データセンター向け Cisco ONE

データセンターネットワーキング向けCisco ONE

データ シート





データセンター ネットワーキング向け Cisco ONE



Cisco® ONE Software は、お客様がビジネス ニーズに合ったソフトウェア機能を購入できるよう支援するものです。Cisco ONE Software を利用することで、複雑な購入手続きがシンプルになります。また、ソフトウェア投資が将来も活かされるという安心感を得ることができます。これらの製品は、多くの機能によってお客様に大きな価値をもたらし、「機能連携による相乗効果を期待できる」価格で提供されます。

Cisco ONE Software は、4 つの主要なメリットを提供します:

·    Cisco Software Support ServiceSWSS)を介して、シスコの継続的なイノベーションや新技術にアクセスできる

·    ソフトウェア サービス対応のライセンス ポータビリティによって、ソフトウェア購入に対する投資を保護できる

·    お客様の典型的な使用例に対応するソフトウェア スイートを魅力的な価格で入手できる

·    お客様のソフトウェア支出を長期的にスムーズに分散できる、柔軟なライセンス モデルを利用できる

1 に、IT の一般的な課題と、それらの課題に対して Cisco ONE Software がどのように役立つかを示します。

表 1.     IT 管理に関する課題と Cisco ONE Software の利点

IT 管理に関する課題

Cisco ONE Software の利点

IT 予算の縮小

IT への要求が高まる一方であるのに対し、IT 予算は縮小していると CTO は認識しています。IT コスト削減(およびダウンタイム削減)がされる中、
企業は運用効率を維持しつつ、できるだけ簡単にネットワークを導入したいと考えています。

投資の価値を高めます。お客様の通常の使用例に応じたソフトウェア スイートを「セット販売によるお得な」価格で提供し、完全なソリューションを簡単に導入できるようにします。

投資保護を強化します。ソフトウェア サービス対応のライセンス ポータビリティにより、ソフトウェア ライセンスはハードウェアのアップグレードや交換を行っても最新に維持され、追加コストも発生しません。

柔軟性に欠けるインフラストラクチャ

IT 部門に欠けているのは、ビジネス ニーズの変化とより多くのリソースに対する要求に、自動的に対応する方法です。新しいネットワーク サービスの調達とプロビジョニングに何週間もかかってしまうことも少なくありません。

ビジネスの俊敏性を高めます。ビジネス ソリューションだけでなく、IT 組織がソフトウェアを導入、保守、管理するためのツールを含めたパッケージを提供します。

不十分な購入オプション

企業は、柔軟性の向上、リスク低減、コスト削減を追求する一方で、ソフトウェアの購入でより多くのオプションを求めています。

柔軟なライセンス モデルを提供します。サブスクリプションなどの柔軟性に優れた購入モデルにより、お客様のソフトウェア支出を円滑かつ長期的に分散します。

実装の障害

ソフトウェアを導入して新たな用途に取り組むと、現在の運用で大きな混乱が生じがちです。

リスクおよびダウンタイムを低減します。シスコのテクニカル サービスおよびプロフェッショナル サービスは、専門的で高機能なツールと、実績のあるプロセスでリスクを削減し、ダウンタイムを減らします。

メンテナンスに要する過剰な時間とコスト

IT 予算の大部分およびワークロードのほとんどがルーチンのメンテナンスに充てられ、ビジネスの改革や成長の妨げとなります。

ROI および価値創出までの時間を短縮します。ネットワークのパフォーマンスを最適化して、テクノロジーへの投資効果を最大限に引き出します。シスコのテクニカル サービスとプロフェッショナル サービスを通じて専門スタッフによるガイダンスが得られ、ビジネス成果を高めます。


製品概要

データセンターネットワーキング向け Cisco ONE

データセンター ネットワーキング向け Cisco ONE は、物理データセンター、仮想データセンター、およびクラウド ベースのデータセンターに豊富なネットワーキング機能とイノベーションを提供します。Cisco Nexus® ファミリのデータセンター スイッチング ポートフォリオに提供するネットワーキング向け Cisco ONE Foundation Cisco ONE Data Center Fabric は、各種機能により、高い拡張性、復元力、簡素化、効率性を備えたデータセンター ネットワーク アーキテクチャを構築できます(図 1)。

