データセンター ユーザ事例

立教大学、対象ユーザ総数10 万人超の“ 仮想キャンパス” の基盤システムを刷新

対象ユーザ総数 10 万人超の“仮想キャンパス”の基盤システムを刷新 仮想化の推進とコスト パフォーマンス、運用管理の効率性を重視して Cisco UCS を選択 立教大学

仮想キャンパス「Rikkyo V-Campus」をはじめ ICT を積極的に活用している立教大学は、基盤システムの更改にあたり、学生のスマートフォン利用拡大などを踏まえた対応と、管理コストの削減を考えていた。仮想化環境のメリットを継承し、よりよい基盤を求めた同校は、シスコのコンピューティング アーキテクチャ Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)を採用した。

導入の経緯〜導入プロセス
ユーザの利用状況の変化に対応したシステムの更改を実施
コスト パフォーマンスを重視して Cisco UCS を採用


立教大学は、学生や教員などが自由に利用できる“仮想キャンパス”として「V-Campus」を 1999 年からスタート。2008 年の V-Campus 4th ではいち早く仮想化環境を採用して、システム効率とユーザへのサービスを向上させてきた。 5 世代目となる V-Campus 5th の構築では、さらなる仮想化環境への集約、スマートフォン対応などを念頭に、今後 4 年間の基盤を改めて選定している。そこで Cisco UCS が採用されることとなった。

メディアセンターの宮内文隆氏は、コスト パフォーマンスに重点を置いて選定したと話す。

「シスコはストレージ ベンダーの EMC や仮想化ソフトウェア ベンダーの VMware と協業し、優れた仮想化プラットフォームを提供していることに関心を持ちました。管理コストを抑えつつ自由度の高い運用が可能なシステムなら、運用にかかるコストも含めて削減できるだろうと考えたのです。そこで、詳細なベンチマーク テストをはじめ、運用を含めたコストを徹底的に比較した結果、Cisco UCS の採用が決まりました。」
同校は2009 年度から 3 カ年計画でセキュリティ強化を目的としたネットワーク インフラ構築を進めており、Cisco Aironet シリーズ アクセス ポイントやCisco Catalyst シリーズ スイッチなどを数百台の規模で導入している。そこでシスコとの信頼関係を築けたことも Cisco UCS 導入の後押しとなった。米国での実績や新しいアーキテクチャも好材料だったと宮内氏は話す。

「米国での導入実績が非常によく、仮想化環境のプラットフォームとして普通に選ばれているなら、心配ないと思いました。新しいアーキテクチャによって今までなかったメリットが得られるのならば、大学としてもチャレンジすべきと考えました。」

メディアセンターの根本勇氏は、V-Campus 4thの時よりも仮想化へ移行するシステム数は格段に増えたものの、システムの導入はトラブルなく進行したと話す。

「以前は仮想化基盤がデータセンターに 2 つ、キャンパス内に 1 つあり、さらに物理サーバもあるという状況でした。今回、それらもできるだけ1 つにまとめる方向で進めたので、移行の工数は増えましたが、システム全体として仮想化をさらに推し進めることができ、今後の運用の工数は大幅に削減できるようになりました。

導入効果〜今後の展開
快適に利用できる学内サービスの基盤を確立
今後もさらに効率的な運用とサービス拡充を目指す

2012 年 4 月に V-Campus 5th として運用を始めてから現在まで不具合は起きておらず、サーバに関する心配事はまったくないという。対象ユーザ総数が10 万人ほどおり、ポータル、グループ ウェア、授業支援システム、Web、メール・メーリング リスト、ホスティングまでトータルに提供する環境だけに、こうした安心感の向上はさりげないながらも、インフラとして大きなポイントであると宮内氏は話す。

「ユーザに対してサービスとしてホスティングを明確に打ち出したのは今回からです。教員や部局からサーバ リソースの要求があると、即座に提供できています。学生、教員とも快適に利用できており、運用管理チームからのトラブル報告もありません。これだけのユーザ規模、そしてスマートフォンによって大幅に増えたアクセス端末数に堪えるプラットフォームを実現できたことを評価しています。」

現在、同学では ITIL に基づいた運用体制づくりを進めている。また、各種デバイスへの対応やサービスの拡充を安定的に続けていくことが今後の課題だと宮内氏はまとめる。

「今後もさらに増えていくスマートフォンやタブレットを有効活用できる環境の整備や、授業支援システム、パンデミックや災害時にも自宅学習環境が提供できる仮想 PC 教室といった、ユーザが直接触れるアプリケーションやサービスを充実させていくことを考えています。システムへの依存度が高まり、ユーザの裾野も広がっていく中で、それに堪えられる環境を今後 4 年間提供し続けていく必要があります。Cisco UCS はメモリなど各コンポーネントの拡張がしやすいことがアドバンテージなので、うまく活かしていきたいですね。

今回のシステムを 4 年間利用して、実際の業務やコストのみならず教育効果や研究成果で確かなメリットを実感できるようになれば、大学としてもチャレンジした甲斐があると思っています。」

Rikkyo V-Campus 5th イメージ

Rikkyo V-Campus 5th イメージ
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

立教大学

立教大学
立教大学
所在地
池袋キャンパス:東京都豊島区西池袋 3-34-1
新座キャンパス:埼玉県新座市北野 1-2-26
設立
1922 年(大正 11 年)
学生数
21,217 人(2012 年 5 月 1 日時点)
URL
http://www.rikkyo.ac.jp/

導入ソリューション

  • Cisco Unified Computing System (Cisco UCS)
    • Bシリーズ ブレード サーバ
    • Cシリーズ ラックマウント サーバ
  • Cisco IronPort
  • セキュリティ アプライアンス
  • Cisco Application Control Engine (ACE)
  • Cisco Nexus シリーズ スイッチ
  • Cisco Aironet
  • 無線 LAN アクセス ポイント
  • Cisco Catalyst シリーズ スイッチ
  • VMware vSphere
  • EMC VNX ストレージ

導入前の課題、検討事案

  • “仮想キャンパス”サービスの基盤更改にあたり、自由度を高めつつ、運用管理を含むトータルコストの削減を目指していた。
  • 今後 4 年間の運用を念頭に、仮想化対応のさらなる促進、拡張性の点でより優れたシステムを求めていた。

導入効果

  • 導入後のトラブルがなく、学生、教員などが快適に利用できる環境を実現。
  • スマートフォンをはじめとするアクセス端末の急増にも堪える、高効率のシステムを構築。
立教大学メディアセンター宮内 文隆 様

立教大学
メディアセンター
宮内 文隆 様

立教大学メディアセンター根本 勇 様

立教大学
メディアセンター
根本 勇 様