Cisco UCS B460 M4 ブレード サーバ

イントロダクション

企業レベルのサービス・処理に対応する高性能サーバ

Cisco UCS B460 M4 ブレード サーバは非常に優れた処理性能と、企業にとって重要な大規模データベース、インメモリ分析、ビジネス アプリケーション統合や意思決定システムなどの大量のメモリを必要とする処理の安定性を提供します。

機能と特長

Cisco UCS B460 M4** サーバは最新の Intel® Xeon® プロセッサ E7 v2 製品ファミリを 4 つ搭載し、重要なデータへの迅速なアクセスを実現します。特長は次のとおりです。

  • UCS で管理されるシステム サーバ環境への容易な統合と管理
  • Cisco SingleConnect テクノロジーにより、ラック サーバ、ブレード サーバ、仮想マシンを 1 つのリンクでシンプルに接続
  • 6 つのメザニン コネクタによる非常に高い I/O 拡張性
  • 業界をリードするパフォーマンス、機能、信頼性、可用性、サービス提供能力

また、Cisco UCS ブレード システムでは、サーバ拡張毎で電源や冷却パーツの追加購入や、各ブレード シャーシで余分なスイッチやインターフェイス カードを搭載、変更する必要がないという、ファブリック中心アーキテクチャならではの利点もあります。その結果、Cisco UCS ブレード サーバを使用することで他に類のない拡張性と汎用性が得られます。

仕様一覧

  • 最大 4 基の Intel® Xeon® プロセッサ E7 v2 製品ファミリを搭載可能
  • 96 個のデュアル インライン メモリ モジュール(DIMM)スロット
  • 最大メモリ 3.0 TB(32 GB DIMM 使用時)
  • SAS または SATA インターフェイスの HDD または SSD を収容可能な 4 基のホットプラグ可能ドライブ ベイ(オプション)
  • 2 基のモジュラ LAN on Motherboard(mLOM)
  • 4 個の PCIe メザニン スロット
  • 全体で最大 320 Gbps のイーサネット スループット
  • デュアル、フル幅のフォーム ファクタ

** 注:製品の出荷開始は、2014 年第 2 四半期を予定。

Cisco UCS のエネルギー消費効率情報は、「シスコのトップランナー基準に対する取り組み」ページよりご参照ください。

関連リソース

お問い合わせ

 
カタログガイドブック