図 1.     Cisco ONE ソフトウェア

データセンターネットワーキング向け Cisco ONE の利点

ネットワーキング向け Cisco ONE Foundation

拡張性と復元力を備えた、ハイパフォーマンスな物理ネットワークおよび仮想ネットワークを構築し、複数のデータセンター間でワークロードを自由に移動できます。

·    拡張性を備えたハイパフォーマンスな物理および仮想ネットワークで、フォールトトレラントなアプリケーションを提供します。

·    デバイス数の減少とインテリジェントな電力消費管理でアーキテクチャの管理が簡単になるため、運用効率を向上できます。

·    インターネット規模と複数の組織にわたるグローバルな範囲を捉えたイノベーションをデータセンター内およびデータセンター間で活用できます。

·    自動化ツールとオーケストレーション ツールの統合によって、管理を簡略化できます。

·    Cisco NX-OS ソフトウェアの一貫した機能により、ハイパーバイザにおける物理および仮想ネットワークの展開で可視性と運用上の一貫性を強化できます。

·    シスコ アプリケーション セントリック インフラストラクチャ(Cisco ACI)が導入されているネットワーク間で、ビジネス関連の Software-Defined NetworkingSDN:ソフトウェア定義型ネットワーキング)ポリシー モデルを使用して、TCO(総所有コスト)を削減し、IT タスクを自動化し、データセンターのアプリケーション導入時間を短縮します。

Cisco ONE Data Center Fabric

高い安全性を備えた、統合型の LAN-SAN マルチテナント データセンター ネットワークを構築します。

·    複数のオプションを選択し、高い拡張性を備えたインテリジェント ネットワークを構築します。これにより、マルチテナント環境向けインフラストラクチャを単一、高度かつ付加価値のあるサービスが提供できます。

·    Cisco Nexus 5000 および 7000 シリーズ スイッチの LAN SAN を統合することで、データセンター アーキテクチャを簡素化します。

データセンターネットワーキング向け Cisco ONE のソフトウェアコンポーネント

ネットワーク向け Cisco ONE Foundation には次の統合製品が含まれており、柔軟なアーキテクチャでデータセンター ネットワークを導入することができます。

·    Cisco Enhanced Layer 2Cisco FabricPath により拡張性が極めて高いネットワーク ファブリックを構成しており、レイヤ 2 およびレイヤ 3 のマルチパス ネットワークの拡張により、ワークロードを柔軟に展開し、ビジネスの俊敏性を高めることができます。

·    Cisco Enterprise Layer 3 ServicesLAN):レイヤ 3 のエンタープライズ機能のライセンスは、高度なレイヤ 3 ルーティング テクノロジーと仮想拡張 LANVXLAN)機能を提供します。

·    シスコの仮想デバイス コンテキスト(VDCCisco VDC は、単一の物理スイッチを複数の仮想スイッチとして機能させる仮想化テクノロジーです。事実上、1 つのスイッチを複数の仮想スイッチとして機能するように拡張します。この機能は、Cisco Nexus 7000 シリーズでのみ利用できます。

·    Cisco Transport ServicesTRS):Cisco TRS は、Cisco Overlay Transport VirtualizationOTV)や Location/ID Separation ProtocolLISP)テクノロジーにより、IP ベースの Data Center InterconnectDCI; データセンター相互接続)ソリューションでのレイヤ 2 の拡張を可能にします。この機能は、Cisco Nexus 7000 シリーズでのみ利用できます。

·    Cisco Nexus 6000 シリーズ スイッチ向け Cisco Storage Serviceこのサービスは、使用中のプラットフォームに応じて、FCoE、汎用ポート(イーサネットとファイバ チャネル)、および VSAN 間ルーティング(IVR)をサポートします。これにより、データセンターで完全に統合された LAN および SAN のネットワーキングを実現できます。

·    Cisco Prime InfrastructureCisco Prime Data Center Network ManagerDCNM)、および Cisco Energy ManagementJouleXCisco Prime Infrastructure は、ネットワーク、デバイス、ユーザ、アプリケーションをエンド ツー エンドで接続して、一体的に管理できるネットワーク管理コンポーネントです。シスコの付加価値機能を簡単に導入し、一元的に管理できます。アプリケーションの可視性を向上させるとともに、ワイヤレスおよび有線のライフサイクル管理と保証のための管理ソリューションの中核となります。Cisco Energy ManagementJouleX)スイートには、データセンター環境間で接続されている全デバイスのエネルギー使用量を測定および管理できるソフトウェアとサービスが含まれています。Cisco Prime DCNM により、設定およびデータセンター ネットワークの管理が自動化されます。

