

脅威を早期かつ正確に検出する

他社の事例から学ぶ

他社がどのようにしてセキュリティ成果を達成しているのかを、各業界の事例からご覧ください。 

Zero Trust Secure Access Service Edge (SASE)

その他の主な調査結果

2X

脅威検出・対応チームを社内で擁することで、アウトソーシングの場合より対応の速さが 2 倍になる(13 日間が 6 日間になる)。

2X

カオスエンジニアリングを定期的に実施することで、有事に事業を継続できる可能性が 2 倍になる。

40%

アセットとリスクを特定するための、十分に統合された機能を持つ組織は、脅威検出と対応において約 40% 強固である。