Network Functions Virtualization(NFV)

イントロダクション

新しいビジネス モデルとクラウドベース サービスのサポート

ネットワーク機能の仮想化(NFV)は、新しいテクノロジー標準化 [英語]コンテンツは別のウィンドウで開きますへの取り組みの一環として、次のことを目指すネットワーク事業者を支援することを目的としています。

  • 専用アプライアンスの数と種類の低減
  • エネルギーおよび不動産コストの削減
  • より効率的な設備投資の実現
  • 統合およびネットワーク運用の複雑さの低減
  • 加速するテクノロジーおよびサービス イノベーションの利用

NFV は、通常専用ハードウェアに常駐するネットワーク機能を取り出し、抽象化することができます。抽象化後は、その機能をソフトウェア モジュールとして管理し、標準コンピューティング プラットフォームで導入することができます。別のハードウェアやコンピューティング プラットフォームへの移植や複製も可能です。

NFV とその補完テクノロジーであるソフトウェア定義型ネットワーク(SDN)は、ネットワーキングに大幅なコスト削減と運用の簡素化を可能とする革新的な変化をもたらします。

NFV により、複数の孤立したネットワーク、カスタムビルトの機器、複雑な運用は過去のものとなります。代わりに、登場するのがオープンなエコシステムとオーケストレーションされた仮想ネットワーク機能(VNF)です。これらのメリットを活用して新しいビジネス モデルとクラウドベースのサービス製品を開拓し、ビジネスをさらに拡大させることができます。

シスコは NFV プロセスとビジネスの変革を支援します。シスコの NFV ソリューションは、次の補完的なシスコ プラットフォームの革新的でオープン、かつプログラム可能な機能とプラットフォーム間のインタラクションを基盤としています。

Cisco ESP は、NFV、SDN、オープン API、高度なオーケストレーション機能を使用して、柔軟なモジュラー プラットフォームを構築します。Cisco EPN は NFV 業界フォーラム [英語]コンテンツは別のウィンドウで開きますで定義された物理および仮想ネットワーク機能で構成されるオープン プラットフォームです。

シスコはあらゆるテクノロジー ドメインおよびサービス ドメインを網羅する最も広範な VNF を開発しました。これらの各 VNF とテクノロジー パートナーの VNF は、Cisco ESP のカタログおよびセルフサービス ポータルで入手できます。

Cisco ESP は Cisco EPN と連動して、今までにないキャリア クラウド サービスの管理、オーケストレーション、サービス機能のチェーンを自動化します。これらの自動化機能は、ETSI NFV 管理およびオーケストレーション フレームワーク [英語] に準拠しています。これらを利用する事業者は、新しいビジネス価値を効率的にオンデマンドで迅速に創出することができます。

Cisco ESP は、次の最高水準の特長を備えています。

  • 分散するデータセンターにわたるスケーラブルで自動化されたモデル主導型のオーケストレーション
  • インテリジェントに最適化されたワークロード配置による柔軟なサービス提供
  • オンデマンドのゼロタッチ サービス プロビジョニング
  • 法令および厳格なサービスレベル契約のセキュリティ要件を網羅するポリシーの遵守

Cisco ESP のパッケージ済みサービス モジュールは、オープンなマルチベンダー エコシステムで NFV から優れた価値を引き出します。ハイブリッド クラウド インフラストラクチャでネットワーク サービスをサービスとして導入するモデルを利用すれば、ビジネスを飛躍的に拡大できます。

NETCONF / RESTCONF と YANG の標準化状況

NETCONF / RESTCONF と YANG の標準化状況

データモデリング言語 YANG と、NETCONF / RESTCONF プロトコルの標準化の最新の状況についてわかりやすく解説します。(18:54 min)

ビデオを観る
NFV 構成要素

NFV 構成要素

シスコ クラウド サービス ルータ(CSR)の機能を使用したクラウドからの包括的な仮想マネージド サービスの提供(5:35 min)[英語]

ビデオを観る