·    Cisco Nexus 9000 シリーズ スイッチを利用した Cisco ACI は、包括的な SDN アーキテクチャです。このポリシーベースの自動化ソリューションは、ビジネス関連アプリケーション ポリシー言語、分散型強化システムを使用した拡張性の向上、ネットワーク可視性の向上をサポートします。これらのメリットは、ネットワーク、サーバ、ストレージ、サービス、セキュリティに関する単一のポリシー モデルに物理環境と仮想環境を統合することによって実現します。

·    Cisco Remote Integrated Service EngineRISE)は、Cisco Nexus スイッチを使用して、シスコとエコシステム パートナーのサービス アプライアンスとの迅速な統合を実現します。また、アプリケーション対応トラフィックの可視性により最適化されたデータ パスとともに、自動検出機能とブートストラップ機能を使用することで、プロビジョニングと設定の簡素化を実現します。この機能は、EL2 ライセンスで有効になります。

·    Cisco Intelligent Traffic Director は、ハードウェアベースの L3/L4 ロード バランシングとトラフィック ステアリングのために、拡張性と柔軟性に優れたソリューションを構築できる Nexus プラットフォームの組み込み機能です。
この機能は、EL2 ライセンスで有効になります。

Cisco ONE Data Center Fabric は、データセンター ネットワーキングの基盤を拡張し、次の機能を追加します。

·    Cisco Nexus 7000 シリーズ向け Cisco MPLS スタックCisco MPLS は、ハイパフォーマンスなパケット転送テクノロジーであり、データリンクレイヤ(レイヤ 2)スイッチングのパフォーマンスおよびトラフィック管理機能を、ネットワークレイヤ(レイヤ 3)ルーティングの拡張性、柔軟性、およびパフォーマンスと統合します。企業やサービス プロバイダーは、既存のインフラストラクチャを損なうことなく、差別化されたサービスを提供できます。

·    Cisco Nexus 5000 および 7000 シリーズ向け Cisco Storage Serviceこのサービスは、FCoE および VSAN 間ルーティング(IVR)をサポートします。これにより、データセンターで完全に統合された LAN および SAN のネットワーキングを実現できます。

·    Cisco Nexus 7000 シリーズ向け Cisco VDCデータセンター ファブリックの一部である Cisco VDC 機能は、VDC の基礎ライセンスに 4 つの追加 VDC ライセンスを追加することで構築されています。これらの追加ライセンスにより、Cisco Nexus 7000 シリーズ Supervisor 2 Enhanced モジュールで、8 つの VDC をサポートできます。

·    Cisco Nexus 7000 シリーズ向け Cisco Scalable サービス:XL ライセンスは 1 システムに 1 つ提供されるライセンスで、すべての XL 対応 I/O モジュール(Mシリーズ モジュール)が XL モードで動作可能になります。ライセンスにより、次の機能のパフォーマンスが向上します。

   ○     IPv4 ルート

   ○     IPv6 ルート

   ○     ACL エントリ

プラットフォーム別のデータセンターネットワーキング向け Cisco ONE の機能

2 に、データセンター ネットワーキング向け Cisco ONE の特長と機能を示します。表の上部では、プラットフォーム別にデータセンター ネットワーキング向け Cisco ONE Foundation の機能を示しています。表の下部では、Cisco ONE Data Center Fabric の機能を示しています。

表 2.     データセンター ネットワーキング向け Cisco ONE の機能と特長

機能と特長

Cisco Nexus 3000 シリーズ

Cisco Nexus 5000 シリーズ

Cisco Nexus 6000 シリーズ

Cisco Nexus 7000 シリーズ

Cisco Nexus 9500 シリーズ

Cisco Nexus 9300 シリーズ

MDS 910092009300
および 9700

ネットワーキング向け Cisco ONE Foundation

Cisco Enhanced Layer 2拡張性がきわめて高いファブリックの構築により、パフォーマンスと冗長性が向上し、ダウンタイムを低減します。

Cisco FabricPath

 

ü

ü

ü

 

 

 

