Cisco Aironet 3800 シリーズ

Cisco Aironet 3800 シリーズ アクセス ポイント

データ シート





Cisco Aironet 3800 シリーズ アクセス ポイント




汎用性の高い Cisco® Aironet® 3800 シリーズ Wi-Fi アクセス ポイントは、アクセス ポイント機能に関して業界最高レベルの機能性を誇ります。

製品概要

Cisco Aironet 3800 シリーズは、新しい 802.11ac Wave 2 標準に向けて準備をしている組織にとって、最適なソリューションです。このアクセス ポイントは、この新しい標準に対応するだけでなく、最高の柔軟性と汎用性を提供します。

お客様とのやりとりに Wi-Fi を利用している大企業の場合、この製品を操作する必要はありません。3800 シリーズは非常にインテリジェントなため、エンド デバイスのアクティビティと使用量に基づいて判断が行われます。この自動化により、Wi-Fi ネットワークが最高のパフォーマンスで稼動していることが確実になるため、他の差し迫った作業に時間を費やすことができます。

Aironet 3800 シリーズは、シスコを業界のトップへと導いた特徴や機能を備えており、高密度な屋内環境におけるワイヤレス環境の拡大、キャパシティ、およびカバレッジのギャップを管理するのに理想的な価格で提供されます。

機能と利点

機能

利点

802.11ac Wave 2
サポート

理論値では、無線ごとに最大 2.6 Gbps の接続レートを実現します。これは現在のハイエンドな 802.11ac アクセス ポイントのおよそ 2 倍になります。

高密度エクスペリエンス

高クライアント密度のデバイスに対して、高いパフォーマンス カバレッジを提供するクラス最高レベルの RF アーキテクチャです。エンド ユーザにシームレスなワイヤレス エクスペリエンスを提供します。802.11ac Wave 2 無線のカスタム ハードウェア、Cisco CleanAir®Cisco ClientLink 4.0、アクセス ポイント間のノイズ除去、および最適化されたクライアントのローミング エクスペリエンスなどの機能があります。

マルチユーザ MIMOMU-MIMO)テクノロジー

MU-MIMO では 3 つの空間ストリームをサポートしているため、アクセス ポイントはクライアント デバイス間で空間ストリームを分割できるようになり、スループットを最大化できます。

マルチギガビット イーサネットのサポート

100 Mbps および 1 Gbps に加え、2.5 Gbps および 5 Gbps のマルチギガビット アップリンク速度を実現します。業界で初めて、すべての速度を 10GBASE-T 配線だけでなくカテゴリ 5e 配線でもサポートします。

フレキシブル ラジオ アサインメント(柔軟な無線割り当て)

RF 環境に基づいて、無線を提供する際の動作モードをアクセス ポイントでインテリジェントに決定できるようにします。アクセス ポイントは、次のモードで動作できます。

  2.4 GHz および 5 GHz モード:一方は 2.4 GHzモード、もう一方は 5 GHzモードでクライアントに無線を提供します。
  デュアル 5 GHz モード:アクセス ポイント内の無線は両方とも 5 GHzの帯域で動作します。802.11ac Wave 2のメリットを最大限に引き出し、クライアント デバイスのキャパシティが増加します。
  ワイヤレス セキュリティ モニタリングおよび 5 GHz モード:一方は 5 GHzでクライアントに無線を提供し、もう一方は、攻撃者、RF干渉および不正なデバイスのフル スペクトラムをスキャンします。

デュアル 5 GHz 無線サポート

無線は両方とも 5 GHz モードでクライアントに提供できるため、クライアントのキャパシティを増加させながら、業界トップクラスの 5.2 Gbps2 X 2.6 Gbps)の無線速度を実現します。

スマート アンテナ
コネクタ

外部アンテナのある 3800 シリーズ モデルには、インテリジェントな 2 つ目の物理アンテナ コネクタが用意されています。このコネクタにより、単一のアクセス ポイントで 2 セットのアンテナを接続およびアクティブ化できます。このため、ホール、コンベンション センター、図書館、カフェテリア、アリーナやスタジアムなどの高密度かつ広い公共エリアで、非常に柔軟なネットワーク設計が可能になります。

