製造業

製造業のソート リーダーシップ

デジタル変革への取り組み

潜在能力を最大限に発揮する方法をご紹介します。 (1:35 min)

デジタル化する製造業者

サービスのジレンマを解消

シスコは 13 ヵ国で、意思決定権を持つ製造業の上級管理職 600 人以上に対して調査を実施しました。調査結果の主なポイントは以下のとおりです。

  • 79 % が、今後 3 年以内にデジタル革命の影響を受けると考えています。
  • 86 % が、製品中心の収益モデルからサービス指向の収益モデルへ移行することが成長戦略の要となると回答しています。 ただし、サービス収益の伸びが製品収益の伸びを上回っていると回答したのは、調査対象者の 29 % だけでした。
  • 製造業者が変革をためらう理由は複雑化です。 サービス モデルへの移行を妨げている最も大きな要因は、2 者による「競合」、すなわち製品とサービスを同時に管理することの難しさです。
  • サービス モデルへの移行とデジタル化への取り組みは、もはや切り離すことはできません。 サービス モデルが持つ潜在能力を最大限に発揮させるために、製造業者は、人、プロセス、データ、モノを繋いでビジネスのデジタル化を進める必要があります。 サービス モデルへの移行を促進し、今後製造業者が市場で VAS の大きなシェアを獲得できるようにするには、デジタル変革が必要不可欠です。
  • シスコによる最新の経済分析では、200 億ドル規模の製造業者の場合、デジタル化による収益は今後 3 年間で 12.8 % 上昇し、10 年間では 19 % 上昇すると見込まれています。

デジタル化によるメリットとデジタル化への取り組みの支援の詳細については、ソート リーダーシップ [英語] をご覧ください

お問い合わせ