Cisco Enterprise ServicesLAN):高度なルーティング テクノロジーが利用可能で、拡張性が向上します。

拡張レイヤ 3 の機能

ü

ü

ü

ü

ü

ü

ü

Cisco Prime InfrastructureCisco Prime DCNM、および Cisco Energy ManagementJouleX):エネルギー管理の統合により、管理の簡略化と可視性の向上を実現します。

Cisco Data Center Network Manager for LAN

ü

ü

ü

ü

ü

ü

 

Cisco Prime Infrastructure

ü

ü

ü

ü

ü

ü

ü

Cisco Prime Assurance

ü

ü

ü

ü

ü

ü

ü

Cisco Energy ManagementJouleX

ü

ü

ü

ü

ü

ü

ü

Cisco ACI ファブリック

 

 

 

 

 

ü

 

Cisco Remote Integrated Service Engine

 

ü

 

ü

 

 

 

Cisco Intelligent Traffic Director

 

ü

ü

ü

ü

ü

 

Nexus 3K スイッチ

ü

 

 

 

ü

ü

 

Cisco Transport ServicesTRS):再配置可能なワークロードとデータセンターのセキュアな相互接続により、柔軟性と高可用性を向上します。

オーバーレイ トランスポート仮想化

 

 

 

ü

 

 

 

LISPLocator/ID Separation Protocol

 

 

 

ü

 

 

 

シスコの仮想デバイス コンテキスト(VDC:仮想スイッチ インスタンスでトラフィックを安全に分離し、ネットワークを保護します。

仮想デバイス コンテキスト

 

 

 

ü

 

 

 

Cisco Data Center Network Manager for SAN

 

 

 

 

 

 

ü

Cisco ONE Data Center Fabric

Cisco MPLS スタック:MPLS により、アプリケーション パフォーマンスのサービス品質を改善します**

MPLSMultiprotocol Label Switching

 

 

 

ü

 

 

 

トラフィック エンジニアリング

 

 

 

ü

 

 

 

運用および管理

 

 

 

ü

 

 

 

MPLS IPv6 サポート

 

 

 

ü

 

 

 

** Cisco Nexus 7700 プラットフォーム向けの MPLS サポートは、今後のデータセンター ファブリックのリリースで利用可能になります。

Cisco Nexus プラットフォーム向け Cisco Storage Service運用の簡素化、投資保護、およびアーキテクチャの最適化を実現します。

IVR

 

ü

ü

ü

 

 

 

SAN FC ブリッジング

 

ü

ü

 

 

 

 

VSAN ベースのアクセス制御

 

ü

ü

ü

 

 

 

Fibre Channel over Ethernet

 

ü

ü

 

 

 

 

Cisco Data Center Network Manager for SAN

 

ü

ü

ü

 

 

 

* Cisco ACI モードで Cisco Nexus 9000 シリーズを使用している場合、アプライアンス フォーム ファクタとして APIC を購入する必要があります。

シスコとパートナーによるサービス

Cisco ONE Software のサービス

シスコおよび認定パートナーが提供するサービスにより、Cisco ONE Software の主要機能が有効になり、ビジネス成果を最大限に高めて、投資を保護することができます。ソフトウェアとハードウェアのサポートを組み合わせれば、コストを削減し、ビジネスを軌道に乗せるのに最も役立ちます。

Cisco ONE Software Foundation Application および Advanced Application スイートは、いずれも Cisco Software Support ServiceSWSS)を通じて、継続的なサポートとメンテナンスを提供します。SWSS では、Cisco ONE Software の豊富な機能をナビゲートするために必要な専門知識がテクニカル サポートから提供されます。最小の契約期間は 12 ヵ月です。SWSS は、継続的なイノベーション、ライセンスのポータビリティ、メジャーなソフトウェア アップグレード、マイナーなソフトウェア アップデート、およびメンテナンスへのアクセス、受賞歴のあるシスコのテクニカル アシスタンス センター(TAC)へのアクセス、およびオンライン リソースへのインスタント アクセスを通じてお客様の投資を保護します。シスコは、統合された包括的なサービスを提供することで、コスト削減と生産性向上を実現すると同時に、迅速な問題解決を支援します。

