アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

マルチクラウドに適したコンテナ管理

コンテナの利用には積極的であっても、コンテナの展開、モニタリング、管理になると消極的です。特に、複数のパブリック クラウドやプライベート クラウドでの展開においてはそういえるのではないでしょうか。これは、多くのツールが利用できるものの、それらの標準化が十分に行われていないためです。

Cisco Container Platform(CCP)では、反復的なタスクを自動化して複雑なタスクをシンプル化できるため、コンテナの利点を最大限活用できるようになります。

特長

ターンキー

コンテナのオーケストレーション、管理、ネットワーキング、ロード バランシング、ストレージ、セキュリティ、分析に対応する単一の統合スタックをシンプルかつ使いやすいプラットフォームで利用できるため、すぐに開始できます。

スマート

CCP によって、反復的なタスクが自動化されるため、コンテナにおける非生産的な作業はすべて不要となります。たとえば、Kubernetes や Docker のインストール、分析ツールのインストール、クラスタの作成、ロード バランシング、OS のキュレーション、さらに更新や配布までもが自動化されます。

フレキシブル

さまざまな展開オプションが可能です。CCP はオープン ソース コンポーネント(100 % アップストリームの Kubernetes、Docker、Contiv、Nginx など)に基づいて構築されているため、ベンダー ロックインの心配はありません。また、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ、VM、ベア メタル、パブリック、プライベート クラウドにわたり一貫した展開を実施できるので、環境を問わずどこでも動作します。

本番環境対応

この堅牢なソリューションは、シスコと Google Cloud との企業レベルのパートナーシップによって共同開発されました。管理およびサポートはシスコの世界水準のエンジニアリング チーム、サービス チーム、サポート チームが担当し、TAC がスタック全体をサポートします。

実態を把握可能

コンテナ内がどんな状態であるかが分からないと、コンテナ クラスタのトラブルシューティングは困難です。CCP により、すべての状態をモニタして把握できるため、ビジネスに影響が出る前に潜在的な問題に対処できます。

お勧めの使用例

Cisco Container Platform の SAP データ ハブ

Cisco Container Platform により企業で SAP の新しい発電所ビッグデータ アプリを簡単に利用する方法を確認します。

HyperFlex

Cisco Container Platform を「ターンキー」で提供可能にした、実証済みで強力なハイパーコンバージド スタックの詳細を紹介します。

コンテナ管理の事例

 コンテナの管理方法は、コンテナの使用目的と同じように重要です。 IDC アナリスト Stephen Eliot 氏の見解をご紹介します。

TechWiseTV:Cisco Container Platform

コンテナを最大限に活用する方法を専門家が紹介します。

Cisco Container Services

アプリケーションの市場投入を迅速化

既存のアプリケーションを刷新し、サービスのライフサイクルを使用して効率を改善します。

ニュースとイベント

企業のコンテナ

企業におけるコンテナの役割について SAP と Cisco が共有しているビジョン。

柔軟性とスケーラビリティ

テクニカル マネージャは、コンテナで有効化されるマイクロサービスを使ってイノベーションを促進します。

ポッドキャストの詳細情報

Cisco Container Platform に関する Q&A を取り上げたクラウド全体に関するエピソード。