モジュラ アーキテクチャ

2 世代のモジュラ アーキテクチャが最初に導入されたのは、3600 シリーズ アクセス ポイントです。新しいサイドマウント接続により、企業は、天井からアクセス ポイントを取り外さずに、モジュールを必要に応じて追加したり取り外したりできるようになりました。これにより、ネットワークのアップグレード時にお客様の時間と費用をさらに節約することができます。

この新しいサイドマウント アーキテクチャにより、3800 シリーズ モジュールのフォーム ファクタの柔軟性が強化され、加えて統合されたアンテナおよびモジュール自体の外部アンテナを使用したソリューションをさらに柔軟に選択できるようになります。

3800 シリーズ モジュールでは利用可能な電力が 9 W から 18 W に倍増され、対応可能なモジュール アプリケーションおよびソリューションの幅が広がります。

160 MHz チャネルの
サポート

最大 160 MHz 幅のチャネルをサポートする動的帯域幅選択により、RF チャネルの状態に応じて、204080、および 160 MHz チャネル間でアクセスポイントの動的な切り替えが可能になります。これにより、業界で最もパフォーマンスに優れたワイヤレス ネットワークを実現できます。

ゼロインパクト Application Visibility and Control*

専用のハードウェア アクセラレーションを使用して、Cisco Application Visibility and Control などの回線速度を制御するためのアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

Cisco ClientLink 4.0

Cisco ClientLink 4.0 テクノロジーにより、空間ストリーム数が 123 802.11a/b/g/n/ac デバイスを含め、あらゆるモバイル デバイスへのダウンリンク パフォーマンスが向上し、スマートフォンやタブレットなどのモバイル デバイスのバッテリ駆動時間も長くなります。

Cisco CleanAir 160 MHz*

Cisco CleanAir テクノロジーが 160 Mhz まで拡張されたため、204080160 MHz 幅のすべてのチャネルに予防的な高速スペクトル インテリジェンスを適用できます。これにより、無線干渉に起因するパフォーマンス問題に効果的に対処できます。

アクセス ポイント間のノイズ除去

アクセス ポイント間で RF の状態をリアルタイムかつインテリジェントに連携させることで、最適化された信号品質とパフォーマンスでの接続をユーザに提供するシスコの革新機能です。

最適化されたアクセス ポイント ローミング

カバレッジ エリア内でデータ レートが最速のアクセス ポイントにクライアント デバイスがアソシエートします。

自動リンク アグリゲーション(LAG)のサポート

802.3adLink Aggregation Control ProtocolLACP))に準拠し、両方のイーサネット インターフェイスで自動的に LAG を有効にできるため、アクセス ポイントへの全体的なスループットが向上します。

802.11ac Wave 2 とその先へ

Aironet 3800 シリーズは、新世代のスマートフォン、タブレット、高性能なラップトップで 802.11ac のスピードと機能を利用できるように拡張し、優れたエンドユーザ エクスペリエンスを提供します。計画している内容が現在のワイヤレス ネットワークに対する大規模な変更であっても、レガシー Wi-Fi の導入環境(802.11a/b/g/n/ac Wave 1 の導入)のアップグレードであっても、Aironet 3800 シリーズは対応できます。

Aironet 3800 シリーズは 802.11ac Wave 2 をサポートしており、理論上の接続レートは最大 5.2 Gbps です。これは、現在のハイエンド 802.11ac アクセス ポイントの約 4 倍に相当します。この高速化により、常に複数の Wi-Fi デバイスを使用するモバイル ワーカーが求めるパフォーマンスや帯域幅に先手を打って対応することができます。ユーザがワイヤレス LAN に課すトラフィックの負荷も比例して大きくなっており、企業の標準アクセス ネットワークであるイーサネットを凌ぐ勢いで拡大しています。

高密度エクスペリエンス

Cisco Aironet の優れた RF 性能を継承した Cisco Aironet 3800 シリーズ アクセス ポイントには、クラス最高レベルの RF アーキテクチャを備えた特定用途向けの革新的なチップセットが採用されています。このチップセットは、企業のミッション クリティカルな高性能アプリケーション向けに設計されたネットワークに対応する高密度エクスペリエンスを提供します。3800 シリーズはシスコの主力製品ポートフォリオを構成する 802.11ac 対応アクセス ポイントであり、堅牢なモバイル エクスペリエンスを提供します。また、3 空間ストリームをサポートする 802.11ac Wave 2 4 X 4 MU-MIMO テクノロジーを採用しています。MU-MIMO によって、アクセス ポイントはクライアント デバイス間で空間ストリームを分割できるようになるため、スループットを最大化することができます。

