アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

セキュリティ導入事例:ジョージ ワシントン大学

 
セキュア DNS で、大学全体のセキュリティ環境が大幅に向上

Cisco Umbrella を導入したことで、大規模なアンマネージド ネットワークを保護し、脅威の調査に要する時間を大幅に削減しました。

概要

課題

  • マルウェアやその他の脅威から学生と知的財産を守る
  • セキュリティ対策によって、学生が自由にインターネットを使えなくなることは避けたい

ソリューション

成果

  • 脅威の調査に要する時間を大幅に削減
  • 感染件数の低減により、エンジニア チームとインシデント対応チームの作業時間を 25 ~ 30 % 削減
  • ユーザ エクスペリンスに影響することなくマルウェアからユーザを保護
  • 充実した脅威インテリジェンスを活用して、インシデント対応から解決までの時間を短縮するとともに、将来的な脅威を保護

アウトバウンド攻撃を発生前にブロックできるため、膨大な時間を節約することができます

Mike Glyer
ジョージ ワシントン大学 エンタープライズ セキュリティ & アーキテクチャ部門 ディレクター

ジョージ ワシントン大学

業種:教育
所在地:米国ワシントン D.C.
大学規模:ユーザ数 26,000 人超

こちらもご覧ください