アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

次世代のハイパーコンバージェンスを実現

コンピューティング、ストレージ、ネットワークを統合します。シスコの HyperFlex HX Data Platform は、基幹システム レベルに求められる広範なデータ管理サービスと最適化サービスを提供する、フラッシュの最適化された高性能の分散ファイル システムです。HX Data Platform はフラッシュ向けに最適化されており、データ管理またはストレージの効率を損なうことなく高性能と低遅延を実現すると共に、SSD の消耗を最小限に抑えます。

特長

データ管理のシンプル化

日常業務を劇的にシンプル化します。一般に利用されている管理ツールにストレージ機能を統合することで、アプリケーションの素早いプロビジョニング、クローニング、スナップショットが可能になりました。

継続的なデータの最適化

常にインライン データ重複排除とインライン圧縮を実行することで、効率性の高いリソース活用を実現し、IT の設置スペースを削減します。

フラッシュに最適化

構造化されたファイル システムのログが SSD に順次書き込まれ、低遅延で著しく高いパフォーマンスを実現すると共に、フラッシュの消耗を最小限に抑えます。

リソースごとの拡張性

HX Data Platform は、サーバ、データ キャッシュ、ディスク容量の変更および拡張を別個に行うことができるため、ビジネス ニーズの変化に応じて柔軟に環境を変更したり拡張したりできます。

動的なデータ分散

入ってくるデータは、システム クラスタ内の複数サーバと複数ストレージ階層にまたがって分散して確実に最適化されるため、パフォーマンスのボトルネックが発生しにくく、高い IO 性能が提供されます。

エッジでのハイパーコンバージェンス

新しい Cisco HyperFlex Edge により、運用環境のエッジにシンプルなハイパーコンバージェンスを導入できます。

データの価値を最大限に活用

Cisco HyperFlex の基盤となる、HyperFlex HX Data Platform ソフトウェアの詳細をご覧ください。

Cisco HyperFlex モデル

Cisco HyperFlex ハイブリッド ノード

Cisco HyperFlex オール フラッシュ ノード

リモートおよびブランチ オフィス向け Cisco HyperFlex Edge

アーキテクチャ

HyperFlex は Cisco UCS プラットフォーム上に設計されています。これは、一般的なシステムからコンバージド システム、ハイパーコンバージド システムまでを共通のポリシーとインフラストラクチャ管理に包括できる、データセンター アーキテクチャの一部です。

次世代型 IT への橋渡し:HyperFlex は API ベースのアーキテクチャを基盤としており、DevOps スタイルの IT に求められる相互運用性が確保されています。オーケストレーション ツールやクラウド サービスに統合できます。

新たなアプリケーションに対応:HX Data Platform は、複数のハイパーバイザ、コンテナ、ベア メタルのサポートを目的としており、既存および新規のクラウド ネイティブなワークロードに対応します。

継続的な技術革新を活用:HyperFlex は、Cisco UCS と ACI のイノベーションを取り入れながら、ハイパーコンバージド インフラストラクチャを継続的に拡張します。

ソフトウェア

Cisco HyperFlex Systems では、HyperFlex HX Data Platform ソフトウェア、バージョン 2.6 が中核として稼働します。また、このソフトウェアは、ハイパーバイザとして VMware vSphere バージョン 6.0 および 6.5 環境で動作します。

Intel Xeon Logo インテル® Xeon® プロセッサ搭載 Cisco HyperFlex™ Systems  

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。