各アクセス ポイントに組み込まれている 2 つの無線により、Aironet 3800 シリーズは、現在市場に出回っている他のアクセス ポイントよりも汎用的に使用できます。これらの無線はフレキシブル ラジオ アサインメント機能を備えています。つまり、環境に合わせてアクセス ポイントが自動的に自己最適化を行います。たとえば、一方の無線では 5 GHz チャネルで信号を送信し、他方の無線では 2.4 GHz の信号を送信します。このアクセス ポイントはワイヤレス環境を認識し、2.4 GHz の信号を自動的に 5 GHz の信号に切り替えて、お客様による Wi-Fi 利用時の信頼性を高めます。この設定は、逆方向の切り替えについても自動的に機能します。このアクセス ポイントは RF 環境が元の状態に変化するのを認識し、設定を元に戻すことができます。

また、3800 シリーズは、ワイヤレス環境に基づいて無線の設定を動的に変更します。このアクセス ポイントでは、どちらかの無線がワイヤレス セキュリティ モニタリング モードで動作することが可能なため、ワイヤレス セキュリティに対する脅威や干渉を検知し、不正アクセスに対処できます。ワイヤレス環境を利用しているお客様に関する情報を確認するために、この重要な情報をわかりやすいマトリックスに抜粋することが可能です。フレキシブル ラジオ アサインメント(柔軟な無線割り当て)機能により、無線をワイヤレス サービス アシュアランス モードに切り換えることもできるため、予防的にネットワークのヘルス モニタリングを実施することができます。

   最適化されたアクセス ポイント ローミングは、そのカバレッジ エリアで最速のデータ レートを提供するアクセス ポイントにクライアント デバイスをアソシエートさせます。

   Cisco ClientLink 4.0 は、空間ストリーム数が 123 802.11a/b/g/n/ac デバイスを含め、あらゆるモバイル デバイスへのダウンリンク パフォーマンスを向上させます。また同時にモバイル デバイスのバッテリ持続時間を向上させます。

   Cisco CleanAir は、160 MHz チャネル サポートされました。CleanAir 204080および 160 MHz 幅のチャネルで高速なスペクトル インテリジェンスを提供し、ワイヤレス干渉に起因するパフォーマンスの問題を予防します。

   MIMO イコライゼーションは、信号のフェージングの影響を抑えることで、アップリンクのパフォーマンスと信頼性を最適化します。

モジュラ アーキテクチャ

3800 シリーズでは、当初 Aironet 3600 シリーズに導入されたモジュラ アーキテクチャが進化しており、比類のない投資保護により将来を見据えたモジュラ ソリューションが実現します。3800 シリーズの進化した第 2 世代モジュラ アーキテクチャには以下の特長があります。

   モジュラ接続をアクセス ポイントの底部から側面に移動。これにより、アクセス ポイントを取り外さずにモジュールを簡単に追加したり取り外したりすることができるようになり、サイズおよび適切なアンテナの配置という点でモジュール設計における柔軟性が向上されました。

   モジュールで利用可能な電力が 18 W に増加したことで、将来のモジュール ソリューションにもさらに柔軟に対応できます。

ワイヤレス LAN がプライベート ネットワークおよびパブリック ネットワークに接続するための最も有力な手法として成長を続けるにつれて、アクセス ポイントは、広範なソリューションを実現する、企業の社内ネットワークまたはキャリア サービス ネットワークへの最適な統合ポイントとなりつつあります。企業では、使用している有線ネットワークから引き込んだ Ethernet ケーブル 1 本を使用して、高速なネットワーク アクセスを提供できます。また、一般的な使用方法として、3800 シリーズ アクセス ポイントや、同アクセス ポイントに統合された、または同アクセス ポイントを介して相互接続されたソリューションに Power over EthernetPoE)を提供できます。

