Cisco UCS C460 M4 ラック サーバ

イントロダクション

基幹系やミッション クリティカルなアプリケーション処理に適した優れた性能を提供

Cisco UCS C460 M4 ラック サーバは、サーバ性能およびメモリ要件の最も厳しいミッション クリティカルな企業アプリケーションや仮想ワークロードを処理する、最高レベルの性能と信頼性を提供します。

機能と特長

C460 M4 ラック サーバは、非常に負荷の高い、企業にとって重要なミッション クリティカルなアプリケーション、大規模な仮想化、データベース アプリケーションに最適です。

単独のサーバ利用の場合も、UCSシステム管理下で利用する場合も、このサーバが提供する優れたメモリ容量は、大容量のメモリが必要な用途で役立ちます。以下に利用ケースを示します。

  • SAP アプリケーション処理
  • データベース アプリケーションおよびデータ ウェアハウス
  • 大規模な仮想環境
  • リアルタイム処理の必要なファイナンス アプリケーション
  • Java ベース アプリケーションの処理
  • サーバ統合

仕様一覧

  • 筐体サイズ 4 ラック ユニット(4 RU)
  • Intel® Xeon® プロセッサ E7-4800/8800 v2、v3、または v4 製品ファミリ CPU 2 個または 4 個
  • 96 個の DIMM(メモリ)スロットで最大 6 テラバイト(TB)の DDR3 または DDR4 メモリを搭載可能
  • 12 基のフロント アクセス可能な 2.5” クラスのサイズ(SFF)のディスク ドライブ ベイ、ホットプラグ可能な SAS/SATA/SSD ディスク ドライブをサポート。2 基のディスクドライブ ベイは PCIe SSD に使用可能。
  • 最大 2 台の PCIe SSD
  • 10 個の PCI Express(PCIe)Gen 3 スロット、Cisco UCS 仮想インターフェイス カードおよびサードパーティ製のアダプタ/GPU カードをサポート
  • ギガビット イーサネット LAN-on-motherboard(LOM)X 2 ポート、10 ギガビット イーサネット ポート X 2 ポート
  • 専用のアウトオブバンド(OOB)管理ポート

関連リソース

お問い合わせ

 
カタログガイドブック
Cisco UCS C シリーズ 今日から始めるシスコ ラックマウント サーバ