SWSS の契約内容

·    ソフトウェアの問題に関する、TAC への 24 時間 365 日のアクセス

·    ライセンス付きソフトウェア アプリケーションのメジャー アップグレード、マイナー アップデート、およびメンテナンス

·    ソフトウェア ライセンスのポータビリティの使用権

·    継続的なイノベーションへのアクセス

·    投資保護

·    オンライン リソースへのアクセス

シスコ ベースの OS ソフトウェアとハードウェアの保証を確保するためには、Cisco Smart Net Total CareSNTC)の利用を強くお勧めします。SNTC は、Cisco ONE Software が導入されている、基盤ハードウェア プラットフォームに対する 24 時間のグローバル サポートを提供します。

Cisco Smart Net Total Care には、ハードウェアおよび使用権に関する TAC へのアクセスが含まれています。これにより、運用コストを削減し、IT スタッフをビジネス イノベーションに集中させることができます。使用権には、SNTC ポータルへのセルフサービス アクセス、Cisco Collector ソフトウェアの無料ダウンロード、ポータルおよびコレクタのコミュニティ サポートが含まれます。SNTC の内容

·    ハードウェアおよび基本 OS ソフトウェアの問題に関する、TAC への 24 時間 365 日のアクセス

·    基本 OS ソフトウェアのソフトウェア アップデート

·    オンライン リソースへのアクセス

·    アドバンス ハードウェア交換

·    スマート機能の使用権

シスコは、統合された包括的なサービスを提供することで、コスト削減と生産性向上を実現すると同時に、迅速な問題解決を支援します。

Cisco ONE Software のプロフェッショナルサービス

Cisco ONE Software のプロフェッショナル サービスには、特定分野向けの Cisco ONE Software バンドルと使用例向けにカスタマイズされた、オプションのクイック スタート イネーブルメント サービスが含まれています。これらのイネーブルメント サービスは、ソフトウェア機能のロックを解除し、すぐに使用するのに役立ちます。

シスコおよびパートナー各社のプロフェッショナル サービスでは、専門的なガイダンス、プロセス、およびツールにより、Cisco ONE Software の技術的なメリットを十分に活用し、実装リスクを低減し、価値創出までの時間短縮につながるよう支援します。このような範囲を限定した固定価格のサービスは、Cisco ONE Software 製品と共にワンクリックで簡単に注文できます。

Quick Start サービスには新機能のエンドツーエンドのターンアップが含まれており、ソフトウェアによっては次の 1 つ以上のサービスが含まれる場合があります。

·    テクノロジー変革および戦略ワークショップ

·    ソフトウェア環境の準備状況の評価

·    基盤となるネットワーク、コンピューティング、またはストレージ アーキテクチャに対する論理的変更

·    ソフトウェアのインストール、設定、カスタマイズ

·    タスクの自動化およびオーケストレーション

·    移行およびオンボーディング

·    機能テスト

·    運用実行マニュアルの開発

·    知識移転

シスコでは、Cisco ONE Software の導入、変更管理、最適化に関するオプションの翌営業日サービスと、次の事項について継続的なサポートを提供しています。

·    変更のガバナンス

·    ソフトウェア機能の継続的なアセスメント、モニタリング、最適化

·    追加機能の基本的なイネーブルメントおよび設計

·    システム統合の基本的なイネーブルメントおよび設計

·    テクノロジー最適化および変革のプランニング

·    プロアクティブなバグ処理、メトリック測定、ソフトウェア レビュー

当日(計画および導入)と翌営業日(管理、運用、最適化)のプロフェッショナル サービスにより、Cisco ONE Software 向けの最適なサポートを提供し、目的のビジネス成果を継続的に達成するための支援を行います。

Cisco ONE Data Center Networking 注文情報

データセンター ネットワーキング向け Cisco ONE 製品およびサービスの製品番号のリストについては、こちら をご覧ください。

Cisco Capital

目標の達成を支援するファイナンス

Cisco Capitalは、お客様が目標の達成と競争力の維持に必要なテクノロジーを導入できるよう支援します。CapEx の削減をサポートし、成長を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。シスコ キャピタル ファイナンス プログラムにより、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および補完的なサードパーティ製機器を柔軟に購入することができます。また、支払に関しては予測可能な単一の支払方法をご用意しています。シスコ キャピタルは 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。詳細はこちら

関連情報

Cisco ONE Software を組織に役立てる具体的な方法については、Cisco ONE Web サイト(http://www.cisco.com/web/JP/product/software/one-software/index.html)を参照してください。Cisco ONE Software に関するお問い合わせについては、担当のアカウント マネージャまたは認定リセラーまでご連絡ください。