製品仕様

項目

仕様

部品番号

Cisco Aironet 3800i アクセス ポイント:屋内環境向け(内蔵アンテナ)

  AIR-AP3802I-x-K9:デュアルバンド/コントローラ対応 802.11a/b/g/n/ac
  AIR-AP3802I-xK910:アクセス ポイント 10台のエコパック(デュアルバンド 802.11a/b/g/n/ac

Cisco Aironet 3800i アクセス ポイント(構成可能):屋内環境向け(内部アンテナ)

  AIR-AP3802I-x-K9C:デュアルバンド/コントローラ対応 802.11a/g/n/ac、構成可能
  AIR-AP3802I-xK910C:エコパック(デュアルバンド 802.11a/g/n/ac)、10台のアクセス ポイント、構成可能

Cisco Aironet 3800e アクセス ポイント:要件の厳しい屋内環境向け(外部アンテナ)

  AIR-AP3802e-x-K9:デュアルバンド/コントローラ対応 802.11a/b/g/n/ac
  AIR-AP3802e-xK910:アクセス ポイント 10台のエコパック(デュアルバンド 802.11a/b/g/n/ac

Cisco Aironet 3800e アクセス ポイント(構成可能):要件の厳しい屋内環境向け(外部アンテナ)

  AIR-AP3802E-x-K9C:デュアルバンド/コントローラ対応 802.11a/g/n/ac、構成可能
  AIR-AP3802E-xK910C:エコパック(デュアルバンド 802.11a/g/n/ac)、10台のアクセス ポイント、構成可能

Cisco Aironet 3800p アクセス ポイント:要件の厳しい屋内環境向け(外部アンテナ)

  AIR-AP3802p-x-K9:デュアルバンド/コントローラ対応 802.11a/b/g/n/ac
  AIR-AP3802p-xK910:アクセス ポイント 10台のエコパック(デュアルバンド 802.11a/b/g/n/ac

Cisco Aironet 3800p アクセス ポイント(構成可能):要件の厳しい屋内環境向け(外部アンテナ)

  AIR-AP3802p-x-K9C:デュアルバンド/コントローラ対応 802.11a/g/n/ac、構成可能
  AIR-AP3802p-xK910C:エコパック(デュアルバンド 802.11a/g/n/ac)、10台のアクセス ポイント、構成可能

Cisco Smart Net Total Care>™(アンテナ内蔵型 Cisco Aironet 3800i Access Point 向け)

  CON-SNT-AIRPIBK9SNTC-8X5XNBD 802.11ac Ctrlr AP 4x(期間:12ヵ月)

Cisco Smart Net Total Care(外部アンテナ付き Cisco Aironet 3800e Access Point 向け)

  CON-SNT-AIRPID38ESNTC-8X5XNBD 802.11ac Ctrlr AP 4x4:3SS w/CleanAirEx(期間:12ヵ月)

Cisco Smart Net Total Care(外部アンテナ付き Cisco Aironet 3800p Access Point 向け)

  CON-SNT-AIRAP382SNTC-8X5XNBD 802.11ac Ctrlr AP 4x(期間:12ヵ月)

規制ドメイン:(x = 規制ドメイン)

お客様の国における使用認可をご確認ください。認可状況および特定の国に対応する規制ドメインを確認するには、http://www.cisco.com/go/aironet/compliance [英語] を参照してください。

すべての規制ドメインで使用が認可されているわけではありません。使用が認可され次第、グローバル価格表に製品番号が記載されます。

Cisco Smart Net Total Care サービス:http://www.cisco.com/go/sntc [英語]

Cisco Wireless LAN サービス

  AS-WLAN-CNSLTCisco Wireless LAN 802.11n Migration Service [英語]

ソフトウェアおよびサポートされるワイヤレス LAN コントローラ

  Cisco Unified Wireless Networkソフトウェア リリース 8.2 MR1以降
  Cisco 2500シリーズ ワイヤレス コントローラ、Cisco Wireless Controller Module for ISR G2Catalyst® 6500シリーズ スイッチ向け Cisco Wireless Services Module 2WiSM2)、Cisco 5500シリーズ ワイヤレス コントローラ、Cisco Flex® 7500シリーズ ワイヤレス コントローラ、Cisco 8500シリーズ ワイヤレス コントローラ、Cisco Virtual Wireless Controller
  Cisco IOS® XEソフトウェア リリース 16.3CY 2016 Q3を目標)
  Cisco Catalyst 3850シリーズ 3650シリーズ スイッチ

