エンタープライズ ネットワーク

Cisco Intelligent WAN(IWAN)with Akamai Connect

Q&A





Cisco Intelligent WAN(IWAN)with Akamai Connect



Q. シスコと Akamai が提携しているのはなぜですか。

A. シスコと Akamai のお客様は、ビジネスに不可欠なアプリケーションの実行にインターネットを使用することが多くなっています。さらに、ネットワークにおいてビジネスに不可欠な HTTP トラフィックが急増する中、お客様は WAN の予算とアプリケーションのどちらを優先するかという難しい決断を迫られています。Akamai とシスコには共通のお客様が多く、WAN の予算を増やさずに新しいアプリケーションを導入できるよう、トラフィック増加の課題に共同で対処することが可能です。両社が連携する目的は、ルーティング、WAN 最適化、Akamai キャッシュおよびアクセラレーションの優れた機能を、同様に優れたアプリケーション配信プラットフォームである Cisco® サービス統合型ルータ(ISR)の AX シリーズ(Cisco ISR-AX プラットフォーム)に統合することにあります。両社は、企業とそのブランチ オフィス向けに最適化されたハイブリッド WAN がもたらす、パフォーマンスおよびコスト面の潜在的な利点を認識しています。

Q. お客様にとってのメリットは何ですか。

A. Akamai とシスコは、インターネットの速度と信頼性を向上させる方法について共通のビジョンを持っており、ブランチ オフィスで増大する帯域幅とパフォーマンスのニーズを満たすコスト効率の高い方法を企業に提案できます。小売、金融、教育、およびサービス業のお客様、マネージド サービス プロバイダー、そして一般企業は、投資回収率(ROI)を向上させることに加え、スケーラブルで優れたパフォーマンスを実現したいという同様のニーズがあります。これらのニーズには、新しいデジタル エクスペリエンスの導入や、ビジネスに不可欠なアプリケーションの要件への対応も含まれています。具体的には、シスコと Akamai の連携により、お客様に次のようなメリットを提供します。

  • キャッシュと最適化のテクノロジーを通じて、既存の WAN 投資の価値を高めます。
  • コスト効率の高いインターネット トランスポートを使用して、高品質な WAN 帯域幅を増強します。
  • セキュアで効率的なトランスポートを使用して、インターネットに直接接続されているゲストおよびパブリック クラウドのネットワークの負荷を軽減します。
  • オムニチャネル リテイリング、ゲスト Wi-Fi、WAN 回路に依存しないアプリケーション パフォーマンスなど、重要なビジネス要素に対応します。
  • アプリケーションがどこに配置されていても、あらゆるデバイスで質の高いエクスペリエンスを提供します。
  • 従業員およびゲスト向けの革新的なサービスを効率的に配信します。
  • IT を統合してブランチ オフィスのフットプリントを縮小し、運用の複雑さを軽減します。
  • 複数のネットワーク最適化機能を 1 つのソリューションに集約します。
  • シスコと Akamai が保有するクラス最高レベルのテクノロジーを統合することで、シスコ インテリジェント WAN(IWAN)の卓越したパフォーマンスを提供します。

Q. シスコと Akamai により統合される製品は何ですか。

A. 両社のお客様のニーズに応えるため、シスコと Akamai は、Cisco Wide Area Application Services(WAAS)と Akamai のキャッシュおよびインターネット アクセラレーション テクノロジーを Cisco ISR-AX プラットフォームに統合し、ブランチ オフィスと WAN のアーキテクチャに高度なハイブリッド クラウド ネットワーク ソリューションを提供します。この取り組みによって、ネットワークおよびクラウド サービスの業界リーダー 2 社が提供する、クラス最高レベルのテクノロジーの統合が実現します。この統合によりお客様は、既存の Cisco ISR-AX ルータを使用して、フルサービスのブランチ オフィス運用をサポートできるようになります。このソリューションでは、Akamai Connect テクノロジーの WAN 最適化、アプリケーションの可視性と制御、パス選択、およびブランチ オフィスのセキュリティを組み込んだ、アプリケーション認識型ルータが提供されています。また、このソリューションでは、ブランチ オフィスからデータセンターやプライベート クラウドへのエンドツーエンドの最適化、さらには、インターネットへの任意のトラフィックの一方向の最適化が行える設計となっています。

Q. シスコ インテリジェント WAN とは何ですか。

A. シスコ IWAN は、企業がどのようなネットワーク接続においても妥協のないエクスペリエンスを提供できるようにする、既存のシスコ ソリューションです。IT 部門は、価格競争力のある WAN トランスポート オプションを活用して、パフォーマンス、セキュリティ、および信頼性を損ねることなく、ブランチ オフィスのネットワーク接続を適正な規模に調整できるようになります。Cisco ISR-AX プラットフォームおよび Cisco ASR 1000 アグリゲーション サービス ルータの AX シリーズ(Cisco ASR 1000-AX プラットフォーム)を使用することにより、IT 部門は、スケーラブルに運用できるこのソリューションを魅力的な価格で購入することができます。このソリューションには、WAN への投資を最大限に活用し、サービスの迅速な展開やコスト削減に必要なネットワークおよびアプリケーション サービスが含まれています。シスコ IWAN により、アプリケーション、エンドポイント、およびネットワークの状態に基づいてトラフィックが動的にルーティングされ、最高品質のエクスペリエンスが実現します。

