Fibre Channel over Ethernet(FCoE)

イントロダクション

Fibre Channel over Ethernet(FCoE)

Learn more about multihop FCoE

マルチホップ FCoE

ファブリックの分離と運用のセグメント化によって規模の拡大を可能にします。 (5:12 min) [英語]

このビデオをご覧になるには、Adobe Flash Player(JavaScript 有効)の最新バージョンが必要です。
Adobe Flash Player をダウンロードする

Fibre Channel over Ethernet(FCoE)には、スケール メリット、ベンダーによる強力なコミュニティ、およびイーサネットのロードマップといった利点があります。LAN とストレージ トラフィックが 1 つのリンクに統合され、データ センター ブリッジング(DCB)のリンクで転送されます。アダプタ、ケーブル、およびデバイスの数が大幅に減少するため、データ センターの寿命が延び、結果的にコスト削減につながります。

FCoE ネットワークを導入することで、1 つの統合ネットワークで LAN と複数のストレージ プロトコルをサポートするデータ センター ファブリックの展開が可能になります。どちらも、ユニファイド ファブリック上でサポートされ、信頼性の高い 10 Gb イーサネットの基盤を活用します。

FCoE では標準的なサーバ I/O が利用できるため、サーバの仮想化が促進されます。LAN とすべての形式のイーサネットベースのストレージ ネットワーキングがサポートされるので、データ センターのなかの特別なネットワークが不要になります。

TCO の削減と耐障害性の向上


  • アダプタ、ケーブル、およびネットワーク インフラストラクチャのデバイスの数の削減
  • 消費電力の削減
  • ラックにおけるスイッチ装置が占有するスペースの減少
  • 多数の拡張カード スロットを必要としないため、サーバの高さを抑制
  • 電力消費の再分配と設置スペースの削減により新しい追加サーバの設置が可能になり、データ センターの寿命を延長可能
注目のコンテンツ

テクノロジー解説 - Fibre Channel over Ethernet(FCoE)
FCoE の特長を、FLASH ムービーを交えて解説します。

PDF ファイバ チャネルの標準規格外部サイト(PDF - 1.9 MB) [英語]
多数のネットワークとストレージのベンダーによってサポートされているファイバ チャネルに関しての INCITS の標準規格をご確認ください。

マルチメディア 大学のデータ センターでのユニファイド ファブリックの導入事例 (ビデオ - 4:06 min)
アリゾナ大学は Nexus ファミリを使用してデータとストレージのネットワークを統合し、インフラストラクチャ コストの予測を 50% 削減しました。

関連リソース

お問い合わせ