802.11n バージョン 2.0 および関連機能

  3空間ストリームの 4 X 4 MIMO
  最大比合成(MRC
  802.11nおよび 802.11a/gビームフォーミング
  20 MHzおよび 40 MHzチャネル
  最大 450 Mbps PHYデータ レート(5 GHz帯で 40 MHz
  パケット集約:A-MPDUTx/Rx)、A-MSDUTx/Rx
  802.11 Dynamic Frequency SelectionDFS
  Cyclic Shift DiversityCSD)サポート

802.11ac Wave 1 機能

  3空間ストリームの 4 X 4 MIMO
  MRC
  802.11acビームフォーミング
  204080 MHzチャネル
  最大 1.3 Gbps PHYデータ レート(5 GHz内の 80 MHz
  パケット集約:A-MPDUTx/Rx)、A-MSDUTx/Rx
  802.11 DFS
  CSDのサポート

802.11ac Wave 2 機能

  3空間ストリームの 4 X 4 MU-MIMO
  MRC
  802.11acビームフォーミング
  204080160 MHzチャネル
  最大 5.2 Gbps PHYデータ レート
  パケット集約:A-MPDUTx/Rx)、A-MSDUTx/Rx
  802.11 DFS
  CSDのサポート

内蔵アンテナ

フレキシブル ラジオ(2.4 GHz または 5 GHz

  2.4 GHz、ゲイン 4 dBi、内部アンテナ、全水平方向
  5 GHz、ゲイン 6 dBi、内部方向アンテナ、垂直面ビーム幅 90°

専用 5 GHz 無線

  5 GHz、ゲイン 5 dBi、内部アンテナ、全水平方向

外部アンテナ(別売)

  3802eシリーズ アクセス ポイントは、アンテナ ゲイン最大 6 dBi2.4 GHzおよび 5 GHz)での使用が認定済み
  3802pシリーズ アクセス ポイントは、アンテナ ゲイン最大 13 dBi2.4 GHzおよび 5 GHz)(AIR-ANT2513-P4M-N=アンテナ使用)での使用が認定済み
  シスコは業界で最多の種類のアンテナを取り揃え、多様な導入シナリオに最適なカバレッジを提供

スマート アンテナ
コネクタ

  3802eシリーズおよび 3802pシリーズ アクセス ポイントでのみ使用可能
  2つ目のアンテナをこのアクセス ポイントに接続するために、RP-TNCコネクタへの AIR-CAB002-DART-R= 2 ft60.96 cm スマート アンテナ コネクタが必要
  フレキシブル ラジオを以下のいずれかとして利用する場合に必要
   ○   2 つ目の 5 GHz 用無線
   ○   ワイヤレス セキュリティ モニタリング無線

インターフェイス

   ○   イーサネット ポート X 2
   ○   100/1000/2500/5000 マルチギガビット イーサネット(RJ-45
   ○   CAT 5e ケーブル配線
   ○   高品質 10GBASE-T CAT 6/6a )ケーブル配線
   ○   100/1000BASE-T 自動検知(RJ-45 - AUX ポート)
   ○   管理コンソール ポート(RJ-45

インジケータ

  ステータス LEDはブートローダ ステータス、アソシエーション ステータス、動作ステータス、ブートローダ警告、ブートローダ エラーを表示

寸法(幅 X 奥行 X 高さ)

  アクセス ポイント(マウント ブラケットを除く):3802I22 X 22 X 6.25 cm8.66 X 8.68 X 2.46インチ)、3802E22 X 22 X 6.7 cm8.66 X 8.68 X 2.62インチ)、3802P22 X 22 X 6.7 cm8.66 X 8.68 X 2.62インチ)

重量

  2.09 kg4.6ポンド)

入力電力要件

  802.3at PoE+Cisco Universal Power over EthernetCisco UPOE®
  802.3atパワー インジェクタ(AIR-PWRINJ6=
  50 Wの電源(AIR-PWR-50=