Q. Cisco IWAN with Akamai Connect があると何が変わりますか。

A. この統合ソリューションの目的は、Cisco WAAS と Akamai のキャッシュおよびインターネット最適化テクノロジーの利点を組み合わせて、ブランチ オフィスにおける現状のネットワーク リンクの負荷を軽減し、ブランチ内の Web およびアプリケーションのエクスペリエンスを向上させることにあります。ブランチ オフィス内部からのリッチ メディア トラフィックのほとんどをキャッシュして配信することで、お客様はパフォーマンスを劇的に向上させ、同時に、WAN およびラストマイル アクセス ネットワークからのトラフィックの負荷を軽減できるでしょう。このソリューションは、高度なキャッシュおよび最適化機能をプライベート WAN 内に統合し、インターネットのトラフィックをキャッシュおよび最適化して、アクセス速度を向上させます。また、導入が容易でコスト効率の高い設計を採用した Cisco IWAN with Akamai Connect は、業界をリードするアプリケーション配信プラットフォームである Cisco ISR-AX プラットフォームを使用し、一元的に管理できます。さらに、Akamai Intelligent Platform™ にリンクするように設計されており、デジタル Web エクスペリエンスに投資する企業は、それらのエクスペリエンスを迅速かつコスト効率の高い方法でブランチ オフィスに拡張できます。パフォーマンスを向上させ、ネットワーク コストを削減できるよう設計されたこのソリューションを活用すれば、新たなデジタル エクスペリエンスを実現して顧客との関係を深め、従業員の生産性を強化できます。

Q. どのような Akamai テクノロジーが含まれていますか。

A. Akamai Connect により、Akamai の世界トップ レベルのキャッシュおよびアクセラレーション テクノロジーが、ブランチ オフィスのファイアウォールの背後に展開され、次の機能が含まれています。

  • トランスペアレント キャッシュ:企業のイントラネットや人気のあるインターネット サイト(ビデオ共有サイトや、Akamai Intelligent Platform から配信されない他のサードパーティ ドメイン)の Web コンテンツを透過的にキャッシュします。
  • 接続キャッシュ:Akamai Intelligent Platform™ 上にある企業の Web およびモバイル資産から、ブランチ オフィス内にコンテンツをキャッシュして配信します。また、Akamai によって配信されるサードパーティのコンテンツもキャッシュできます。これは通常、すべての Web トラフィックの 15 〜 30 % を占めています。
  • コンテンツの事前配置:コンテンツをピーク時間外に HTTP キャッシュに事前配置するようポリシーを定義し、それらのコンテンツが最も必要とされる時間帯にネットワークの負荷を軽減します。
  • オーバー ザ トップ(OTT)キャッシュ:YouTube などの動的 URL を使用する大規模なインターネット ドメインをキャッシュします。

Q. Akamai Connect の利用には Akamai サブスクリプションが必要ですか。

A. いいえ。今の段階では、このソリューションは、通常のシスコ チャネル経由でシスコ製品として販売される従来型のソフトウェア ライセンスです。Akamai Connect は今後、ほとんどの ISR-AX バンドルで、そしてさらに一部の ISR モデルまたは WAVE アプライアンスではアップグレードとしてご利用いただけるようになります。

Q. 必要な WAN アーキテクチャは何ですか。また、インターネットへの直接アクセスが必要ですか。

A. このソリューションは、あらゆる WAN 環境で動作し、トランスポート層に依存せずにコンテンツをキャッシュできる設計となっています。このソリューションは今後、WAN アーキテクチャにも依存せずに効果を発揮できるようになる予定です。

Q. このソリューションは Akamai クラウドにデータを保存しますか。

A. いいえ。このソリューションでは、Akamai Intelligent Platform からキャッシュ ルールを受信するため、結果として、ほとんどのインターネット トラフィックをキャッシュできます。ブランチ オフィスのデバイスから Akamai プラットフォームにコンテンツが読み込まれることはありません。

Q. このソリューションは HTTP および HTTPS トラフィックで動作しますか。

A. はい。現時点では第 1 段階として、Cisco WAAS は SSL アクセラレーションを実行し、データがブランチ オフィスのデバイスに到達すると、そのデータをローカル キャッシュからローカルで提供します。今後は、SSL トラフィックもサポートする予定です。

Q. Cisco IWAN with Akamai Connect と Riverbed の Steelhead Cloud Accelerator(SCA)の違いは何ですか。

A. Akamai と Riverbed との既存のパートナーシップで対象している事例は、Akamai とシスコの戦略的パートナーシップのものは異なります。Riverbed SCA は、特に Microsoft Office 365 と Salesforce.com という 2 つの Software as a Service(SaaS)アプリケーションのアクセラレーションをサポートするよう設計されており、SaaS データセンターとブランチ内のエンド ユーザとの間で SaaS アプリケーション トラフィックが転送される際に、Akamai Intelligent Platform を使用してインターネット セグメントを最適化します。Akamai とシスコが発表した新しい製品の取り組みは、Akamai のパフォーマンスおよびアクセラレーション テクノロジーを Cisco ISR-AX ルータに統合するもので、ブランチ オフィスへの Web アプリケーションおよびコンテンツの配信を最適化するように設計されています。配信は、プライベート WAN、Akamai Intelligent Platform、またはオープンなインターネットのいずれの経路でも可能です。対応するコンテンツには、製品カタログ、企業の Web サイト、SaaS およびモバイル アプリケーション、トレーニング用ビデオ、インタラクティブな情報端末、ゲスト Wi-Fi 経由でアクセスするサードパーティのインターネット コンテンツなどがあります。このソリューションにより、企業はインターネット、クラウド、およびブランチ オフィス内のプライベート WAN のコンバージェンスに関連するアプリケーション パフォーマンスの多数の課題を克服できます。また、IT 環境が強化されたブランチ オフィスでのマルチメディアやインタラクティブなユーザ エクスペリエンスに対するビジネス ニーズの拡大に伴って増え続ける、帯域幅の需要にコスト効率の高い手法で対処することが可能です。

Q. 詳細情報はどこで入手できますか。

A. 詳細については、cisco.com/jp/go/akamai を参照してください。