消費電力

  USB 2.0ポートを除く全機能を有効にした PSE 30 W
  USB 2.0ポートを有効にした PSE 34 W

環境

Cisco Aironet 3800i

  非動作(保管)温度:-30 70 °C-22158 °F
  非動作(保管)時の高度テスト:25 °C4,572 m15,000フィート)
  動作温度:0 40 °C32104 °F
  動作湿度:10 90 %(結露しないこと)
  動作高度テスト:40 °C3,000 m9,843フィート)

Cisco Aironet 3800e

  非動作(保管)温度:-30 70 °C-22 158 °F
  非動作(保管)時の高度テスト:25 °C4,572 m15,000フィート)
  動作温度:-20 50 °C-4122 °F
  動作湿度:10 90 %(結露しないこと)
  動作高度テスト:40 °C3,000 m9,843フィート)

Cisco Aironet 3800p

  非動作(保管)温度:-30 70 °C-22 158 °F
  非動作(保管)時の高度テスト:25 °C4,572 m15,000フィート)
  動作温度:-20 50 °C-4 122 °F
  動作湿度:10 90 %(結露しないこと)

動作高度テスト:40 °C3,000 m9,843 フィート)

システム メモリ

  1024 MB DRAM
  256 MBフラッシュ メモリ

利用可能な送信出力
設定

2.4 GHz

  23 dBm200 mW
  20 dBm100 mW
  17 dBm50 mW
  14 dBm25 mW
  11 dBm12.5 mW
  8 dBm6.25 mW
  5 dBm3.13 mW
  2 dBm1.56 mW

5 GHz

  23 dBm200 mW
  20 dBm100 mW
  17 dBm50 mW
  14 dBm25 mW
  11 dBm12.5 mW
  8 dBm6.25 mW
  5 dBm3.13 mW
  2 dBm1.56 mW

周波数帯および 20 MHz 動作チャネル

AA 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.500 5.700 GHz8チャネル
5.600 5.640 GHzを除く)
  5.745 5.825 GHz5チャネル

BB 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.500 5.720 GHz12チャネル
  5.745 5.825 GHz5チャネル

CC 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.745 5.825 GHz5チャネル

DD 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.745 5.825 GHz5チャネル

EE 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.500 5.700 GHz8チャネル
5.600 5.640 GHzを除く)

FF 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.745 5.805 GHz4チャネル

GG 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.745 5.825 GHz5チャネル

HH 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.150 5.320 GHz8チャネル
  5.745 5.825 GHz5チャネル

II 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル

KK 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.500 5.620 GHz7チャネル
  5.745 5.805 GHz4チャネル

NN 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.745 5.825 GHz5チャネル

QQ 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.500 5.700 GHz11チャネル

RR 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.660 5.700 GHz3チャネル
  5.745 5.805 GHz4チャネル

SS 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.500 5.700 GHz11チャネル
  5.745 5.825 GHz5チャネル

TT 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11チャネル
  5.280 5.320 GHz3チャネル
  5.500 5.700 GHz8チャネル
5.600 5.640 GHzを除く)
  5.745 5.825 GHz5チャネル

ZZ 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11チャネル
  5.180 5.320 GHz8チャネル
  5.500 5.700 GHz8チャネル
5.600 5.640 GHzを除く)
  5.745 5.825 GHz5チャネル

注:お客様の国における使用認可をご確認ください。認可状況および特定の国に対応する規制ドメインを確認するには、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/airo3500/prodlit/product_data_sheet0900aecd80537b6a.html を参照してください。

非オーバーラップ チャネルの最大数

2.4 GHz

  802.11b/g
   ○   20 MHz 3
  802.11n
   ○   20 MHz 3

5 GHz

  802.11a
   ○   20 MHz 25 FCC 16 EU
  802.11n
   ○   20 MHz 25 FCC 16 EU
   ○   40 MHz 12 FCC 7 EU
  802.11ac
   ○   20 MHz 25 FCC 16 EU
   ○   40 MHz 12 FCC 7 EU
   ○   80 MHz 6 FCC 3 EU
   ○   160 MHz 2 FCC 1 EU

注:数値は規制ドメインによって異なります。各規制ドメイン別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。

適合規格

   ○   UL 60950-1
   ○   CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
   ○   UL 2043
   ○   IEC 60950-1
   ○   EN 60950-1
   ○   EN 50155
  無線の認可:
   ○   FCC Part 15.107 15.109 15.247 15.407 14-30
   ○   RSS-247 (カナダ)
   ○   EN 300.328 EN 301.893 (欧州)
   ○   ARIB-STD 66 (日本)
   ○   ARIB-STD T71 日本
   ○   EMI および感受性(クラス B
   ○   ICES-003 (カナダ)
   ○   VCCI (日本)
   ○   EN 301.489-1 および -17 (欧州)
   ○   Medical 指令(93/42/EEC )に関する EN 60601-1-2 EMC 要件
  IEEE標準:
   ○   IEEE 802.11a/b/g 802.11n 802.11h 802.11d
   ○   IEEE 802.11ac

 

  セキュリティ:
   ○   802.11i Wi-Fi Protected Access 2 WPA2 )、WPA
   ○   802.1X
   ○   Advanced Encryption Standards AES
  拡張認証プロトコル(EAP)の種類:
   ○   EAP-Transport Layer Security TLS
   ○   EAP-Tunneled TLS TTLS )または Microsoft Challenge Handshake Authentication Protocol Version 2 MSCHAPv2
   ○   Protected EAP PEAP v0 または EAP-MSCHAPv2
   ○   EAP-Flexible Authentication via Secure Tunneling FAST
   ○   PEAP v1 または EAP-GTC (汎用トークン カード)
   ○   EAP-Subscriber Identity Module SIM
  マルチメディア
   ○   Wi-Fi マルチメディア(WMM
  その他:
   ○   FCC Bulletin OET-65C
   ○   RSS-102

保証

制限付きライフタイム ハードウェア保証

対応データ レート

802.11b125.5、および 11 Mbps

802.11a/g691218243648、および 54 Mbps

802.11n HT206.5 216.7 MbpsMCS0 MCS23

802.11n HT4013.5 450 MbpsMCS0 MCS23

802.11ac VHT206.5 288.9 MbpsMCS0 8 - SS 1MCS0 9 - SS 2 および 3

802.11ac VHT4013.5 600 MbpsMCS0 9 - SS 1 3

802.11ac VHT8029.3 1300 MbpsMCS0 9 - SS 1 3

 

802.11ac VHT16058.5 2304 MbpsMCS0 9 - SS 1 および 2MCS0 8 - SS 3

送信出力および受信感度

 

 

5 GHz 無線

2.4 GHz フレキシブル ラジオ

5 GHz フレキシブル ラジオ

 

空間ストリーム

送信出力合計(dBm

受信感度(dBm

送信出力合計(dBm

受信感度(dBm

送信出力合計(dBm

受信感度(dBm

802.11/11b

1 Mbps

1

該当なし

該当なし

23

-101

該当なし

該当なし

11 Mbps

1

該当なし

該当なし

23

-88

該当なし

該当なし

802.11a/g

6 Mbps

1

23

-93

23

-91

23

-92

24 Mbps

1

23

-89

23

-87

23

-89

54 Mbps

1

23

-81

23

-77

22

-80

802.11n HT20

MCS0

1

23

-93

23

-91

23

-93

MCS4

1

23

-88

23

-86

23

-87

MCS7

1

23

-79

23

-77

22

-78

MCS8

2

23

-93

23

-91

21

-93

MCS12

2

23

-86

23

-85

23

-86

MCS15

2

23

-79

23

-77

21

-78

MCS16

3

23

-93

23

-91

23

-92

MCS20

3

23

-85

23

-84

22

-84

MCS23

3

23

-78

23

-76

18

-77

802.11n HT40

MCS0

1

23

-90

 

 

23

-89

MCS4

1

23

-85

 

 

23

-84

MCS7

1

23

-76

 

 

23

-75

MCS8

2

23

-90

 

 

23

-89

MCS12

2

23

-83

 

 

23

-83

MCS15

2

23

-76

 

 

21

-76

MCS16

3

23

-90

 

 

23

-89

MCS20

3

23

-82

 

 

23

-81

MCS23

3

23

-75

 

 

20

-74

802.11ac VHT20

MCS0

1

23

-93

 

 

23

-92

MCS4

1

23

-88

 

 

23

-87

MCS7

1

23

-82

 

 

22

-80

MCS8

1

23

-77

 

 

21

-75

MCS0

2

23

-93

 

 

23

-91

MCS4

2

23

-86

 

 

23

-84

MCS7

2

23

-79

 

 

21

-77

MCS8

2

23

-75

 

 

20

-73

MCS9

2

該当なし

該当なし

 

 

該当なし

該当なし

MCS0

3

23

-93

 

 

23

-91

MCS4

3

23

-85

 

 

22

-83

MCS7

3

23

-78

 

 

20

-76

MCS8

3

23

-74

 

 

19

-72

MCS9

3

23

-72

 

 

18

-70

802.11ac VHT40

MCS0

1

23

-90

 

 

23

-89

MCS4

1

23

-85

 

 

23

-84

MCS7

1

23

-78

 

 

22

-77

MCS8

1

23

-75

 

 

21

-73

MCS9

1

23

-73

 

 

20

-72

MCS0

2

23

-90

 

 

23

-89

MCS4

2

23

-83

 

 

23

-82

MCS7

2

23

-76

 

 

21

-75

MCS8

2

23

-73

 

 

20

-72

MCS9

2

23

-71

 

 

19

-69

MCS0

3

23

-90

 

 

23

-89

MCS4

3

23

-82

 

 

23

-80

MCS7

3

23

-74

 

 

20

-73

MCS8

3

23

-70

 

 

19

-68

MCS9

3

23

-69

 

 

18

-67

802.11ac VHT80

MCS0

1

23

-87

 

 

23

-86

MCS4

1

23

-83

 

 

23

-81

MCS7

1

23

-76

 

 

22

-74

MCS8

1

23

-72

 

 

21

-70

MCS9

1

23

-69

 

 

20

-68

MCS0

2

23

-87

 

 

23

-86

MCS4

2

23

-80

 

 

23

-79

MCS7

2

23

-73

 

 

21

-72

MCS8

2

23

-69

 

 

20

-68

MCS9

2

23

-67

 

 

19

-66

MCS0

3

23

-87

 

 

23

-86

MCS4

3

23

-77

 

 

23

-77

MCS7

3

23

-72

 

 

20

-70

MCS8

3

23

-67

 

 

19

-66

MCS9

3

22

-65

 

 

18

-64

802.11ac VHT160

MCS0

1

23

-83

 

 

23

-83

MCS4

1

23

-78

 

 

23

-78

MCS7

1

23

-71

 

 

22

-71

MCS8

1

23

-67

 

 

21

-68

MCS9

1

23

-66

 

 

20

-66

MCS0

2

23

-83

 

 

23

-83

MCS4

2

23

-76

 

 

23

-76

MCS7

2

23

-69

 

 

21

-69

MCS8

2

23

-65

 

 

20

-66

MCS9

2

23

-63

 

 

19

-63

MCS0

3

23

-82

 

 

23

-83

MCS4

3

23

-74

 

 

22

-74

MCS7

3

23

-67

 

 

20

-68

MCS8

3

23

-62

 

 

19

-62

 

 


保証に関する情報

Cisco Aironet 3800 シリーズ アクセス ポイントには、制限付きライフタイム保証が付属します。この保証は、製品を最初に購入したエンドユーザが所有または使用し続ける限り、ハードウェアに対する包括的な保証を提供するというものです。この保証には、10 日以内の代替品先行手配が含まれます。また、ソフトウェア メディアについては、90 日間、障害が発生しないことを保証します。詳細については、http://www.cisco.com/go/warranty/ を参照してください。

Cisco Capital

目標の達成に役立つファイナンス

Cisco Capital®では、目標を達成し、競争力を維持するために必要なテクノロジーの取得を支援します。CapEx の削減をサポートし、成功を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。Cisco Capital ファイナンス プログラムにより、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および補完的なサードパーティ製機器を柔軟に購入することができます。また、それらの購入を 1 つにまとめた計画的なお支払い方法をご用意しています。Cisco Capital 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。詳細はこちら

* 出荷開始後